らぶあれこれ

現在、絶賛らぶ中である。

嵐くんたちの愛ならなんでも頂く。
どんな愛でもウエルカム。


まずはサラッと通しで聴いてみた。

相葉くんのソロの前評判が良かったので気になったけど
曲順だって考え抜かれた、総力を挙げたアルバムであろうから
敬意を表して…というと大げさですが…。

というか『泣ける』という噂だったので
心の準備を固めておこうかな、みたいな。

12曲目にセットされた理由がきっとあるはずだから。


結果、1回目は涙は出なくて(出んのかい!)
というのも、相葉くんの声が良すぎた!

そっちに気持ちが集中しちゃって、歌詞まで脳が届かなかった!

しっとりしたミディアムナンバーにぴったりの
落ち着いた低音とのびやかな発声、日本語だらけの歌詞が耳に優しい。

ちょっとぉぉぉ…。
相葉くん、私たちを置いてどこ行っちゃう気ぃぃ?


不安になって、思わず相葉くんの袖をつかんでしまいそうになる楽曲だわ。

曲調や歌詞に目立った熱はないけど
穏やかに流れる決意みたいな、大きな意味での愛かもね。


他に「お!」と思ったのは翔さんのソロ。

なんだろーな、妙に懐かしいような。
オサレでジャジーな感じがしなくもなく(ド素人の感想)

で、思いついたんだけど、このリズム感って『オザケン』?
違うか…。
でも私の中では少しイメージがかぶるなあ。

オザケンが「子猫ちゃん」発言をしていた当時(何年前だ?)
私はこのヒトにはあまり興味がなかった…というか
なぜ人気があるのかもよくわかってなかった。

だけど、この歳になってラジオから流れてくる彼の曲を耳にして
「も…もしかしてこのヒトって天才だったの?」って思ってしまったのだ。

全然色褪せないどころか、むしろ新しい。
なんじゃなんじゃ、いいじゃないか!
タイムカプセルを開けてみたら、結構いいもんが入ってたぞ?なんて
テンション上がったのはちょっと前のことなのだ。

だからかな?
翔さんのこの曲にあのサブカル的なサムシングを感じてしまった。

ブックレットのイメージともピッタリだ。


あ、そのブックレットについてもあれこれ書きたいんだけども~。

とにかく今までで一番クールでカッコいいんじゃないかと。
ペラッとめくって現れたカラーの翔さんに…昇天…。

相葉廃人のワタクシがこの体たらくなら
翔さんファンの皆さまのハートは蜂の巣状態であろう。

ここまで照準合わせてくる?
さすがイケメン枠のアイドルは、ポテンシャルの質が違う。

全力!
世界のイケメン30人にランクインできるほどのフル稼働!


こりゃ、ほかのメンバーも恐ろしいわ…。

という自分の予想はバッチリ当たっていて
実にありがたいのだが、いちいち腰が砕けて前に進みゃしない。

「はうゅ…ふぉう…ほぉぉぉぉ…」

声というより鳴き声的な音が喉から漏れる。


松潤のにじみ出るワイルドさにドッキュンですよ(表現が昭和)

なんかさ、松潤だけケモノとツーショットじゃん。
斜めを向いた顔だけのショットなんて、バックはケモノのドアップですよ。

しかしながら、このイヌ科的な…なに?オオカミ?
このオオカミさんがどんな眼力でワタクシを射抜こうとも
涼しい顔でよそ見をしている松潤の絶対的な圧力には敵わない。

後ろのケモノ、完全に飼い犬。
松潤の静かなる野性に負けちゃってるわけだよ。


ワイルドの中に潜むセクシー。

イヌ科のケモノを圧倒するネコ科のドン、ライオンキングを松潤の中に見たのだよ。


が、しかし。
フラットな立ち位置から鑑みると
一番性質(たち)が悪いのは、ニノちゃんかもしれない。

ニノの色気って、傷痕が残りそうな後味の悪さがある。

いい思い出にはならないし、でも絶対忘れられない。
好きと嫌いの意味が反対に思えてくる。

あっさりしてるのに苦味だけ残るって、一番悪い男だな。

松潤の豪快なセクシーさのほうがなんぼかマシだ。
世のお母さん方は、こういう男には気を付けるよう、娘に諭すべきだね。



我らが天使、相葉雅紀もまたすごかった。

天使封印、小悪魔降臨!


しかも小悪魔の「小」はもういらねーんじゃねーの?っつーくらいの、フルスイング。
私のハートが真芯を捕えられ、バックスクリーンのはるか向こうに飛んでいった…。

正面からのカラーショットは、どこをどう見ても黄金率の集大成。

バランスの良さも陰影も表情も髪型も全てに於いて神の意匠。


このショットでポスターがほしいです。
作ってください、事務所の偉い人。

「Face Down」のMVを思わせるレトロな椅子に
長い脚を投げ出してしどけなく座ってるお姿なんて…。

どっかのアパレルのグラビアだって言っても通用する、絶対。

ヨーロッパあたりのハイファッションブランドの広告にありそうな
ニヒリスティックと豪華さのミスマッチみたいで。

いつもはひまわりみたいに元気なのに
腰のスイッチ一つで、気怠くて怪しげな青年に化けちゃうし。


松潤みたいな抑圧された野性味セクシーではないし
ニノちゃんみたいなカマイタチみたいな色気でもないんだけど

近づけそうでもう一歩踏み出せない空気膜があって
薄ぼんやりと包み込まれてる桃色が真ん中にありそうな艶っぽさなんだよね。

あ~悩ましいですなあ!

なんつー罪なオトコたちでしょうか?




「P・A・R・A・D・O・X」(なっが!)のMVにつきまして、長くなるので、ちょっとだけ。
もし書けたら後日しっかり。


冒頭から『ひゃぁぁぁぁぁぁ…』と若干頼りない叫び声が漏れちまったぜ。

なんつーの『きゃーーーーー』じゃなくて
『なになになに?なにを始める気?アタシどうなっちゃうの~?』的なね。
どんな女王さまでもドMに宗旨替えしたくなるというか
打ちのめされたい願望をあおるよね、あの真っ赤なお花のセットは。


すごく気になってるのは、相葉エロベロサブリミナル効果

見えるときと見えないときがある、不思議な一瞬。

1番の…あのカニダンスのちょっとあと
♪うぉーーおおぉ~ とリーダーが歌うあたり
画面が5分割になる直前か、されてすぐ…?

相葉くんの口から、舌が出そうで出ない?
いや、出てる?
唇を舐めた?
口の中で舌を動かした?


スローにしてもほんの一瞬。

…き、気になるーーーーー!


検証は後ほど!
今日は息子の誕生日なので、いろいろ忙しいのだ(笑)

アデュ!





スポンサーサイト



コメント

シロン
嵐くん達からの ありとあらゆるたくさんの『♡LOVE♡』を毎日聴いてはキュンキュンしております♡

全曲とおしてホント素晴らしいアルバムだなぁと…
5人のそれぞれのソロ曲もどれもいい!!
相葉君のソロは出だしの低音もいいし高音も伸びやかで音域に幅があり相葉君にピッタリな歌だなぁと思いました ♪
相葉君のひとつひとつの発音もいいですね♡

翔ちゃんソロがどことなくオザケンを感じさせるようなと……ワタシもそれをすごく思っていました!!

オザケンの曲って今聴いてもオシャレというか時代を感じさせないですよね♪( ´▽`)

また引き続き『LOVE』に浸ってきます♡♡♡(笑)

それと息子さんお誕生日おめでとうございます!!

>シロンさんへ

もんぷち
ソロは毎回個性的でいいですよね。

相葉くんの曲は、声の良さが最大限に生かされてるなと思いました。

翔さんはオサレ!(笑)
デレデレしてない翔さんってカッコいいです。

ちょっと懐かしくてこじゃれた楽曲なんですよね。
だからオザケンを連想しちゃったのかも。

らぶ&ぱらどくす&Mステで大忙しですわ!
非公開コメント

トラックバック