血管七変化

雑誌祭りがエラいことに…。

冊数もさることながら、内容が濃ゆすぎて震える。
一言で言うなら「いい男に育った」ということなんだけど
ヲタクのもんぷちは蛇足をつけたくなるのである。

MEN’S CLUBは表紙からもうすごい。
いや、表紙は大抵すごいのであるが
TV誌に見られるような、相葉スマイルをチョイスしていないという意味ですごい。
口角すら上がってない。
わざとピントを外してラフな印象を与えることによって
「MEN’S」の雰囲気が際立ってるように思う。

35歳。
世間的には脂がのってるお年頃。

しかし相葉雅紀は雑さを出してみても
どういうわけかワイルドにはならず。
いいとこマイルドにビターなトッピングという体である。

それはもう相葉雅紀が持っている空気みたいなもんで。
共演する皆さまが口々におっしゃっている。
「マイナスイオンが出ている」
「空気が優しい」
「魂がキレイ」
脂がのるはずの30代ど真ん中にあって
清涼飲料水のCMに抜擢されたJKのような形容ではないか。

この表紙を見て感じた。
これから相葉くんがどんなに汗を流して筋トレしようとも
その印象に精悍とか血気盛んな、などという単語は並ばないだろうね。

だってね、骨が華奢だもん。
モッズコートの肩の部分、骨が刺さって尖ってるもん。
コートの裾を握りしめた手首、折れそうだもん。
うっすら浮かんだ血管が透けて見えるようだもん。

表情も視線も、成熟した男のそれですが
全身から放たれる清々しさは隠しようもない。


中のグラビアはハイブランドが席巻。

チェスターコートの柔らかな笑顔!
いかにも手触りの良さそうな上質なコートを着た
デコ出しのジェントルマンがいますよ。

表紙の前髪アリももちろん素晴らしい。
以前の私は絶対的に前髪アリ派だったんだけど
年齢を重ねた相葉くんがデコを出すと
一気に上品さを増して大人っぽいイイ男になるような気がして
最近はふわっと上げた前髪にもかなりテンションが上がる。

このコートにはこの髪型が似合ってて
大人っぽさ7割の中に、デニムとハニカミ笑顔でバランスをとった、って感じ。
年齢的にはちゃんと大人だから、ちょうどいい配分なんじゃないかと思う。

それにしても等身が素晴らしい。
コートの襟からちゃんと首が見えててスッキリしてるし
腕も長いからポッケに手を入れたときの角度もちょうどいい。
きっとポッケに入れた左手は裾を少し持ち上げるように
動きを出してるんじゃないかと思う。

涼しい顔をしていても相葉雅紀は洋服を愛し愛される人だから
これくらいのコラボはお手のものなのだ。

マルニの柄入りコートは相葉くんが着るには大きめシルエット。
前髪を落として可愛さアップ。
ヨーロッパの古い映画に出てくる、
父親のコートをこっそり借りて大人のバーへ繰り出した少年のようにも見える。
ちょっと思わせぶりに誘ってるような視線もいい。
襟の大きなオーバーサイズのコートを着ると小顔さにハッとするけど
首や腕が長いから着せられてる感はない。

最後のバストアップはまたおデコ。
そりゃそうだな。
ラグジュアリーを謳うなら、ここはオトナモードでしょう。

陰影をつけると、頭部の骨格の完璧さが浮き彫りに。
目尻から顎にかけてのシャープなライン…。
まるで少女漫画家さんがペンで一気に描きおろしたような。

おデコから少し外に向かったアウトラインは
頬骨までまっすぐ降りて、頬に少し丸みを作り
一番描きやすい黄金角度で顎に向かっていく。

いや、もしかして描こうと思っても描けないかもしれん。
こんな輪郭、上等な作りものとしか思えないもん。

神さまはすごいもんを作ってくれた。
ありがとう、神さまと相葉かーちゃん。


TVfanは白シャツと血管。

スタンドカラーのシャツって、なかなか危険なアイテムだよねえ。
似合う人はいいけども、ハマらないと服部先生かマリックさんになっちゃうもん。

まあ、相葉くんが着てる真っ白なシャツは
細かいピンタックが施されていて、まるでレディースのようですが
腕まくりをしないときの袖の長さを見ると一応メンズなんだろうね。
ユニセックスな雰囲気あるけどね。

ワンポーズとは言え、相葉くんが腕まくりをしてくれてるので
相葉廃人もんぷちにとっては実質2ポーズ。

こちらでも何度も書いてることではあるけど
相葉雅紀って人は細かい細工がとても似合う。
つまんであるとか、かがってあるとか、寄せてあるとか。
布に細かく手を入れられたものが似合うのよ。
お顔とか表情が優しいから、優しい手仕事に合うんだね。
おまけに白だもんね。、無敵だよ。

衣装が変わらないとき、相葉くんは表情を変えてくる。
笑ったりはにかんだりすましたり視線逸らしたり微笑んだり。
振り向いても可愛い、爽やか。
首周辺の肉が薄いから、振り向いたときのもたつきがないからね。

おお、見落とすところだったが、袖だけでなく
スタンドカラーの襟元、ボタンを外してるショットもあるね。
小さいながらも見逃せない…
って思ってページをめくったら、麗しい横顔ボタン外し!
正面からもしっかり拝みたかったっス。

しかし上を向いた横顔が美しいから許します。
床についた腕の血管も目に眩しい。

相葉くんの血管って
ものすごく甘い液体が流れてるって感じることもあるし
爽やかな柑橘系のさっぱり飲料が流れてそうなこともあって
その時々で血管の色や形状すらも違って見えるな。

この血管には南アルプスの天然水が流れてます、間違いなく。
存在の薄いハート型の喉から湧き出ているのです。


この時期、各種雑誌のコンセプトの合わせて七変化の相葉くん。
きっと血管の中身までコントロールできているんだろうと
だからこそこの振り幅なんだろうと、確信した私である。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>トッちゃんさんへ

もんぷち
私なんて5年以上雑誌がたまってます!
恐ろしい高さのタワーが何棟も出来上がってますわ…。
なんとかしなければ!

私はちっともファッションに詳しくないのですよ。
オバチャンですからねえ(笑)
ただ相葉くんの着こなしが素晴らしすぎるだけだと思います!

>拍手コメントの風子さんへ

もんぷち
コメント始めてでしたっけ?(笑)
それはありがとうございます!
なにが琴線に触れたのでしょうか???

相葉くんの佇まいはいつも映画のような雰囲気がありますよね~。

>拍手コメントのkumiさんへ

もんぷち
視点というほど立派なものではなく…(笑)
ヲタクという人種はひたすらディテールにこだわるのでございます。
共感していただけて幸いです。

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ラッキーマッキーさんへ

もんぷち
このタイミングでニナミカさん!
見てみたいですねえ~。
若さゆえの危うさから、落ち着いた大人の魅力へ…。
いや、今でも十分危ういか(笑)
非公開コメント

トラックバック