FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ 愛される男

愛される男

充実の3時間SPであった。
こんなに楽しくて濃い3時間ってあるかしらってくらい。

相葉廃人の私としては、気持ちBABA嵐の比重が大きくて
最弱王脱出とかよりも、最弱王の相葉くんを巡る
過保護キャスター櫻井とツンレデニノコガネの攻防が気になるところ。

相葉くんを愛でることに高度な頭脳を使う翔さんと
相葉くんをいじることにかけては他の追随を許さないニノコガネ。

ババ抜きの結果よりも、ゲームの過程、
それに準ずる2人の舌戦が楽しみだったのである。

思い返せばお正月SPで相葉くんが最弱王に返り咲いたとき
ゲームスタート時に翔さんが
「今日なんか…相葉くんがやっちゃいそうな気がする」
予言めいたセリフを吐いていたのである。
そしてその予感はピッタリと当たったのだ。

今回はニノちゃんが黙っていなかった。

「おみくじで大吉を引いた時点で運を使っているんですよ」

ななな、なるほど!ww
さすがに付き合いの長さと洞察力においては右に出るものなし。
相葉雅紀マスター、相葉雅紀解説員、
そして相葉雅紀が「オマエ!」と呼ぶ唯一の男。


これまでの対戦において、
ただの一度もあの最弱ジャケットを着ていない、
嵐内で唯一の絶対勝者である二宮和也。

成績がいい、とは異なる意味合いで「頭がいい」のは
予選で加藤諒さんとの一騎打ちでも明らかになった。
心理を読む、しかも即座に。
そして判断も早い。

散らばってるサムシングを脳内でリンクする、
いわゆる「察する」能力が高いニノちゃんであるが
明瞭であるということは同時に
知らなくてもいい真実まで見透かしてしまうもので
それが時に不幸であったりもするんじゃないかと思うわけ。
手放しで楽しめなかったり。

そんなニノちゃんの真逆を生きるのが相葉くん。
他者を傷つけないための優しさアンテナは常にマックス、
他人ファーストなジェントルマンなのに、
自分のこととなると途端にポンコツになる。

しかしこのポンコツさが実に可愛いからしょうがない。
不思議な日本語を発するとか、
予期せぬミラクルを生みまくるとか。
狙ってるわけでもないだろうに、
人間的にもテレビ的にも愛すべき天然王子というわけよね。

決勝戦に臨んだのはかなりの個性派。
相葉くんのセリフじゃないけど、
松潤がいてくれて本当に良かった。
相葉くん一人ではとても太刀打ちできないわ。
収集つかなくなりそうだもんね。

でもまあ、始まってみればさすがのミラクルアイドル。
圧力をかけたわけではないが
そのお人柄と天使力でいつのまにか相葉ワールドに。
まるで人間空気清浄機。
ちゃんと面白いし、誰も傷つけることもない。

色やデザインはともかく、素材が残念過ぎて
ダサさが際立つ最弱王ジャケットも
道化めいたお帽子も相葉くんが身に着けるとレベルアップ。
不思議とダサいという言葉が当てはまらなくなる。
ホント、すごいわ。
ジャケットの袖丈が短いことすら、
相葉雅紀の腕の長さを強調してるようだもん。

前髪が長いってのがね、いいよね!
ゲームが進むにつれ、不安な表情を隠せなくなってるとき
前髪が厚く顔にかかってると幼い感じがしてキュートさ倍増。

神社でご祈祷もしてもらったし、お守りもある。
おみくじは大吉だったし間違いない。

翔さんに「負けても泣かないでね」と言われて
「負けねえもん、今日は」と自信をのぞかせるも
そもそも相葉くんは自信満々のときこそ危ういのだよ。

「自信満々」がオチへと繋がる振りになっちゃうんだもん。
本人はそのつもりはないんだろうけどさ。
そういう星の下に生まれてるんじゃないかしら。

なによりも愛されやすいというその性質。
ジョーカーすら虜にするんだから。

決してとり憑かれてるのではなく、懐かれているんだよね。


それにしてもですね。
カードを引いて体の向きを変えるたときの
相葉くんの美しい横顔にうっとりしてしまうよね。
お鼻のラインが素晴らしい。

抜けていく人が出るたびに焦りを募らせる相葉くん。
その焦りは全て黒目のうるうるに如実に現れている。
「え?」「ヤバい?」の感情が進むごとに
黒目がどんどん潤んで、いよいよ鮎原こずえ並みのキラキラに。

これだから!
これだからニノちゃんも相葉くんをからかっちゃうんだろうなあ。
可愛いもん、リアクションが。

相葉くんがいじられキャラなのは
いじられてるときの相葉くんがすごく可愛いからだと思うんですよ。
好きな子ほどいじめたいという心理のど真ん中なんですよ。

これだけ愛されちゃう人なんだから
当然ジョーカーが放っておくわけはないよね。

笑いと愛に満ちたBABA嵐であった。
次回の最弱王のご活躍に期待!



スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL