真っ赤な真っ赤な…男の子!

どうしてもどうしても放置できなくて、ちょこっと更新。

今朝のワイドショーで、マッチパイセンの35周年ライブの様子が流れた。
お仕事の都合か、ニノちゃんと松潤はいなかったけど
リーダーと翔さんと…そしてなんですか?この人…
誰ですか?この美人さんは…。
真っ赤なニットがお似合いの、甘え袖まで好いたらしい
くるりと巻いたスヌードのボリュームのその上に
更に首が覗くほど、長くて細い首筋を見せつけ
丸い後頭部とシャープなアゴのラインの間には
模型のように理想的なカーブを称えた凜と構える耳を持つ
このボーイッシュな男装の麗人は誰なんですか?って話です!(って、長っ!)

ライブのパフォーマンスのために夏前くらいから鍛えてるという話は
ここのところのインタビューでもよく見かけるけども
鍛え方がマッチョ方向じゃないんだろうね。
インナーマッスルを強化する、いわゆる女性モデルさんや
アクションを控えた女優さんのエクササイズに近いことになっちゃってるのかもしれない。
それともただ単に、この人が生まれながらにして神に選ばれし
「華奢さを貫く宿命の下に生まれ出ずる天子」だからなのかしら?
じゃなかったら、どうして「鍛えてる」のに、こんなに薄いのか。
ニットだってざっくりした感じだよ?
スヌードなんて、10センチ以上は厚みがあるよ?
なのに、上半身は全く盛り上がってないし
首なんて…どういうことさ???
あの高さのスヌードから、首が見えて顎も隠れてないなんて!

そしてその黒いスヌードの上に乗っかってるのは
30過ぎの男性とは思えないほどの小さな頭蓋骨。
言っとくけどな、小さいだけじゃないぞ。
短く切った髪をこんなに歓迎したことはなかったかも。
だってつむじから落ちた髪の毛が側頭部と後頭部を綺麗に包んで
まるで…キューテクルのラッピングや~!


両手をキュッと握って、神妙な表情で先輩のステージに立つ相葉くん。

なにより一番萌えるのは、その控えめな佇まいだ。
多分ほとんど喋ってなくて、前に出ることもなく
端っこの方で手拍子したり、先輩方のトークを聞いたり。

「あ、相葉いたの?」と言われても当然の存在感の希薄さ。

Jr時代がそうだったように、大勢に囲まれると気配を消す。
完全にモブ。

萌える。
壮絶に悶えるほど狂おしいほど萌える。
透けてしまいそうな…という表現がぴったりのその儚さに。

ライブで一旦スイッチが入ると、他のメンバーのファンのハートにまで
ザックリと鮮明な傷跡を残す、強烈なアイドル力を持ってるのに。

カードの表と裏が極端すぎるわ!

それにしても美しいわ~(要するにこれが言いたい)
本人はいかに控えめにしていても、どうしても目立っちゃうわね、これは。

真っ赤なニットの麗人は、ヤローばっかりのステージ上で異彩を放ってて
一緒に映像を見ていた息子は「あ、女の子がいると思ったら相葉くんだった!」
真面目に驚いていた(一般人の素直な感想だと思っている)
そうでしょうそうでしょう。
私も目を疑ったもんね。
まさか、髪を切ったのに中性的っぽさがプラスされるとはね。

少し緊張した表情からは、中堅のアイドルとは思えない初々しさ。
「その場」に慣れるまで時間と気持ちが必要な繊細さが
相葉雅紀の最大の魅力なのではないかと思った。


はあ…疲れた。
普段は2時間以上かけて書くブログを
短いとは言え、多分30分くらいで一気にアップ。

赤ニットの美人さんの威力はそれくらい凄かったってことで!



スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです!

ひできち
もんぷちさん、こんにちは。
しばらくぶりのコメントです(^^)

セーターは相葉くんが着ると、編み目が伸びたり体の線が出たりすることがないからそのままの形で着られてるなーといつも思います。
セーターを引き立てると共に相葉くん自身もセーターによって美しさと儚さが際立つ、まさにウィン・ウィンの関係!

舞台の端で気配を消してても、目を引いちゃいますよね。

>ひできちさんへ

もんぷち
ニットってサイズ感大事ですもんね~。
相葉くんはカタチを崩すことなく綺麗に着こなせる体型の持ち主ですよね。

赤もとても似合ってて、目を惹きましたよね!

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
おしゃれでしたね~!
そうか、雑誌の企画のときのあのニットか~。
選んだのはあの2人で、着こなしの勝利ってことですね(←オイ)
ブーツも翔さんの?
相葉くんったら、翔さんで出来てるな(笑)
非公開コメント

トラックバック