ビューイング・ハワイの夕暮れ編

昨日のエントリにもチラッと書きましたが
本日、ハワイライブ2日目のライブビューイングに行ってきました。

記憶が曖昧な上に、暗い映画館でモニターを見ながらメモしたので
(間違えて手のひらにメモることもあったりして)
文字は解読不能だし、細かいところは抜け抜けですが
それでもワタクシの海馬を総動員してレポをしてみます。

カテゴリは「生嵐レポ」になってますが、「生」ではないですよね。
でも一応ライブレポなのでこちらに収納します。

自分の備忘録のつもりですので、ご覧になりたくない方は回れ右してくださいね。


大丈夫な方は続きからどうぞ。



ビューイングの会場は、400席くらいのスクリーン。
12時25分頃に、ハワイの会場がモニターに現れた。
一気にテンションが上がる場内。

ワタクシ、お一人さま参加だったので、この興奮を分かち合う人はいないが
ここにいる全員が嵐ファンなのだからそんなに問題はない。

気になるのがステージの上空。
若干雲が…あれって雨雲じゃないかしら?
相当濃いグレーですけど?

あちこち青空も見えるし降ってはいないから大丈夫なのかしら~?
あ、スタッフが外人さんなんだなあ!
普通のスタッフなのにSPみたいに見えるじゃん。
などど考えてると、モニターが切り替わって、嵐くんたちの登場。

ヘリコプターか!

ハワイの海を空撮しながら、嵐くんたちを乗せたヘリが近づいてくる。

前の席に松潤リーダー
後ろに翔さんニノちゃん相葉くん

かっちょいいいサングラス姿の5人が手を振っております!

ヘリを降りた嵐くんたちが決めポーズ。
赤いジャケットがクールすぎる!
セレブかよ?セレブだな!

と思ったら、お客さんが立ち上がり始めた。

あ、やっぱスタンディング?
私の前の人も後ろの人も立ったので、思わず席を立つと
後ろの方もほとんどの人が立ち上がってる。
(私は前から5番目くらいの席でした)

そっか、やっぱライブなんだなあ~。


その赤スーツだけど、これがホントに良かった。

松潤のはロング丈で唯一襟に赤いファーが付いている。
そりゃもうゴージャスなファーでさ~。
こんなのマドンナとプリンスと松潤しか似合わないよ。
思わず、ファーーーーーーって叫びそうになっちゃったよ。

翔さんのは、ミドル丈のジャケットの裾に柔らかめの別素材の布をプラス。
黒いレースとか組み合わせてあったかも。
ニノとリーダーのは、丈が短めだったことしか覚えてないや…。

そして相葉くん。
はあああ~…
よくぞ相葉くんにこの衣装を着せてくださいましたね!
当然、ロング丈なのよ。
そしてね、両脇に腰のあたりから始まるベントがあるのよ。
そのベントは普通スリットになってるだけでしょ?
でもね、そこに別布が挟んで縫い付けられてるんだよね。
その生地がすごーーーーくいいんだよ!(私の好みだけど)
黒でさ、少し透け感があって…おまけにさ、ここが一番大事なんだけど…

ププププププププリーーーーツ!
プリーツなんですよ!
それも細かいの!
きっちりプレスされてはないんだけど、プリーツなのよ!


プリーツ、リボン、レース、ドレープ、フリル

相葉雅紀のトッピングにふさわしい、夢とロマンの詰まった装飾品。

その中でも男性が着こなすのが難しいとされるプリーツを!
相葉雅紀が翻しております!
クルリとターンするたびに、赤ジャケットのスリットの隙間から
薄く透ける黒い素材が、大きく大きく空を舞うのだ。
プリーツだからね!
倍以上の広がりで以て、相葉雅紀のターンを彩る。


あああああ…至福の時だよ!
もんぷちの脳内スクリーンには、完全スローモーションで
回る相葉雅紀の細い背中と赤い残像と舞い上がる黒い影が再生中。

素晴らしい!
この衣装、マジ完璧!

これ以上ないと思っていたが、次の曲でメンバーがジャケットを脱ぐと
相葉くんの胸元に赤いリボンタイが!
いや、あれはタイというより完全にリボン!

ジャケットに目暗ましをされていたが、ここにリボンがあったのね。

誰にお礼を言ったらいいの?
衣装さん?スタイリストさん?

こんな理想的な相葉雅紀が歌って踊って、
汗をスプリンクラーのように撒き散らしてるんだぞ?

誰にお礼をすればいいのよ?
カメハメハ大王?


「lucky man」の間奏では、3人が片手側転。
いつもならリーダーとニノちゃんと相葉くんがしそうなアクションだけど
なぜか翔さんと松潤と相葉くん。
貴重なシーンを拝ませてもらったぜ。

黒とゴールドが交差したような不思議なベストで
天に拳を突き上げ、ジャンプジャンプの相葉くん。
…やっぱり痩せたかもなあ。
細身のパンツがブカブカしてるもん。
脚の存在が希薄だもん。

「ピカンチ」と「ピカダブ」って最近のライブでは
お手振りソングになってることが多いけど
振り付け通りのキレキレダンスを披露してくれた。
これが15周年ってことなのね。

「ピカンチ」の途中、相葉くんと松潤が背中を合わせて状態で
視線を合わせて歌うと、会場から黄色い歓声。
私も思わず息を飲んだ。

なんてキレイなツーショット。
そのあと同じメロディでもう一度背中合わせから
相葉くんが松潤の肩に手を置いたので、またまた大歓声。

「ピカダブ」のダンス、大好きだ。
相葉くんが左でステップを踏みながら
腰は右に重心を置いて斜めに流れていく。
バランスの妙技だな。


ここで5人がセンターステージの奈落に消えていった。

相葉くん、「アロハ~」って言ってました!



ここでVTRに切り替わって、5人がハワイをウロウロと散策。

デビューの時に乗ってた船?なのかな?
乗り込んでワイワイはしゃいでた。

5人それぞれのインタビューですが
5人分のメモを取るのが難しかったので
相葉くんのところだけ抜粋して書き留めておきます。

デビューについて、だったかな?

(デビュー会見でハワイに行ってときのこと)
「あ、これって旅行じゃねーなって思いました」

他の4人が喋るときは、皆さん神妙に聞き入ってるのに
相葉くんが喋り始めるとなぜかクスクス笑いや爆笑が起きるミラクル。
ホントに嵐ってバランスがいいと思うよ。

「ちゃんとしたグループなんだなって思ったのは2枚のシングルのとき!」

ニノちゃんが「ニノさん」で、相葉くんのことを
「相葉くんはなーんにもわからないの!」と言ったのはこういうことかも。
ピンと来ないというか、深読みしないというか。

でも一番大事なことはちゃんとわかってる。
絶対に人を不快にしない不思議な嗅覚があるんだよねえ。

「時間が過ぎるのが早くて、波に乗り遅れないように一生懸命だった」

「ライブのときね、時間よ止まれって思うの。
気持ち悪いでしょ?」


気持ち悪くないよ。
ファンも全員そう思ってるよ。
この夢の時間よ、終わらないでって。
相葉くんがそう思ってくれるだけで嬉しいけどね。

「曲が出来てレコーディングして発売して終わりじゃないんだなって思うんだ。
ライブでその曲をやってお客さんと歌って…」

(続き忘れちゃいましたが、ライブで曲を披露することで
完成するってことを言ってたような気がします)

国立での初ライブについて。

「そんなとこでできるんだって、知らなかったし。
雨が降ったら一緒にびしょ濡れで。
生きてるって感じするよね!」



と、こんな話を子供みたいなキラキラの瞳で一生懸命話してて
こんな31歳、奇跡でしょ?と思わずにはいられないですな。



長くなったので、続きはまた。
なんでいっつも長くなっちゃうんだろ…?





スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>かずっっちびさんへ

もんぷち
その呼び方されたの初めてです(笑)
料理したくなる名前ですね!

私はライブで泣くことはほとんどないので
今回も自分は全然泣かなかったんですが
場内ではあちこちからすすり泣きが聞こえてました。
それくらい感動的なライブでしたね~。
(私も感動してるんですよ!涙が出ないだけで)

体力的なことは確かに心配でしたね。
ずっと踊ってましたもんね。
でもこれでわかりました!
嵐くんたち、まだまだ大丈夫です(笑)

>瑞希さんへ

もんぷち
オープニングの衣装、マジヤバったっす!
ヒラヒラさせたら日本一!
まるでチョウチョのようにハワイの空を舞ってましたわ。

相葉くんの汗、洗濯機かスプリンクラーかって勢いでしたね。
あんなにキレイな汗を見たことがないわ~。

>なちこさんへ

もんぷち
同じ日ですね~!

私も行く前は、ライブと同じようにスタンディングかな?
ペンライトはどうするんだろう?とか考えてましたが
会場内はすべて嵐ファン。
始まってしまえばノリノリでした。
ライブと変わらない空気感だったと思います。

うちの会場も翔さんのニノちゃんへの歓声が大きかったような気がします。
地方ってそういう傾向があるかも(笑)
私も心で「相葉くーーーーん!」と絶叫してたんですけどね。

櫻葉サンオイル、にのあいナデナデと、萌えどころもたくさん!
本当に楽しいライブでした。

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>るりさんへ

もんぷち
早く書かないと忘れちゃうんですよ!(笑)
レポだけはさっさと終わらすように心がけてます。
他の方のレポも読みたいので。

あのプリーツとリボンは…マジ、GJでした!
ひらっと柔らかく舞うんですよね。
相葉くんの残像とともにひらっとね。
あああ、早くDVDにしてください!

非公開コメント

トラックバック