大正解の相葉雅紀

久しぶりにブログを更新したところ、
皆さまからあたたかいコメントをいただき、
大変ありがたく感じております。

自分が萌えを吐きだしたいだけ、
という自己中なスタンスで運営しておりますが
優しく見守っていただき、感謝しかありません。

今後もよろしくお願いいたします。


さて、先日のエントリのある件について、複数の読者さんから
同じようなコメントをいただきました。

すなわち、相葉くんは、小栗会には、
誘われてないのではなく
誘われたけど行かなかったのだ
、ということだ。

その話は私も聞いたことがある。
「誘ったけど、来なかった」と翔さんが言ったような気がする。
詳細に差はあれど、あのとき「誘われてない」とテロップが出たことは
嵐事情に詳しいファンにしてみると疑問が残る演出ではあった。

しかしですね、ぶっちゃけて言うと私はどっちでもいい、と思っている。

だって、どっちでもそれぞれに萌えがあるから。

誘われない相葉くんというのも一興ではないか、と思うのだ。
誘われないというよりは、誘わせないのね、ニノちゃんが。
包囲網的なお話ですけど。

「どうせ来ないし、人見知りだし」を理由にして
相葉くんをこの宴会に呼ばないという選択ね。
強火の警備員ニノコガネならではの策略というわけですよ。

もちろん、私は「誘われたことを知っている」ので
昨日のエントリにも書いたとおり、
「あっさり断った相葉くんに一番萌えている。

このマイルド一匹狼感が相葉雅紀の魅力なのだ。
フレンドリーで優しげなのに、流されない芯の強さ。

小栗氏、妻夫木氏に加え、いつもの嵐メンバーという
刺激的且つ豪華な飲み会だと言うのに
多分相葉くんは1ミリも迷わずに「行かない」を決めたと思う。

そして参加していた嵐の3人はそれがわかっていたはずだ。
相葉くんは来ないってことは。

なにより私が「行かなくていい」って思ってる。
小栗会周辺に近寄らなくていいんだよね、相葉くんは。

ニノちゃんはもちろんだけど、松潤にしても翔さんにしても
相葉くんをこのグループに誘うつもりはそもそもないと思うしねえ。

例えて言うなら大事な大事な幼馴染なんだよね、相葉くんって。
小さい頃からずっと一緒で、自分の弱いところも全部見せられて
見栄を張ることも気負うこともなく付き合える心の拠り所的な存在。
中学生くらいになって、自分の世界が広がると華やかな友だちとも付き合うようになって
高校生になったらよその学校の新しい友だち、先輩たちとも繋がって
それでも目まぐるしい世界に揉まれて、心が疲れたときに会いたくなるのは
懐かしい相葉くんのピュアな笑顔だったりして。
いつまでも変わらず、何にも染まらず、変わらない優しさを与えてくれる人。
ほかの友達には会わせたくないし、ずっとそのままでいてほしい人、みたいな。

ほらだからさ「オレ、行ってない」が正解なんだよ。
行かなくて大正解だし、誘われようがそうじゃなかろうがどっちでもいいの。

どこからどう掘りさげても、もんぷち得の仕上がり。

愛される相葉雅紀
ブレない相葉雅紀
守られる相葉雅紀


どうだ!
どうでもよくなっただろ?
(誰に言ってるんだ?)



楽しかった100回目の夏も終わって、いよいよ秋の気配。
コオ先生と会える秋がやってくる。
楽しみすぎる!

新しいお仕事のたびに気になるのがネットニュースってやつですね。
しかしですね、これに関しては反応しないことが一番だと思う。

文章を書くことで報酬を得ている人の中には
話題になってアクセスが増えたらそれでいいという考えの人もいるようだ。
人気者を叩けばアクセスは伸びる。
それによって広告収入も得られる。
そんな記事に反応すると、またそれが記事になる。

アホらしいと思うんだよ、この不毛な連鎖。
断ち切るには「無視」しかない。

だから私はうっかり妙な見出しを発見しても絶対にクリックしないし
そのことについて触れたりもしない。
反論だってひとつの反応だから、相手の思うツボだ。

褒めてるような記事でも油断はできない。
「○○さんはこういうところもあるようです。心配ですね?」
こんな嫌らしい言い回しで過去のスキャンダルを掘り返す記事だってある。

要は、アクセスしないこと。
反論を含め反応しないことが一番かなあ…
と、ブログをお休みしている間に再認識したわけだ。

皆さまもくだらない見出しを目にしても、一切気にせず
(どうせあの人たちは面白がってるだけだ)
全力でコオ先生を楽しみましょう!



スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ksさんへ

もんぷち
相葉くんの万華鏡のような魅力の虜ですよね~。

コオ先生と会えるの、楽しみですね!

>拍手コメントのバルバルさんへ

もんぷち
そうなんです、そうなんです。
結局、なにがどうなっても萌えることができる逸材なんですね、相葉くんって(笑)
その妄想も楽しそうですね!

>拍手コメントのkumiさんへ

もんぷち
無責任な煽り記事に乗っかるのが一番バカバカしいですもんね。
それよりも応援、ですよね!

神楽坂、いいですねえ~。
空気を吸い込んできてください!

>拍手コメントのれおゆかさんへ

もんぷち
ありがとうございます~。
今後もよろしくお願いいたします!

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>MAOさんへ

もんぷち
ありがとうございます!

Twitterは気軽ですがブログよりも気を使います。
私にはブログの方が向いてるかもしれません。

ネットニュースの件はずっと感じていたことなんですが
最近、皆さまが過剰堪能ではないかと思いまして…
そういう意味でもTwitterはお手軽すぎますかねえ~(笑)

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
どんなときも怒るよりもまず萌えに転じることが大事かなと思ってます。
非公開コメント

トラックバック