ハピネスな嵐ファン

なにはともあれ、マッスル部である。
とうとうマッスル部が公式に認められたのだ。

常々、楽しいことは相葉くん発信でスタートし
嵐内に浸透していくという流れがあるような気がするよね。

なんつーても、たった5人の嵐内で
「部活動」をしてみようと思いつく相葉くんが可愛すぎる。

こういうとき、リーダーがまずノってくれるよね。
めんどくさがりっぽいリーダーだけど、
相葉くんが声をかけると結構な割り合いで腰を上げてくれてるイメージ。

スイーツ部だって、スタート当初はリーダーと相葉くんの2人が
「きゃっきゃ」言いながらケーキ食べてて
それがMCで話題になって、そのうちTV誌あたりの記事になって
いつのまにやら公式になってるもんね。

ずっとアイドルやってるから、バイトもやったことない嵐くんたちは
部活ってのも案外新鮮に感じてるのか、
相葉くんが楽しいの天才だからなのか、
部活って響きを5人が面白がってるのが伝わってきて
たいそう微笑ましいではないですか。

嵐くんのこういうところが初々しくて可愛いんだね。
オジサンと呼ばれてもおかしくないお年頃なのに
いつまでも男子的な楽しみ方をしちゃうんだよね。

悪ノリだったり、おふざけだったり、内輪ウケだったり。
放課後の中学生感を見ているようでワクワクする。

かと言って、子供なわけじゃなくて。
話していいこと、そうでないこと、ちゃんと振り分けてる。
オトナの良識もわきまえてるけど、それを全然感じさせず(←大事)
ごく自然に会話を運んでいるようで
その実、5人の脳内では数々の忖度がなされているのだ。

天然だとか言われている2人だって
ただただ思ったことを口にしているわけではなく
分別のある言葉の、会話の選別こそが
嵐くんたちの楽しさ、多幸感の軸だと思うのだ。

そしてそのオトナの部分を、
隠すというのではなく、敢えて話してないというほどでもなく
他にもっと話したいことがたくさんあるからそっちを話してる。

それは子供の頃からアイドルとして生きてきて
自然に身に付いたマナーみたいなものなんだろう。
もちろん、身に付かないタイプもいるだろうけど(笑)
嵐くんたちはそれができてる人たちだから
5×20の「5」の数字を守ってこられた。

楽しいことをファンと共有したいという嵐くんたちの気持ち。
嵐ファンはとても幸せだと思う。

だから、公式に上がる写真をいちいち深読みして
一喜一憂するのは本当にバカバカしい。
こんなにファンを大切にしてくれるアイドルはいないと思うのに
ありもしない針を勝手にねつ造して勝手に刺さりにいくのは
嵐くんたちに失礼のような気がする。

私はただ、嵐くんたちが与えてくれるあたたかさや優しさを
素直に受け止めるファンでありたいなと願うばかりだ。


閑話休題。


要するに、嵐くんたちは脳内のオトナと少年のバランスがものすごくいいってことね。

よく、ライブのMCで
「こんな話、楽屋でしろって?」
「誰も興味ないよね、こんな話」

なんて翔さんがよく言うけど
その5人のたわいない話こそ、ファンの萌えなんだから
ぜひぜひ、アニバツアーのブルーレイ発売の際には
各ドームのMC特集は特典映像で付けてもらいたいもんだよね。

そしていよいよマッスル部が始動(ふりだしに戻る)

相葉くんがかねてより希望していたマッスル部発足だけど
賛同者がいなくてなんとなく停滞していたようだ。
でも、あの!あのリーダーがその気になってくれたことで
やっと日の目を見たわけですよ。

ブレない相葉くんの勝利だよね。

んで、そのおかげでとんでもない衝撃画像が公開されたわけよ。
ファンクラブ会員しか見れないけど。
(そうでない方、申し訳ありません。
でもこの機会にぜひ。損はしません、させません)

