分析※追記あり

衝撃を受けると、何度もそのお題を記事にしてしまう悪いクセ。

「俺千葉」…いや「俺相葉のときもそうだった。

いろんな角度からえぐりまくって吐き出した1年半前の記憶。

あのときは「ガチデートドキュメンタリー」の願望が叶った嬉しさと
そのリアルを見せつけられているという気恥ずかしさをごまかすために
闇雲にキーボードを叩いたなあ(遠い目)

今回は本放送もまだなのに、テレビ誌の1枚でこの盛り上がり。

実際の放送がカットされなかった場合、一体このブログはどうなってしまうんだろう。


ま、そろそろしつこいのでチューの話題は置いとくことにして。


少し前にブログラム?とかいうブログ分析サイト?に登録をした。
(いろいろ曖昧で申し訳ないが、自分でもシステムがよくわかってないので)

そこは、書いてある日記の内容を勝手に分析して
カテゴリ内のランキングを勝手に決めたり
そのブログにのどころを勝手にピックアップしてくれたりする便利な機能があるらしい。


私のマイページに飛ぶと、分析結果が見れるようになっている。
(左側のグリーンのボタンを押すと飛べます)

ランキングは、根拠がよくわからないポイント制でカテゴリ別にランクが決められる。
アクセス数が関係あるとかは全然わからない。

要するにわからないことだらけのサイトに日々分析されているということだ。

私のブログの一番の見どころは『相葉雅紀』らしい。
一番大きなポップアップで表示されている。

他には『二宮和也』『男性アイドル』『嵐』『映画』『伊坂幸太郎』
『ファッション』『猫』『ピアス』『野球』『中日ドラゴンズ』
等々。

私の日記は上記の要素で作られているらしいよ。


そして、どのカテゴリで一番順位がいいかというと、やはり『相葉雅紀』だ。
4月3日現在、第17位。

何度も言うが、ポイントの根拠は解明できていない。

次は『嵐』じゃない?って思うよね?
だってほぼ『相葉雅紀』『嵐』のことしか書いてないもんね。

が、しかしどういうわけか『井端弘和』で26位なのだ。

いや、確かに語ったよ?
WBCのとき、日々井端について語りまくった。

でもさ、実際『櫻井翔』さんの方が出番多くない?

にもかかわらず、見どころワードの一覧にも『櫻井翔』の文字はないうえに
カテゴリにエントリすらされていない。

…この分析サイトの審査基準はなんなんだ?

やっぱ『翔さん』って表記してるのが原因?

私の書いている『翔さん』『櫻井翔』ってことが伝わってないのかな?

もしかしてさ。
そのうち『哀川翔』とか『綾小路翔』にランキングされちゃう可能性アリ?

…たまにはフルネームで書いておくか…。


ってことで『櫻井翔キャンペーン』をスタートさせたいと思う。

『翔さん』のことを『櫻井翔』と書いてみるトライアル期間を設けて
ブログ分析がどう動くのかを調べてみるつもりだ。

と、ここまで考えてしまうほど、ブログ分析サイトには謎が多いのだ。
(じゃあ、登録すんなよ!)


とりあえず、今からトライアルスタート。



結局、明日の「VS嵐」の放送まで、妄想と剣呑は続くわけだ。

テレビ誌はいいカメラアングルだったので、櫻井翔が覆い被さり
相葉雅紀がキスを受ける姿勢が可憐すぎて萌えを煽りまくってくれた。

櫻井翔の血管の浮き出た太い首のラインはどこまでもたくましく
その頬に押し当てられた相葉雅紀の鼻筋がリアル感をプラスする。

櫻井翔の下唇と相葉雅紀の上唇が合わさった角度のあるキスは
コントの流れというにはあまりにも情熱的すぎた。

さあ、櫻井翔よ。
明日のVS嵐でも同じアングルで私たち相葉廃人を楽しませるがいい。

アーレ、キュイジーヌ!



…さて、あとは結果を待つだけだ。

こういう実験結構好きなんだよね。


※追記※
そして本日…『井端弘和』のカテゴリで、見事に6位…。
狙いとは外れた着地ではあったが、確かに文中の『井端弘和』の文字がデカイもんな。
分析結果としては見当違いではないんだろう。

あ、でも『櫻井翔』のキーワードもちゃんと表示された!
その代わりに『松本潤』が消えてしまったぜ(笑)
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>i Leaf さんへ

もんぷち
謎ですよね~!
その角度から考えても分析の根拠がわかりません。
私が「相葉雅紀」で20位以内ってのも謎です。
『松潤』は『松本潤』だってわかってるみたいですよ(笑)
ニノも二宮和也だと認識されています。
そのカテゴリで1位ってすごくないですか?(大爆笑!)
非公開コメント

トラックバック