notじいや,but騎士(ナイト)

「相葉マナブ」が神番組過ぎて、毎日が日曜日だったらいいのに!と
小学生のような願望を口にしそうになるもんぷち。

今回、じいや(土田氏)が不在だなあ~って思ってたら
最後に出ましたな!

ナイト(騎士)が!

まさかのアンジャッシュナイトのお出ましだよ。

ホラー映画でビビる相葉雅紀を脅かすというナイスな心意気。
芸人さんはもちろんだけど、相葉くんはホラーが苦手だってことを把握して
わざわざその手の映画をセレクトしたスタッフさんもGJ!

絵に描いたようなビビり方、驚き方で布団にひっくり返る相葉雅紀。

くるっと丸まったポージングとアングルはまさに神!

可愛すぎるだろ~!


で、その直後ですよ、ナイトの出番は。

「怖かった?」と小声で尋ねながら、相葉くんの手をとるアンジャッシュ。

…エスコートされとるがな!
このウサギちゃん、よその男にもエスコートされとりますよ!

翔さ~~ん!
ニノちゃぁぁぁ~ん!
のピンチですよ~!


心で叫びながらも、美味しいシチュエーションに笑みが隠せないもんぷち。

手をとったのが澤部だったら「エスコート」って表現はちょっと違ってたと思う。

アンジャッシュの男前のほうだったからこそ『姫とナイト』の構図が浮かんだんだ。
その点に関しても本当に良く出来た番組だ。
それぞれがそれぞれの役割りを心得ている(視点が間違ってます)


澤部と希望の実験がかぶって、決着をつけるための手段が
「相撲をとろう」なんて、実に男子っぽいのにさ。
多分『布団=修学旅行=取っ組み合い』という連想ゲームなんでしょうな。

がっぷり四つに組む相葉くんと澤部。

…う~ん。
これはこの組み合わせで正解だったのかしら?
お笑い的観点として。

研究室内では終始フリーダムな言動で、芸人に突っ込まれてるし
基礎代謝を計るために横になれば、なんか大の字になって勇ましいし。

かと思えば、急にコドモになって相撲をとったりね。

映画を観る場所が密室だってわかった途端、不安そうになり
始まった映画がホラーだって気がついたときの絶望的な怯えた表情。
そしてその小さな顔を覆う大きな手。

多種多様の相葉雅紀が楽しめる、まさに神番組!

正座して見たって30分。
実にちょうどいい!
姿勢を整えて見るのにちょうどいい番組なんだよね~。

おまけにさ~、相葉くんの体重までわかっちゃうなんてさ。
ちょっと怪しげだったけど、ヒゲの先生GJだったわ。

細いもんね、見た目も実物も。
そして「拝見したい」って気持ちを呼び起こすんだよね?

短時間の間に、こんな一般人のオジサンまで籠絡するとは
さすがアイドル界の人たらしマスター相葉雅紀!
いろいろ撒き散らしてんなあ!


来週は筍掘りか~。

お付きの人数が増えてたな。
澤部はもうレギュラーなのかしら?
芸人さんのバランスがいつもちょうどいいなあ。

希望としては、知的なテーマのときにバカリズムさんか
オードリーの若林氏を投入してくださると嬉しいわ。

日本文学をマナブ企画で、ピースの又吉とか。
珍しい組み合わせだから新鮮だと思うの。
もう1人をはっちゃけ系にしてバランスキープしてね、みたいな。

…なんて夢と希望が広がる番組なんだろう。

思わず六本木に向かって手を合わせるもんぷちであった。
スポンサーサイト

コメント

アウディ
相葉マナブ!
本当にすごい番組ですね。
嬉しい誤算と言うか、もうちょっと相葉雅紀に対してサラっとした番組だと思っていただけに、もうどうしたらいいのか・・・
ま、どうも出来ないんで、CMカットしてから保存するだけですが。
もんぷち様が仰るとおり、作り手が相葉雅紀を理解してるというか、相葉雅紀の番組を作る気でいるというか、そういう意気込みを自分も感じます。
きちんと向かい合えてる感がファンながら本当に嬉しいです。
差し込まれる解説VTRやナレーションも、質量共にきちんと考えられていますし、作ってるスタッフの本気が伺えて、これからも益々期待大!ですね。
本当に日曜日が楽しみで仕方ありません。

>アウディさんへ

もんぷち
スタッフさんがよく研究してますよね、相葉雅紀のことを(笑)
「激しい運動」にバスケットが入っていましたしね。
澤部が勝って、相葉くんがバスケでも良かったなあ~とちょっと思ったり。
幸せすぎて、ダビングするだけじゃ物足りない気分なんですよね~。
わかりますわかります。
結局、編集&ダビングするしかないんですけど!
説明VTRも長すぎず、CMまたぎの引っ張り感もないのですごく見やすいです。
日曜日のお楽しみですよね!
非公開コメント

トラックバック