相葉的ビフォーアフター

昔昔、どハマリしていたBLサイトがいくつかあって
その中でもお気に入りだったサイトさんのあるシリーズものは
何度読んだかわからないほど好きだった。

当時私は健気受け、強気受け、大型犬攻め、主従系とかが好みで
(意味がわからない人はスルーしてくださいませ)
細身で小柄で、でも芯はしっかりした男の子が好きで。

だけどそのお気に入りのシリーズの主人公は
描写によると「美形だけどフツーにヤロー」、
つまり顔はいいけども体型も平均的な普通のリーマンってことだ。
それって、華奢男子が好きな私にとってはちょっと残念な情報だったわけで。

でも相葉くんの身長が意外と高いってことを知って
相葉くんの信じられないくらいスマートなスーツ姿を見て
ああ、こういうことかって思ったわけ。

あの主人公はきっと、こういう男性だ。
ジャストサイズのスーツはわからない程度には通常より細身で
すらっと背は高いけど、いろんなパーツが普通の男性よりも少しずつ小さくて
抱きしめると思ったよりも頼りなくてびっくりされちゃうっていう感じ。

女性といると王子様に見えるけど、
男性に愛されると、たおやかに流されて艷めくといいますか。


その主人公は美形だけど、性格的には相葉くんとは違ってて
クールで口も悪くて超がつくほどのめんどくさがりだけど
相葉くんを好きになってからは、この話を読むときは脳内で相葉くんを動かしている。

実写化があるなら(絶対にない(笑))ぜひ相葉くんで。
その際お相手は、岡田将生くんがいいと思う。
お相手役のイメージにぴったりだから(笑)

で、なんでこんなことを突然吐き出したかっていうと
あねきゃんですよ、あねきゃん。、

スーツではないけど、短めのふんわりした髪型で
デニムを履きこなし、ニットに包まれる相葉くんがあまりにもかっこよくて。
カッコいいのに可愛い、艶かしい。
そして私は、あねきゃんを買った日に例の主人公の夢を見たのだ。
演じるのは相葉雅紀で、その話の中の好きなシーンを夢で再生したのよ。

やっぱり彼は相葉くんだったのね、と。
いえ、性格は違うんだけど、それはパブリックイメージの相葉くんと違うのであって
プライベートでは案外ヤローな性格だし、当たらずしも遠からずなのでは…とか。

と、こじつけてしまうくらいにはあねきゃんが素敵だったのだ。

相葉雅紀ほど、スヌードに愛されている男子はいないと思う。
愛されてるのはスヌードだけじゃないけど。

ざっくりボリューミィな巻き物に負けない…
というか、ボリュームに負けるってなんだ?
ボリュームに埋もれるってことか?
いやいや、埋もれるほどこじんまりはしていないし存在感がないわけがない。
かと言って完勝するほどいかついわけでもない、もちろん。

なんつーのかしら?
巻き物が脇役に回ってくれるんだよね。
オサレな存在感だけを残しつつ、小顔のご主人様に寄り添う的な。

そう、そっと寄り添うんだよねえ~、オサレの神さまが。
相葉雅紀にはそういう求心力がある。

髪がふんわりしてて重量感がないのもいい。
あれでしょ?天使と同じ髪質でしょ?
天使を名乗ってもいい人だよね?

笑顔も髪質も存在のエアリー感もなにもかもがエィンジェルのそれ。

スヌードのバストアップの表情の圧のなさ。
宗教画でしょ、まるで。
欲とか我とか、なーんもない。

相葉雅紀のこの表情がとても好きなのだ。
アイドルとは思えない非アピール。
自分のカッコよさを意識してるわけはないけども
否定されたことがほとんどない人しか得ることができないイノセントさ。

アラサーにしてこの邪気のなさってほとんど奇跡。

あとまあ、なんつーても腰だよね。
立ち姿のグラビア、腰の細さが際立つ際立つ。
ポッケに入れた手の幅4つ分くらいか?

腰の細さと男としての頼りなさって比例していて
その危うい若さに女は否応もなく惹かれる…
と、もんぷちの中のオンナは思っていたのであるが
相葉雅紀と出会ってからはいろんな価値観を覆されるわ。

こんなに無防備に細い腰を持ちながら
芯がある男が存在するとは…。
長生きはしてみるもんだね(という年齢でもないが)

そして次のページの白ニット。

リアル白ウサギがここにいましてよ?
こんなに品がいい白い貴公子のお衣装が…
お値段ご覧になりまして?奥さま。
リーズナブルすぎるでしょ?
しかしそう見えないのが相葉雅紀のウサギマジック。

お洋服が喜ぶ素材なんだよね、相葉雅紀って。
リーズナブルでも被服自らのポテンシャルを発揮し
相葉雅紀の全身に寄り添ってそのパワーを最大限に魅せる。
お洋服に愛されてるって素晴らしいね!

久しぶりのファッション誌、堪能させていただきました。


で、今日のしやがれですが。

なんといっても高嶋ちさ子氏。
なにがって言うと、高嶋氏の心境の変化がね、最高だったと思う。

多分だけど、高嶋氏の嵐の印象って櫻井翔だと思うんだ。
勝手な妄想だけど。
じゃなかったらアカデミー主演男優賞のニノちゃんとか。
相葉雅紀じゃなかったことは確実だと思う。

大御所の方や畑違いのゲストによくあることだけど
嵐に於ける相葉雅紀の予備知識が「動物」ってことくらいしかないのね。
輪郭も人物像もぼんやりしてるのね。

だけど、こうやってゲストで来てみると…
なんということでしょう~!
相葉雅紀という男、実に魅力あふれるミラクルなアイドルだったのです。

相葉くんの答え、動きにバカウケする高嶋氏。

ブラジャーがずれちゃうの件から、
相葉くんのライブでの左乳首ハプニングに話に興味深そうに耳を傾け
又吉氏の授業、桃太郎の帯文を考えるというお題では
パソコンが苦手な相葉くんの帯文のバランスの悪さに
カラダを折り曲げて大笑いしていたではないか。

相葉くんってユニークだわ~、という意識の変化。

圏外だと思っていた相手に奥行きと興味を感じたとき、
それは最初から好印象の相手よりも
好感度の振り幅が大きいのではないでしょうか?
気持ちのビフォーアフターだよね。

きっと高嶋氏は相葉くんのことを気に入ってくれた(という妄想)

そういう視点で見ると、とても楽しかった。


それと、見逃せないのがパソコンの授業ね。

「日本語にならない…」という相葉くんのつぶやきに
即座に反応したのが我らがトップ!
同じような位置に座っている翔さんに差をつける、素晴らしい脊髄反射。

しかたないなあ、というテイで、だけども実に嬉しそうに
相葉雅紀への個人授業に立候補するニノちゃんが健気すぎる。

なのに、相葉さんの仕上がりはアレだもんね。
文章以前に、フォントサイズで混乱を招くというミラクル。
VS嵐のスタッフとの個人レッスン同様、
ニノちゃんの手取り足取り腰取りのレッスンも意味なーーーし!

それが相葉くん。
想像の斜め上を行く。

高嶋氏のような豪傑な女性に気に入られたんだからヨシとしましょう!
(あくまでも、という妄想ですけどね!)


Mステの相葉くんにの腰問題についてはまた明日!(もう今日だけど)

スポンサーサイト



コメント

>拍手コメントのふくさんへ

もんぷち
やっぱりそうですよね!
高嶋氏の気持ちの変化が手に取るようにわかりました。
相葉くんの魅力って奥行きがあるんですよねえ。

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
あねきゃんはテキストも良かったですね!
グラビアはもちろん言うことなし!
あねきゃんという雑誌の年齢層に寄せたのか
ダダ漏れ度が凄すぎました。

しやがれはカットのほうがいいシーンがありそうでしたね。
スタッフにスパイを送り込みたい気分ですよ、全く。
非公開コメント

トラックバック