妖精の降臨、天使の乱打


きましたね、お久しぶりに。
VS嵐に妖精さんの降臨ですよ。

妖精さんと言えばね、数年前…
いやもしかしたらもう10年以上前?
相葉くんがハマりにハマっていた記憶がありますが
当時はね、ホントに若くて可愛いと言ってもいい年齢だったよね。

今だって若いけど!
でもアイドルの寿命って、以前はもっと短かったじゃない?
36歳の相葉雅紀が今でもこんなに可愛くて無邪気で
世界中に可愛いを巻き起こしてるなんて
想像してたかって言われたらわかんないよね。

なのに相葉雅紀はあっさりその予想を超えてくるからさ。

超々お久しぶりの妖精ポーズ、
会場から嬌声が上がるほどかわいかった!

そもそもですね。

「可愛い、って言われたときのリアクションがわからない」というお悩みに対し
「可愛いポーズはないんですか?」
「妖精のポーズとか」
というお答えが返ってくる、そのことがすでに神。

可愛いと言われて妖精のポーズで答えるんですよ?
どういう流れなの?
思考回路が可愛すぎない?
可愛いは世界を救うのね。

「妖精のポーズとか」といった相葉くんに
「やってさしあげなさい」と言わんばかりに
背中に手を当て誘導し
「うちの妖精が…」と言ってのける櫻井翔もすごい。

嵐のお母さんの認定が出ましたよ、
嵐内妖精キャラは間違いなく相葉雅紀です。
決まりなんです。

相葉くんが妖精っぽい理由っていろいろあるけど
この「妖精ポーズ」を全然照れずに普通に披露するとことか
なにごとにも無邪気すぎて年齢を感じさせないとか
いつまでも少年のようにすらっと痩身であるとか
言葉のチョイスが小学生男子のボキャブラリーだったり
それがまた例えようもなく甘酸っぱい感傷を呼び起こすとか。
口にすること全てが平和すぎて空気がまろやかになるとか
脚が長くて細いから生の人間っぽくないとかね。

まあまあまだありますけどね、
なにより、笑顔の多幸感が妖精みありすぎ。

妖精としての資質しかない、というか。
妖精と認められるべきすべてを備えているでしょうよ。

そんな永遠の青年妖精相葉雅紀が放った
キュン死必至の妖精ポーズ。

翔さんが真似したくなる気持ちもわかるの。
オレがやっても可愛くなるのかな?ってさ。
もちろん可愛いです。
でも妖精かと言われたら少し違うのかもしれない。
翔さんは妖精というにはクレバーすぎるのかしら?


カメラ目線対決は、かなりの神ゲームだな。

相葉くんのカメラ目線、とにかく黒目が黒い。
クールな真顔バージョンは全国の相葉廃人を文字通り廃人にした。
今回は少しキョドりつつの笑顔。

黒目、際立ってます。
黒目が黒い、白目が白いが狭い。
お口がキレイなひし形ですな。
カメラの位置を指でカウント?してるのが相葉くんらしい。

いや~、なんつーのか…
構いたくなる人だよね!
ニノちゃんが相葉くんを丁寧にいじる気持ち、よくわかる。

話は嵐にしやがれに飛ぶけども、
デスマッチでのニノちゃんは
「オレの相葉さん感」がすごすぎないか?

デスマッチクイズで正解した相葉くん。
プレミアムロールケーキの
「真ん中の一番いいとこいっちゃお」
ど真ん中にフォークを入れるのだが
ロールケーキを作った人も
食べたことある人はもちろん
全国のお茶の間視聴者が突っ込んだと思うよ?

いや、相葉くん!
そこじゃないよ!
TVショー的にもソースのかかった部分だよ!

みんなそう感じたと思う、けど
相葉くんがそう思うなら、そうさせてあげよう
そんな気にさせるのが相葉雅紀という人じゃない?

しかしさすがはMJ。
ここで突っ込むことができる人がいるとしたら
やはり松本潤しかいないのかもしれません。

「オレが想像するに、このケーキの一番いいところは
外のソースの部分だと思う」


そう!
お茶の間のセリフをそのまま代弁。

これね、もしかしたらだけど、
ニノちゃんが隣に座っていたら、
即座にニノちゃんが突っ込んだんじゃないかと思う。
だけど松潤が先手を打ったことで
ニノちゃんはホントの本音を口にすることになった。

「いい、いい、いいの!
この子はそうやって育ってきたの。
楽しそうな顔してるじゃないですか!」

相葉くんがピントのズレた発言をしたとき。
ニノちゃんが高速で突っ込むことがあるが
それは決して彼の本音ではなくて
ニノちゃんの本心はいつもこれだったんじゃないかって思ってる。

『いいのいいの。
世間的にどうあろうと、普通で考えたらどうであろうと
相葉さん相葉さんのまま、このままが一番いいの。
こうやって育ってきた相葉さん
オレの大好きなオレだけの相葉さんなの』


松潤が先に突っ込みを入れたことによって
奇しくも漏れたツンデレニノコガネの胸の裡。

にのあいの歴史って尊いわね。


そして松潤も優しい。

「オレの一番おすすめのところも食べてもらっていい?」という言い方に
「良かったら」というサジェスト感を出してくるからね。

さすがの松潤も妖精相手だとつい甘くなっちゃうのかね。

すすめられて「ここか?ここか?」とたっぷり頬張って
「一番ウマい!」という大正解をたたき出す。

自分も楽しそうなうえに、
周りまで幸せにする不思議な力をお持ち。
狙ってないのに全打席ヒットを飛ばす。
甘美な乱れ打ちである。

妖精と言うか天使。

奇跡の36歳のミラクルに振り回されるハピネス。
そんな日々に陶酔中の相葉廃人である。

ああ、幸せだ!



スポンサーサイト

コメント

>拍手コメントのほたてさんへ

もんぷち
勢いのある一言コメントをいただきましたが(笑)
もしも続きがございましたら遠慮なくどうぞ~!

>拍手コメントのふくさんへ

もんぷち
ホントにそうですよね~。
10年間可愛いをキープ!
きっとこの後もずっと可愛いことでしょう。
そう考えると、相葉廃人って幸せですね!
非公開コメント

トラックバック