妄想徒然

私って想像力がないんですよ。

衝撃の発表から早2ヵ月。
さすがにその日は文字通り膝から崩れ落ちたのであるが
一夜明け、二夜明け、時間が過ぎると通常営業。

時々頭をよぎるタイムリミットのこと。
2週間連続でVS嵐がお休みで癒しがないと愚痴り
じゃあ2年後(正確には1年9カ月後)はどーなるんだ?
と、頭の奥が冷えるような感覚に陥ることもあることはある。

しかし、3秒後には「あ、でも今日はVS嵐があるもんね~、やったあ!」
と、浮かれまくるおめでたさである。

ここ2ヵ月はほぼそんな調子だ。
というか、落ち込むことがあまりない。

今日は相葉くんが見れる日だ!
お、好感度高くて良かったなあ~
新CM、早々にGETだぜ~

等々、ノーテンキにアラシゴトに楽しむ日々を送っている。

なぜか、というと「想像力がない」からだと思うのだ。

嵐というグループがいなくなったあとの自分。
テレビ界、雑誌の世界、一年の過ごし方、生活そのもの
私に与える影響のすべて。

考えようとしても、今がまあまあ楽しいので
そこから先にさっぱり進めない。
イメージできない。

脳細胞の新陳代謝良すぎ!
嫌なことすぐ忘れちゃう、いつも新しいワタシ!

思うに、マイナスの感情をキープしていられないという
お気楽な性格が由来してると思う。

どんなことでも
「死にゃーせん!」(死ぬわけじゃない、という方言)の一言で終了。

こんな性格だからなのか、
想像力以前に集中力がないからなのか。
おセンチな感情が全然続かない。

薄情というわけではない、はず(自分じゃわからん)
実感がない、わけでもないと思うけど
それが一番近いのかもしれない。

なんにしても、想像力欠如という
いい歳した大人にしては恥ずかしい欠点が露呈した。

そしてもっと恥ずかしいことに
想像力はないのに、妄想力だけは過分にある。
いや、妄想力ではない。
「くだらない妄想」だな、正確に言うと。
ねつ造と言っても過言ではない。

リアルな未来は想像できないのに
ありもしない妄想だけは過大に膨らんでいく。

そのせいなのか、私は嵐のスキャンダル的なプラべに興味がない。

しかし大好物のプラべもあるよ!
それは嵐メンバー(や事務所のタレントさん)からの暴露話。

翔さんが食事後のお土産で相葉くんを餌付けしようとしてるとか。
相葉くんと松潤がお揃いのスタジャン買ったとか。
ニノが焼くたこ焼きは美味いとか。
相葉くんちのテレビの向きがおかしいとか。
翔さんちのティッシュが虹色であるとか。

そういう小ネタ、大歓迎!
メンバー発信なので、多少の盛りがあろうとも
信憑性という観点からいうと100%真実。
100%勇気をもらえる。
もうやりきるしかないさ。

この小ネタをもとに限りなくねつ造に近い妄想を広げていく。
これが私のライフワークなのである。
そのはけ口がこちらのブログであり、裏ブログだ。

不毛なのは百も承知。
でも楽しい方がいいじゃないか。
どうせなら、悲しい2年よりも楽しい2年にしたいじゃないか。

実際はそんなに奮起せずとも、通常営業できるんだけど。
代謝がいいからww


そんな私が待ちわびたVS嵐。
2週間ぶりの放送に、仕事中から内心ワクテカである。
(ちゃんと仕事しろよ)

相葉くんのトップス、かわいいいいいいい!
ボトムの丈もちょうどいいいいいいい!

36歳だというのに、まるで少年のようなふくらはぎ。

私は相葉くんのひざ下を見ると
幼い頃に見てた「長くつ下のピッピ」というドラマを思い出す。
童話原作の海外ドラマで、ピッピの吹き替えは
当時大人気のキャロライン洋子…だったような記憶が。

ピッピは今でいう不思議ちゃん的なキャラで
明るく自由で伸びやかで無邪気で
楽しいことを見つける天才なのね。

そのピッピは小枝のような細い脚で、
いつも長い靴下を履いてるわけだ。
ほっそいのよ、そして筋肉ゼロなの。
子供だからね。

無防備に伸びたあのひざ下。
相葉くんはしっかり立派な大人なんだけど
脚とか腕とかどこか成長途中って感じのしなやかさがある。
とにかく隙だらけ。
スカスカしたパンツのサイズとか折れそうな足首とか。

未完成って一番魅力的じゃん?
日本人って、未完成が好きじゃん?(私だけ?)
妄想の余地があって完成までを見守れて
成長を楽しみつつ、その可能性にあこがれる。

相葉くんのふくらはぎには夢がある。
私の子供のときからの夢と希望が詰まってる。

そんなふくらはぎと真ん丸後頭部のコラボ、最高。
ストンと小枝、まるっとキノコ。
両手じゃなくていい。
片手だけで支えられるであろうあの丸い後ろ頭。
それも私が憧れたNHK海外ドラマシリーズの
大草原の小さな家の子供たちと同じなのだから。
だから好きなのだ、相葉雅紀の全身が。


そして同士、しずちゃん氏。

わかる!
しずちゃんが「相葉くんを好きって人いないと思うから」って言うの
なんでか、わかっちゃうのよ。
失礼と言えば失礼なんだけど、そう言われちゃう要素あるからね、相葉くん。

もちろんそんなわけはない。
あんなに性格が良くてカッコよくて愛嬌があって可愛いんだぞ。

だけど相葉くんって、水面下モテ男子だと思うんだよね。
裏ブログの話でもそういう設定で話をかくことが多いんだけど
表立ってキャーキャー言われる学園の王子というよりは
影で女子が駆け引きしつつ狙ってるいわゆる裏アイドル。

うかつに「相葉くんっていいよね」って言えない、言いたくない。
多分ライバルであろう隣の友人に手の内を見せたくない。
なんとか抜け駆けしようと距離を測りつつせめぎ合う。

しかし相葉くん本人は全然自覚がない、という。

結局、しずちゃん氏みたいな強引女子に持っていかれるかもしれん。

いやいや、実は相葉くんはその学校の表アイドルである松潤と
隠れてちゃっかり恋人同士なのよねえ~。
松潤が相葉くんにベタぼれなのよ。
しずちゃん、ごめんね、諦めてね!

という腐った草原に着地するワタクシ。

私のような、骨の髄まで腐った女は
学校のアイドルに憧れるような乙女心は持ち合わせていない。
素敵男子はひたすら萌え対象。

大型犬男子と強気男子を脳内でくっつけては萌え(いい迷惑)
ツンデレリーマンと健気パティシエのラブなストーリーを妄想する。

そんな女が男性にときめくわけがない。
ある意味しずちゃん氏がうらやましい。

なのになのに。
宝塚の男役の人を見ると俄然ハートが沸き立つ。
なんなんだろう?この心理。

大好きな花組トップのみりおちゃん(明日海りおさん)とは
ぜひ結婚したい、と思ってしまう。

きゃーーーー!きゃーーーーー!
結婚してください!

って気分である。
実際会ったら絶対に声も出せん自信があるけど。

思うに、私って尽くす女じゃん?(知らんし)
多分、好きな相手にとことん尽くしたいのね。
相葉くんってその点、優しすぎるのね。

…そういう問題ではないな、わかってます。

要は私って男性と見たらまず萌えポイントを探すという
昔からの悪い癖が抜けないんだな。
相葉くんは三次元で会った初めての完璧萌え対象。

正々堂々、一生萌えていきたいと思います!
(世界一どうでもいい宣誓)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック