BABA嵐のモボ

VS嵐下克上スペシャルのエントリを書いたあと
BABA嵐のこともちょこっと書き始めてたんだけど
忙しくしてるうちに日が過ぎて
THE MUSICDAYはカッコイイやら可愛いやら
選曲も衣装も良かったし
泣き虫はドンドン爆弾落としてくるし。

すっかり忘れちゃってるんだけど、なんとか書いてみる。


仰々しい最弱王の文字を背負った相葉くん。

なんのデザイン性もない白…というよりクリーム色のこのジャケット。
やっぱ色だよね。
色がダサいの。
素材も妙なソフト感があって、やっぱりダサい。
でも相葉くんが着ると不思議とシュッと締まって見える。

帽子のマジックもあるかもしれない。

軽くかぶってもジュリー風にしてもサラサラのヘアスタイルが多少乱れても
小さな頭蓋骨とうりざね顔の美しいシルエットがある限り安泰。
シャツのカラーが余るほど、細い首筋も変わらず麗しい。

最弱王、という響きもいい。

最弱、なのに王。
エロい、なのにオモロイを体現したディスコスターさまを彷彿とさせるこの単語。
私の心の刺さるシュールなネーミングだ。

一番強いを決めるのではなく、一番弱いを決めるババ抜きというゲーム。
これもまた新鮮でいいなと思うわけだ。

子役ゲストに「全力で戦いを挑むから、どうか決勝に来ないで欲しい」と言った相葉くん。
可愛いゲストに勝ちを譲るようなことはしないから、というオトコマエな発言。
相葉くんのスタンスはいつでも正しい。
子供相手だからって手を抜いたら、勝負は一気につまらなくなる。
嵐くんたちが本気で負けたくない、と思って戦うから楽しいのだ。

もちろん嵐くんたちだけでわちゃわちゃやってほしいというファン心理はある。
でもそれでは一般の皆さまは物足りないかもしれない。
深夜なら許されるがゴールデンだし、メリハリに欠けるかも。

豪華なゲスト、可愛いゲスト、イロモノゲストに囲まれて
緊張したり、応援したり、突っ込んだりする嵐くんたちが楽しい。

嵐くんたちは嵐くんたちだけでも楽しい。
だけどゲストとの絡みで化学反応が起こり
想像もつかない嵐内萌え革命が起こることもあり
ゲストのキャスティングとはかように重要なのだ。

というわけで決勝戦。

嵐だらけの決勝戦だけど、翔さんニノちゃんが残ったってとこがワタクシ的にオイシイ。
日々、妄想の森で相葉くんを巡って火花を散らすこの2人。
しかし今回はニノちゃんが優勢だったのではないかと思う。

トランプを配る段階で動揺しまくりの相葉くん。
感情を隠さないし冷静も装わない子供みたいに飾らない人だ。
ジョーカーが手元にないせいか、若干余裕がある序盤戦。

「持ってますか?持ってませんか?…持ってませんね」
「目が、死んでないんですよ」
「楽しくてしょうがないときの顔」


はいはいはい、大正解。
まるっとずばっとお見通しなわけですね?

『この座り位置、相葉さんに(最弱王)連覇させる気かな。
だってオレ、相葉さんの表情ぜーーーんぶ読めちゃうけど大丈夫?
スタッフ、そのあたり考えてないよね~。
オレが何年相葉さんと一緒にいて、相葉さんを守ってきてると思ってんの?
もしもジョーカー持ってたら、相葉さん、オレに助けを求めると思うんだよね。
だってずっとそうしてきたからさ。
困ったことがあると、少し唇をすぼめてオレの方を見る。
しょうがねえなあとオレがその視線を拾う。
あうんの呼吸で18年?
普段のボケ発言から、ライブの挨拶まで全部オレがまとめてきたの。
オレ、相葉さんがジョーカー持ったらどこにあるかすぐにわかるよ。
で、それを引いたほうがいいの?どーなのよ?』


というワンコのつぶやきが聞こえてきそうです。

けど、実にあっさりと一抜けしちゃって。
そりゃしょうがないよね。
だって相葉くんがジョーカーを持たなかったんだから。

そしてここから追い上げてきたのが翔さんだ。

「オレは最弱王のもとにジョーカーを渡したいの」
「ずーーっとアナタを殺すためだけに!ずーーっと(ジョーカーを持ってました)!」


ニノちゃんの本音が聞こえたのか聞こえてないのか。
どっちにしてもこの人の攻め方はいつでも真っ直ぐだ。

相葉くんにカードを引かれるポジションの翔さん。
立場上、相葉くんの探るような視線にさらされることになるのだが
それがまたちょっと嬉しそうに見えたりするのも楽しい。
ラストの攻防なんて、見つめられすぎて照れて笑っちゃってるし。

ジョーカーを持ってるのにニヤニヤしちゃいそうな己を必死に抑える櫻井翔。

早々に戦線を離脱したニノちゃんは、この2人のいちゃいちゃ…
ではなくて駆け引きを黙って見つめているのだが
TVショーってことを意識して楽しそうにも見える…
けども時々絶対零度の頬杖で成り行きを見守っている。

2枚のカードを持つ翔さんの手のむこうに見えるピントの合わないワンコの笑顔。

ちょっと切なかったり、恐ろしくもあったり。

「カード見てよ、しょーちゃん」
「やだ!」
「ちょっとくらい見てよ」
「………」

↑この無言に櫻井翔のデレ加減の全てが詰まってたなあ!

相葉くんに懇願されてる翔さんという画も新鮮で良かったし
ジョーカーはあまり動かなかったけど、
腐的にはたいへん盛り上がった、いいBABA嵐であった。


ただ、最弱王の衣装一式を相葉くんが脱いでしまうのは少し残念。

今回も途中からの腕まくりはもちろん、
帽子を使った髪型のチェンジも、いちいちスタイリッシュ。

前髪なしで普通にかぶるスタイルから
途中、左の前髪が落ちかけて色っぽい雰囲気出し始めて
気合を入れる度にデコが全開になっていく様子も面白いがカッコいい。

オデコをこんな風に出してもマヌケにならないなんて
相葉くんの顔の骨格とパーツのクオリティの高さを物語ってる。


とんだモダンボーイですなあ!

あ、はしゃぐ相葉くんを見つめるワイプの堤氏がすごく楽しそうで。
大人の男性に微笑ましく見守られる相葉くんの小悪魔ポテンシャルも実感したわ。

ビジュアルから萌えまで供給してくれて
BABA嵐ってホンットにいいもんですねえ~。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>かいももさんへ

もんぷち
BABA嵐、楽しかったですねえ!
一般的にはどうだったのか、ちょっとだけ不安ですけど
嵐だらけの決勝戦は、盛り上げようとするニノちゃんと翔さんの努力で
思った以上に楽しかったと思います。

たかがババ抜きですが、大の大人が本気でやるから面白い。
嵐くんたちの深夜番組のノリを思い出してしまいましたね。

非公開コメント

トラックバック