雅紀とシッポと相葉廃人

最終回前にして初めて触れるが
公式の「雅紀とシッポと神楽坂」の更新が素晴らしすぎる。
(公式に登録されてない方、申し訳ない。
でもこの機会にぜひ。絶対損はさせません)

写真がない写真がないと嘆きつつも
必要以上に、こちらの予想以上に萌えを投下してくださる無自覚天使。
感謝しかない、その無垢なサービス精神に。

きっと相葉くんは、ネットのコンテンツなんかは
いろんな情報や画像映像に溢れているもので
自分のこの少しの露出では足りないであろう、と
勝手に思い込んでいる節があって
そのネット初心者的な謙虚さがあの萌え更新に繋がっているんだと思うと
それはそれで萌え倍増、倍率ドン、の萌え苦しさである。

昨今のアイドルの皆さまは(アイドルに限らないが)
ネットでプラべを配信することも生業の一つになってるようだが
相葉くんはきっと、事務所がそれを禁止していなくてもやらないタイプのような。

『オレの私生活に誰か興味あるの?』
なーんてことをサラッと言いそうだ。
それくらい自然にお仕事をしている、そんな感じ。

そんな相葉くんが、ドラマ中に連載を持ち
なおかつ必死に更新してくれているという事実。
相葉廃人は、なんと相葉雅紀に愛されてることか。

そして影のトップであるニノちゃんが、
同じく公式の、今週の一言にてアピール。

相葉雅紀主演ドラマの最終回に触れ
「絶対観てね!」と念を押す入れ込みよう。

オレはこっち側だよ、という外野への牽制か。
いやいや、考え過ぎか(そうでもない)

なんつーても、画像の解禁がありがたい。

そしてどういうわけかメンバーが協力的なのがいい。

以前、翔さんが撮った写真や翔さんとのツーショットもあり
櫻葉クラスタの私は狂喜乱舞すると同時に
櫻井翔からの挑戦状を受け取った気持ちになったものだ。
「受けて立つ!」ということである。
きっと本家のニノちゃんもそう叫んだに違いない。

しかしその後もニノちゃんが登場することはなかった。
そこも彼らしい、と思うのだ。
彼ともあろう男が二番煎じに甘んじるわけがないのだ。
きっとほかの方法を…と思っていたところに、今週の一言で最終回アピール。
ブレない。
ブレない男、ツンデレニノコガネ。

そして今回はMJの登場ですよ。
いや、ご本人の登場はないんだけど、存在感はばっちり。
自発的に「撮ってやるよ~」なんてさ。
ジェントルマンだよね、MJは。

んで、そのMJのレンズに向ける笑顔がキュート!
同じグループのメンバーに見せるにはあまりにも邪気がない。
照れとか一切ないのね?
可愛くお茶目に、をモットーにMJに全力のアイドルスマイルを披露する。
だってレンズの先に私たちファンを見ていてくれるんだもんね。
愛されてるわあ、私たち。
その健気な相葉くんを撮影したのが松潤という事実がまた
身悶えるほど萌えるではないか。

相葉くん松潤→相葉廃人

なんだろね?
松潤というフィルターを通してると思うとより一層相葉くんが可愛いよね。
そういう意味でも「雅紀とシッポと神楽坂」は神々しい。

なにはともあれ、自撮りがこんなにカッコいいって神だよな。

自撮りってさ、一般的には5割減だよね。
ブラッシュアップアプリを入れてるとまた違うんだろうけど
相葉雅紀に限ってそんな気の利いたことはしていないはずだ。


自分で自分を撮影することなどこの歳になったらほとんどないが
たまに、カメラ操作中にうっかり反転のボタンに触っちゃって
うわわわわわわ!ってなってさ、
自分の顔ってスマホのレンズを通すとクソだなって冷や汗が出てさ…
って、もしかして私だけ?

まあまあ、そんなパンピーあるあるは置いといても
相葉雅紀の素のクオリティが高いということは
この度の連載で怖いくらいわかったのである。

完全プラべであろう、エレベーターの自撮りがそれを物語っている。

メガネ、ジャケット、前髪。

なんだよ、三種の神器かよ。
神に神器って、無敵かよ。

おまけにアヒル口で四種だよ。
味方しかいないよ。

これがプラべ?
わざわざ撮り下ろしたわけではなく
フォルダにたまたま入っていたのがこの写真ですよ。
ってことはプラべだよ。

すげーな。
もしも彼が間違えて、アイドルにならずに一般人として暮らしていたとしても
この瞬間にスカウトされるレベルでしょーよ。
びっくりするわ、こんな人がエレベーターに乗ってたら。

この連載もあと1回か。
できればアンコールでもう1回くらい…。
いや、少女漫画ファンとしては、アンコールといえば3回と決まっているのだ。
3回追加でお願いしたい。



相葉マナブは僕坂チームがゲスト参戦。

ドラマを見ていて思うのは、
コオ先生とトキワさんの気持ちが重なっていく過程で
トキワさんがどんどんキレイになっていくのがホントにすごい。
女優さんってやっぱすごい。

瑞々しさや初々しさが画面に溢れてくる感じ。
ああ、恋愛をが始まってるんだなと、五感で感じるような。

コオ先生の表情も絶妙で、
家での顔、幼馴染の悪友に見せる顔、先生としての顔
全部違ってるのに、全部高円寺達也。

家での顔にしたって、まめ福やすず芽ちゃんがいるときと
お母さんだけのときとまた違ったりして。
相葉くんの細やかな演技が光っていたと思う。

そんな俳優相葉雅紀をこれ以上ない褒め言葉で語ってくれた広末さん。

「優しいだけじゃない、
優しくあるためには強さが必要ってことを感じた現場だった」


私たちはわかってても、パブイメの「優しい」は、
きっと「優柔不断」の意味合いが大きくて
それが歯がゆいと感じることはなかったけども
こうやって、実際に一緒にお仕事をされた方がハッキリと
「強さは優しさ、優しさは相葉さんの強さ」とおっしゃってくださって
お茶の間で広末さんに手を合わせてしまったわよ。

でもきっと。
マナブの現場の相葉雅紀は、ドラマのそれとは違ってるんだろうなあ、いい意味で。
餃子釜飯を嬉々として提案している相葉くんは、マナブの相葉くんで
そのルーツは、昔々の「真夜中の嵐」とか「嵐の宿題くん」だと思う。
ドン引きされてもへこたれない牽引力のある鈍感力。
それはこれまで相葉くんが培ってきたバラエティ力ってことなんだろう。

くだらないことを楽しさに変える天才だからねえ。

そりゃ、稲葉さんも惚れるよね。
ライブDVDも買うしドラマも見ちゃうよね。

外見も、エレベーターでスカウトされちゃう(という妄想)くらいには
十分魅力的な人なのに
実際会うと、柔らかな空気を振りまき、強く優しく人を支えるんだぞ。

ありがとう、神さま。
相葉くんをありがとう。

スポンサーサイト

コメント

同感です!

みぃ
もんぷちさん!ありがとう。
同意ボタンがあったら激しく5万回以上叩きつけてるくらいです。
広末さん、よくぞ言ってくれたとTVの前で拝みました。
そして、あのエレベーターの自撮り写真!!!
プラべなのに完璧です。神々しいです。何回見てもあの写真は胸が震えます。
ドラマが終わるとそういう写真が見れなくなるのがさみしいですね。

>みぃさんへ

もんぷち
ありがとうございます。
5万回の同意、受け取りました!

あの自撮りはズルいですよね~。
カッコよくしてるつもりはないのにカッコいい。
神さま、ありがとう!

>拍手コメントのまゆさんへ

もんぷち
やっぱり黙っていられませんよね、この方は。
さすがです!

>拍手コメントをくださった方へ

もんぷち
お名前がなかったのですが
12月1日の9時半くらいにコメントくださった方へ。

そうですね、あの子は天使です。
きっと嵐くんたちにもそう見えてるんでしょうね。
非公開コメント

トラックバック