ワクワクラボ・腹出し驚愕編

レポとは言い難い走り書き。

もう少しお付き合いくださいませ。

ネタバレ注意です。
大丈夫な方だけどうぞ!




レポと言いつつ、先生方の授業のテーマも書いてないような気がする。
萌えしか追っかけてない劣等生とはこういうものだろう。

3時間目は大野先生のお魚の授業。

アリーナに巨大なプール的なものが設置してあり
ご丁寧にも船もあり、もちろん魚も泳いでいる。
これは確実に釣り対決だな。
リーダーとニノちゃんの釣りバトルはリーダーの勝利。

対決を見守る相葉くんの後ろ姿が扇情的でねえ。
脚を組んで座っているので、背中が少しだけ斜めにねじれてて
腰の細さと肘をついた姿勢でモニターを見つめる前傾姿勢が
少しだけリラックスしてて、
だけど多分、次が自分の授業だから、
ときどき手元の資料に目を通す姿も見られたりして
ベストの裾からはみ出たシャツが、なぜかだらしなく見えないのも不思議。
だらしないどころか、逆に色っぽくてかっこいい。
ドレスダウン…とは意味合いが違いかもしれないけど
適度なダウンが、上品に見えるのは
相葉くんの本質的なところが清廉だからではないかといつも思う。

それにしてもですよ!
立ってるときも座ってるときも、概ね背筋が伸びてて
「シュッとした」という形容詞がピッタリくる相葉くんだけど
スポットが自分から逸れてて、少しゆるんでるときの
前かがみに丸まった感じ、新鮮で良かったなあ。

いつもは可愛い相葉くんの、アラサーの部分を垣間見るというか
背中の丸みに、男の哀愁を感じますなあ。
いい年齢の重ね方をしてるから
少年と青年と、大人の顔がバランスよく共存してるんだろうね。

授業の方では、寿司屋の大将みたいないなった大野先生が
お刺身を振舞ってくれるのだそうで。

お刺身を待つ生徒さんの中で、相葉くんとニノちゃんはしっかり対面。
試食に選ばれた相葉くんは、普通に切った平造り?と
熟練の技を伝授された大野大将によるへぎ造り?の食べ比べ。

平造りは「ゴリゴリのマッチョみたい」
へぎ造りは「女性的なすらーっとした、ね」という
実にわかりやすい説明で両者の違いを説明してくれる相葉くん。
天才的なんじゃないかしら?
分かりやすすぎて、食べた気になったわよ、私は。

「こっち(平造り)は、重岡みたいな感じ」

名指しされた重岡くんは、助手のユニフォームである
白いポロシャツを着ると、体操のお兄さんみたいないなるのが悩みだそうで。
確かにがっしりした体格ですな。

「オレのこと食べたくせに!」(お刺身のことですけど)
と、反撃する重岡くんに「うるせーな!」と返す相葉くん。
この、ときどき出る野郎感もいいんだよね。

ルックスが可愛らしいし、言い方も声も怖くないけど
「うるせえ!」とか言いたくなっちゃうんだろうね。

そんな相葉さん、ベストの中身が薄々です。
立てば薄々、座れば携帯、歩く姿はヘプバーン。

ヘッドセットが耳に引っかかって、わずかに髪型が乱れてるのもいとおかし。



相葉先生の授業は「体幹」

これは、興味を引く内容ですな。

体幹を鍛えることによって、力を伸ばしていった選手ということで
3人のアスリートの写真がモニターに現れる。

テニスの錦織くんとサッカーの長友選手と…もうひとりは忘れた(笑)
選手の紹介のときに、長友のことを「アモーレ」って言ったら面白いのに
って思ってたら、本当に「アモーレ選手」と言っちゃって
どんな細かいボケも全部拾うつもりのツートップに華麗に突っ込まれる。
「違う違う!」「長友選手だろ!」と、喜々として割り込んでくる
翔さんとニノちゃんのお姿もまたワクワク学校の名物なのでしょう。

相葉先生の授業から、土俵…もとい教室が反転して
私は教壇に立つ相葉先生の後ろ姿を眺めることになった。

実は、お友だちが私の好みを加味して
後ろ姿がじっくり観察できるこの席にしてくれたのだ。

ありがとう…。
おかげさまで、ジャケットの裾から生える長い脚を拝むことができたよ。
どれくらい長いかというと、裾からお尻が全然見えないくらい。
お尻が見えないというか、薄すぎてお尻の存在すら曖昧。
でも腰の高さだけはしっかりと確認できた。

体重移動したり、横向きになったり
後ろから見る相葉くんはスーツという衣装も手伝って
ショーウインドウの中のマネキンのようだ。
後輩くんたちに囲まれると、体型もお顔もひとまわり小さくて
先輩なのに、守ってあげたくなるという
王道の恋愛モノみたいな設定に、萌えが突っ走るよね。


体幹を鍛えるために相葉くんが訪ねたのは青山学院の駅伝部。
VTRでそのときの様子が紹介された。

トラックの中で数十名の男子が!
数十名の、若い男子が!
相葉くんの姿を見て大歓声を上げ拍手で迎えてくれる。

相葉くん、あの男子の中にダイブしちゃいなよ!

監督のダンディなオジサマっぷりもなかなか良くて
体幹トレーニングをする相葉くんの腹とか腰とか
いろんなところを遠慮もなく触りまくる様子に
オバチャン、なんかドキドキしちゃったよ。

駅伝部の男子だから、屈強というわけではないし
細いんだけども、相葉くんとは細さの種類が違うんだよね。

硬そうなんだよね、走ってる男子って。
実際はそんなことはないんだろうけど
見た目、筋が多そうっていうか、噛みつけなさそう。

そんな、内外が筋肉の猛獣たちに囲まれた相葉くんは
迷い込んだウサギちゃんのようじゃないか。
なんつーオレ得な映像なんでしょう。

「嵐にしやがれ」の相葉JAPANメンバーを探しに行ったときみたい。
日体大のそれこそ岩みたいな男子にお姫さまだっこされてる姿、目に焼き付いてるわ~。


全力疾走も見れてお得感満載。
青学のエースと400メートル対決。

結果、400メートルを64秒?って結構早くない?
いや、相葉くんの足が早いのはわかってる。
走る姿が軽くてストライドが大きくて、
結局大差は付いたけど、見ごたえのある勝負だった。

その後も、体幹トレーニングは続いたが
トレーニングとは名ばかりのエロ映像に
オバチャンはドキドキを通り越してハラハラしちゃったよ。

監督の指導がまた、なんつーか丹田をついてるんだよね。

400メートルの走りを見た嵐くんたちが
「早かった!」と絶賛するも、あのあと2日間腹が攣ってたという相葉くん。
ハイブリットな肉体を作るために、体幹を鍛えなきゃダメなのね。


そしてまた続くのです…。




スポンサーサイト

コメント

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
やっぱり速いんですね~。
青学の皆さまも「速い速い」って言ってましたもんね。

真面目にやったらいいとこいきそう。
マナブでも行く先々でスカウトされてるし
才能が有るって素晴らしいですなあ。
非公開コメント

トラックバック