Mステ・小ネタ他

勢いに乗って書いてしまった一つ前のエントリ。

あとで読み返してみたら、あれこれ取りこぼしていた小ネタがあったので。


まずは…

おかえりなさい!櫻井翔さん!

月曜日の「ZERO」で、アレって思ったわけだ。
もしかして復活?って。

なんかいろいろシュッとしてる!
相葉くんじゃないので、どこかどうって指摘できなくて
なんとなくザックリした印象で申し訳ないけど
確実に「イケメン枠」に戻ってきている!

待ってましたよ、翔さん。

ダンスもキメキメでカッコよかった!
(相葉くんしか見えてなかったので、何度目かのリピで確認)

やっと私の…そして相葉雅紀の翔さんが帰ってきてくれたのね~。

今後の萌え供給に吉兆が見えました。
ありがたいことです。


トーク中、はんなり笑顔で座ってる相葉くんの美しさについては
昨日の記事でも散々触れたけど、もう少しだけ。

まずね、ジャケットがいいよね。
メンバー全員黒だけど、素材がバラエティに富んでて
それぞれの個性に合わせてあったと思うの。

松潤と翔さんはハードな革ジャケット。
翔さんのビジュアルが復活の兆しを見せている今
このセレクトはとても適切だったのではないかと思うんだ。

カッコよさの二乗三乗。
効果覿面であった。

わかりやすいように(そうか?)5人のジャケットの違いをで表現してみようか。

松潤&翔さんがウェルダンだとしたら、ニノとリーダーはミディアム。
わりと普通の素材だけどデザイン性は高くて洒落ている。
丈も2人に合わせたミディアム丈。

そして我らが相葉雅紀のアシンメトリーロングジャケットは、トロットロのレア。
血が滴るような、なんならブルーレアって言ってもいいくらい。


滴ってたのは、血ではなくお色気でしたけども!

ターンのたびに翻る様子を見ていても分かるほど柔らかそうな…
あれはクレープ素材なんだろうか?

テロテロとしたソフトな生地の中に、うっすいカラダが閉じ込められてる感じ。

横を向いても前を見てても下克上コントで動き回っても
ダンスでターンしても踏ん張っても膝を折っても髪を振り乱して影を残しても

柔らかいお洋服の中で泳ぎまくってる小枝のような中身を連想させてくれる。

そしてトロンとした袖でありながら…いやだからこそ、なのか、
ダンスの間中、ずーーーっと甘え袖だったのがまた萌え倍増!

腕を振り上げても、上半身をうねらせても
いつのまにかまた指しか見えてないよ、黒ウサギちゃん!

クールに踊っても、どこかしら可愛さを残すこの無意識のテクニック。
ラストの触角にも戦慄したが、これこそが相葉雅紀の真のミラクルなのではないか。


だって…最後のあの髪…

アホ毛じゃん!
私たちオタク族が愛して止まないあのアホ毛が…

相葉雅紀の頭から生えている!

アホ毛を披露してしまったこの瞬間に、相葉雅紀がアラサーでありながら
「天使」であり「妖精」だと広く認識されてる理由が判明した。

きっとなんか受信しているんだね?
触るとミラクルが発動するんだよね?

なんかいろいろ腑に落ちたわ~…。


ところで、拍手コメントで知ったのだけど(Jさん、ありがとうございます)
「Mステ」前の「ミニステ」で、大騒ぎのキュートな相葉雅紀がいたらしいね。
慌てっぷりが素晴らしく可愛らしかったとか。

そこからの、おとなしめ美人さん、そしてクールでダンサブルな王子。

ギャップの振り幅、本編以上じゃん。

地方民が見られない「ミニステ」でそんなことされちゃうとさ…
「振り幅スゲエ!」なんて興奮して記事をアップした私、涙目じゃん。

もっともっとすごかったってことじゃん!

…一時期、もんぷち地方でも「ミニステ」が放送されてたんだよね。
なのに今年に入ってからまた別のローカル番組が始まっちゃって(号泣)

見たかった…。
天使の振り幅を確認したかった…。

でもこうして皆さんにお知らせ頂くと、脳内で勝手に再生されるので幸せだ。

いつもありがとうございます。
今後も恵まれない地方民に愛の情報をよろしくお願いいたします。


つーことで、グダグダなMステ語り、これにてお開きだ!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック