デジコン東京4日目MCレポ・1

オーラスのハピバの演出が素晴らしかったようで。
相葉くんが愛されてて相葉廃人としては胸が熱くなるばかりです。

松潤が「相葉くんのために」(←重要)企画したのかなあ…。
萌えるわなあ~。


さて、私ですが、ご縁をいただき東京ドーム4日目に参加してきました。

福岡で一度ディスコスターさまの洗礼を受けたワタクシですが
バージョンアップされた彼にまたノックアウトされてしまいました。

Twitterを開けばレポはあちこちで落ちていますが
自分なりにまとめておきたいので、4日目のMCを書いておきます。

収録は入っていなかったので、DVDのネタバレにはならないかなと思います。

乱暴なメモを頼りに書いてますので、曖昧な部分もあります。
いろんなことが気にならない方だけどうぞ。




「改めまして、ボクたちが嵐でーーーす!」

恒例の翔さんの掛け声で始まりました、嵐のふんわりMC。

まずは、正面のモニターに映る謎の数字についてのご説明。
ツアーも終盤になると、ファンの方もわかってるんだけど
そこはお約束といいますか、情報社会とはいえご存知ない方も当然いらっしゃるでしょう。

「あの数字、心拍数なんですよ」

会場からへえええええの声あり。

と、その前にニノちゃんが「あの…ちょっといいですか?」
と割って入ってきて、会場がざわつく。

「(リーダーに向かって)機嫌、悪いんですか?」

問われたリーダー、ポカンですが
メンバーはなんとなくそう言われる理由がわかってるようで。

要するにMCの前の曲(忘れた)のラストに
リーダーが指でデジマーク(電波っぽいやつね)みたいなラインを
描くんだけど、そのときの顔がなんつうかぶすっとしてるように見えたらしい。
確かにそう見えたけど、あれって「気張ってる」んだと思ってたけどな。

リーダーの言い訳もやっぱりそうで
「指の動きに集中してるからしょうがないんだよ」だって。

「リーダー、集中するとアゴが出るもんね」
「あなた、(最初の)挨拶でオネエが出て、ここでアゴが出るって!」

翔さんが冒頭のリーダーの挨拶を真似るんだけど
ちょっとおネエっぽく盛られてるっていうか、
妙にコミカルなんだんだけど、思い返せばそんな感じだったかも(笑)

で、心拍数の話に戻り(このあたりの話題の順番は曖昧です)
「今日はみんな高いよね」と。

松潤は福岡からずっと高め安定だったけど
今日は始まる前から相葉くんもすごく高くて
福岡では「生きてる?」といじられていた翔さんまで高い。

ツアーも終盤になると興奮度も上がるとか…。
それとも相葉くんと翔さんの2人が
こっそり心拍の上がることをしてるとか…(ヲイ!)

それはともかく。

心拍数が出るのは「こういうのつけてるからなんですよ」
松潤が胸をはだけて見せて会場から嬌声が。

心電図とかとるときみたいな器具をつけて踊ってると。

「このあと(これを使って)筋肉の動きを音と連動させたり…
『おい!オレの筋肉!』って


いきなりなかやまきんに君のモノマネ入りました。
これには翔さんが慌てて突っ込む。


「あのさ、『Disco star』のときに…プロレスラー出てきてないよね?」

翔さんは裏で着替え中なので、相葉ソロのときは音しか聞いてないけども

「聴いてるとさ、なんかフンフーーーンフンフーーンみたいな
変な声が聞こえてくるんだよね」


ということらしい。

「それはね、ディスコスターさまがフンフーーーンって…」

ワッキーの受信中に似た例のポーズで
気合の猪木変顔をしてみせる相葉雅紀。

「受信してるんですよ!」
「ワッキーみたいに受信してるんですね?」
「ディスコスターさま、チャージしてるんですよ」

会場の熱気や声援を受信して、ますますパワーアップするってことなのね?
確かに福岡以上のテンションと盛り上がり。
ディスコスターさまの登場と同時に会場がヒートアップいたしましたが。

当のディスコスターさまからも言いたいことがあるようで。

「こうやってさ(受信ポーズ再現)花道をディスコスターウォークしてたらさ」

あ、あれってウォークなの?
走ってるんじゃないんだね~。

「大野さんが(花道の階段?)でレモンを持って
ハイハイハイ(手に持ったレモンをペンラのように振るジェスチャー)
みたいなことやってるんだよね」


会場大爆笑!

「レモン、いっつも食べてるから、好きなのかなって思って」

ディスコスターさまがお疲れだから
気を使ってるんじゃないですか?とメンバーがリーダーを援護。

「もう4日目ですからね。
そりゃ乳酸も溜まってますよ!?」


にゅーーーーさん?
相葉雅紀の口から、乳酸とか!
これはやっぱり松潤からの筋肉指導が徹底してると見える。
2015年は筋トレの年になってしまうのか?
もんぷちの胸に一抹の不安がよぎる。

「よくレモンかじってるよね?」
「脚がつらないように、すっぱいもん食べてんの」

ほーーーう。
相葉雅紀の豆知識か。

「彼っていつも一生懸命じゃないですか?」

か、彼?
ニノちゃん、相葉くんのことを彼って言いましたか?
ツンデレにもほどがあるんじゃないか?

「だからレモンも、こう…ガウガウって…」

ここでニノちゃん、レモンをかじるマネっこしておりました。
それはまるでお猿さんがリンゴを食べてるような必死さ。
なんでも全力で挑む相葉くんを的確に表現していた。

というか、レモンを食べてる可愛い相葉雅紀を
アナタはいつも優しい目で見守ってるんでしょうね?

『ウチの相葉さん、レモン食べてる姿も可愛いんですよ。
なんでも一生懸命でピュアなんですよね』


こういうことが言いたいんだよね、ニノちゃん!


「ハワイライブのときもさ、『Love so sweet』だったかなあ?
直前までレモンかじってたんだろうね~。
出てきたときの顔…」


と、典型的な「すっぱい梅干顔」をしてみせる翔さん。
モニターにはイケメンの変顔が映し出されている。

「顔が変なんだって!」
「(笑)気をつけます…」


「昨日一昨日、映像撮りしてるじゃないですか?
あ、してたんですよ」


会場ざわざわ。
収録は昨日だったのか。

「でもさ、今日も撮ってるの気づいてます?」

この発言には、会場もえええ?だけどメンバーもかなり驚いている。

「オレ、ここに…カメラつけてた!」

翔さんは自分の目の横あたりを指した。

ニノちゃんとリーダーが「オレは見えてた」と、気づいてたことを告白。

「1人だけVS嵐みたいになってたんだね?」

ジャングルビンゴの目線カメラのことだね。

「ステージ上のみんなを撮りたかったんだよね」
「翔くん目線ってことだよね?」
「のちにDVDになってなかったら撮れてなかったって思ってください!
だから言わないでね!(指をしーのポーズでお客さんにお願い)」


…というか、さ、しっかり撮れててもまずいんじゃないかな。
もしかして相葉くんばっかり映ってたら…さ。

翔さん目線の映像を見たいような
事務所NGになってお蔵入り…という甘美な妄想に溺れたいような
ファンとしての正しい欲求と腐った思考回路がせめぎ合う。


ここで松潤とリーダーがはけて、残った3人からお知らせ。
相葉くんからはデビクロくん映画について。

このときモニターに相葉くんが大映しになったんだけど
えっと…めっちゃ痩せてるように見えたのは私だけ?
お顔が小さくなってるし、頬もへこんでるし
なにより鍛えてるというお腹周りが薄すぎる!

…なんてステキなのかしら(うっとり)

こんなシャープな相葉くんが好きなのよ!
重力を感じさせない軽さが相葉雅記の持ち味なんだよ。
特にライブでは、あの天性のダンスを生かすためにも軽くなければ!

「クリスマスにぴったりの映画になってると思うので…」
「あのさ、相葉雅紀ファンとしてはどういう気持ちで行ったらいいの?
相葉雅紀の誕生日を祝いたいし、映画も見たいし」


クリスマス映画を見るのか、相葉バースディを祝うのかという
究極の二択なわけね。
それはアナタご自身が悩んでおられることなのかしら?

「見ながらお祝いした気持ちになって頂ければ…」

苦笑いで折衷案をだす相葉くん。

「じゃあさ、ここだけの耳より情報教えてよ!」

映画を楽しむモチベーションとして、情報をくれとおねだりする翔さん。

「最初に(この映画の)話を聞いたのは1年前かな?」
「オレたちにきかないでよ?!」

不安そうに2人を見る相葉くんに対して、ニノちゃんの愛のツッコミ。

いや~、痩せてるわ。
相葉雅紀、また細くなってる。

「あ、2年くらい前なのかな?(オファーをもらったのが?)
山下達郎さんのクリスマスイブをモチーフにって言われて
『山下達郎さん?山下達郎さんの役なの?』って…」


会場はもちろん、ニノちゃんと翔さんも大爆笑。

「『山下達郎物語』みたいな?
オレ、できるかな~?ギターとかやるのかな?って」


「黄色い涙」のときのことを思い出して不安になったのかも~。


ニノちゃんからは、特番とドラマ、映画のお知らせ。

「吉永小百合さんと一緒に…ねえ?」

ニノちゃんと日本を代表する女優さんの登壇に
いたく感激したらしい翔さんと相葉くん。

「サインとかね~」
「頼んでおけば良かったよねえ!」

顔を見合わせ意気投合してる櫻葉コンビ。

「実際、我々撮影現場に行ってもいいのかな?」
「全然いいんじゃない?」
「でもさ、オレらも大人だからさ、来てもいいって言われても…ねえ?」

社交辞令を鵜呑みにするわけには…という大人の反応を見せる。

「本気にしていいの?」

ここで翔さんと相葉くんが肩を寄せ合ってニノに詰め寄る。

「言っとくけどね、本気と書いて?」
「『マジ』と読む!」
「単車と書いて?」
「マシン!」
「大将と書いて?」
相葉雅紀、一瞬怯んで翔さんの顔を見るが、すかさず
「ボス!」

そして2人で微笑み合うとかさ…
なんなの?この可愛い生き物たち。
夫婦漫才ですか?そうなんですか?

「じゃ、差し入れするとか…」
「ではワタクシがフレンチを差し入れ致しましょう!」

おお、素晴らしい流れ(笑)
ここで翔さんから正月のスペシャルドラマのお知らせ。




長くなったので一旦切ります。

そんなに長くはないのですが、相葉くんの挨拶もまとめて
続きは後日アップいたします。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック