ワクワク大阪・相葉雅紀

ワクワク大阪レポもラスト。

もんぷち的真打ちは、やはり相葉雅紀でしょう。







二宮先生の「スヤスヤの授業」

ワタクシもんぷちは、斜め右からずっと相葉くんの後頭部
鼻先が見える横顔を眺めていたのだった。


130715_2217~01

『うしろあたまラブ!』

この後頭部の丸っこいラインは、どう見ても日本人ではない。
大和の人は絶壁であると、大化の改新(実はないらしいが)の昔から決まっている。

奥行きといいコンパクトなサイズといい少し明るめの茶色い毛並みといい
どの角度から観察しても、欠点が見当たらない。

パーフェクトなフォルムだ。

スヤスヤしてる場合ではなかった、マジで。

そのおかげで、二宮先生の夢を見ることは出来なかったわ。

「京セラドームでボクと握手!」

見たかった~…。

でもね、しょうがないの。
だって肝心のカードを枕元に置くのを忘れてたんだも~ん!


そして1時間目のお約束といえば、ファッショーーーンチェック!

テレビ誌で、ニノちゃんとお揃いのシャツを着てることは知っていたが
靴下の色がグリーンに変わっていて、ボトムがロールアップしてあった。

130715_2219~01


ああ、キャメルのブーツって書いてあるね。
そうそう、ショートブーツだったわ。

姿勢が良くて、いつでも背筋が伸びいてるってことを
拙い画力で必死に描きとめるもんぷち。

無駄な努力ってこのことだな。

しかしたまには大事な情報も混ざっている

S:横向き 開き気味

これはですね、相葉くんの前に座る櫻井くんが
ずっと横向きで、しかも相葉くんの方にカラダを開いて
要するに相葉くんに引き寄せられるようであった…ということなのだ。



櫻井先生の「チャリンチャリンの授業」

ハイアンドロー的、値段当てクイズの間中、
相葉くんはサイズが小さめの椅子のちょこんと座って
長い膝下を床に突き刺すように前屈みになっていた。

ホントに刺さりそうなの。
脚が長いだけじゃなくて細いから、折りたたんだ角度が鋭角で尖ってて
三角定規の30度のとこみたいになってんの。


130715_2220~01


…う~ん。
私にもんむす(もんぷち息子)の半分でも絵心があれば…。

刺さりそうだったってことだけはご理解頂きたい。


そしてその後はずっと脚を組んでいた。

このときのメモ ↓

『脚を組んで上にのせた脚をさらに床につける。細くないと無理』

脚を組んで腿が重なってるのに、どう見ても厚みってものが感じられなくて
何度も双眼鏡で肉を確認したんだった。

130715_2220~02


脚を組んでるところを正面から見たわけじゃないんだけど
多分こうなんじゃないのかなという予想図。

細過ぎるゆえに、完璧な『X』をクリエイトしてしまっている!

相葉XJAPAN、ここに完成。

下のイラストは、二択クイズ回答用のAとBの札で顔を扇いでいる相葉くん。
Aの札でAが扇ぐ、的な。

そりゃ暑いよね。

暑いからシャツの前をオープンにしちゃってるらしく
なんかヒラヒラしてんの。

メモには『はだけているのか』『はだけていてほしい』『みせてください』
プライドのカケラもない記述が延々と続いていた。

マジメに授業を受けろ!もんぷち!


ご本人の「パクパクの授業」でについては
構われ倒される相葉先生の様子を既にレポしてあるが
ナポリタンが出来上がる直前の可愛い会話が書き留めてあった。

「麺はべちゃべちゃのぶっよぶよでもいいよね」

「表現が悪いでしょーよ」

「オレはね、べっちょべちょのぶっよぶよが好きなの」

「だから!表現!」

「ここでバターを入れます」

「バターは四角いのですか?」

「あ、四角いのです」

「四角かったらいい、と」

「バターならなんでもいーよ!」

このテキトーさ。

最後に大野アシスタントに盛りつけを頼みます。

「お店みたいに、くるくるーーって!」

「オシャレなヤツね?」

オシャレな盛りつけを期待されて戸惑う大野くん。
トングを持った腕をひねりすぎて関節の向きがおかしいぞ。

「関節が…(笑)おかしなことになってる」


メンバーがナポリタンとお野菜を食べてる間、
相葉印のお野菜を収穫に行った相葉くんのVTRが流れる。

なんと言ってもタオルを巻いた頭のかたちの完璧さ、ね。

作業服とかツナギとか、腰にタオル頭にタオル。
なにをどうやってもカッコよく決まっちゃうんだなあ。

ガテン系、モード系、体育会系、ジャニーズ系。
スーツもニットもファストファッションでも。

このヒトが身にまとった瞬間、全てスタイリッシュに変化する。

畑の畝も相葉雅紀にかかればランウェイだなあ!

そしてなにより、ぼくとつな農家の皆さまに対するフラットな接し方。
礼儀正しいけど堅すぎず、物腰が柔らかくてフレンドリーなんだけど馴れ馴れしくない。

人柄ってちょっとしたことで伝わってくる。

相葉くんが嵐になってから蒔いてきた種は
あちこちでこうやって芽を出して、実になってるんだろうなあ。


松本先生の「チクタクの授業」で、1分間走ったあとの相葉くん。

1塁側あたりに仰向けに寝転がって呼吸を整えているのだが、
相葉くんのカラダが薄すぎて、私の位置からだと上下する胸が見える程度。

トラックになってる部分に縁みたいなのがあるので
その部分に隠れちゃってる…くらい薄いのね~、すごいわ~。

一応確認したところ、上から見たら多分こんな感じ



130715_2221~01


右のほうが近いかな。
片方の脚だけ上に向かって曲げて、ペッタンコになって横たわっている、と。
股関節が女性並みに柔らかいんだな~。

ポーズとしては、クリオネだと思ってもらったら間違いない(そうか?)


このあと、松本先生以外の生徒さんは息がとても荒い。
そりゃ走ったあとだから当然だ。

ハーハーという息遣いの中から、相葉くんボイスだけを拾って
鼓膜に焼き付けるワタクシ。

そして相葉先生の授業の途中で教室セットが回転したため
相葉くんと私の席の間に出現したワイヤーの柱で視界が若干遮られることになった。


ジグザグに組まれた黒い柱の隙間からチラチラ見える相葉くん
双眼鏡で覗いていると…

どうしたのかしら…?

浅倉もんぷち47歳、ドキドキする!
なぜだろう?ドキドキする!


地味に上がってくるテンションの理由、それは…

檻の中で囚われの身となった相葉雅紀を覗き見している気分になっちゃうからだ!

猟奇と倒錯とアンモラルなスリルとサスペンス。

こんな感じ ↓

130716_1308~01


『のぞき見かん(感)、ハンパねえ』

もんぷちのリアルなメモから臨場感が伝わるだろうか?

このとき走ったあとだったこともあって、
相葉くんはシャツにタオルを突っ込んで何度も汗を拭いていた。

それがまた覗き見感を増幅させることになったのだ。
学校という道徳的な空間における、背徳的なシチュエーション。

興奮しないわけがない!


「アメリカンビューティー」という映画に
クソ真面目な軍人が隣のガレージ?を覗き見するシーンがある。

結果的にその覗き見が、皮肉なラストに繋がるんだけど
檻の向こうの相葉雅紀を双眼鏡で見つめているとき
自分があの軍人になったような気分に陥った。

さすが相葉雅紀!
私のテンションをしっかり上げてくれるよなあ!



大野先生の「ワイワイの授業」

ライオンの被り物をした大野先生にどっきりを仕掛けられるメンバーたち。

相葉くんのリアクションがオネエっぽかったということで
オネエ疑惑をかけられる。

オネエっていうかさ~
『乙女』でしょ?アレ…。

手は胸元に、カラダをひねって「きゃ!」と小走り。

うん、乙女だね!

このオネエの件、一番楽しそうにイジってたのは櫻井くんであった。



校歌の「ふるさと」を歌う嵐くんたち。

相葉くんの立ち姿は、以前記事にもした「大文字のK」そのまんま。
腰の位置が高くて、シャツの裾はヒラヒラしている。

相葉雅紀の周りにはいつも風が吹いてるみたいだなあって思った。

最後の最後まで、相葉雅紀はキラキラだった。



本当に楽しい1日でした。

お会いできた方、ご挨拶できた方、タイミングが合わなかった方。
皆さま、どうもありがとうございました!


これにてワクワク大阪のレポ、終了です。



スポンサーサイト



コメント

メモ、素敵!

緑のかたつむり(とんぼ)
もんぷち様

メモのご披露ありがとうございます!相葉くんの姿が浮かびあがります。
相葉XJAPANは、あのスタイルでないとできないですよね。
大野先生のビデオ、大笑いしました。ぜひ特典にして欲しいです。

Re: メモ、素敵!

もんぷち
毎度、絵心ゼ~ロ~の落書きで申し訳ありません。
なんとかその場の雰囲気を描きとめたい一心なんです…。

ドッキリの反応に個性があって爆笑でしたよね。
ぜひぜひDVD化して欲しいです!
非公開コメント

トラックバック