「LOVE」植物系への愛

最近、お酒を飲むとすごく眠くなる。
ブログを書こうと思ってるのに、酒を飲んで寝てしまう。

典型的なダメ人間ですな!


誰も待ってないのはわかってるけど「LOVE」の続き。

「Rock Tonight」は、イントロでせり上がってくるときが最高だ。
ベイシティローラーズみたいな赤いチェックのお揃いのスーツ。

いつもならどこか少しずつデザインが違うのに
このスーツに関しては5人がまるまるお揃いだった。
まるで制服みたいに!

…そう!
この曲は制服スキーのもんぷちへのボーナスステージなんだよ。

しかもせり上がってくるときの相葉くんは
ポッケに手を突っ込んでいる。

なんつー可愛さ!
狙ってるんじゃないとしたら天性の制服マイスターだ。

いいか、お嬢さん方!
制服ってのはな、ポッケに手を突っ込むことによって
その魅力は宇宙レベル、つまりゼロ・グラビティになるのだ(意味不明)

制服というストイックな衣装を身にまとったとき
ポッケに手を入れるという少し斜に構えたポーズが
サンクチュアリである制服の突破口になりうるのだ(ホントに意味不明)

ポッケに手を突っ込んで「様(サマ)になる」ためには
ある程度の腕の長さが必要だ。
腕を少し折り曲げてジャケットのポッケに手を突っ込む。
そのときの腕の角度が90度じゃ堅苦しいので
私の理想としては130度~150度くらい。

相葉くんの腕の長さと細さは、制服のジャケットを着るにふさわしい。
この制服の延長線上に、大人のスーツが待っている。
そこに至るまでの男の遍歴ってやつも気になるところだ(マジ意味不明)

隣に立つ松潤のポッケポーズも素晴らしい。

ジャケットを少しめくるようにしてボトムのポッケに突っ込むタイプね。

相葉雅紀のジャケットポッケ技が可愛い系だとしたら
こっちはクール&ワイルド系ポッケ技。


オールバックにピッタリの技をありがとう、松潤。

そしてこの曲では、狭いセンターステージで
5人がコミカルな振り付けとフリーな動きで楽しませてくれる。

で、フリー演技がコンビの絡みのサンプルみたいだった。

松潤は、主にリーダーに絡む。
リーダーはそれに乗っかってコント仕立てのスキンシップで受けて立つ。
会場が嬌声に包まれる。

松潤はニノちゃんにもちょっかいをかける。
ニノちゃんは松潤からのアピールは素直にというか
「Jがやることですから、ハイ」的ななすがままモードで受け入れる。
それを表情でしっかり会場にアピールして笑いを誘う。

ニノちゃんと翔さんは、おフザケ担当。
ヲタ芸もそうだけど、ここではエアギターで沸かせる。
かといってスキンシップは少なめ。

翔さんと相葉くんも適当に絡む。
適当って言っちゃうと、実に適当だけど(笑)
相葉くんって曲の途中に脱線することがあまりないし。

このお尻ペンペンは、結構な櫻葉ポイントだとおっしゃる方もあろうけど
ワタクシは、据え膳を食うのは不本意だ。

もちろんありがたいことだ。
これはこれで美味しく戴くが(戴くのかよ?!)
しかしながら、私の思う櫻葉はもっとこう…なんていうか
2人の素の思いが溢れちゃってるみたいなね。
意識してないのに…っていうのが重要なのよ。
ビジネス櫻葉なんていらねーーーんだよ!ってことなの。

まあ、相葉くんが翔さんのお尻を触ってるってだけで
リピの対象にはなるんだけどね、うん。


「One Love」からは5色のメンバーカラー衣装。

なんなの?
この人たちって、新種の熱帯魚?
ロング丈のジャケットの裾からヒラヒラと…。

これはさ、ウィーンの社交界にデビューするお嬢さんが着るドレスなのか?
ドレスシャツのカフスには、里中満智子さんの漫画に出てくる
最終的に主人公の女の子に振られちゃう
ロングヘアの美青年が着そうな正統派のフリルと黒リボン。

「果てない空」のイントロ、この衣装で客席に手を振る相葉くんは
どこぞの王子様みたいなノーブルな雰囲気と平等なスマイル。

手の振り方が「ヒラヒラ」とか「ピラピラ」って擬音がぴったり。
大きな振りのときは「ブンブン」のこともあるけどさ。

手首のスナップが効いてんだよね、どっちにしても。


そしてとうとうきましたね!
「エナジーソング」相葉雅紀の転倒シーンが!

「崩壊」というのとは少し違うかもしれない。
蛇腹が折りたたまれるように崩れ落ちた伝説の「ファイトソング@5×10」
あのときのような、花びらが地上に落ちる風情ある崩壊ではなかったものの
ターンからの横斜め回転からのでんぐり返しの起きあがりこぼし。
アングルの違うカメラで撮った映像を繋げてくれたスタッフさん、GJ!
お尻を見せて寝転んで、正面に変わって立ち上がる。

一瞬、花道でぺったんこになった相葉雅紀を味わえたよ。
横向きなのに、厚みがない。
奇跡の転倒シーンをありがとう。

この曲でくるくるターンしてるの見て気がついたけど
裾から出てるヒラヒラって、ボトムにくっついてるんだな。
腕を大きく振り上げても連動していかないけど
ターンをすると遠心力でキレイに広がるあの尻尾。
計算されてるなあ!


