翼の生えたアイドル

振り返り感想、ハープの巻。

ハープと相葉雅紀の融和性、すごかったな。

そもそも論で言うと、あんなにハープが似合う男性っているかな?
ハープって楽器としてはかなり大きくて
体幹とかしっかりしていないと演奏自体が難しそうだ。
体力も必要なんじゃないかと思う。

細いながらもダンスで鍛えた体幹と長い腕を持つ相葉くん。
ハープを構えた姿が実に馴染んでいたように思った。
ずっと前からハープと向き合っていますよ、みたいな安定感。

初めてのハープに気持ちで負けてないし
元来の姿勢の良さがあってとても堂々として見える。

新しいことにチャレンジするとき。
相葉くんはすごく自然に最初の一歩を踏み出すし
大抵及第点をいただくくらいにはできているように思う。

だからチャレンジ自体が容易に見えるかもしれないけど
相葉くんが出来る子なだけで、そんなに簡単なもんじゃないでしょ。

頭でわかってても体がついてこない。
構えとか持ち方とかイメージと違っちゃう。

初心者とはそういうものだ。


あと、相葉くんって初めてのことに対して
出来るだろうか?
出来なかったらどうしよう?
ではなく
絶対にやってみせると思ってる。

やりたい、出来るようになりたい。

この気合がすごくて。
でも一見笑顔で、そうは感じさせない。
息の抜き方が上手なんだろうねえ。

それにしてもハープという楽器は、演奏している姿も美しいのね。
両腕を羽根のように広げて弦を優しくなでるように奏でる。
実際は血豆ができてしまうほど力が入ってるんだろうけども
翼を広げるような所作が優雅で本当に癒される。

って考えると、相葉雅紀との相性が悪いわけがないわな。

この人って元々羽根を隠した天使だし。
本来の姿で一番似合う楽器を奏でてるわけだから。

右肩にハープ、左肩に花の痣。

相葉廃人には見える。
心の目ではっきりと見えるあの美しい赤い印。
芸術的な曲線を描く楽器との調和、奇跡じゃね?

そりゃハマるわ。
そうそう、こうですよね、という
妙に懐かしい気持ちになるのも仕方ないわ。

というくらい相葉雅紀とハープがマッチしていた神回であった。

似合うだけじゃなくて肝心の演奏もお上手!
本領発揮の翼の広げ方で、弦をはじく姿はまさに天使。
奏でる音も美しい。

相葉くんって人は、バスケットボールを持たせてもキまるのに
ハープなんていう清楚すぎる楽器までまあまあ出来てしまう。

普通に考えてすごい。
守備範囲が広すぎて惚れるわ。


時間を吹っ飛ばして今週のVS嵐の話。

アスリート軍団を迎えての一戦。
バスケの選手との共演に相葉くんが大興奮。
でもね、1on1?とかいうの、相葉くんもいい線いってたよ!
抜けるかな、って思ったもんね。

そして、問題は次のシーン。
興奮のあまり渡邊氏の腰に抱きつく相葉くん。

…見逃していませんよね、ショウ・サクライは。

スルーされたかと思われたこの行動が蒸し返されたのは
相葉くんが投げかけた質問のタイミングであった。

「どさくさ紛れに抱きついたんですけど」という相葉くんに対し
「どさくさ紛れに抱きつくってどういう感情?」と問い詰める櫻井氏。

えっと、もしかして気を悪くされていますか?
「どういう感情?」という聞き方にも含みがありますしね。

「どういうこと?」という言い方ではなく
「感情」という単語を出してくるあたり、
本気と書いて「マジ」なやつか。

『おいおい、雅紀。
ふざけるにもほどがあるぜ?
他の男の腰にしがみつくなんて、
オレが心の広い彼氏でよかったと思えよ?』

かと言ってあっさり許さないところが翔さんのいいとこ!
突っ込んでくれなきゃ、こっちが黙ってないよ?
櫻葉とかにのあいとか泣き虫フリークとか。
こちとらそういう妄想に命懸けてんだ。
ここで突撃しないなんて男じゃねーよ!

そんな相葉廃人の期待を裏切らない素敵な翔さん。
大好きです!

そんな翔さんに「ファンだから!(抱きついちゃった)」
珍しく必死に弁明する相葉くん。
こっちもわかるよ!
ここで誠意を見せておかないとしつこいもんね!

しかし翔さんのお仕置きはこれだけでは済まなかった。
(いいぞいいぞ~ww)

スライダースマッシュというゲーム中、
確かに相葉くんの可愛い大失態があったけども
実害があったわけじゃないし可愛かったからいいじゃない!
そのあとだって結構点数とってたよ?

なのに翔さんってば、頑張った相葉くんをポンコツ扱い。

しかし、このときの言い方はある意味「おのろけ」。
すねてる風、いじけてる風、ってことは
さっきよりも手を緩めてるんだよね。
そろそろ翔さんの本領発揮。
そう、バカップルモード発動である。

この一連の展開がすべて櫻葉。
翔さんの台本通りなのではないか。

もちろんこの男も黙ってないよ。
ツンツンデレのニノコガネくんね。

ピンボールランナー指令台の相葉くんのポンコツっぷりを
「頭の処理が追い付かないから」という具体的な理由を添えて
しっかり落としてくる。
状況説明が的確過ぎる。
さすがは相葉雅紀解説の第一人者。

スライダースマッシュでも同じトーンで責めてくる。
ツンツン攻撃、ここに極まれり。

例えばここでゲストチームの誰かが相葉くんをいじったら
きっとデレ部分を発動させてフォローに回るであろう、
というところまでがにのあいだもんね。


ジャニーズ王子様ランキングについて言うと
このランキングの王子様は、
少女漫画的なポジションの王子様とはちょっと違うよなww

発表した本人も例に出していたけど
国政にも関わりそうな、ほんまもんの国の代表的なことやん。
むしろ「王様」だろうよ。

そういう意味では翔さんが1位で納得でしょう。

そして相葉くんの順位もしかり。
それにしても低いけどww、
彼なりの渾身のオチだったのでしょう。

なんたって相葉くんはリアル恋枠だから。
「恋人にしたい」「遊園地に一緒に行きたい」的な
生活密着型のアイドルだからね!

思いもかけずジャラっちゃう翔さんとニノちゃんを見られて
大変充実したVS嵐でございました!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック