アラフェス2013・MCレポ前編

引き続きアラフェスのレポです。

ワイドショーで初日の様子が流れてるようですが
レポを書くまでは見ないと決めてます。
細かい間違いもあると思いますが、記憶を頼りに書き続けたいと思ってます。

もちろん、これが終わるまで他の方のレポも読めません…。
早く読みたいよう~!

なので頑張ってサクサク進めます。
相変わらずのポンコツレポですけど。


翔さん演出のコーナーの次は、MCです。

どうかワイドショーと照らし合わせての答え合わせはご遠慮願います(笑)


よろしかったらどうぞ!




MCレポの前に、もうヒトコト。

「COOL&SOUL」の相葉雅紀はまさに「クール」だった。

私は相葉くんの声がすごく好きで、例えば「voice」の出だしとか。
甘くて切ないハスキーボイスは意外にも伸びやかで
滑らかに空(くう)を縫っていくイメージだ。

その相葉雅紀の低音がまた良くて。

♪下界に向けて吐き出す 言霊~
♪乗り越えるには高い壁


相葉パートのときは当然モニターには相葉くんが映し出されるのだが
なんつーのか、いちいちカッコいいんだ。

髪の毛で空を切って、鋭く手を振り上げそのまま振り下ろす。

…ちょ、キミ…キレキレやん。
クールっちゅうか、フリーズやん。

もんぷち、文字通りフリーズさせて頂いた。
妖精の相葉雅紀は影を潜め、堕天使ルシファーが脳天を駆け抜けた。

可能性無限大やな、自分。



というところから、MCに突入。

「こんばんは、ボクたちが嵐で~す!」

いつものご挨拶。
相葉くんは全方向に向かってお辞儀の嵐。

「あっついね!
すっごくあっついんだけど!」


「そりゃ、そんなモコモコ来てたら暑いでしょ?
それ、脱いでください!」


相葉くんが来てたのは、一つ前のエントリでも説明した
凱旋ドームとほぼ同じデザインのファー付きジャケット。

「オレが選んだ衣装、ね?」

「COOL&SOUL」が翔さんプロデュースってことは
衣装も翔さんが選んだってことなんだろうけども。

この「オレが選んだ衣装」というセリフが、なんとも誇らしげで。

『オレがオレの雅紀のために、オレの雅紀が一番引き立つように
雅紀が着たところ、そして脱いでもすごいところを想像して選んだ
雅紀を最高にカッコよく見せる、オレのための衣装なんだよ』


意味合いとしてはこんな感じなのではないかと。

いや、もちろん妄想なんだけども、モニターに映し出された
翔さんのドヤ顔が今世紀最大のマックスドヤ顔で。

メモを取る手にぐっとチカラが入ったのは言うまでもない。


「暑い!」という相葉くんの抗議を受けて、他のメンバーも
「じゃオレも脱ぐから(オマエも脱げよ)」
「オレも脱ごうっと」と次々にジャケットを脱いでいく。

「え?そう?」

いそいそとジャケットに手を掛けた相葉くんだが
「でもさ、あのさ…しょーちゃん。
オレだけさ、脱ぐとさ…」
と、戸惑い気味。

実際脱いでみると…ぎゃーーーーー!と会場が絶叫!

そうそう、そうだった。
あのライブでも相葉くんのインナーはピンクのタンクトップだった。

Tシャツ姿の4人に対し、1人だけ肩出しが気まずいのか
脱ぐのを躊躇する相葉くん。

「これ脱いじゃうと、オレだけS極とN極になっちゃうからさ…」

えっと…この宇宙的な発言は聞き間違いなのか、私のメモ間違いなのか。
でも確かに私のグダグダな文字でこう書いてある。

意味がわかったらしい翔さんが爆笑して
「それって意味伝わってるのかな~」と言っていた。

…伝わってないっス!
翔さん、解説をお願いします!

しかしなぜかこの話はここで終わって、謎は解けないまま。
相葉くんは上着を着たまま、話は続いていった。

残念すぎる。
誰か解読できた方がいらっしゃいましたらご一報を!


話はそれぞれの企画のことに。

「サンセットソング」も良かったとかあれこれ意見が出る。

「あのさ、リクエストの結果見るとさ。
みんなどんだけオレたちの踊りが見たいのかってことだよね?」


会場大絶叫!
見たいに決まってるやん!

でもね…ダンスもいいけどいちゃいちゃも見たいよ?

「見たいんじゃない?」
「結果そういう曲ばっかりだよね」
「この時点で、普通のダンスブロックくらい踊ってるよね?」

要するにワンステージで踊る量はここまででキャパ超えてるってことか?

「みんなさ、オレたちが苦しんでるのが見たいんじゃない?」
「どんだけドSなのよ!」
「カッコいいとこが見たいんでしょ!?」

カッコいいとこも見たいけど、出来れば崩れ落ちる相葉雅紀も見たいです。


国立でのライブについて。

「2008年から…6回?」
「北京オリンピックの年に初めてやらせてもらって…」

と、話はオリンピックのことに。

「7年後の開催が東京に決まって、国立の映像が流れるじゃん?
あれ、なんか嬉しいよね?」

「オレたち、別に国立背負ってないけどさ」
「勝手に嬉しいんでしょ?」
「最後だもんね」
「恋愛で言うところの…アレだよね?」
「どれ?」
「国立の最後の人?」
「みんなも最後の人だよね?」

松潤の意味深な発言に、会場騒然。
コイツ、ホンマもんのタラシですよ?

※このあたり、相葉くん以外のセリフは実際口にした人と違うかもしれません。
メモがグダグダで!手元を見ないで書いてるので!象形文字なんです…。


開催地が東京に決まった次の日にアラフェスのリハーサルがあったらしく。

「その話したよね?」
「決まったねって」
「オレ、あとから知ったのね…。正直遅れて知った…」
「どっか行ってたの?」
「ブレノスアイレスでも行ってたの?」
「でさ、国立の映像流れるじゃん?決まったから…」
「さっきその話してたの!」
「時差あります?」
「ここにいます?」

ピントのズレを一斉に突っ込まれるリーダー。

ここで相葉くんはタオルをずっと手に巻いていて
それがまるで包帯みたいで、そればっかり気になってた。

包帯とか眼帯とか大好きだし、相葉くんってやっぱり巻きものが似合うなあ~。


会話が一区切りして、メインステージに戻る5人は
なぜかマイクを外してるので、全く声が聞こえてこない。

若干会場がざわめくのを受けて「すみません、しばし打ち合わせです」とニノ。
「初日なので…ね?」というリーダーの肩を相葉くんが…!

ガッチリ掴んだ?
肩を組んだ?
肩を抱いて覗き込んだ?


多分ね、これが松潤とかニノちゃん相手だったら
ぎゃーーーーーーーってなったと思うの、ワタクシ。

でもね、リーダーでしょ?

ほのぼのしちゃうよね?
相葉くんの笑顔も3割増しでピースフルだもん。
エロさとか挑発する空気が感じられないのがこの天然コンビ。

和みますな。


1人、上着を着たままなので「暑くてしょーがない」という相葉くん。
メインステに戻ると同時に、松潤と一緒にお着替えに向かった。

残されたのはの3人。

「新鮮な3人だね」

…確かにね。
でもさ、ニノちゃん。
この3人が『新鮮』なら『通常』なのはどの組み合わせなのかな?

『通常?そりゃ、オレと相葉さんでしょ』

ニノちゃんの顔にそう書いてあったかは定かではない。


「お知らせしようか?」

いつもの宣伝コーナーね。

「えーと…」

口ごもるリーダーに、突っ込む

「オレが言うよ?」
「オレも言えるよ?」
「じゃ、頼んだ!チェケ!」

そんな他力本願ダメでしょ?ってことで、改めてリーダーの番宣。

「『鍵のかかった部屋』のSPドラマが…」

へえ!そうなんだ~?
なぜ知らないんだ、私!

「エノキダくんでしょ?」
「…榎本や!」

会場に「榎本」と書いたウチワを持ってた人がいたようで
しばし「エノキダ」「榎本」で争いつつ盛り上がる。


翔さんが「神カル2」とニノちゃんが「ニノさん」の宣伝をしたところで
パステル調のメンカラースーツに着替えた相葉くんと松潤が登場。

初国立のときに「素晴らしき世界」を歌ったスーツに似ているわ~。
サッシュベルトをしてたかどうかはうろ覚え…。



すっごく長くなったのでとりあえずここまで。

続きはまた。
早く書かないと、よそのレポが読めないよ~!(涙)


スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>あんにゃさんへ

もんぷち
ありがとうございます~。
ヘロヘロですが頑張ります!

グッズも可愛かったですね。
我が家ではアイストレーが大活躍です。

嵐くんたち、キラキラしてましたよ。
ヘッポコレポですが、お付き合いくださいませ!

よもぎ
もんぷちさん!土曜はお世話になりました!!
お話しできてとっても楽しかったです!

S極とN極、確かに言ってました。
ワタシ大宮SKのこと言ってるのかと思いましたけど・・
衣装がタンクトップだし。
次の日大宮SKのコスプレしたから
それが頭にあったのかなーって(笑)

ワタシも頑張ってレポ書いてるんですが
もんぷちさんには敵いません・・。
いや、もともと敵うつもりとかないんですけど(笑)
普段書きなれないものを書くのは大変です(笑)

>よもぎさんへ

もんぷち
こちらこそとても楽しかったです!
ゆっくりお話しできて良かったです~。

やっぱ言ってましたか?
意味わかります?わかんないですよね?
あのコスプレのことが頭にあったんでしょうかね~。
相葉雅紀の思考回路は迷宮ですなあ。

よもぎさんもレポ中ですか?

今ワタクシ、脳内鎖国状態でレポ書いてます(笑)
多分あちこち間違ってるんですけど、刻まれたものをそのまま吐き出します。

難しいですね~…レポ(汗)
お互い頑張りましょう!
非公開コメント

トラックバック