LOVEコン京セラレポ・MC後編


MCの後半レポです。

細かい間違いや勘違いもあると思いますが
妄想を交えて、暴走気味に書いてます。

大きなネタバレはないと思いますが、気になる方は回れ右してくださいね。


良かったらどうぞ。






MCも中盤。

ここで後半に控えているらしい「FUNKY」ダンスのレクチャータイム。

松潤が手順を説明してる間、小刻みにリズムを取ってる相葉くん。
…アイドリングか?
少し頭を下げると、サラサラの髪が流れる様子が美しかったわ。


ダンスの方は自信があるワタクシ。
テレビを見ているマイ旦那の隣で、イヤホンを装着して
毎夜毎夜必死にレッスンしたんだ。
マイ旦那のスルースキルが一段と上がっていったんだ。

とにかく。
スクリーンに映されるであろう振り付けの見本を一切見ないで
踊る相葉くんだけを見つめ、相葉くんと一緒に踊ってる気分になりたい。


その一心で、カラダに振りを叩き込んだんだ。

絶対に!
相葉雅紀と一緒にファンキーにダンシングしてみせる!


が、一つ心配なのはペンライトのタイミング。
スイッチを入れるタイミング一つで、点灯の色がズレちゃうらしいんだよ。

だから、スイッチのカウントだけは間違えないように、と
そこが一番緊張してたわけ。
集中力が削がれるかもしれないしね。

「3,2,1!で、点けてね」

それってさ「1」で点けるの?
それとも「1」を言ってから点けるの?

とかね。
まるで振り付け師の先生に「キメのポーズの腕は?こう?それともこう?」
めっちゃ細かい角度で質問するのようなワタクシ。

結局「3,2,1、ダーーー!」という
アントニオ先生の逆バージョンみたいなかけ声が楽しくなった嵐くんたちが
勝手に盛り上がっちゃって、なんかよくわかんなかったんだけどさ。


ここでダンスのリハーサルをやってみようってことになり
リーダーがウエーブのお手本を見せることに。

ビシュッと腕を上げおろす高速のウエーブに、翔さんが
「肩をヤっちゃいそうなんだけど!」とダメ出し。
「ヤっちゃうでしょ!」とニノちゃんも大爆笑。

そして、練習でウエーブをしてみることになり
スタート地点のメインステ側のスタンド席にスポットが当たる。

「見えてるよ、見えてるよ!」

会場大絶叫!
嵐くんってば、やっぱりアイドルだなあ!
煽るのがお上手なんだもん。

スポットが移動を始めると、ウエーブも流れ始める。

「見えてるぜ!子猫ちゃん!」

…き、きたーーーーーーー!
ここで相葉雅紀の伝家の宝刀、『子猫ちゃん』呼び!


会場の熱が一気に10度は上がったね。
これがウワサの『生子猫ちゃん』か…。

普段はベンガルトラのように、相葉雅紀の隙を狙うもんぷちも
このときばかりは産毛フワフワの子猫ちゃんになり果てた。

恐ろしい…
相葉雅紀の小悪魔ポテンシャル、底なしだぜ!


Gブロックは、他のアリーナ席とはムービングのレール部分を挟んで離れているので
松潤コーチから「察して?」と半笑いで指導されちゃうわけよ。

「ウエーブって(察するんじゃなくて)来るもんじゃないの?」
「いや、感じるんだよ!(超ドヤ顔!)」

そうなの、「察する」のは大の得意なのよ、ワタクシ。
「察して」「感じて」るから、毎日楽しいんだよね。
「察し」すぎて、妄想が危ないもんね、いろんな意味で。


ここで、個々のお知らせコーナー。

「だまカノ」絶賛公開中と言う松潤は、
年明けにドラマ「失恋ショコラティエ」が控えているというお話。

「チョコ、作るんですか?」
「カカオから?」
「いや…(苦笑い)」
「木に登らないんですか?」(カカオの?)
「木には登りません!(笑)」

ここで松潤が『テンパリング』等の専門用語を交え
チョコの作り方を説明し始め、その生真面目さに思わずほんわかとなる。


リーダーは「鍵部屋」のSPについて。

「(そのドラマは)何時間あるんですか?」
「…鍵を…破るまでです」

会場は爆笑だが、嵐くんたちは半笑い。

「いや、何時までなんですかって訊いてます」
「鍵が開くまで?」
「だから!時間を訊いてるんですよ」
「…エンドロールが…でるまで?」

こういうことを続けたら日本一ですね、嵐くんたちは。
いつまでもふざけていられるオトナって素晴らしい!

ここで松潤が次のソロの準備のためにハケていった。


翔さんは3月から「神カル」のパート2が公開。

そして年末にN○Kさんで「明日に架ける旅」を放送するんだね~。

「もう(ロケに)行った」という3人に対し
「オレ、まだ行ってないの!」とキョトンとする相葉くん。

モニターに映る相葉くんは、キラキラのサラサラで
光の粒子を人よりも多く集めちゃう体質なのかと疑ってしまう。
っつーくらい、なんかキラキラの笑顔だった。

「内容は?訊いてるの?」
「まだ!誰も教えてくれないの。オレだけ?」

不安そうなのにキラキラしてるんだよね~。
思わず拝みそうになっちゃったよ。


「12月31日は紅白歌合戦の司会をまた5人でやります」と翔さん。

「(紅白は)どうなんですか?大野さん」と振られて
「(OPの)階段がね、緊張しちゃうんだよね。落ちそうで。
幕が開いちゃうと、もう楽しくなっちゃうんだけど」

「あ~階段ね」

確かに階段は怖い。
ライブセットの大階段もそうだけど嵐くんたちって
あの階段下りるとき、前を見てるもんね、当然だけど。
カメラがあるから下を見るわけにはいかないよね。

「オレも怖いの、階段」

リーダーのセリフにうんうんと頷く相葉くんは
隣のニノちゃんと翔さんの顔を交互に見ながらこう言い放った。

「手、繋いでもらえますか?」

…へ?
今、このヒトなんて言いました?
48000人の前で、すごいこと口にしましたよ?

紅白のオープニング、あの大階段を下りるときに
誰かに手を繋いで一緒に下りて欲しいってこと?


もちろん、唐突なお願いにニノちゃんは唖然としている。
半分笑ってたかもしれないけど。

というのも「手を繋いでくれる?」と言った相葉くんの口調が
フザけてるときのそれじゃなくて「ホントに怖いの」って感じの
本気半分だったもんだから、ニノちゃんも即座に突っ込めなかったように見えたのさ。

しかしやっと気持ちを立て直し「イヤです!」と断固拒否するニノちゃん。
「え~…?」とショックを受けて笑う相葉くん。

『このヒトなに言い出すの?』って表情で笑ってた翔さんも突っ込みに参戦。

「(手を繋ぐとかは)女の人にやるんじゃないの?
オトコ同士だとエグいでしょ?!」

「女性にしかしないの?そうなんだ?」
「そりゃそうでしょ!」

ヲイヲイヲイヲイ!
その突っ込みに、喰い気味に突っ込み返しをさせてもらうよ?
倍返し!
いや、100倍返しだ!


『女の人にやる』?
『オトコ同士だとエグい』?

じゃあ、アナタが数年前のMステで、たった数段しかない階段を
しかも下りるんじゃなくて上がっていくわずかな階段で
わざわざ後ろを歩く相葉雅紀に振り向き、カメラにドヤ顔を晒し
恭しく手を差しのべてエスコートしたことを…お忘れなのか?


『エスコート櫻井』の名を全国に轟かせたあの決定的瞬間。

あのパフォーマンスをした当の本人が!
『オトコ同士だとエグい』だとぉぉぉ!?


でもね、翔さんの気持ちもわかるの。
あんまりデレデレすると、また各方面からのダメ出しを喰らうしね。

ここはごまかしておこうっていう防衛本能よね。

しかし、ストレートな相葉雅紀が
『そっか…。もうしょーちゃんと手を繋いじゃダメなんだ』
鵜呑みにしちゃっていたら…と思うと…

…裏で話が書けそうだ!と、ピコピコと萌えランプが点灯したりするわね。



MCはザックリですが、ここまで。

あとは終盤の萌えポイントとご挨拶~。






スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>あんにゃさんへ

もんぷち
ツイッターで情報が流れてるんですね!
赤いたこ焼き、とかロールケーキ、とか?(笑)
確かに断片だけではつながりにくいかも。

照れ隠しに余計なことを口走ってしまった翔さんに
罰ゲーム的なお話ができるといいんですが…。

あまり期待せずに気長にお待ちくださいませ~。
非公開コメント

トラックバック