Beautiful Nagodo・その1

タイトルは大変苦しいが、もんぷち的「ビューティフルナーゴド」ってことで。

(フルボッコは覚悟です)


8日に入りました、ナゴヤドーム2日目の簡単レポになります。


レポと言ってもうろ覚えですし、テキトー感満載ですパー

セットリストは書いてませんが、曲名等が出てきますので

ネタバレをお好みでない方はご覧にならない方が無難です。



上記を踏まえまして、了解して頂ける方だけどうそ。













とにかく名古屋だ野球

あこがれの聖地名古屋野球

初のナゴヤドームに、ドラゴンズファンであるもんぷちの胸は二重にときめくドキドキ


ドラゴンズのホームに立ったワタクシは、一つ前のエントリにもあげたように

尊敬する井端選手@背番号6のユニフォームに包まれて感無量ブーケ1


ライブが始まる前から、キモチは既に「Beautiful Nagodo」である。



席は去年の福岡オーラスと同じく、三塁側のスタンド。

しかしかなりメインステージ寄りで、オーロラビジョンは斜めから少し見える程度。

つーかほとんど見えない


しかし、花道が結構近い!

思ったよりも前列だったのは嬉しい驚きだった合格


相葉くんが三塁側に来てくれる回数が多かったら…

開演前に期待しつつ、ペンライトと単語カードを用意メモ


自分の記憶力に自信がないので、今回は首からペンと単語暗記用のカードをぶら下げてみた。

MCのキーワードだけでもメモしておこうという作戦だ。

オバチャン、単語カードなんて30年ぶりに買ったよ…ガーン



このあと福岡公演も控えてることだし、セットリストはこの際置いといて。

(曲の順番を覚えてないことの言い訳)


年明けのツアーからは、例の「エナジーソング」を歌うんだろうなって思ってた。

ってことは、もんぷち的相葉雅紀の腰骨崩壊ソング「ファイトソング」は?

もしかして削られちゃうってことかな?えっ


そ、それは困るな…かお


テンションが上がりすぎた相葉雅紀が、片足で跳ね飛び上がり

天井を目指して舞い上がる龍の如く、腕をめいっぱい伸ばし天を突き上げ

最終的に旋回しながら、天女のように花道に崩れ落ちる虹


このお約束の萌えフォーメーションを遂行して頂かなければ困るわNG


最後の一葉が風に絡めとられ、石畳に舞い落ちるもみじ


その至福の一瞬を私から奪うのか?パンチ!



が、さすがは相葉雅紀パー

私の期待に応える男だ。


始まって数曲目、それは「Happiness」の歌唱中に起った。


嬉しいことに相葉くんが、私たちの前に花道でぴょんぴょん跳ねて歌ってくれたのだ。

そしてそのあと、メインステージの脇で踊るJrの子たちの前を手を振りながら移動中


!!えっ

こ、こけた!!えっ


なんと相葉雅紀、なにもないところでつまずいた~!!


でも倒れると思った瞬間立て直し(さすがの身体能力)

オイシイことに、後ろで踊っていたJrの青年に


抱きかかえてカラダを起してもらってた!


ぎゃぁぁぁぁぁぁ!

麗しいやん、ステキやん!アップ


助けてくれたその子に対して、きちんと向かい合ってお礼を言ってる様子の相葉くんキラキラ

(ちゃんと手刀を切ってるのが見えた)


ナニカが始まる予感かしら?(そんなことはない)


もしも受け止めたのが翔さんだったら、多分私はその場で鼻血を噴出したことだろう。

凄惨なライブにならずに済んで、本当に良かったDASH!


これで「ファイトソング」がなくても満たされた。

きっと崩壊系のタンクはフルに近い数値まで供給されたことだろう満




で、肝心の(?)MCだが…。


ステージで話してる嵐くんたちを見ながら、手元のカードに書き留めたので、文字がミミズであるショック!

コレを紐解いていくのは至難の業だが…。


一応残念な脳細胞をフル回転させて記憶の糸車を巻き戻してみようひらめき電球



恒例のご挨拶のあと(多分)いきなりライブの印象を相葉くんに振る翔さんブーケ2

(会話はニュアンスです。だいたいこんな内容だったってことで)


翔さん  「どうなんですか?相葉雅紀的には、今日の感じは」


相葉くん 「いいとおもいますよ、いいかんじにたたかえてます」


翔さん  「戦ってるんですか?」


相葉くん 「そうですね。ボクとしてはおきゃくさんとのたたかい、みたいな」


翔さん  「VS嵐ってことですか?」


途中からは、もしかしてニノ松潤が突っ込んでいたのかもしれないけど

残念ながらマイ単語カードには、セリフを言ったヒトまでは書いてなかった。

初っぱなから使えねーな…ガーン




先行き不安なまま次に続く  →


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック