Calling&Breathless

Mステ、こーりんぐ、ぶれすれす
Mステ、こーりんぐ、ぶれすれす
Mステ、こーりんぐ、ぶれすれす…
時々ワイルドアットハート
ところによりアラフェス
Mステ、こーりんぐ、ぶれすれす
魔が差して「黒子のバスケ」(ゲリラ豪雨的な)
Mステ、こーりんぐ、ぶれすれす
Mステ、こーりんぐ、ぶれすれす…

以下、エンドレス。

先日からのワタクシの視聴サイクルは上記のようになってしまっている。
(週明けからマイ旦那が出張なので、嵐くんたち見放題!)

止まらん。
誰か止めて。
このままではぐるぐる回りすぎてバターになっちゃうよ!



フラゲした初回盤A&B。
どっちを先に見るかで悩み、結局WSでチラ見したとき
相葉雅紀が腹を見せていた「Breathless」を選んだ。

このPVの見どころはもちろんダンスでしょうな。

冒頭、じわじわボリュームを上げるイントロが流れる中
腕をゆっくりと上昇させる相葉雅紀。

この動き…
このヒトって、やる気になったら『白鳥』ができるんじゃないか?って思った。
白鳥の羽を表現するアームスが出来そうじゃないか?


つくづく感じるのは、ダンス上級者であるとか見る側の好みは置いといて
相葉雅紀はカラダ全体、どこもかしこも柔らかい!ってことだ。

あの柔軟性って、すごく女性っぽい。

男性のパワフルな動きとは違って
止めの角度や次のモーションへの入り方が滑らかなので
激しい振り付けでも空を切るのではなく『なでてる』ように見える。


関節の動きもものすごく柔らかい。
膝でも腕でも、皮膚の中の関節を少しずらしただけで
余韻が残るというか、ダンスに奥行きを感じさせる。

二重関節みたいな大げさなことじゃないんだけど
一歩踏み込んで止めて、一瞬のタメのあと
例えば反対に動くのなら、脚自体が出る前に関節で向きを変えてる、みたいな…。

専門家じゃないので上手く表現できないし
多分見当ハズレの感想なんだろうけども。

とにかく、踊る相葉雅紀にはいつでも『残心』がある。


そしてこの5人で踊るからこそなんだなっていつも感じる。

歌にしてもダンスにしても、グループであることをとても大切にしている。

ユニゾンでは歌詞やメロディに合わせて声を重ねるし
ダンスシーンではバランスよく前後が入れ替わり
それぞれが引き立つフォーメーションで個性を演出してるし。

毎回メインになるメンバーが変わるのも嵐くんたちの特徴かも。

曲に関わるメンバーを、あからさまではなく(ここ重要)
さりげなく前に出して、通常時のメインボーカル(リーダー)と絡ませる。

だけど、その子ばかりが真ん中じゃなくて底に常に平等感が流れてる。

加えていうなら、他のメンバーがメインになる子を盛り上げようと
全員一丸となってフォローするのが当たり前になっている嵐の空気がいい。

どのPVを見ても、例え揃わなくて別撮りだったとしても
そこにいないメンバーのことも考えながら撮影してるんだろう
5人のチームワークをリアルに感じることが出来て
だから嵐くんたちのPVはこんなにカッコいいんだって思った。


話を相葉くんに戻す。

「Breathless」のもう一つの見どころは『相葉雅紀の指』だな。

サブリミナル効果ってくらいの素早さで差し込まれる映像。
小さな顔を覆う、案外オトコっぽい無骨な指。

相葉廃人がこの指をどれほど愛しているか…。

天使の笑顔と無造作に切られた爪
繊細なアゴのラインとささくれの皮
長くて細い首と節に貼られたバンドエイド

相葉雅紀の指には、本体との『ギャップ』が詰め込まれているんだ

あの美人さんにあの指が生えてるんだぞ?
指に関しては「男だし適当でいいでしょ?」って思ってる
その考え方自体がオトコマエで、それがまたたまらんのだよ。
ケアなんてされたら逆に興醒めだ。


今回は、衣装のヒラヒラした紐アイテムと変わり織りのジャケットが
嵐内レア(肉の焼加減で言うところの)担当の相葉雅紀のダンスを
「Mステ」同様、マニッシュに引き立てていたと思う。

で、時々あの『指』だよ!

膝から崩れ落ちるっちゅーの!




そして「Calling」

曲が理屈抜きに好きだ。
今までにない曲調で、激しくて力強いけどちょっとだけ切なく感じたり。

PVは「Breathless」と違って、色遣いが明るい。

相葉くんのお衣装も、安定のロング丈!
この丈をモッサリさせずに翻したりまわしたりするのが本当にお上手。

ネコが尻尾を自在に操るのと同じで
自分のカラダの一部のように、違和感なく華麗に扱うよね。



朽ち果てた布のなかで歌う相葉くんを見て、海賊を連想したのは私だけか?

ボロボロの帆船みたいじゃん、あのスタジオセット。

そして私の中で「海賊」といえば、ジョニー・デップさまでもワンピースでもなく
「小さなバイキングビッケ」(アニメのほう)なのだ。

…相葉くん、ちょっとビッケに似てるかもなあ。
(個人的主観です)

大きくなったビッケが、すっかり朽ちた帆船に乗って
新しい仲間たちと歌って踊ってるのね~(妄想です)


「Breathless」の見どころが『相葉雅紀の指』だとしたら
こちらは『相葉雅紀の黒目が一番の目玉だろう(黒目だけに!)

光のあるバックを背に、カメラを覗き込む演出は
相葉くんの、キラキラでウルウルで通常比1.2倍の
最近のプリクラのテクニックもひれ伏すほどの
純度100%、天然素材の黒目
を強調しまくっている。

黒目マニアのワタクシにとっては、まさに神アングル。


そして今日は「MMDA」決定の日。

去年のこの企画、めっちゃ面白かったのですごく楽しみ。

嵐くんたちだけで嵐くんたちのノリで
嵐くんたちの個性を満喫できる神企画
だと思ってる。


忙しくて幸せだなあ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック