充電中@GW

『PW』(=PopcornWeek)の後半ももう後半(ややこしい)

日々、弾けています。
弾けまくって萌えまくって、妄想が止まらず変な話まで書いてしまいました。
(裏のブログで絶賛公開中)


そして弾けるだけではなく、細かく空いた時間の隙間を埋めるために
図書館で本も借りてるし、サービスキャンペーンに乗っかって映画のDVDもレンタル中。


借りた本 ↓

「森に眠る魚」 角田光代
「ベーコン」 井上荒野
「キャベツ炒めに捧ぐ」 井上荒野
「竜巻ガール」 垣谷美雨


借りた映画 ↓

「ファミリーツリー」
「ヘルプ」
「おとなのけんか」
「ヤング≒アダルト」
「屋根裏部屋のマリアたち」
「グッド・ドクター」



「ヘルプ」は、今まで観た洋画の中でベスト5に入るかも(もんぷち的に)
テーマや背景、内容はもちろんだけど、登場人物が全員揃って魅力的。
悪役的なポジションですら、妙に腑に落ちるというか
こういう人種も社会のピースとして納得がいく。
しかもファッションがいいんだよね~。

「おとなのけんか」は、ジョディ・フォスターに惹かれて借りたが
オープニングロールで監督がロマン・ポランスキーだと知ってビックリ。
1時間ちょっとの短編だけど、ギュッと詰まった濃縮還元的作品。
すげえ面白かった。
ケイト・ウィンスレットは相変わらず美人だし、ジョディの演技は圧巻。



てな具合に、弾けつつあれこれ手を出してGWを満喫中。

でも、家事の合間合間に観ちゃうのは、なぜか「VS嵐」の録画だったりする。
洗濯物を畳みながら、米を研ぎながら、それでも「VS嵐」は楽しめる。

萌えポイントはほぼ覚えてるし、編集も完璧だから
どこでモニターに集中したらカワイイ相葉雅紀を拝めるかも熟知している。

だって現在の冠番組の中で、一番相葉萌えが多いのが「VS嵐」なんだもんね。
(「相葉マナブ」は2回目にして既に殿堂入りなので、比較のステージにはいない)

はしゃぐ、笑う、走る、跳ぶ、叫ぶ、キレる(対ニノちゃん
落ちる、コケる、暴走する、流行らないルールを作る、チューをする


どこからどう切り込んでも、可愛くて貴重すぎるアラサー男子がそこにいる。

それがたのしくて何度観ても飽きないのだ。
私ってそういうしつこいところがあるんだよな。


その昔「Time」(ライブDVD)が好き過ぎて、そればっかり観てたことがあって
その頃って今みたいに迷うほどDVDもたくさんなかったし
そりゃもう毎晩「Time」を観て、毎晩「Time」について妄想して
ブログをスタートさせたときも「Time」ってカテゴリを作った方がいいんじゃないかってほど
何度も何度も「Time」についての徒然を書き連ねたもんだ。


もちろん、その後発売されたDVDも全部好きだし、何度も観る。

だけど「Time」ほど、粘着質な情熱を以て干渉したDVDはないと思う。

多分相葉くんの髪がロングの茶色のパーマという私のドストライクだからってのもあるし
今よりも更に薄く白く儚いカラダのラインに、どうしてもいろんな夢を見てしまうんだろう。
アンコールでの翔さんとのハグで、雷に打たれ何度昏倒したことか。

昔恋い焦がれたマンガの中の憧れの主人公が、そのまま三次元に現れたような衝撃。

その当時はまだ相葉雅紀の実物に会ったことがなかったので
「本当にこんな人がこの世に…という日本に存在するんだろうか?」って思ってたなあ。

いたけどね、マジで。
実際に見ても、やっぱりマンガの中の人みたいだった!

それにまた驚くよね。


「Popcorn」DVDの相葉雅紀も相変わらず二次元だ。

脚が長いとか腰の蝶番(ちょうつがい)の可動域がイカレてるとか
おへその位置が異次元だとか、肩の痣がハート型だとか
笑顔が絵に描いたようだとか、腰パンのジーンズのクシャ加減がペンタッチだとか
マンガ的要素はあれこれと思い浮かぶけど、やっぱ肝なのは「首」かなって思う。

首、手首、足首

相葉くんの髪が長かろうか短かろうが
パーマネントがあたってようがサラストだろうが
相葉雅紀の足首の細さとバネの潜在力はずっと変わってないし。

スニーカーから覗く美しいアキレス腱
大きな手を支えるのがやっとって風情の華奢な手首
丸い後頭部から緩やかに落ちる繊細な首のライン


やっぱ「首」だろう、と。

女性でもね、美人の第一条件って首の美しさじゃないかなって思ってるからね、ワタクシ。

相葉くんはその条件をクリアした超級の美人さんなのに
要所要所で男らしかったりラブリーだったりヤローだったりするので
ますます現実味がなくなるとでも言いましょうか。

結局、私が何度もライブDVDを観てしまうのは
相葉雅紀という人が存在してるんだってことを確認したいからかもね。


…なんか、あれこれに手を出しすぎて、なんとなくまとまりのない内容だな。


と、ここまで書いたところでタイムアップ。
「嵐にしやがれ」をリアルタイムで見たわけだが…

相葉くんのビジュアル、絶好調超じゃないか。
お肌の艶が、ここ最近では最高!
キラキラ感、うなぎのぼり!

そりゃ、靴も飛ばすわな~!
スポンサーサイト

コメント

相葉ゴトじゃないけども

i Leaf
もんぷちさんのセレクトした本
本を探すときの参考にさせていただいてます
(とても同じペースでは読めませんが)
いつもご紹介ありがとうございます。
「おとなのけんか」
私も先日観ました。面白かったですよね(^^)
ジョディ・フォスターが怖かった!

Re

もんぷち
え、ホントですか?
大丈夫ですか~…?ワタクシのセレクト…。
と、言いつつ結構メジャーなものもよく読みますのでね(笑)
話題の本は図書館の順番待ちが辛いですが、常に予約を入れておくと
以前のものを読んで待ってる間にまわってきたりしますしね。
私もそんなにたくさんは読んでないんですよ。
理想は月に5冊ですが、最近は難しい~。
「おとなのけんか」はニヤニヤしながら見ちゃいましたよね。
論点がどんどんずれていく様が面白かった!
そしてジョディは血管が浮き出る演技が上手いです!(笑)

シロン
「popcorn」DVD まだ2回しか観れていないのですがホントにポップで弾けたワクワク感いっぱいなライブですね!!
『楽園』の相葉君はもぅもぅダンスがカッコイイんだけど最高に可愛くて相葉君の繰り出すステップがホント大好きです♪( ´▽`)
「time」も大好きです!!
ロン毛・パーマ・茶髪の相葉君が恋しくなった時は「time」登場します(笑)
最後はどの時の相葉君にもメロメロしちゃうんですけどね(笑)

>シロンさんへ

もんぷち
楽しいですよね~@Popcorn
相葉くんがキラキラしています。
相葉くんのダンスはキレがあってカッコよくて、でもフワフワ感もある不思議さですよね。
一生解けない謎ですね~。
「Time」は、神DVDです!
あの髪色と髪の長さと線の細さ…そして翔さんとのハグ。
夢みたいなDVDですよ~。

シロン
そうでした!!!
「time」での翔ちゃんとのハグ!!
このシーンは絶品ですよね!!(←表現おかしい 笑)
相葉君の細身のカラダから 何とも言えない色っぽさが溢れ出ていて観る度にエア鼻血です (笑)
何度も失礼しましたm(_ _)m

>シロンさんへ

もんぷち
そうなんですよ~。
あのシーンを見ると、やっぱり翔さんだなって(なにが?)思うんです。
数あるライブDVDの中でも名シーンだと思いますわ!
非公開コメント

トラックバック