MCでは翔さんの相葉いじりが止まらない。
「相葉さん、相葉さん」ってさ~。
私の欲しい櫻葉はこのMCに詰まっとりましたな!


「モノクロ」の椅子プレイ、新鮮だった。
すぐに脱いじゃったけど、ゴールドのラインが入ったジャケット
すごく似合ってて、もうちょっと見たかったかも。

今回「サヨナラのあとで」も「Rock Tonight」もすごく好きな衣装なのに
その1曲だけだったなあ~。


「P・A・R・A・D・O・X」のカッコよさ!
痣が露出されたあの衣装、ハーフパンツも素晴らしい。

翔さんと松潤も腕出し衣装だったけど、
スペアリブみたいな二の腕の筋肉がパワフル。

一方、相葉くんの腕はなんというか…植物系?
アスパラガスとかそういう感じ。


細すぎるほど細いってほどではなくなったけど
それでも肉肉しい質感ではなく、繊維質っぽいんだよね。
アームもスカスカしてて、ワイルドなんだけど清涼感もあり、みたいな。

5人が輪になって♪Can you make me fly high? とリーダーが歌うシーンで
フレームアウトしていく相葉くんの腕が長くて細い!

力を入れてるはずなのに盛り上がってない若木のような二の腕が好きだ。
黒のハーフパンツから生えた、嘘みたいに長いひざ下も大好きだ。
筋の少ない食物繊維みたいなしなやかさな全身が超絶好きだ。




そしてキターーーーー!
「Calling」

イントロには相葉くんのウィスパーボイス。
今回はアラフェスみたいに言ってるとこが映んなかったけど、それでもいいの。
耳だけでも十分美味しい贅沢な囁き。
からの、長い腕をぐるんぐるん回して煽って、ジャンプ&特効!

…ぐふぉ……(エア吐血)

やられました!
もんぷち、ボニー&クライド状態です!(古すぎて…涙)

ライブ当日、曲の途中で…あれ?相葉くんがいなくなっちゃった!って気がついて。
あ、そうか~、次がソロなのね、と納得した。
つーことは、アルバムの曲順と一緒じゃん。

こうやって改めて映像で見ると、なんというか頼もしいね、4人が。

相葉くんがいなくなったあと、花道を歩く勇ましい姿に
まるで姫を守る騎士のようだと感じてしまった。

特に翔さん、オトコマエやで~!

胸に当てた手を前に突き出すラストのポーズ。

…ぐはああああ…。
雷神風神嵐神、って感じ!
カッコよすぎるでしょ?
「行け、相葉雅紀!」って言ってるみたいでしょ?

そこからの、相葉くんのソロ!と思うと嬉しくなるな。



やっとDISC1終了かな?(笑)

2については、忘れた頃にまた…。


スポンサーサイト

コメント

翔ちゃん

美紀子
もんぷちさん、こんあいば!

コーリング、途中退場で最初はガーンとなったのですが、確かに踊ってる4人は何かメッセージを感じますよね。 翔ちゃんの踊りがとてもいいと思います。

私も桜葉が大好きなので、でもお尻ぺんぺんはちょっと演出ぽかったですね。
私も自然な感じが大好きなので、思わず抱きしめあうとか好きですね~。

制服のぽっけもカッコよかったですね~

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>美紀子さんへ

もんぷち
お久しぶりですね~。

当日は途中退場に気が付いてなかったのですが(笑)
ラストのポーズで、そうか!次がソロか、と。
4人がかっこよく決めてくれましたので嬉しかったですね~。

演出より、素の感じがいいんですよね!
思いが溢れて…って感じ、萌えです(笑)


>瑞紀さんへ

もんぷち
入所日でしたね~。
日が日だけに、あまりおめでとうーー!と叫ぶ気分になれないもので
思いついたときにしか話題にしないんですけどね。

実家から実家へ…。
瑞紀さんの実家からご主人の実家にってことでしょうか?
お忙しいですね~。
お盆やお正月は家族と過ごす時間が長くて
なかなかゆっくりアラシゴトに浸れませんよね。

連絡先、ありがとうございます!
よろしくお願いいたします!

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ちゃちゃさんへ

もんぷち
あの4人の最後のポーズ、良かったですよね!
相葉廃人だから勝手にそう感じるのかもしれませんけど
エールっぽかったです。

確かに、以前翔さんが「Lotus」の相葉ソロの前に
そういう気分でお送りだすって言ってました!

櫻葉萌え、控え目ですかね?
実は現在泣き虫が急上昇なので、お役に立てるかどうか(笑)
でも基本は櫻葉なので!
萌えれば吐きますわ~。

非公開コメント

トラックバック