櫻葉の春、袴の春

相葉くんのOPトーク、今日も冴えてますなあ(@VS嵐)

センター街 ⇒ 千駄ヶ谷

名作じゃね?

What time is it now? ⇒ ほったいもいじくるな

くらいの名作じゃん。

毎回毎回、ネタかと思うようなエピが満載。
さすがミラクル相葉だわ~、翔さんもウケてるわ~。

元アイドルの新婚さんぶっこみに、他のメンバーが超真顔のときも
空気を読んで必死に能面を作ろうとするけど
どうしても笑いそうになっちゃう口元が可愛いしね!

そんな可愛い人をほっとけないのよね、翔さん。

だからかな?
翔さんは相葉くんをよく見てるなあ。
ええ、ボンバーストライカーの件ですけどもね。

横から見たら浮いてたんですってよ。
見てたのね、相葉くんをね!
そのおかげかしら?
翔さん、スナイパーのようにストライクを連発。

浮いちゃう相葉くんを見てパワーもらっちゃったんだね~。
わかる、わかるわ。


バウンドホッケーでは嵐チームにも新婚さんがいたね?
ニノちゃんと相葉くんのわちゃわちゃ、まるで新婚さんみたいだった。

くるくると楽しげに入れ替わるも良し。
ハズして突っ込まれるも良し。
隣で必死に声援を送るも良し。

どこを切り取っても癒ししかないにのあい金太郎飴。

「相葉くんの特性を生かして…」といつものように
オレの大好きなオレの相葉さんを語るニノちゃんも素敵。
安定感のある相葉語り。
隙あらば相葉くんを語る抜け目のなさ。

そして相葉くんの「全然入らない」からの「なんて日だ」

ギャグへの流れもさることながら、表情が天文学的に可愛い。
実にけしからんキョトン顔である。

思うに相葉雅紀は表情の切り札が多すぎる。

キョトンにビックリに笑顔にキメ顔、伏し目の憂い顔。
気を抜いてる(ってわけでもないけど)意識してないときの端正な横顔。
表情というか、顔全体のつくり、動きからいろんな感情、妄想をかきたてる。

いろんな意味で心を乱される表情をする、とでも言いましょうか。

ドキドキはもちろん、ソワソワワクワクハラハラシミジミ。
キレイすぎて怖くなるときもあれば
可愛すぎて血液が沸騰するときもある。

一言でいうと飽きない。
見ていてこんなに楽しい人、なかなかいない。


新ゲームの性格診断。

これ、全然当たんないな。
私、ニノちゃんと松潤しかわかりませんデシタ。

相葉くんの診断結果に対しては
「そうか?」と感じる反面「なるほど」と思うことあり。

「オレのイメージで書いてないよね?」と軽く抗議したことから
相葉くんはご自身の「パブイメ」というものを理解していらっしゃるようだ。
一般人が受け取っている「天然でちょっとおっちょこちょいな元気な子」みたいな感じね。

それも間違ってるわけではない。
当てはまる部分は大いにある。

問題は「自分への厳しさゼロ」という部分でしょ。

これについては、相葉くん自身が自分のことを
「自分に厳しい」と自覚していないことが大きな原因じゃないかしら。


ストイックに筋トレすること
完璧なパフォーマンスにこだわること
愚痴や不平不満を言わないこと
プラべを必要以上に明かさないこと
自身の努力をひけらかさないこと

意識してるわけじゃなくて当たり前にしていることだから。
当たり前という意識もないくらい、厳しさには鈍感だ。

逆に他人にはどこまでも優しいという特性も加わる。
その際も、優しくしているという自覚は薄い。
当然のこととして日々優しいを振りまいている。
優しさだと意識もせずに。

なんだよ、神かよ?天使かよ?

だから出ないよね、診断結果に。
出るわけないの。
むしろ本能で「自分に厳しい相葉雅紀」を出しちゃダメだって思ってるかも。

それこそが、アイドル相葉雅紀としてのキャラを全うすること

とまあ、相葉くんがそこまで考えてるかどうかはわからないけど
無意識にせよ、世間一般を欺くことには成功してると思う。

すぐそばでずっと見ている嵐メンバーが真実を知っているから。

「自分への厳しさ…については違うんじゃない?」

翔さんがなんでもないことのようにサラッと否定。
嵐くんたちも「そーだね」的な表情で見守ってて
それだけで相葉くんの本質は知ることができるので。

翔さんの否定のテンションも好きだった。
声も荒げず、ごく普通にむしろ笑顔で
『違うと思うなあ~、みんなもわかってると思うけど!』って感じ。

わざわざ大げさに否定しなくても、
そこは皆さん、ご存知ですよね?
この結果は相葉雅紀のちょっとしたサービス精神ですよ?みたいな。

オーバーな否定は肯定を示唆することもあるので
翔さんのさりげない否定には本心がありました。
完全否定!にふさわしい過不足のないスマートな伝え方。
さすがリーダーシップのある方は違う。

そしてそのリーダーシップを可愛い相葉雅紀の為にいかんなく発揮してくれる。
ここがオレのターンだと躍り出る騎士道精神。
櫻葉の春を感じましたな。


当たってるかどうかはともかく、
うっかりミスの多い相葉くんはリーダーに見守ってもらうと良いという結果に
お願いしますモードの相葉くんとお任せくださいのリーダー。

そういえば、あゆはぴメイキングのときにそんなシーンがあったな。
青春ブギのブリッジを松潤にプレゼンするあのとき。

「見守っててね」「OK、そばにいる」というやりとりがあったわ。

全然タイプが違うけど2人とも「天然」という認識があり
2人でいてもなんの圧もない空気のような存在で
主張も少なく流されてるようなのに
スイッチが入ったときとのギャップがすごい。
本番時の強さも定評あり。

なのに2人が揃うと癒しムードしかないから不思議。

もしも今後ユニットがあるなら、この2人のダンスバトルも見てみたいかも。
体格の差やダンスの個性の差が楽しそうだなあとちょっと思ったりした。


性格診断の結果で、その意図とはベクトルの違う
嵐それぞれのリアクションが見れて楽しいVS嵐だった。

相葉くんが相変わらず自分自身に興味ないのもよくわかったし(笑)
どう見えてるとかどう見せたいとかに無頓着なところがいいんだけどね。



それから、今さらだけど先週の「嵐にしやがれ」について。

私はね、袴が好きです。

袴というと正月特番を思い出すけど
卒業シーズンでもあるこの季節、
ゲストとの相性もぴったりの袴姿はタイムリーかも。

羽織袴じゃなくても、剣道部みたいなのでも。
袴にはロマンがあると思うの。
スカートみたいなのにスカートじゃないし
私の大好物のプリーツ的な要素もしっかりあるし
ウエスト部分には古風なリボンも結ばれてるし。

脚が見えないあの丈に妄想力が湧き上がるのが止められない。
めくってみたいという衝動と戦うのもまた楽しい。

お正月以外でも定期的に袴を着せてほしいわ。

一生懸命将棋の駒と格闘する相葉くんが
着物の袖を気にしてまくり上げる無防備さも良いし
思わぬところで二の腕パトロールができて得した気分だし。

調子よくきていた嵐チームの流れを止めちゃうミラクルも素晴らしい。
あのまま突っ走ってたら緩急のないつまらない結果に終わってたぞ。
相葉くんの可愛いミスあってこそのハラハラ感が良かったもんな。

なによりも、真剣なまなざしと二の腕に痺れた。

何度見ても見飽きることのない奇跡のコラボ。
ミスったときの悔しそうな笑顔のトッピングで百点満点でございました。




スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

-
このコメントは管理者の承認待ちです

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
性格判断、私は陣内さんと同じでした。
(暴走機関車云々)
やるたびに違う結果になるようですしそのときの気分もありますかね。

翔さんのさりげない補足、さすがでした。
非公開コメント

トラックバック