ここが私の甲子園!(またの名を、7.15九州セレブ会事変)



3連休、お暑うございましたな。
ワタクシ、気温だけじゃなくていろんな意味でアツい連休であった。

コトの始まりはずいぶん前…いつかしら?
(LINEのやり取りを確認したら3ヶ月以上前だった)

3月終わりに唯一交流のあるブロガーLさん(仮名・九州在住)に
「福岡で相葉会をやるんだけど来れない?」というお誘いをいただいた。
以前も何度か声をかけてもらってるんだけど
予定が合わなかったりしてなかなか参加できず(そもそも新幹線の距離だし)

しかし今回はちょっとしたミラクルがあって。
その相葉会の日、私は福岡に行く用事があったのだ。
それはspitzのファンクラブ限定ライブ。
小さなライブハウスで行われるそれは、整理番号から言って1000人以下
(多分800人程度)の小規模なプレミアムライブで、私はこのたび初当選。
ボーカル草野の出身地である福岡は特に激戦なのだ。

ライブは夜なので、お昼の相葉会には参加できるかも、というわけで
昼はアラシゴト、夜は白い犬ゴト、と贅沢な1日になる…はずだったのだが…。

いや、結果的にはすごく楽しかったのだ。

街中のカラオケボックスで嵐のライブ映像を見ながらの楽しい相葉会。
はじめましての方も、
ライブのときにブロガーLさん(仮名)の紹介してもらってご挨拶した方も
皆さま、当然熱烈な相葉廃人で、お優しくて。

しかーーーーーし!
待ち合わせ場所で軽くご挨拶を済ませ
カラオケボックスの部屋に入る前からもんぷちには気がかりがあった。

皆さまが抱えている紙袋等の大きめの荷物だ。

はい、ここでいつものワタクシをご存知の(特に関西周辺の)お友だちはきっと気づいたよね。

そうです。
山口からの刺客もんぷち侍、丸腰です!
皆さまが用意されてるであろう、嵐会のお約束
「相葉会の元気なご挨拶」、
つまり手土産を用意してないのです。


アツい!
もんぷちのアホさ加減と焦り方がアツい!
この福岡のど真ん中、ここが私の甲子園だ!

あ~、聞こえます…。
いつものお友達からの「やっちまったな!」「またかよ!」の大罵倒が。

この件に関しては私の歴史は長い、そして痛ましい。

ブログを始めた当初、アメブロを拠点にしていたときは
まあまあ声をかけていただいて、ライブの際は嵐会に参加させてもらった。
(ネット引きこもりなのでそんなに何度も行ってないですけど)

私はなーんの疑問もなく、田舎者丸出しでのほほんと参加するのだが
私以外のほぼ全員、なにかしらの「手土産」を用意されていた。
嵐にまつわるもの、手作りの嵐グッズ、地元のおいしいお菓子…等々。

な、な、なんじゃこらーーーーーー!

瀕死のジーパン刑事のごとく、
皆さまの手土産の銃弾に打たれ絶命するもんぷち(精神的な意味で)

いえ、本当にありがたいんです!
ありがとうございます!
こんなワタクシのために…。

ただ、その感謝の気持ちで舞い上がるよりも
なにも準備をしていないという自己嫌悪の雪崩で谷底に滑り落ちるもんぷち。

…明るい。
皆さまの優しさで滑り落ちたこの奈落は感謝で真っ白に輝いている。
しかしワタクシのハートは這い上がることができない。
この真っ白で冷え冷えとした雪の谷から復活できないのだ。

今回、全く同じことが数年ぶりに起こりました。
忌まわしいあの記憶…。


なのになぜまた同じ誤ちを冒してしまうのか。
オマエは手土産会の石田純一か?

この日のメンバーは9人。
そして私が頂いたお土産は8つ。
要するに私もんぷち以外の方は
当然の如く、ステキなプレゼントを用意されていたのです。

お菓子に、手作り品に、なんかオサレなスプレーとか、お漬物とか…。

もんぷちの脳内にはあの歌姫の曲が流れています。
あの名曲(の替え歌)です。

♪なぜ~ 贈りあうのかを~ 相葉担はみんな知〜ぃってる~
♪いつ~ 贈りあうのかを~ もんぷちだけがなにも知ぃ〜らない〜
中略
♪つーーつみ紙はミドリ~ お菓子の色は5色~
♪みんなの愛は アホなもんぷちを~
♪あたためうるかも しれない~

…皆さま、本当にありがとうございました!
そして、申し訳ありませんでした!


(って、多分戦犯であるブロガーLさん以外、誰もここに来てないと思うけど)

なんでブロガーLさん(仮名)が戦犯なのかというと!
そういう習慣があるってことを私に教えてくれなかったから!
(↑いえ、これは単なる八つ当たりで、Lさんはなにも悪くないです)

実際、恐縮しながらお土産を受け取るたびに
隣に座ってるLさん(仮名)を恨みがましく見つめるもんぷちに
「強制じゃないのよ、気持ちだから、おほほほほ」と軽く笑ってスルーしたLさん(仮名)

くそ~、小悪魔かっ!
(もちろんLさん(仮名)はそんな人じゃありません)

しかし、相葉会自体はとてもとても楽しかった!
私以外は全員九州の方で、私のように不健全に腐ってる人はおらず
皆さま、眩しいほどの愛で相葉くんを支えておられる。

ワタクシもかくありたい。
真っ白な心で相葉くんを愛でたい。

そんな悔恨の気持ちが芽生えたとか芽生えなかったとか(どっちやねん)

もしも皆さんが気を悪くしてなかったらまた呼んでくださいね。
(主にLさん(仮名)に言うてます。彼女しか見てないと思うから)
よろしくお願いいたします。

次は頑張ります!(ホントかよ)


というわけで、もんぷちの久しぶりのアウエー相葉会は
楽しくてほんのちょっとだけしょっぱい思い出になった。



で、せっかくなので白い犬バンドのライブの話も書いておく(自分の備忘録)

前述のとおり、このライブはファンクラブ会員限定のプレミアムライブ。
会員1人につき1枚しかエントリーできないため、全員がぼっち参戦となる。
お友だちと同じ会場に当選してとしても、整理番号というものがあり
その順番に並んでライブハウスに入場するスタンディングスタイルなので
開場時間までは、整理番号が呼ばれる順に道路を挟んだ反対側の公園に
お行儀よく並んで待つという初めてのスタイル。
要するに前後左右全員知らん人、そして全員ツレがいない。

にも関わらず!
みんな一言も喋らずに、誰とも交流せずにひたすら並んで待つ。

ちょっと想像してみてほしい。
これが嵐のプレミアムイベントだったら?
嵐ファンという共通項は嵐ファンの中ではなかなかの葵の御紋で
ぼっち参戦が当然なら、ますます待ってる時間に周囲の方と
声くらいはかけたりご挨拶したり
なんなら「誰のファンですか?」という質問から
新たなつながりが生まれる可能性だってありそうじゃないか?

しかし、ここは白いワンコ女子の集まる場。
彼女たちの特徴として大きいのは
清楚な内弁慶、でしょうか?(オマエもか?まさかな)
いえ、もちろん全員ではございませんけども。

草野の世界観に共感するということは、
確固たる自分の世界があり、理想や裡の熱がとても高く、
しかし表の向きは清廉潔白なイメージなのだ(私は違います、多分)

実際、皆さまたいへんお行儀がよく、行列には私語はほとんどなく
もちろん、会場に入っても整理番号順に整然と並び
ときに割り込んで前に向かう強者もいないこともないけど
そんな人に対しても少し体を斜めにして道を開け、文句を言うわけでもなく
ライブが始まると、手拍子や振りは多少あるけども
大抵の人は祈るように草野の歌に聞き入ってて
ギターチェンジなどの空きの時間にも「マサムネさ~ん」という声が
控えめにいくつかかかる程度で、静かに息を詰めて曲が始まるのを待つ。

