櫻葉劇場のカオス

先日、世にも恐ろしい櫻葉劇場がTVショーで披露されましたね。


VS嵐のOPでロス行きの話をしてくれた嵐くんたち。

まずね、おかしいよね?
ロスに行ったんだよね。
「5人でね、ロサンゼルスに行ってまいりました」って
スター感満載で切り出したけどさ。
具体的にロスの話、した?

だって「飛行機の中、楽しかったよね?」ってさ。
それってロスじゃねーよ!
どんだけ仲良しなんだよ、嵐くん。
移動中すら楽しいって、バカップルかよ。

翔さんのロス話なんか相葉くんのことばっかだったしねえ。
飛行機のお席がお隣同士だったんですってよ。
それってどんな陰謀なのかしら?
翔さんが自分で手配したのかしら?

なにはともあれ、お隣ですよ。
翔さんは仕切りの板を上げたいのね。
プライベート空間を守りたい…振りだよね。
振りでしょ?
だって相葉くんが隣にいるんだよ?

翔さんの言い方がまたね、突っ込みどころ満載。

「こういう仕切りみたいなのさあ…」

笑ってる!
もうここでニヤニヤしてる!

「デレーーーっと生きてんじゃねーよ!」

ニノちゃんは内心で火を噴いていたのではないでしょうか。
剣呑剣呑。

「オレは上げたいんだけどさあ…」(←ニヤニヤMAX)
「オレは下げるのよ!」(←食い気味)

その相葉くんは仕切り板を下げたいわけだよ。

「隣(のしょーちゃん)が気になるからね」

気にされてる!
翔さん、気にされてますよ~。
って言うか、相葉くんが下げるのをわかってて
敢えて上げてるんでしょうけどね、翔さんは。
ダチョウ倶楽部的なことなの。
ってもう、どんなバカップルなのよ。
『やめろよオマエ』
『なんだよ~いいじゃん』じゃないのよ!
ニノちゃんの顔もでっかくなって火を噴くわよ、そりゃ。

そして、お隣さんが気になる相葉くんの可愛いことよ。
生態の全てがラブリー仕様。
2次元のアイドルでもこうはいかないってくらい
可愛いだけで出来ている純正の天使だよね。

「いいんじゃん、それは上げとけば!」

と、強い口調で相葉くんに突っ込むニノちゃん。
わかるわ!
ジェラってるんだよね。
ニノちゃんになって翔さんを叱りたいんだよね。
そして可愛さ余って憎さ百倍、相葉くんにも雷を落としたいの。
でも踏ん張ってるの、TVショーだから。


そして事務所の後輩くんに櫻葉以外の3人が絡んだという話。

それはしょうがないよね。
だってこの3人は末子じゃん。
確か3人ともお姉さんがいるんだよね。
だから基本、甘えん坊なんじゃないかと思うのよ。

その点、櫻葉の2人は長男コンビだから。
フワフワしてるようでも実は長男なのが相葉くん。
気配りもできるし、我慢も人一倍。
後輩くんたちのこともしっかり可愛がってる。
だからたかったりはしないかもしれないね。

でも、そんな相葉くんが頼りにしてるのが翔さんだから。

そして次に翔さんが惚気始m…もとい
語り始めたのが、恐怖の相葉劇場。
に見せかけたただの櫻葉相愛劇場だけどね。

先ほどほどではないけど、若干緩みそうな表情を律して
必死に「恐怖」を語る翔さん。

後輩くんも一緒の食事のあと、
一人でホテルの部屋で飲んでいたら
「ピンポン、どんどんどんどん!
ピンポン、どんどんどんどん!
なんだよ、誰だよって思ってガチャって開けたら
ウィスキーのボトルを持った相葉くんが『しょーちゃん飲もうよ♪』って」

と立て板に水の勢いで笑いをとる翔さん。

恐怖劇場などど銘打ってはいるものの
何度リピしても、マジでただのおのろけ話。
新婚さんいらっしゃいで披露するネタなんじゃねーの?
それもかなり練りこんであるし。

「カオス!カオス!」と連呼しているが
その顔は嬉しそうにしか見えないし。
そもそもウィスキーのボトルを持った相葉くんって
要するにカモネギでしょ?

そのあとのカオスってそういう意味でしょ?(どういう意味だ)
自分がカオスを作り上げたんでしょ?

という一連を話してる翔さんのなんと能天気なことか。

「ドヤーーーっと生きてんじゃねーよ!」

もんちゃんも叱っちゃうよ?


それにしても、ボトルを抱えて翔さんお部屋に乗り込む相葉くんの
なんと可愛らしいことか。
やっぱさ、翔さんにはしっかり甘えるよね、相葉くんは。
甘えてもいい人だと脳内認定されてるんだよね。
だから仕切り板も下げちゃうよね。
だって翔さんは叱らないもん。

カオス!
まさに櫻葉愛のカオス劇場。

本当にこの2人の関係って、ある意味劇場型。
ドラマチックすぎて目が離せないわあ。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>こりささんへ

もんぷち
やっぱファーストクラスですよねえ!
そりゃそうだわ〜。

私もここばっかり見ちゃって本編に進めません!
櫻葉、盛り上がりますなあ!
非公開コメント

トラックバック