FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

自覚のない前髪

宝塚関連のエントリにつきましては
今後も少しずつ増えてくるのではないか、と思ってます。

ま、私なりの軽ーい現実逃避的なものだと思っていただければ!

公開するからには楽しいブログを。
そう思って続けてきました。

ここは私のブログで、私の家、庭のようなものだから
だからと言ってなにを書いても許される、とは思ってないので。
自分の敷地とは言いつつも、一応全世界に発信してるわけで
庭に汚物や不快なものを放置するのは通りがかりの方に迷惑だろうし(笑)

先日の宝塚観光は、相葉担兼ヅカ好きの4人で集まったのですが
そりゃ、当然嵐くんの話にもなりまして。
ここには書けないようなことも話すわけです。
それはそこだけの話なんです(笑)
それなりに楽しかったんですけどね。

先にも書きました通り、出来るだけ楽しく書きたいので
今、私が一点の曇りもなく楽しいと感じられること
すなわち、すみれの園宝塚の話も増えていきそう、と思うわけです。

王様の耳はロバの耳ーーー!

興味のない方は相葉くんの記事だけ読んでいただけたら嬉しいです。



というわけで、VS嵐。

この日も相葉くんはとても可愛い。
やはりVS嵐という番組は萌えの宝庫である、と感じている。

相葉くん的ハイライトは、音嵐でしょうか。

ぜんっぜん答えない(笑)
ボタンを押しもしない(笑)
ずっと困った顔で考えてる、そして隣には翔さん。

ずーーーっと見ていられるじゃないか!

正直、答えがわかるとか曲が聴こえるなんてのは
二の次三の次で、必死に耳を傾けてる相葉くん自体に萌えがある。
そして隣は翔さん(ここがかなり重要)

翔さんの隣にいるときの相葉くんって、可愛さ倍増。
ここでもしょっちゅう書いてるけど、安心しきった子猫のようだ。
困ったときはしょーちゃんが助けてくれるし~って思ってるのか
女性ゲストとの距離を極力とって、反対隣りの翔さんにくっついている。

こんな健気な子に20年近く懐かれて
翔さんってなんて幸せ者なんでしょうか?

そして、こんなにイケメンで頼りになって
なんでも教えてくれる素敵なカレシをもった相葉くんもきっと幸せ!(という妄想)

なにかと相葉くんに話を振る嵐くんたちもいいよね。

物忘れがひどいという架純ちゃんの話から
「相葉さんは自覚あるの?」と全員で相葉くんを見る。

キョトンとする相葉くん=自覚はない、ということね。

もちろん、相葉くんはいつでも自覚はない。

自分が神さまにとても丁寧に作られた存在だということも
愛される天使の資質を持ってるということも
なにより努力をし自分を磨くことへのストイックさを備えているということも。

相葉くんにあるのは「アイドルである自分」という自覚。
それはナルシスト的な意味ではなく
「ファンのみんなを幸せにするため」の存在という意味での自覚。

ファンを裏切らない、ということにかけてはピカイチ。
身を削ってでも楽しませる、笑顔にするというファンサービスの濃さ。

その自覚も、生真面目に胸に抱いてるというよりは
本能的にそうしているというナチュラルさが良いのよね。


嵐にしやがれのほうは髪型が!
とても私の好み!!!!

やっぱさあ、前髪ありっていいよねえ(誰に言ってるんだ)
あくまでも私の好みだけど、
しかも何度も何度もここでも言うてるけど
相葉くんって人は目ヂカラで勝負するタイプじゃないから
(してるのはMJタイプ)
まつ毛と前髪が触れることで色っぽさが倍増なのよね。
髪やまつ毛が肌に落とす影って得も言われぬ風情があるものだ。
色っぽいのに爽やかって、なかなか難しい。
相葉くんだからいやらしくなく不潔でもなく
ただひたすら胸をかき乱す前髪プレイが実現するんだなあ。

毛先が丸くなくてシャープにカットされてるのも珍しいもんね。
耳のあたりにかかるシャキシャキした感じ、
無造作に見えるけど計算されてるんでしょうな!

これっていつの収録だろう?
これからしばらくはこの前髪を見られるのかな。
楽しみすぎるぜ。

スポンサーサイト


  1. 2019.02.12 (火) 21:20
  2. URL
  3. もんぷち
  4. [ edit ]

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

髪形、可愛かったですね。

私は正直、言い出した彼よりも自分の担当の精神面が心配です。
彼の心配は、彼の担当さんにお任せしたいですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック