道しるべと青い鳥

嵐ファンにとっては混沌とした日々が続いております。

ワタクシ、普段は嵐の雑事には触れるほどの興味もなく
ここでは萌えしか発信していないのですが
この有事(ええ、有事です)にあたって
やはりこのことに触れずにはいられないので
もう少しお付き合いいただけたらと思います。


突然の発表に、頭が真っ白になってから数時間後。

嵐の会見を見て、少し気持ちが落ち着いたファンの方も多いのではないだろうか。
少なくとも私はそうだった。

時間を置かずに緊急会見したことで
マスコミのエサになるネタを最小限に出来たのではないかと思うし
なにより、会見に臨んだ5人の表情を見て
ファンならきっと、最悪の事態ではないと直感したと思う。
もちろんある程度の心構えもしてましたが…。

この休止自体がリーダー発信と言うことで
まずはリーダーが挨拶をしたのかな?
それともリーダーだからかな。

一人一人が話す中で、翔さんがゾーンに入ってるなと感じた。
しゃべり方に、高圧的ではないけど、静かな勢いがあって
実際、話してるときの青白いオーラ、神々しいほどだった。

よどみなく、まるで目の前にカンペがあるかのように(もちろんないです)
自分の、5人の思い、これまでのことを語ってくれる。
簡潔で、でも誤解を招くような穴もなく
後日、アクセス稼ぎのフェイク野郎たちの餌食にならないように
言葉を選び、慎重に、でも誠実に現状を伝えてくれた。

帝王感、ハンパない。
尊敬と感謝しかない。

あの間に立ったときから、翔さんはその役割が自分であることを心得ていた。
そして援護射撃をする役として、隣にニノちゃんを配置した。

どちらが行くのか、
その間合いを計るのに、両端ではいけなかったんじゃないか。
隣でお互いの息遣いを感じてマイクを持っていたんじゃないか。

翔さんの語彙力、ニノちゃんの回転の速さ。

完璧な布陣やな。
そんな風に感じた。
そう感じさせてくれるくらい、あの2人が頼もしかった。

ちょっと意地の悪い質問には、翔さんがすぐに刀を抜いた。

でもそれは峰打ちってやつで、絶対にトドメを刺すようなことはしない。

感情をあらわにしてもあとで書き立てられそうだし
言い淀むと深読みされそうだ。
ミスリードを狙った記者の戦略もあっただろう。

だが、その罠に引っかかるような翔さんではない。

誠心誠意、答えつつも目ヂカラでその場の空気を牛耳り
そしてすぐにニノちゃんがねじ込んであっという間に鎮火。

素晴らしいコンビネーション。

あの質問に関しては、そのときは「んん?」と思ったのだが
あの2人が鮮やかでクレバーなカウンターパンチを喰らわせてくれたことで
返って、あの質問があって良かったように私は感じた。

何度も言うけど、あとからハイエナのエサになるような案件は
早め早めに芽を潰しておくべきなのだ。

あそこで翔さんとニノちゃんが速やかに鎮火してくれたことで
今後、そのような無礼な投げかけは出来ないだろうという意味でも
あの質問には意義があったように思う。
もちろん、失礼であることに変わりはないから援護するわけではない。
ただ、あれをプラスに換え、好感度まで上げてしまうことがすごいな、という。

そして我らが相葉くんは、終始穏やかでとても美人さん。
儚げでお顔も少しやつれて見えたが、笑顔はいつもの可愛らしさ。

桃色のジャケットがあんなに違和感なく似合っちゃうアラフォーってどうなのさ。

妖精ポーズにハマっていた少年は
成長して本当に妖精さんになったのだ。


緊張感のあった会見場の空気が最初に緩んだのは
相葉くんの「ひっくり返った」発言だった。
ここで記者団も「ああ、笑っていいのか」と思えたんじゃないか。
それまではこの会見がどう進むのか探り探りだったように感じた。

あのブレイクが果たした役割は大きい。

相葉くんの発言にすぐに翔さんが乗っかって
深刻さを和らげてくれたと思う。
あのやりとりは嵐にしかできないし
スターターは相葉くんにしかできない。

そうなるとここからは、ほぼ嵐のペース。

冗談や笑いを交え、記者をイジる余裕も見せ
まさに王者の余裕すら感じた。
きっと内心は緊張もしていただろうけど
していないわけないけど、
それを感じさせない5人の、いつものチームワークを見せつけられた。

個人的に好きだったのは(笑)
相葉くんが「説明」を「ご説明」と言ってしまった?のかな。
ちょっと仰々しい言い方をしてしまい、戸惑った様子を見て
「丁寧でいいよ」と反対側からしっかり拾ってフォローしてくれたニノちゃん。

いつもの、いつも以上のにのあいだったなあ。
ものすごく優しい空間だった。


優しいと言えば、会見のすべてが優しくて
「5人が納得ができる着地」を目指して
誰のことも悪者にしないよう言葉を選んで
国民的アイドルとしての責任を果たそうとしてくれていた。

嵐くんたちは、実質国民的という冠にふさわしいトップアイドルでありながら
常に謙虚で自然で、感じも良く親しみやすさもあるのが魅力だけど
自分たちの和を乱すような、外敵に対してのスイッチの入れ方が好きだ。

