映画リスト(自分用)

全然アラシゴトじゃない自分的備忘録。

最近見た映画(レンタル)

「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」

とりあえず、服が可愛い。
柴咲嬢のニットは全てお買い上げしたいくらいキュート。
どこのブランドかなあ…。

お話も、女子(敢えての女子。女性ではなく)の
グルグルしちゃう感じとかめんどくさいとことか
周りにいるわかりにくいヤな女とか
さりげないけどうまいこと描かれてて面白かった。


「ダウト」

エイミー・アダムス、可愛いなあ。
外国における宗教的な作品って、日本人には理解が難しいかも。
「ダヴィンチ・コード」を読んだときも感じたことを思い出した。


「ル・コルビュジエの家」

…これってコメディにカテゴリされてるけど、ホントにコメディ?
確かに主人公のカッコつけた空回りはコメディっぽいけども。

建築物とインテリアが素晴らしくって
住んでみたいなと思ってしまうが
日本ならアリだけど、アルゼンチンでは危険すぎるかもね。


これから見る分(レンタルなう) ↓

「わたし出すわ」
「ストロベリーショートケイクス」
「ダークホース」




レディースディ割引を利用して
ド田舎のもんぷち地方のシネコンで期間限定で上映している
「ブリングリング」を見てきた。

ゴージャスな予告を見て、興味があったし
エマ・ワトソンは可愛くて大好きだし、監督はコッポラだし。

なんつーか、ジャストアメリカ的な映画だわ~。
セレブに憧れる空虚な若者像って感じ。

一番すごいのは、パリス・ヒルトンの自宅かな。
本当の自宅を撮影に提供したらしいけど
アレがマジなら、おーまいがっ!だよ~。

とりあえず台詞の半分は「おーまいがっ!」ってとこが
2番目にすごいことかも。



そして帰りにいつもの雑貨屋さんを冷やかしに行ってみた。
春物のチェックですね、一応。

で、またまた出会ってしまった!

例のグリーンのコートに、レモンイエローのストールが似合うと思って
出かけるたびに探してたけど、灯台もと暗しってこういうことか。
同じ店に新入荷しておりました。

1392210145340.jpg

無地に見えるけど、白っぽい地模様があって
真っ黄色じゃないとこも理想的~。
相葉担のオネエサンにも太鼓判を押されて
迷うことなくレジに持って行ったぜ。

あ~、春が待ち遠しいね。





スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>瑞紀さんへ

もんぷち
ありがとうございます~。
このストールも一目惚れでしたわ。

私、黒い服は持ってないんですよ。
コートもニットも、モノトーンはないですね。
黒が似合わなくて、顔色が沈んじゃうんですよ。
霜降りグレーのパーカーあたりは定番なので所持してますけど
インナーやボトムに必ず明るい色を持ってくるようにしてます。

えっと…息子さん、やっぱりそういうお仕事なんですね?
スミマセン、存じ上げなくて。
無事に最終日を迎えるといいですね!
お母さん、体調管理頑張ってください。
非公開コメント

トラックバック