LOVEコン京セラレポ・前半ざっくり感想

嵐のLOVEツアー、京セラ最終日に入ってきました。

誘ってくださったお友だち、本当にありがとうございます!

久しぶりに会えた方、時間がなくて一瞬のご挨拶だけだった方。
機会がありましたら、またよろしくお願いいたします。

皆さまのおかげで、本当に楽しいライブでした。


以下、ライブレポになりますが、セトリはほとんど覚えてません…。
この曲の時、みたいな記述は出てくると思いますが
細かいことはほとんど覚えてないので…。

ほぼ当日の相葉くんの様子…、のつもりですが
やはり多少、曲名や演出に触れますので
絶対にネタバレはイヤだ!と思われる方は、回れ右願います。


ポンコツレポですが、良かったらどうぞ。



「京セラに入りませんか?」というありがたいお誘いを受けて
まずワタクシがしたことは、マイ旦那に許可を得ることであった。

詳細は伝えず(ヲイ!)「誘われたので大阪行っていいスか?」とだけ
ベッドの上で正座してお願いしてみた。
あっさり許可…ってほどでもなく「いいんじゃね?」みたいな軽いノリ。

同居の義母には内緒で行くので、とにかく最終の新幹線に乗って
その日のうちにもんぷち県(西の端)に帰らなければならない。

日帰り強行軍だが、嵐くんのためならなんでもできる!不可能はない!

「友達と出掛けます」(ウソではない)とだけ言って
『日帰り弾丸LOVELOVEちゅっちゅツアー』のスタートだ。




ドーム内に入る前に、お友だちと待ち合わせ。

ドーム隣のイオン店内は、アラシックさんで100%埋め尽くされ
ぺんぺん草も生えないほど混み合っていたので、ドーム内のレストランに移動。

軽く腹ごしらえを済ませて、ドーム内へ。

初めてのアリーナ。
どんな風景なんだろう?


私が入るGブロックは、バクステを中心に三日月のように広がった変形ブロック。
私たちの席は、その三日月の端っこの4列くらいしかない小さなスペースで
前方にはムービングのレール、そのさらに前に普通の(笑)アリーナ席
後ろは広く開いていて、上にスタンド席。

要するに、ムービングステージとフロート?の通路の間の席。

ムービングステージがほぼ真上を通り
フロートが通過するときは後ろを向けばすぐ真上

メインステージから距離はあるけど、スクリーンはよく見える。
センステが近いわけではないけど、メンバーの判別はしっかりできる。

そしてとにかくムービング!

このステージが廻ってくると、めっちゃ近い!
真上を見上げると…
あああああ!嵐くんだよ、足の裏が(透けて)見えるよ!

今まで、私が相葉くんに一番接近したのは、舞台の前から2列目の席のときだけど
今回、人生で2番目に近かったと思う。

OPから2曲目か3曲目、ムービングに乗った相葉くんが近づいてくる。

隣の相葉担さんと、相葉雅紀のウチワを振って必死にアピール。

私は、これ ↓ の2枚を左手に、お友だちも「雅」ウチワを持っていた。

1385382650740[1]

大変ショボいという自覚はあるが、センスもスキルもないワタクシにはこれが精一杯。
この2枚を広げて必死に「相葉くーーーーーん!」と叫ぶ。

と、相葉くんがこっちを見下ろして…

指差し、ドッキュン!
笑顔でお手振り、ジャストピンポイント!


!!!!!
………!!!!!

と、時が止まった…。

もんぷちは白昼夢を見た。
もんぷちは幸せな再起不能に陥った。
もんぷちの脳内に花が咲き乱れた。
もんぷちの幸福度が3億年分追加された。

マジで…死ぬかと…。

クシャッとしたあの笑顔と、目が合ってしまった!

普段は、「もし相葉くんと遭遇したら麻袋に入れて持ち帰る」と豪語する
肉食系と言うより、捕食系ハンター系オバチャンのもんぷちだが
この一撃で、さすがに牙をもがれた。

完全に丸腰。
真のアイドルを前に、完膚無きまでに叩きのめされた。

のっけからこれなので、もうセトリとか入る隙があるはずもなく。
失神しそうになるのを必死にこらえていたわけだ。

しかしね、嵐くんたちは、私を浸らせてはくれない。

次々とLOVEアタックを繰り返し、会場内を魅了し翻弄させていく。
毎度毎度、切り札を切られ、息つく暇もありゃしない。


「Intergalactic」に一瞬腰をグルンと回す振りがあったのだが
センステの相葉くんが、こちらを向いた状態でそれをサラリとやってのけたもんで…。

エア鼻血がビシューーーーっと飛び散った。
そりゃもう見事な鮮血で。
弧を描いて噴き出すその勢いで、後ろに倒れなかったのが不思議なくらい。


これまた何曲目かわからないけど「EYES WITH DELIGHT」では
バクステから下りた相葉くんが、小さいトロッコに乗って
あのカワイイ振り付けを披露しながら目の前を通過。

腕をめいっぱい伸ばして、スタンドまで手を振る相葉くんは
細長くて細くて細くて、腰の肉が全く感じられない。

…この細さって、現実なんだなあ。

踊りながら(もちろんワタクシも軽く踊ってました)
瞬きも惜しくて、ガン見してしまう。


「Step and Go」は、5人がセンステから全方位に散らばって踊ったが
相葉くんはすぐ斜め前のバクステだった。

黄色いスニーカーが眩しくて
そのスニーカーがまるで床にクリームが塗ってあるかのように
くるくると滑って、かかとで体重移動、つま先でターン
柔らかい足首で全身をしならせる。
大きな手の平は、空を掴んだり撫でたり広げたり。
サラサラの髪の毛はライトを受けて茶色に光って宙に翻る。

ノリノリのはずなのに、息が止まる。
胸が詰まって、やっと息を吐く。


思えば3時間、この繰り返しだったように思う。

止まって吐いて、吸って止まって、また吐く。


個人的には「Rock Tonight」の衣装が、
懐かしのベイシティローラーズみたいで可愛くて好きだったが
残念なことにその1曲だけしか歌わず、そのままニノちゃんのソロへ。

曲終わり、ニノソロの前に残った4人で記念写真?撮るのだが
…これって恒例になってるんだろうね?
毎回ポーズを変えてるみたいな言い方だった。

相葉くんは右手を裏拳にした状態で、片足を立ててひざまずいた状態。
翔さんは…荒ぶる鳩のポーズだったような?

この写真については、MCで触れるのでまたあとで。


「One Love」では、からし色のスリムなボトムで登場。

脚の長さと全身のバランスの良さに見とれる。
長い…長すぎる。
カッコ良すぎて、また息をするの忘れてる。


前半ザッと感想はここまで。

う~ん、やっぱり全然覚えてないなあ…。



次はMCレポの予定です(あくまでも予定!)




スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

LOVE❤

サナエ
お~憧れの(笑)Gブロックの景色☆彡
キラキラ雅紀王子の指さしはそれはそれは心臓に悪いですね

どこかで遭遇出来るかな~って思っていましたが
イオンは人が多そうだからグランフロントで色々済ませて移動して
すぐに中に入りました。又どこかで逢えたら嬉しいです。

夢の時間の後の新幹線の時間との戦い一気に現実ですよね
夢の時間が終わっても不思議と腑抜けにはならない、もっとすごいパワーを
頂ける気がします。
LOVELOVEチュッチュな素敵な時間を思い出しながら
大掃除諸々頑張らなくちゃ☆彡

続きも楽しみにしています。
私も記憶のあるうちに下書きの記事完成させよう♪

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おつかれさまでした。

もんぷち
ありがとうございます~。

私も相葉くんは無差別お手振り系なのかと思ってたんですが
このうちわを見て、一瞬「あ!」って顔からの指差しでしたので
意外と目に入ってるのかもしれないですね~。
服の色も一応グリーンだったからかな?

出雲大社もいいところですよね~。
一度家族で行ったことがありますが、荘厳な空気を感じました。
厳島神社は何度か行ってますが、不思議な光景ですよね。
海の上の神社ですもんね~。

今回はMCレポです。
楽しんで頂けると嬉しいです!

Re: LOVE❤

もんぷち
真ん中ではなかったですけど、小さなブロックだったので
前と後ろを嵐くんが通るって感じでしたね。

指差しと笑顔は、冥土の土産にいたします(笑)

イオンはものすごい人だったので、地元のお友だちに教えてもらって
ドームの中のアサヒレストランでご飯を食べてました。
またどこかでお会いできるといいですね!

新幹線の駅に向うのはリアルなんですけど
向かってる途中も、宙に浮いてるような幸せな感覚でした。
しまらくは頑張れそうですよね!

私も記憶が薄れないうちにアップしなくっちゃ(笑)

Re: あああああああああ

もんぷち
ありがとうございます~。

そうです、あのクシャッとした笑顔です。
胸に突き刺さりました!

目の前で腰を回されると、脳天をミキサーにかけられたような錯覚に陥ります。
マジで心臓に悪いですね。

MCレポはうろ覚えで自信がないのですが、海馬を疾走させて頑張ります!

>あんにゃさんへ

もんぷち
ありがとうございます~。

もうね、そのあとは相葉くんしか見れないわけですよ(笑)
目が勝手に追っちゃうんですよね。

笑顔の破壊力がすごいんですよね~。
ポテンシャル、恐るべしです。

うろ覚えレポが続きますが、引き続きお楽しみ頂ければ嬉しいです。
非公開コメント

トラックバック