…健気です、皆さん。

じゃあ会場は盛り上がってないのか?と言われたらそうではない。
盛り上がってます、ガチですごい熱気です。
もんぷちの靴下に穴が開く程度にはノリノリでした。
みんな心でキャーキャー言うてます、草野が可愛くて。

ライブ前に、演奏してほしい曲を選んでエントリーするんだけど
私ってば、自分がどの曲をリクエストしたのか全然忘れてるしね。

この会場のリクエスト7位をやります、とか。
1位は当然やるんだけど、51位をやるって言ったときは驚いた。
が、メンバーが今年で51歳になるからというのが理由らしい。

51歳???
目の前にいる草野が?
まさか…こんな細身の繊細ボーイが50歳(現在)だなんて。
妖精かよ、コイツ。

私も年を取るはずよね。

昼間も楽しかったけど、夜ももちろん楽しかった。

私の大好きな、甘いものシリーズも歌ってくれたし。
(「ババロア」とか「ハチミツ」というタイトルの曲)

ただ、帰り道も一人なので、興奮を分け合う人が欲しかったりして。
その点、嵐ライブは毎回ライブ後の飲み会までが遠征だもんな。

いろんな意味で両極端な2組を抱えているなと実感。
どっちも楽しいのでやめられないんだけどな。

2018年夏。
私のしょっぱかったり盛り上がったりした甲子園は幕を閉じた。

相葉会の方は、なんなら
7.15九州セレブ相葉会事変として、私の胸に深く刻み込まれた。
この黒歴史、忘れることなかれ!


あ、本番の相葉くんの甲子園はこれからですなあ。
楽しみ!


スポンサーサイト



コメント

九州セレブ会事変!? ????

戦犯Lです(笑)
遠路はるばる福岡までお越しいただきありがとうございました♡
やーーっともんぷちさんと一緒に嵐の映像観ることが出来て嬉しかったです〜。
存分に相葉愛を語れる時間。めっちゃ楽しかった〜〜。
皆も口々に楽しかった〜〜って言っておりました♡

が、しかし。

まさかもんぷちさんの記憶にこの相葉会が黒歴史として刻まれてしまったなんて!
それはあまりにヒドイ(戦犯が言う?)
いえ、マジで本意ではありませぬ。
言い訳する私に「それ100回聞いた!」と返されたときからヤバイとは思ってたけど。

こちらのブログにお邪魔するようになってから早数年。
(わかってたでしょ?私)
こうなるかもしれないと気づくべきでした。
戦犯でも小悪魔なんてかっこいいものでもなくただただボケが一人いたというだけのことでして。
察することが出来なかった私が迂闊でありました。
きちんとお伝えしておくべきでありました。平にご容赦を〜〜〜。

でもさすがもんぷち様。
記事読んで笑わせていただきました。
これが「お土産」ってことでいいんだってば!

だから懲りずに。また機会があれば参加してくださいませ。
黒歴史塗り替えるから(笑)


>Lさん(仮名)さんへ

もんぷち
お、来ましたね!
さすがです〜。
この記事はLさんのツッコミありきで書いてますから!(笑)

戦犯扱い、申し訳ない(笑笑)
ネタに昇華するための苦肉の策ですから〜、おほほ。

こちらこそとても楽しかったです。
お世話になりました。
皆さまが気を悪くしてなかったらいいのですが…
←多分こちらにはいらしてないでしょうから、よろしくお伝えくださいませ!

あの相葉会が黒歴史…は、さすがに言い過ぎですね。
あえて言うなら、緑歴史でしょうな❗️

またのお誘い、お待ちしております〜。

非公開コメント

トラックバック