FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP生嵐レポ ≫ アラフェス2013・MCレポ後編

アラフェス2013・MCレポ後編

サクサク行きたいのに!
(よそのレポが読みたいし、WSも編集したいし!)

記憶は危ういし、メモは断片的かつ象形文字。

ポンコツレポの続きです。

MCの後編。


良かったらどうぞ。







MCの続きの前に、またまた後出し。

相葉くんと翔さんの企画の間に、リーダーが「ミステリアス」をテーマにプロデュース。
「Monstar」を歌ったが、そのときはアニバコンの黒赤基調の衣装だったような…。

黒いジャケットに赤い相葉丈のパンツの相葉雅紀は
まるでスタイリッシュなミッ○ーマ☆スみたいだった。

その衣装で ♪心を抱いて~ の腰うえーぶをしてくれたもんだから
もんぷちオバチャン、前のめりになっちゃって
危うく、上のほーーおから転げ落ちるとこだった!

…ということをさっき思い出した。
一応書き留めておこうっと。





MCの続き。

パリッとしたスーツに着替えた松潤と相葉くんがご登場。

ビシッと決めたモデルズコンビが出てくると、会場もざわざわ。
気付いたSNOの3人に「結婚式みたいじゃん!」と突っ込まれる。

…結婚式?
誰と誰の結婚式なんだ?
2人とも新郎スタイルだけど、実はどっちかが…

と、ありえない妄想とともに遠くの世界へ行きそうだったので、慌てて帰還。
今は現実をしっかり脳みそのシワに刻み込まなければ!

そして「ニノさん」のスタートに、麗しい2人が肩を並べて
「「おめでとう」」と祝福。

決まりすぎてて、嬉しくなっちゃうニノちゃん。

ここで他の2人も「(宣伝あるんですけど)いいですか?」

「ほしーの?」
「オネガイシマス!」

キリっとドヤ顔のツーショットで再び「「おめでとう!」」

「ありがとうございまーーーす!」

お礼を言って、3人はハケて行った。


そしてステージにはワイルドイケメン松潤とマイルド妖精相葉雅紀が残る。

「相葉さんも一人でバラエティやってますよね?」
「ええ、マナんでますよ!」
「見てますよ、オレ。
やっぱ相葉さんはロケが似合いますね」

「そうですか?ありがとうございます。
朝早く起きてね、街に行くの。すごく楽しいの!」


相葉くんが楽しいから、見てるファンももっと楽しいの!
アナタが従者や賢者を従えて、西遊記みたいにロケってるから。
学んでるようで楽しんでて、季節ごとにマイナーチェンジする衣装もいい。
「相葉マナブ」は相葉廃人の夢であり、理想の相葉雅紀と出会える番組。
どんなときでも「相葉マナブ」が私たちを相葉廃人としての正しい位置に戻してくれてるよ!

ってなことは、またゆっくり書くとして、今はレポに集中だ。
(どうしてこんなに脱線するんだろう?)


「松潤もあるでしょ?…映画」
「ありますね」

「『だまカノ』ですよね…?」

『だまかの』…?
『だまカノ』って…?

…はっ!
『陽だまりの彼女』を縮めて?『だまカノ』?

これ、翔さんが聞いてたら
『トリッキーすぎてわかんない!』って叫ぶヤツじゃねーの?

もちろん松潤も一瞬絶句です。

「『謎ディ』はキャッチーで浸透しましたけどね…」

『だまカノ』はどうなんだ?と異議を申し立てそうな松潤。

「だって『陽だまりは彼女のあとで』だと長いでしょ?
…え?あれ?」


混ざってます!
相葉さん、だいぶんミックスされてますよ!?
勝手にコラボレーションするのはやめてください!

「相葉さん的には『だまカノ』なんですか?」
「秘密もあり、のお話なんでしょ?」
「まあそんな感じです」
「オレの大好きなラブストーリー…」

ここでニノちゃん、翔さんが「おめでとうスーツ」で登場。
最後に大物感たっぷりで出てきたリーダーに「巨匠おめでとう」の声がかかる。


松潤が映画の宣伝でたくさん番組に出るって話。

「こないだとんねるずさん、撮りました」
「食わず嫌い?」
「そう。それと『しゃべくり007』と」
「え?嵐で(しゃべくり出るの)初じゃない?」
「24時間テレビではご一緒してるけど、一人では初?」

映画楽しみだね~という嵐のメンバー。

「チケットくれたよね?あれってタダ?」
「そうですよ。招待券だもん」
「どこに見に行こうかな~」
「メンバーの映画ってさ~、見に行ける?」

「オレ行ったよ、リーダーと2人で。ニノミィの映画に

!!!!!!!!!
来た!

まさか…ここで?
不意打ちの『ニノミィ』呼びがここで来た!

レコメンでニノちゃんのことを「ニノミィって呼んでみますよ」と発言したのはいつだったか。
そしてそのことをニノちゃんのラジオに投稿した人がいて。
「相葉くんに『ニノミィ』って呼ばれましたか?」というリスナーさんからの質問に
「ま、呼ばれてないですよね」とシニカルに答えたニノちゃん。
「相葉さんって人はね、3歩歩いたら忘れちゃうっていうか。
前しか見てないからね。お馬さんみたいに人参ぶら下げて走ってるからね」

要するにそんなことはすぐに忘れちゃうんだから
律儀に『ニノミィ』なんて呼んでくれるわけないでしょ?っつーことね。

ついでに付け加えるなら
「あのヒト、そんなこと言ってたんだ?
どうせ忘れちゃってるんでしょーけどね…いいですけどね。
『ニノミィ』なんてふざけた呼び方されたって返事しませんけどね、アタシは!」


…とかなんとか、軽くすねちゃってたら面白いなあ~って妄想してたのに。

この場面でまさかの『ニノミィ』
かるーく『ニノミィ』


しかし、ニノちゃんは一瞬ひるんだに違いない。
その空気を察した相葉くんが、逃げないようにニノちゃんの肩を抱きこんだ!

※もしかしたら妄想が見せた幻だったかもしれない。
モニター画面に映ってたような気がするんだけど、ほかのときかも…。



「(ニノの映画見て)リーダーと2人で泣いて帰った!」
「誰にもなにも言われないの?」
「言われない」
「逆にそっとしといてくれるんじゃない?(ファンの人たち)」
「あ、でもオレも『GANTZ』見に行ったわ!」
「わーわー言われたの?」
「いや、言われない。
画面の中はわーわーしてたけど、オレは言われなかった!」


「じゃあ行くしかないね、『だまカノ』」

他のメンバーの『だまカノ』ってなんすか?的無言の突っ込み。

「…あのね、松潤。
これ許してると、本当にパンフレットになるからね?」

「相葉さん、影響力ハンパねえなあ!」

どさくさに紛れてニノちゃんの相葉上げ。
ちょいちょい入れてくるよね。

※…って思ったけど、この発言はもしかして松潤だったかもしれない…。
ニノちゃんもかぶせてなんか言ってことは間違いないし、とりあえずどっちか!ってことで!


「オレ、あんなに否定してたのにさ、出来上がったパンフに『謎ディ』って…(思い出して苦笑い)」
「あ、そのパンフ、頂戴ね?」
「ああ、ええ、あなたのおかげです(笑)」

いくら『謎ディ』呼びを否定しても、相葉くんの可愛いおねだりに
うっかり頬を緩ませ、即行で快諾してしまう翔さん。
なんて微笑ましいやり取りなんだ。
翔さんのニヤニヤ笑いが目に焼き付いて離れないよ!

で、『だまカノ』は『謎ディ』と同じく、世間に浸透するのかね?

なかなか思い切った略し方ではあるが、インパクトもあるし耳触りもいいしな。

やっぱ相葉くん、言葉のセンスがあると思う。
こういう才能って、磨くもんじゃなくて持って生まれたものだろうと思うから。

このキラリと光るセンテンスを思いつく相葉雅紀が好きなのだ。


ここでMCは終了。

さて、どこまで続くのかな?このレポは…。


スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年09月24日(Tue) 21:32
>瑞紀さんへ
編集
相葉くんのミラクル発言に、国立もズコーーー!でしたよ(笑)

私の隣の席のお嬢さん(多分20代後半)はセットリストもずーーっとメモされてました!
シングルトップテンの発表の時も、アニメの嵐くんたちのセリフも
一生懸命書いておられましたので、終演後、セットリストを少しだけ見せてもらったんです(笑)

宿題をうつさせてもらうって感じです…。

ダメですよね!(大汗)
2013年09月25日(Wed) 16:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL