黒真珠参上

相葉雅紀の髪型の違いによる魅力の差違について考察すると
結論としては、常にアゲアゲMAX、
「差」などという文字は相葉雅紀の辞書にはないのだよ!
としか言えないと思う。

一つ前のエントリにも書いたように、
そもそも相葉雅紀の造形美が素晴らしいのであって
髪型の違いなどという雑事は一般人に任せておけばいいのだ。

自分に似合う髪型の探求など、
ワタクシのような外見庶民に課された課題にしか過ぎない。
相葉雅紀のような高等外見民は、なにをどうしてもカッコいい。
そう認めざるを得なくなってきた今日この頃。

思えば私にも青い時代はあった。
「黄色い涙」の頃の超がつく短髪で心が折れそうになった過去。

しかし今なら。
あの髪型も難なく受け入れられそうな気がするのだよ。
それはなぜかと聞かれたら…
相葉雅紀への愛が深まった、というだけでなく
相葉雅紀本人が確実に、男性としても魅力を増しているからだと思う。
若い頃もピュアで可愛かった。
でも経験を積んで分別を覚えて、歳を重ねることでしか積み上げられない
人間的な深みを身に着けた相葉雅紀の魅力は
私がここで吠えまくって賞賛する外見以上に美しいのだ。

だからどんな髪型であろうと、裡からにじみ出る人間力がプラスされ
最終的に「カッコいい、可愛い」という結論。
どうあがいてもカッコいいの。
どうなってんのよ、この人。

内面の成熟と外見の可憐。

アンバランスの妙が生む最高傑作なのではないかと思う。

と、まあここまでグダグダ書いた理由としては
しやがれでのメドレー披露があったからなのですね。

最新の髪型(だよね?)最強!

黒髪、短髪という、私のストライクからはほぼ外れているにもかかわらず
(私の理想は、ロン毛パーマのブラウンカラーだ)
圧倒的な黒天使力で以て、お茶の間を震撼させたニュースタイル。

なんつーても厚めの前髪による黒髪と黒目の共演がいい。

前髪は厚みがあるに限るよな!
とか言いつつ、分けてあったらあったで
「いやこれはこれで美人さんんだ」と深く頷き
御前様のようになでつけてあったらあったで
「高貴さハンパねえ、殿上人!」と狼狽える。

これこそが、先ほどから訴えている現象なのだろう。

要するに、相葉雅紀の器広すぎる説、である。
なんでも似合う。
相葉雅紀にかかったら苦手な髪型などないに等しい。

このお歌のコーナーの破壊力は大きかった。
黒髪の威力にナポレオンジャケットがぴったりとハマり
気品ある欧州の貴族のようではないか。
父がオーストリア人で母が日本人なのよね。

日本を訪れたクロード公爵は美しい日本女性に一目惚れ。
何度も日本に通い、2年かがりで口説き落とし自国に連れて帰るんだよね。
そしてその美貌をそっくり受け継いだ黒髪の息子に
エレガントという意味の漢字を使って「マサキ」と名付けたわけよ。
そのマサキはオーストリアの社交界デビューを果たすと
東洋の黒真珠と呼ばれるようになるんだろうね。
ウィーン国立歌劇場で開催されるヴィーナー・オーパンバル(舞踏会)では
女性だけでなく、むしろ男性から熱い視線を送られちゃうのね、困ったもんだ!
(めっちゃ楽しいじゃん、この妄想ww)


こういう肩のしっかりしたジャケットを着ると
相葉くんの腕の細さってすごく目立つ。
肩から直角にストンと生地が落ちてるもんね。
腕の盛り上がりというものがない。
生二の腕でなくても十分パトロールが可能である。

そしてそのしなやかな肢体が奏でるダンスは
キレがいいのにどこか柔らかい。
振り上げた長い腕が描く孤は空間を切り取って放り投げる。
前に出るとき、下がるとき、
相葉くんの足はいつでも軽く床を蹴ってリズムをとる。
大きく口を開けると頬がくぼんで華奢な輪郭があらわになる。

いいぞ!
マサキ・フォン・サヴォイエン!


髪型が変わる前のゲストを迎えてのデスマッチ企画。

山田くんはいつも相葉くんの腹筋をほめてくれるが
相葉くんは毎回ちょっと微妙な顔をする…と私は思っている。
言い方は悪いけど「営業妨害」って思ってんじゃないのか?みたいな。

レコメンみたいな一定のファンしか聴いてない媒体と違って
テレビって相手が多すぎるから、
その大多数に「腹筋が割れてる」って積極的にバレたくないのでは。
あまりイメージがないもんね。
一般の皆さまは少年のように細いって思ってるみたいだし。

しかしあの腹筋はきついと思うぞ。
しかも実に相葉くんらしいと思うのが、
器具とか特別揃えることなく、家にあるものでトレーニングするんだよね。

あまりものを持たない、というのは
ここ最近の私の目標でもある。

相葉くんがミニマリスト的な思考を持ってるとは思わないけど
(そんなに複雑な人じゃないはず)
本能的に荷物が少ない人って、憧れる。
ないならないなりに工夫したりできる柔軟性があるってカッコいい。

こういうところも私にとっての内面の輝きの一つかもしれない。



とまあ黒髪のニュー相葉についてあれこれ吐き出したわけですが
実はデスマッチのときの泣き虫の並びには激的に萌えている。

漫画とかのキャラの定番だけど、
黒髪硬派茶髪の美形って鉄板のカップルじゃん!
なんて麗しくも萌え満載の眺めなんだろう。

一時停止でじっくり見ちゃうよね!
松潤の視線、深読みしちゃうよね!
相葉くんの笑顔、殺傷力高いもんね!

ああ、楽しかった。


スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>お名前がなかったのですが

もんぷち
6/24、夜11時くらいに拍手でコメントくださった方へ。

ありがとうございます。
落ち着いたテンション、素敵です。

>くーちゃんさんへ

もんぷち
東洋の黒真珠を裏で?!

オーストリアの貴族社会に詳しくないので…ww
庶民には難しいテーマですね!

>お名前がなかったのですが

もんぷち
6/29お昼に拍手でコメントくださった方へ。

わかります~。
泣き虫のビジュアル、最高ですよね。
眼福ですわ!
非公開コメント

トラックバック