FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP相葉くん ≫ BRAVEな残心

BRAVEな残心


我が家にも「BRAVE」な嵐が舞い降りております。

マルチアングルやら隠しボタンやら。
おばちゃんには、なんのこっちゃ?な仕様が多いのだが
相葉くんのためなら「エーンヤコラ」(某深夜ドラマのサイコパスのセリフ)である。

アナログ脳を活性化させ、緑のボールを見事トライ。
その後は多分一生そのボールをもって走り続けるであろう。
赤い靴で踊り続ける少女のように。
緑のボールを持って疾走するラガーおばちゃん。

というくらい、我らが相葉雅紀の「BRAVE」はすごかった。

問答無用の可愛さ、圧巻のカッコよさ。
いやもうなんつーか、私のボキャブラリーではとてもお伝え出来ない。
お伝え出来ない、ということが全て。
相葉雅紀のすごさの全て。

壮絶な可愛さ、超人的なカッコよさ。
ほら、こんなことしか言えない。
さっきの感想の焼き直し。
それでなくとも侘しい語彙力をぶっ飛ばすほどの相葉雅紀の美の圧力。

アイドルとしてのビジュアルの完成度、
ダンサーとしてのパフォーマンス力、
ときに見せる笑顔のリラクゼーション効果。

甘いだけではない、旨味だけでもない、
甘じょっぱかったり、こく旨だったり、
塩キャラメルなのか、ザラメせんべいなのか
バラエティに富んでいて意外性もあり、さらに美味い。
まさに味の宝石箱や~。

いうか、なんで例えが食べ物ばっかりやねん。
語彙力のなさがこういうとこに出るんやな!


まず可愛いところを挙げていくね!
上から、前髪、黒髪、黒目、耳たぶ、後頭部、
絶妙にはねた後ろ髪、ひし形の口、甘え袖、
中身がわからないほどぶかぶかのパンツ。

カッコいいところは、
前髪の隙間から除く眼光、削げた頬、
流星的な鼻筋、尖った顎、刺さりそうな鎖骨(見えんけど)
天を衝く長い腕、ぶれることのない体幹、
薄い腰、遠心力を操る骨盤、
回転のかかった上半身、
空間を支配するひざ下、地を掴む足の裏。

どうしよう?
出来る男過ぎないか?
カッコいいところしかないじゃないか。
全身、可愛いとカッコいいの塊ではないか。

こんなに荒くれた真っ黒な衣装でオラオラとステップを踏まれても
粗野な印象を与えないのが嵐のすごいところ。

相葉くんに至っては、どれほどワイルドに振舞ってみても
中身の、人柄の良さが、全身からにじみ出るので
むしろワイルドさがスパイスとなって、いい効果しか生まない。

だって前髪がもう可愛いんだもん。

見据える目ヂカラ、与える威圧感は
相手を威嚇するものではなく、
自分を高めるためのものだってわかってるから。
本当に強い人は、力で抑えつけたりしない、
弱いものを守る力のある人だってわかってるから。

だからどんなときでも相葉くんからは
カッコよさ、クールさと同時に、
穏やかな安心感を感じ取ることができるんだ。


つくづく感じるのは、相葉くんって本当に
こういうダンスにハマるなあってこと。
こういうダンスってどういうのかって聞かれたら
素人なのでうまく言えないけど、
なんつーか、回る、回す、跳ねる、
時々ギラついてひきつけ、さっと交わして突き放す、みたいな。

一番重要なのは「ため」があること。
そして「残る」こと。

つまり動き始めに「ため」があり、静止したときに余韻が「残る」。
以前にも書いたことがあるが、
武道で言うところの「残心」である(多分違うww)

ターンに入る前、足を軽く上げて一瞬静止。
その「ため」にわびさびってやつを感じるじゃないか。
日本の心じゃないか。

激しく動くことは確かにテクニックが必要だ。
だけど、実は静の動きが難しかったりしないかしら。

クラシックバレエのヴァリエーションに於いても
テンポが速いよりは「遅い」方が難しいとされており
同じ曲を同じように踊った場合、
テンポがゆっくりなダンサーのほうが評価される、と聞く。

理由は、キープの難しさだと思うんだけど、どうなのか。
勢いで回るのではなく、ためて体の芯で回す。
回るのではなく、自分で回す。

相葉くんのダンスの美しさは安定感にあるのかもしれない。

残心無き者、踊るべからず。(もんぷち、心の標語)


しかし、体幹と人間力のバランスの良さとは裏腹に
無邪気さと成熟のギャップが生みだす危うさみたいなものが
色気となってあふれ出すこともあって油断はできない。

こめかみから滴る汗、長い首に這う血管、
その中心に弾けるような笑顔の花を咲かせる男、相葉雅紀。

全くもって油断ならない男なのである。

とにかく。
BRAVEの振り付けは相葉雅紀にハマっている。
長い腕と回す腰を存分に発揮し、
安定感と清浄な妖艶さで空気を撹拌し揺さぶる。

私はトライするしかないじゃないか。
緑のボールをしっかり抱え。
踊り終わったそのあとまでも、濃厚な空気を残すこの人を。
スポンサーサイト



Comment

>拍手コメントのふくさんへ
編集
進化が止まりませんよね、ありがたい!

隠しボタン(隠れてないけどww)も嬉しいです~。
2019年09月23日(Mon) 16:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL