酔っ払いの告白

※当方、本日酒量がいつもより多めになっておりまして…
要するに、かなり酔っ払ってます。
辻褄が合わないところがございましたら、お詫びいたしま~す!




普段、ロン毛だパーマだと騒いでるワタクシですが
だからといって、サラスト短髪の相葉雅紀を認めてないわけじゃない。

結局、相葉雅紀ならなんでもカワイイ。

それが相葉廃人ってもんだろ?


現に、我が家の寝室にベッタリと貼られてるポプコン相葉ポスター
歴代相葉雅紀のヘアスタイルの中でも、短めのこのスタイル。
しかもサラッサラ。

だけどさ~…めっちゃ好み。

ドストライクの微笑み、首の傾げ方
座り込んだときのコンパクトなフォルム
つま先を上げたカジュアルでキュートなポージング


なにより、目がいい。
少し微笑んでる口元に相反して、黒目が少しだけ愁いを帯びてて
輪郭も顔のパーツも配置もサイズ感も雰囲気も全部いい。

ベッドに寝転がって、いつまでもいつまでも眺めていられる。

ふと右側に視線を移すと、そこにはアニバコンの相葉王子

腰の角度とソフトなドヤ顔

あまりにも太い矢でワタクシのハートを射貫いたこのポスターは
既にもんぷち夫婦の寝室の絶対的レギュラー。

不動の4番打者。
我が家のバレンティン。

この王子が、長打力のある頼もしいスラッガーだとしたら
ポプコンのカジュアル相葉は、カーブとストレートを投げわけ
三振を積み重ね、打者(のハートを)打ち取る沢村賞に値する選手だ。

この2人に見つめられて、攻守共にメロメロのガタガタ。

もんぷちごときに勝ち目はないのである。


もう一つは去年のワクワク学校のクリアファイル。

これもすごかった!
思わず複数買いをしてしまうほど、ドストライク。

でもあのときだってそんなに長くもないしましてやパーマでもないしね。
思いっ切りサラストだったもんね。

それでもファイルの中ではお気に入りなので、一番使用頻度が高いかもしれない。
(もちろん、グッズボックスに保管用が眠っている)


要するに相葉雅紀の全てが好みだ。

笑顔も好きだし憂い顔もたまらん。
一番好きなのは困ったような苦笑い。
弾ける爆笑顔(byリーダー)も好ましい。
睫毛の存在感と鼻のラインが絶品の横顔。
伏し目がちは、不意打ちでこそ威力を発揮する反則技。



そして今日また、相葉雅紀をますます好きになった。

日テレの人気番組が集うスペシャル番組。

「嵐にしやがれ」からのクイズの出題VTRで
出前のそばを受けとるリーダー…の斜め前で、

配達してくれたオジサマにぺこりと頭を下げ
なおかつ、口の端をキュッと上げて微笑む可愛らしいヒトがいました。


カメラにギリギリ見切れていたその一連の行動。

…なんですか?このヒト。
多分カメラが入ってるのは知ってるだろうけど、
その位置を意識しての行動とは思えない。

ごく自然に出た、いつもの相葉雅紀ってことだよね。
その場を和ます天才的な才能だと思う。

やっぱ好きだわ~。
ビジュアルだけじゃなくて、内面が素晴らしい。


『相葉マナブ』で、クリーニング屋のオジサンが椅子に上がったときも
ごく自然に支えるように腕を伸ばしたり。
さりげないフォローが咄嗟に出来るヒトって、人間力が高いと思う。

奥行きあるなあ…。
好きだわ~。


結局のところ、外見がどう変わろうと中身に相葉雅紀が詰まっていれば
好きにならずにいられないということだ。


…ま、出来れば見かけがチョイチャラなら、ギャップで萌えが2割増しってことね!
萌えの構造なんて、所詮そんなもんだよな(笑)





スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>瑞紀さんへ

もんぷち
ええ!
アニバコンのうちわもクロゼットに貼ってありますとも。
歴代相葉うちわがズラッと並んでるんですけどね(笑)

宝塚いいですねえ~…。
ぜひ一度生で拝んでみたいです。


…ツアー、残念でしたね(涙)
迷惑とか関係なく、そこは泣いていいところですよ。

私は福岡本命なので17日以降の発表ですが、今回もなかなか厳しそうですね。
特に福岡はオーラスなので…。
福岡と名古屋のオーラス率高いですよね。
そりゃ東京や大阪だともっとすごいことになるんでしょうけどね。

瑞紀さんのような優しい方にミラクルが来ることを祈ってます!


>みかんさん

もんぷち
ですよね!
最初は、あれ?って感じで…
あ、おそば屋さんに会釈したんだ!と気がついたときのショーゲキ!
胸がギュッとしました。

以前はカンニングの竹山氏になりたかったり
最近ではもちろん澤部がいいんですけど(笑)
あのおそば屋さんもいいですねえ~。

天使に微笑み、冥土の土産になりそうです!
非公開コメント

トラックバック