バスケなグッと!マスター

テレビ誌にステキなグッと!マスターがズラリ。

マスターというポジション柄、シャツにジャケット、ネクタイという
パリっとしたスタイルが多くて、それもありがたい。

バスケットをしてるグラビアは、シャツの腕まくりが実にいい。
うっすら筋肉、でもマッチョじゃない。
二の腕パトロールだけじゃなくて、腕全体の監視も怠りなく行うワタクシ。

まあまあだな…(誰なんだ?)

ジャケットを脱いで、シャツの袖をまくりあげてバスケしてる様子は
入社3年目くらいのサラリーマンが、
営業の帰り道に公園に転がってるボールを見つけて
「オレ、バスケ部だったんだよね」とドリブルを始めちゃったって感じ。

同じく脱いだジャケットを肩に担いでいた同僚のニノミヤくんが
「え~、マジでぇ?オレと一緒で野球少年って言ってたじゃん」
と疑いの目を向けるわけですが…。

「それは小学校のときね。
中学ではバスケで結構いいとこいってたんだよ」


「ふぅん…
じゃあ、証拠見せてくださいよ。
相葉さんって、あれこれくだらない話はよくするけど
どれがホントのことなのかイマイチわかんないんですよね」


同期入社で、入社当時から行動を共にすることが多いニノミヤくんは
掴みどころがない相葉くんに焦れてる感があるのかな?
仲がいいつもりなのに、予想外の反応されちゃってヒヤッとしたり
何気ない会話の中でさらっと重要なエピをぶっこまれたりして
相葉くんのいろんな面を自分の目で確認しなきゃ気が済まなくなってるのかも。

「お~?見てろよ、ニノミー!」と言って不敵に笑うと同時に、ドリブルスタート。
前後左右にダンスのステップのような華麗な体重移動で
ボールを操りながら、余裕の笑顔でニノミヤくんの前を走り抜け
重力を感じさせない軽さで宙に舞って、手首のスナップだけで放り投げたボールは
錆び付いたバスケットゴールに吸い込まれていった。

「…マジじゃん」

言いだしっぺのニノミヤくんは、口をポカンと開けて
さらにドリブルを続ける相葉くんを見つめていた。

高台の公園の向こうには夕日が沈んでてね。
「ニノちゃん、そろそろ帰る?
オレ、ビール飲みたくなっちゃったよ」

勝手に一汗かいて満足しちゃった相葉くんとは裏腹に
度肝を抜かれすぎて腑抜けになったニノミヤくんは
スキップくらい軽い足取りの相葉くんのあとをトボトボとついていった。

ああ、またニノちゃんが相葉くんの虜になってしまった。
もうずっと前からそうなんだけど、虜レベルが上がっちゃったってことね。

バスケットボールとリーマン相葉って言うと
もうこういう妄想しか出てこないよね。

松潤編も考えてたけど、しつこいのでやめとく。
運動系になるとなぜか翔さんの妄想が思い浮かばないのは
翔さんにスポーツをしてるイメージがないからかな。
風っ子3人は野球少年だったりするから
そういう意味の共通点があるし。


「グッと!スポーツ」の番宣ミニ番組も見たけども
抱え上げられちゃってたね、霊長類最強の人に。

「軽々と」って言うと語弊があるかしら?
いやでも私の目には最強の彼女に「軽々と持ち上げられた」ようにしか見えなかった。
そしてそのときの脚が長すぎて、大きめのコンパスを
抱えてるようにしか見えなかったってことも重ねて言っておく。

なにしろ相葉くんが楽しそう!
アスリートの方と戦ったり、持ち上げられたり(物理的な意味で)
喋るだけじゃなくてカラダを使ったアプローチが
グッとマスター相葉雅紀の本質に沿ってて
双方のいいところがしっかり伝わるいい番組になりそうな予感すらある。


ついでに詰め込んじゃうけど「VS嵐」

短髪のいいとこは、とにかく小顔のインパクト。
相葉くんが画面に映るたびに顔、ちっせ!とつぶやいてしまう。
しかもシャツの重ね着してるのに吹き矢するときの構え、
ものすごく薄くて姿勢がキレイ。

カラダのラインが見えないくらいの重ね着なのに
背筋を伸ばしたポーズは、「道」のつくスポーツをして欲しいと思わせる。
剣道とか柔道とかなんなら茶道とか(スポーツじゃねえし)

「凛とした」という言葉がピッタリな、姿の美しい人であることよ。

で、キッキングスナイパーのタイトルコール。
翔さんと並んで意気込む相葉くんのキュートさ、ね。

思うに、翔さんといるときの相葉くんが一番可愛いかもしれない。
「いざというときはしょーちゃんがいるもんね!」という
絶対的な安心感が相葉くんの無垢な部分を引き出すのか
無邪気ないい表情をしているような気がする。

そして松潤と一緒だとめっちゃ美人さんに見えるわあ。
松潤の硬質なイケメンオーラに当てられて
相葉くんの佇まいまで涼やかな鋭利さを纏うというか。
美麗なツーショットはお互いの煌きを映し出す合わせ鏡のようなものかもね。

ニノちゃんといるときは、少年ぽかったりお兄さんぽかったり
どっちにしてもヤロー感あふれる男前相葉雅紀。
突っ込まれて爆笑したり、反抗的に甘えられて
優しくつむじを見下ろしたり。

その人にしか見せない表情で相手のハートを鷲掴み!
小悪魔じゃなかったらなんなんだ?
やっぱり妖精か?


で、真夜中にデジコン鑑賞なう。
「Asterisk」の定点アングルの罠にまた引っかかってます。

何度見ても見飽きない。
相葉くんの弾むようなステップと揺れる髪と伸ばした長い腕。
5人の放つキラキラしたデジタルビーム。

奇跡のライブだわ。
いったい誰に感謝すりゃいいのさ?



スポンサーサイト



コメント

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
グッと!スポーツはいい番組ですね!
VTRの作りも丁寧なので、ワイプが長くても気になりませんし。
屈強のアスリートたちに抱えられる相葉くんが今後も見たいですねえ。
ラグビー選手とかさあ~。

相葉先輩の勇姿、ワタシも眺めてみたいですが
どっちかというと、迫られる相葉くんを見たいかもなあ(笑)

>拍手コメントのかずっっちびさんへ

もんぷち
そうなんですよねえ~。
翔さんと一緒のときは、委ねてる感があるんですよね。
安心しきってるというか。
関係性に萌えますよね。

>拍手コメントの✩ゆづほ✩さんへ

もんぷち
躍動感あふれるバスケもいいですが
静の緊張感、弓道もなかなかそそりますね。
なにより袴姿が見てみたい!

私の敬愛するくらもちふさこさんが「花に染む」という漫画を連載中ですが
主人公が弓道をやっててめっちゃカッコいいんです。
相葉くんがもう少し若かったら実写でやってほしいわあ。
(若くなくてもできるとは思いますけども一応学生役なので(笑)
非公開コメント

トラックバック