礼儀正しさ、礼節は損なわないまま
5人の個性で以て、戦いに打って出る。

一滴の血も流さず、神経戦にて速やかに勝利をおさめ
静かに狼煙を上げる。
最後に天使(相葉氏)からのケアも怠らない。
黙らせるが制圧はしないという姿勢を貫く。

そして、松潤と相葉くんは、空気が緊迫すると
軽い口調で場を和ませてくれていたと思う。

要所要所でさりげなく口をはさんで
空気の入れ替え、場の転換に一役買っていた。

その2人が下手側配置だったんだな。

だけど、「リーダーが同じ方向を向いてくれたときには」
「嵐を巻き起こします、いつの日か」
「いつの日か」のときの表情が笑顔なんだけど真顔で。

祈るような気持ちなんだろうな、と感じた。


どんなときも5人で鉄のフォーメーション。

自分たちだけじゃなく、私たちファンも守ってくれる。
なによりファンのために、
誤解を生んで悲しませないために、
2-1-2の体制を組んで、
外野に邪魔されないよう、
自分たちの思いだけに集中できるようにしてくれたんだ。


そして、頂点にいながら圧迫感を与えないスマートさ。
圧倒的に支持されてるアイドルの生き様ですわなあ。

私は相葉くんが
「自分たちの思いにリーダーを付き合わせるのは違うと思った」
という表現が心に刺さった。

このかたちに着地した一番の要因がここなんだろうなと。

以前ニノちゃんが番組内で言っていた。

「嵐は基本多数決。
でも一人でもイヤだ、やりたくないという人がいたら
それはやらない。
今まで一度もやったことがない」


これまで5人でやってきた仕事、
残してきた数々の功績は全て
やってみようという総意だったということだ。

仲が良くて優しくて、控えめなメンバーが揃ってるけど
「イヤだ」が言えないような関係ではなかったということ。

本当にきれいな五角形。
丸みを帯びた、円に限りなく近い美しい五角形だ。


そして次の日、翔さん生出演の月曜日。

まさかとは思うけど、ここまで想定してこの日程だったのか?

公式発表で明らかになった活動休止への経緯。
言葉を選びながらの(外敵だらけだから)報告だったが
間髪入れず、会見で生まれたであろう言葉の隙間を翔さんが埋める。

嵐のスポークスマンがファンの心の隙間を埋めるべく
生放送に挑んでくださるわけだ。
すごい筋書かもしれん。
私たちへのケアが手厚すぎる。

聞き手が有働さんというのも良かった。

前日と違ってホームの空気の中、
翔さんはかなりリラックスしていたし
「なんでも聞いてください」という力強いお言葉もいただいた。

有働さんは、一部のマスコミとは違って
身内のようなスタンスで、私たちが聞きたいことを聞いてくれた。

特に最後の質問は、どうしてもどうしても答えを聞いておきたいことで
翔さんが「あります!もちろんあります!」と断言してくれて
どれだけの嵐ファンの食欲が復活しただろうか。

『有働さん、なにをわかりきったことを聞いてるのよ?』
と言いたげな喰い気味の肯定に、どれだけ救われたか。

翔さん、本当にありがとうございます。

5人で、そして翔さんが1人で嵐の今後について語ってくれた。
私にとってはこれが絶対で、全てだ。
嵐本人が語った言葉こそが私の道しるべだ。

今日あたりさっそく妙な見出しを見かけたが
なんも知らんマスコミの奴らのねつ造記事に踊らされるなかれ、である。



それにしても、だ。

すごい人たちを好きになったなあ、と思う。
私たちファンをいろんなものから守ってくれようと頑張ってくれてる。
愛と夢のカタマリのような人たちだ。


こんな好きな人に出会う季節二度とない


青い鳥はあの4人のそばにいる。

きっと気が付いて戻ってくると信じて、待つ!


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ラッキーマッキーさんへ

もんぷち
あまりにも突然でしたから、すぐには飲み込めませんよね。
今でも無理と言えば無理!(笑)

でみ会見を見て気持ちが落ち着きました。
翔さん、カッコよかったもーん!

and more、お互い嵐くんたちに会えますように。
いや、会えます!絶対!

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>お名前がなかったのですが

もんぷち
コメントありがとうございます。

もう見ていらっしゃらないでしょうが、お返事だけ。

ブログに書いた言葉は、もちろんあなたのような方のことではありません。
でもそうなってしまいますよね。
それは私の落ち度です。
ご指摘ありがとうございました。
申し訳ありませんでした。

私は変わらずここで相葉くんへの愛を叫びます。
その日まで、お互い楽しく嵐に風を送りましょう。

ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>SA2 さんへ

もんぷち
気持ちが乱高下しますよねえ~。
でも今は嵐くんたちを信じるしかありませんから!
頑張りましょう。

>きさらぎさんへ

もんぷち
実に嵐らしい会見でしたよね、
でもその団結力が逆に悲しく思えてくるようでもありました。
リーダーもファンも、どっちも傷つけないように、なんて無理なのにね。

複雑な思い、わかりますよ。

>拍手コメントのあんずさんへ

もんぷち
寄ってくださってありがとうございます。

翔さんの言葉、嬉しかったですね~。

>拍手コメントのオータムさんへ

もんぷち
私はこうやっていろいろ書くことで気持ちが落ち着いています(笑)
デトックス効果???
非公開コメント

トラックバック