FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

テレビ誌のラブリー

なんだか久しぶりなような気がする。
相葉くんが表紙の雑誌を買うのは。

いや、そんなに久しぶりでもないのか。
去年のドラマのときだって結構あった。

少し間が空いただけで「久しぶり」と感じてしまう。
贅沢なことだわね。


というわけで月間テレビガイドだ。

グッと!スポーツがゴールデン進出ということで
それっぽいテーマでの特集。
運動、ストレッチ、アクション。
しかしなぜか色っぽい。
相葉雅紀の不思議、大放出の巻である。

もちろんとことん爽やかだ。
ジャンプにシュートなんて、爽快感しかない…
はずなのに。

シャツの色でしょうか?
なぜこんなピンク?ww
フューシャピンクっていうんだっけ。
それよりはもう少し柔らかいかもしれないが。

なにはともあれ、この色を選んでくれたスタイリストさん、ありがとう。
(って思って確認したらやっぱり安心と信頼の野村さんだった)

なんつーても柔軟性だよね。
股割りからの前屈。


この人って何者?
アイドルでダンスをしているからって
体が柔らかいとは限らないし。
以前にも書いたことがあるけど、
年齢とともに柔軟性は落ちるものなのよ。

それなのに胸が床につくほど柔らかいってさあ。
…エロいよね。

こういうとこ、こういうとこですよね、怖いのは。
なにげないことなんだけど、実はすごい。

裡に秘められたいろんなものがにじみ出る、
なにが出るかわかんないし、唐突に来るから怖いんだよ。

そして笑顔はいつでもラブリーだ。
エロ可愛いなんて一過性の流行り言葉では表現できない。

多面性と奥行きと、襞に眠る蜜のような濃厚さ。


それにしても。
ただ跳んでるだけでも運動神経がいいのがよくわかるね。
軽い、高い、空中姿勢がいい。

ストレッチで筋肉の出方が美しい。
ムキムキ、までではないし(そう言いたくもないけど)
なんだろう、筋のバランスがちょうどいいのですよ。

薄い皮、細い筋、わずかな肉、多分細い骨。
血管を流れてるであろう甘いなにか。

にじみ出るんだよね、ホント。
モニター越しでも、誌面でもわかっちゃうんだよね。
そばにいる翔さんが感じないわけないよね。
(いつでも盛り込める櫻葉)

そして、二の腕はいい感じ!

二の腕パトロール隊としては満足のいく結果である。
細い!ずっと細い。
Tシャツの袖がブカブカではないか。
これは24時間テレビのチャリTシャツが楽しみだね!
メンバーや後輩くんと並んだときの比較がね。

わかってることだけど脚も長い。
脚が長いだけじゃない、腰の位置が高いのだ。
腰の位置が高かったら脚が長いのは当然だと思ってる?
違うのよ。
まれに、お尻が長い人もいるんだからな。
相葉くんの腰の位置、そして股上の浅さ、
そこからの伸びる脚の長さというのは奇跡なのよ。

長いのは脚だけではない。
まつ毛も長い。
首も長い。
指も長い。

長いとときめくところだけ長い。
とことん良く出来た人だわ。

テキストもとても相葉くんらしくて
この番組がじわじわと人気なのがよくわかる。
出演してくれたアスリートを応援してくれてる人たちにも
とても評判がいいそうだ。

緊張されてるであろうアスリートの方に対し
様子を見つつ切り込んでいく優しさ。
空気感がすごく良くて、体だけじゃなくて全てが柔らかい。
突っ込み方が下品じゃないのも好感度が高い理由だと思う。
その方の性格を読んで、嫌そうなことは聞かないとか
そういう場を読む才能がさく裂していると思うのだ。

「楽しんでほしい」という、相手を思う気持ちだよね。
面白くしようとか、テレビ的なインパクトよりも
ゲストを喜ばせたいという相葉くんの優しさ。
寄り添うことができるって、
人間的に余裕や自信がないと難しいよね。

相葉くんは自信満々なタイプじゃないけど
これまで積んできた経験からなる
静かだけど確かな自信を備えていて
どんなときでも余裕をもって対応できてるように思う。
その余裕って、テレビの世界に慣れてない人たちにとっては
とても心強いんじゃないだろうか。

それも信頼を得ている理由だと思うな。
相葉くんに自覚はないかもしれないけど。


テレビジョンzoomのほうは、
衣装とはマッチしているとは言い難い、
なんつーか秘密の花園的な演出ww

フェミニンなブラウスとか着てたらちょうど良さそうな
お花に囲まれたキレイな空間。

しかしですね、なにをどう着ていてもやはり相葉雅紀には
「儚さ」というものが「にじみ出る」ので
それはそれで正解と言うか。

絵に描いたようなミスマッチ、というわけですね。
なぜかマッチして見える、という。
(そりゃそうだよ、こっちも野村さんだもん)

ラベンダーという色合いがいいのかもね。
ポーズもラブリーだよ!
テーマがグッスポなのに、可愛さを前面に出してくるあたり
相葉雅紀が求められているものが自ずと知れますな。

世界は可愛いを求めてる。
相葉雅紀に可愛いと清冽さを求めているんだよ。

と、私は思っているんだよ。
多分正解なんだよ!


スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック