Beautiful Nagodo・その3

「Beautiful World」ツアー、名古屋2日目の簡単テキトーレポその3です。


連続アップですが、その2の最後と繋がってるので、ここまでは上げておきます。


曲名等のネタバレを含みますので、気にされる方は回れ右推奨です。



よろしかったらどうぞ。








相葉くんの足負傷事件が迷宮入りしたあと、

翔さんの振りによって、またもやアイバマサキの前日夜の事件の話題に。



翔さん  「昨日ね、ライブのあと焼肉に行ったんですよ」


嵐くんたち  「行った行った、みんなでね」


会場「へぇぇぇぇニコニコ!」


翔さん  「名古屋にくるとトリじゃね?

      っつーて今まではトリ(肉)ばっかり食ってたんだけど 

      今回は焼肉にしねえ?みたいなね。

      で、11時半頃に(焼肉宴会が)終わったんだよね」


嵐くんたち  「そうそう」


翔さん  「で、そのあと相葉くん、3時くらいまで起きてたって言ってたけど… 

       なにしてたんですか?(若干笑いをこらえつつ)


相葉くん  「(苦笑)…あのね、そのあとオレとりーだーにのでオレのへやでのんでたの」


翔さん  「はあ」


相葉くん  「でね、オレまたやっちゃったのよ」


(多分)松潤 「やっちゃったってまさか」


相葉くん  「そう!アイバマサキ、いんろっくじけん!」


嵐くんたち 「(口々に)オマエまたかよ~!なにやってんだよ!」


ホントにね~にひひ


しかしあとで同行のブロガーさんに指摘されて思い出したんだが

ドームに入る直前、トイレの列に並んでいるときに私が

相葉くん、またインロックしてたりしてね」って笑ってたそうなのだ。

前も名古屋だったんで、思いつきで口にしてたらしい。


やっぱり相葉雅紀は私の期待を裏切らないパー



相葉くん  「まえはふくおかだったんだっけ?」


松潤    「いや、名古屋だったんじゃない?」  


相葉くん  「なごや?ふくおか?どっちだっけ?」


会場の皆さまから「名古屋~!」のコール


松潤    「ホラ、名古屋だよ」


相葉くん  「またなごや?うわ、なごやって、こわっ!(肩をすくめる)


嵐くんたち  「怖いのはオマエだよ!」


ごもっともだ得意げ


相葉くん  「こないだとおなじなの。

        ねぼけてといれにいって、でたらまたろうかだったの」


嵐くんたち  「またかよ~」


相葉くん  「こんなかっこうじゃ、ふろんとにもいけないなって」


松潤    「『こんな格好』って、アナタいったいどんな格好で寝てるんですか?」


相葉くん  「ぱんつははいてるよ!うえはTしゃつきてる。

        まえは(廊下で寝てたら)まつじゅんがおこしてくれたじゃん?

        でも(廊下に)ぱーてーしょんがないから、ろうかでもねれないなって…」


翔さん    「廊下で寝るのも相当おかしいから!」


このあたり、ニノがいちいち嬉々として突っ込んでいたんだけど聞き取れず。


葉くん   「そしたら、じゅにあのこたちのけーたりんぐのへやがあいてて。

         そこにべっどがおいてあったから、こうやってねてたの!

         だいのじになって(と仰向けで寝るジャスチャー)


嵐くんたち  「そこで寝たの? 

         Jrの子たちが(入ってきて相葉くんがいたら)ビックリするじゃん!」


相葉くん   「で、きてくれたの、タイガとノダが『相葉くん!相葉くんどうしたんですか?』って」


ケータリングルームのベッドってのがどういう感じなのかはわからないが

普通のベッドではなく、エキストラ的な小さなものだとして。


育ち盛り(とは限らんが)のJrが、夜食を食べに寄ったホテルの一室で

長い腕をだらりと床につけて大の字で眠るアイバマサキを見つける。


タイガとノダの2人は、お互い顔を見合わせそっとベッドに歩み寄る。


眠る先輩はいつもの優しくて元気な印象よりも少しオトナっぽくて儚い。

いつまでも見つめていたいキモチと、

起こさなければと風邪を引いてしまうかもというキモチの葛藤。


タイガとノダは、明日のライブのことを最優先することに決め…


って、ヲイヲイ!パンチ!

レポだろうが、今は!

なぜに勝手な妄想を書いてしまってるんでしょーか?ワタクシはNG


閑話休題。

話をMCに戻すパー



相葉くん  「でね、すっごいの!かしこいの!(Jrの子たちのことだろう) 

        オレのへやのかぎを『相葉くん、これでしょ?』ってもってきてくれたの!」


ニノ    「っていうかさ、その部屋に入れた時点でフロントに通じる電話とかあったでしょ?」


松潤   「面白くしようとしてない?(ニヤニヤ)


相葉くん  「そんなことないって!こんらんしてあたまがまわらなかったの!」


ニノ    「いやいや、絶対『コレ、明日(MCで)しゃべれるな』って思ってんだよ、このヒト」


相葉くん  「おもってねーって!」


松潤    「いや絶対話そうって思ってたんだって!」


相葉くん  「ちげーよ!のんふぃくしょんですよ!」


ここからニノ松潤相手に水掛け論。

2人とも楽しそうに相葉くんに突っ込む突っ込むにひひ


松潤    「正直に言っちゃえよ」


リーダー  「ちょっとは(しゃべろうかな)って気持ちあったでしょ?」


珍しくリーダーまで乗ってきた!えっ


相葉くん  「ま、しゃべろうとはおもってたけど~(でもわざとじゃないよって言いたいらしい)



以下の会話はどのあたりに挟まってたのか失念しちゃってる ↓


翔さん   「3人で部屋で飲んでたって…なにを話してたの?」


あら気になるの?翔さんひらめき電球

私も気になるわ~にひひ


リーダー  「オレは帰ろうと思ってたけど相葉ちゃんに)捕まっちゃった」


翔さん   「捕まった!(笑)アイバマサキに捕まるとめんどくさいからな~」


そんなこと言っちゃって!

翔さんったら、自分も捕まりたかったんじゃないの?べーっだ!




長くなって申し訳ないが 次回に続く →

(サクサクアップしないと忘れちゃいそうなのに~あせる



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック