すき間ネタあれこれ

勝手に映画リスト


「チャイルド・コール」

ノルウェーの映画。
北欧っぽいわ~、じわじわ来る。
このテーマをハリウッドで作ったら、絶対違った作品になるというあるある。


「ナタリー」

主役はアメリのオドレイ・トトゥ。
痩せてんな~(笑)
全体的に適当にオサレというか、雑誌の中の人生って感じだわ。


「プール」

ご飯がいっつも美味しそう。
そして服が普通で個性的で粋だ。


「つむじ風食堂の夜」

途中で挫折…(懺悔)


「小悪魔はなぜモテる」

エマ・ストーンが「嵐にしやがれ」のゲストだからってわけじゃなくて
元々エマ・ストーンが好きなのに、思いついた時はいつも貸出し中で
やっと借りられたのがこのタイミング。

エマ・ストーンは実に不思議な女優さんだ。
しやがれにご出演されたときも、スタイルはいいしとても美人さんで
おまけにフレンドリーでウィットにも富んでいる。

なのに「冴えない女」を演じると、なぜか可愛いのに可愛くなくなる(笑)
もちろん、褒めてます。
すごいなあ~って思う。
普通で見たら整ってるのに、絶対にモテそうにないとか
コケティッシュな雰囲気が強すぎて、美人度が下がるみたいな。

でもやっぱりキュートでした!





お気に入りの雑貨屋の店員さんに、嵐ファンだとばれて
レジで声をかけられたのが今年の初め。
(参照→http://blackfj22912240402.blog.fc2.com/blog-entry-722.html)

その後、彼女とどうなってるかと言いますと…

lineで相葉トークするくらいには、距離が縮まっている(笑)
「今度、DVD上映会しませんか?」と誘われてもいる(笑)

すごくありがたい状況のようだが、一つ悩んでいることがある。

ブログを通さないで知り合った初の相葉担さんなので
こちらの趣味嗜好もご存じないわけだし、
相手の萌え傾向がイマイチつかめない。

彼女自身は「にのあい好きなんです!」と公言しているが
これは、私が裏で書いている話のような深い意味でのにのあいではなく
幼馴染コンビとしての『にのあい』を指しているんだろうか?

「もんぷちさん(実際は本名で呼ばれてます)、櫻葉ですか?
櫻葉もいいですよね~、翔ちゃんデレデレしてますもんね!」

とか…。

どうなの?
世間的には、どの程度の認識なの?

心身ともに腐り落ちて、腐海の深海魚と化しているワタクシには
冷静な判断というものができないのですよ。


今日のlineの締めくくりは

『5月8日のVS嵐はBETde嵐だそうですよ~。
お互い、好きなペアが戦ってくれるといいですね!』


であった。

…う~ん。

ペアとかコンビとか、判断に迷うわ~。
もちろんカミングアウトなんかする気はさらさらないが
相手の萌え傾向を知るのは、会話の流れにとても重要なので。

彼女は25歳のお嬢さん。
私の娘と言ってもおかしくない年齢の方に軽蔑されるのは忍びない。

悩むとこだな…(宇宙で一番くだらない悩み)




先日の「Mステ」のリピが止まらない。

腹チラの一時停止はもちろんだけど、
伏し目がちのアップとか、腰振りステップとか
チャプターを細かく打って、何度も何度も行ったり来たりしてしまうわ。


トークも可愛かったな~。

後輩くんに「役割分担」について質問されて答える相葉くん。

「ウチの櫻井翔…ちゃんは、旅行係です」だって!
なんて可愛いんでしょう~。

一応よそ行き風に、身内に対し「櫻井翔」と言ったものの
最後にやっぱり「…ちゃん」とつけてしまう愛らしさ。

翔さんなら確実に「ウチの相葉は」と言い切るところだ。

この件でしみじみ感じた。

私が相葉雅紀を大好きな理由は、アラサーの男性を
「ちゃん」付けで呼んじゃう衒いのなさ、無邪気さだ。

「普通はしないよね」という行動を、恐れもなくなくできる
心の強さと芯のしなやかさを感じる。
そして違和感を抱かせない、適当な抜き加減。

誰もが真似できることじゃないよな~って思う。

「しょーちゃん」と呼ぶ相葉くんじゃなかったら
裏の話まで手を出さなかったかもしれないし
このブログもこんなにも続かなかったかもしれない。

番組でもインタビューでも、どんな時でも
「しょーちゃん」「しょーちゃん」と楽しそうに翔さんに話しかける相葉くん。

こんな可愛い子がそばにいて好きにならないわけがない。

くっそ~…
うらやましいぞ、櫻井翔!

大事にしないと承知しないからな!(大妄想)








スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>瑞紀さんへ

もんぷち
竹野内豊氏もいいですね!
少し残念系のCMでもいい味を出しています。
あの方ならアスコットタイの方でもいけそうです。

その噂は耳に入ってますが(笑)
当然ガセでしょうから、外野の言葉はシカトですね(笑)
私はそもそもリアルプライベートには興味がないので
リアルネタに関しても、耳をふさぐ方が腐海では過ごしやすいですね~。

コンビ萌えとカップリングって意味合いが違ってきますもんね~。
一応、おとなしくふつーのこぶりっ子に努めます!


>ラッキーマッキーさんへ

もんぷち
あの「しょーちゃん」がなかったら、今の私はなかったと思いますね。
「しょーちゃん」と呼ばれ、デレデレする翔さんにも衝撃を受けましたし。

ずっとこの蜜月が続いてほしいものですわ~。

松潤に?!
…ほうほう、そういえば男らし顔つきがなんとなく…。
でも色気が足りないんですよね~。
そこの深みが出ればバッチリです!

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

-
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

トラックバック