なんなのよ?この萌えショットは。
まずね、肩のアザ、ね!
Tシャツの袖からちょこっと見えるあのアザがたまらんわけだよ。

神さまが地上に天使として遣わす前に付けたと言われている(そうなの?)
あの鮮やかで美しい肩の印。

ハッキリクッキリ見えてももちろん萌えるのだが
袖からチラっと見えるとか、透けて見えるとか
そういうシチュエーションがより一層萌えたぎるよね。

秘密を覗いてしまったような。
秘密って言うほど相葉くんが隠したりはしてないんだけど
うっかり見せてしまった、という無防備な感じ、好きなのよ。

鍛えてるわりにちっとも太くならない腕もいいね。
二の腕パトロールを始めてからも長いけど
この人の腕がマッチョに膨れ上がるなんて、想像もできない。

だいたいね、マッスル部と聞いて想像する部員と
実際の部員の差がありすぎるよね。
そこも魅力だけどね。

マッスルとかマッチョって言うと、
二の腕は大抵ピーナッツみたいなカタチで、無駄に凹凸があって
逆三角形の肉肉しい体つきの、いかつい野郎を想像するだろう。

なのに、マッスル部と称して紹介された写真には
ほっそりした脚の長い天使が、ちょっと苦しそうにストレッチをしてるだけ。

足の先まで写ってなくても、脚が長いのは容易にわかる。
だって、膝の位置が随分先にあるんだもん。
あの先にさらにひざ下があって、そして足の甲でしょ。

長いに決まってるやん、しかも細いやん。

鍛えることでジーパンがパンパンになる、と言ってたと聞いたが
それはトレーニングのすぐ後とか、一時的なことで
どういうわけか、細身天使の筋肉は夜明けとともに消失するのね。
そういう仕様になってるのね。
どんなに努力しても、脂肪も筋肉も消えてなくなるというミラクル体質ね。

だって、腰を見てよ。
掴めそう!
大きめの手の男性なら、一掴みできそうな薄さじゃん。
Tシャツ、スカスカじゃん。
胸筋なんて影も形もないじゃん。

彼氏のTシャツ借りてんのかよ?ってくらいのサイズ違いじゃん。

細くて筋の浮き出る腕もいい。
普段は薄い皮の下に静かに埋もれているのに
時々顔を出しては、不用意に色気を吐き出すこの筋たちよ。

どこもかしこも骨っぽい相葉くんにうっすらでも肉がついているのは
この強靭な筋を収納するためなんだなあ。
出たり入ったり、自由自在。

お洋服を着るときはなめらかに包んで
動くときには飛び出していい仕事をするんだよ。

で、相葉くんの後ろで鍛えてるのは、部員のリーダーでしょうか?

そしてそのまた後ろの酸素カプセル?には松潤が?
彼もある意味ブレないな。

今後もこの手の楽屋ショットはぜひお願いしたい。

だからさ、アニバコンの円盤はさ
本編にプラス、各ドームのMC特集(さっきも言った)
各ドームのダイジェスト、ドキュメンタリー、ゲネプロ風景、
すっぴんアニバーサリー、アニバ鑑賞嵐会等々。
特典ディスクは盛り盛りでいこうじゃないか。

どうでしょうか、Jストさん。


VS嵐も今年は今日で放送納めらしい。

VS嵐に限らないけど、ここ数年の翔さんは
「ディスコスター様に恋焦がれリスペクトするファン」という様相。

手を振ればディスコスターお手振り。
走ればディスコスター走り。

頻度で言うと、月に1度は披露してくれているのでは?
相葉くんがやるより先に、誰よりも先にディスコスターを模倣する翔さん。

なんなんだ、その熱量。
ディスコスター様が好きなのか?(好きなんだろうな)
中の人も好きなのか?(そりゃそうだろうよ)

ライブでは毎回、ラストの退場の際に
ディスコスターお手振りでステージを降りていくし。

いや、それならまだわからなくもない。
だって相手は嵐のファンだもん。
もちろんディスコスター様のことだってご存知の方ばかり。

でもね、VS嵐って、ファンじゃない人だって見てると思うの。
アルバムを聞いたことがない、ライブに行ったことがないお茶の間ファンとか。
なんならゲストの方を目当てに見てる一般層の皆さまとか。

その方たちには意味不明だろうよ、ディスコスター様。

にも関わらず、日々ディスコスター様の布教に勤める翔さん。

完全にディスコスター様の信者1号。
相葉廃人よりも信仰心が強そうである。
さすがだわ。
勝てる気がしない。

ニノちゃんの圧もなかなかだが
最近は、グループ外でも相葉雅紀陣取り合戦が騒がしくて
皆さん、そんなに熱くならないでね、おほほほほ、と高笑いの相葉廃人。

なんという相葉戦国時代。
萌えの領地争いや~。
脳内合戦の始まりや~。

守ろうとする者あり。
崇め奉る者あり。
隙あらば自陣へ攫おうとする者あり。
夢の国に連れ込もうとする者あり。

退屈しない。
二次元でもないのにこんなに萌え広がるのは初めてだ。

だって向こうが勝手に萌えを育成してくれるんだもん。
ありがたいじゃないの。

嵐ファンって本当に恵まれてると思うわ!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック