セピアなメイキング

金曜日、やっと仕事が一段落しました。

先週のレコメンのこととか、シングルのこととか
あれこれ書きたいなあと思ってるうちに
Mステの前髪爆弾を落とされ、本日のマッスルモンスターときて
触れたいことだらけで混乱してしまうじゃないか。

つーことで、先週のレコメンのことから。

衝撃だったのは、電車の件でしょうか。
実は少しウトウトしてしまってとぎれとぎれなんだけど
要するに電車に乗るときは切符を買ってるってことね?
そしてスマホでピッてやってる人を見て
自分もできるんじゃないかって、トライしてみた?
で、当然できなかった?

えっとですね、結論として。
ニノちゃん相葉くんのことを今後もよろしくお願いいたします。


少し前のエントリで、35歳の男性のなにが「危なくて」
どういう理由で家まで迎えに馳せ参じているんだ?と書いたが
いや、これは間違ってはいない。
相葉雅紀を甘く見てはいけないんだよね(逆の意味で)
この人、思った以上にいろんなことに音痴です(笑)

機械モノが苦手ってことも含め、情報にも疎かったり。
このアナログ加減、さすがは昭和のアイドルだ。

ルックスも立場も身のこなしもなにもかもジャスト平成の
スマート男子でありながら、中身のおっとり感が実に昭和。
現代人が手にしている数々の便利ツールも相葉雅紀の前では無力。

しかし彼には笑顔という武器がある。
ニノちゃんのような人が、相葉雅紀の笑顔と人柄の蜜に引き寄せられ
彼のために尽力する。
翔さんも然り。

相葉くん無限の魅力があれば、モバイルsuicaも電子マネーも必要ない。

自称引きこもりのニノちゃんを動かす力があるんだぞ?
無敵じゃないか?

それにしてもニノちゃんはすごい。
この相葉くんの微笑ましい才能を見抜き、一人での外出を
「危ない」と諌める洞察力が…ってことではないよな。
そのあたりは私たちにも想像はつく。
アプリ系をすいすい使えるようならそれは相葉くんではない。
(ゲーム系は子供時代の経験とニノちゃんの手ほどきでそこそこイケるはず)
『うぇあらぶる?それって新しいグミ?美味しいの?』くらいでないと、相葉くんは。

そこも相葉くんのいいところなんだから。
そしてみんなが「しょーがねえなあ」と言いつつ
嬉しそうに率先して手を貸してやる、というのが美しい嵐の流れ。

その流れは嵐が主流ではあるけども
相葉くんの個人レギュラー番組内にも支流はしっかりとある。
渡部澤部を筆頭に、ハンバーグ師匠や大島さんなど(児嶋だよっ!)
周囲の相葉くんへの構い方は尋常じゃないもんね。

全然強引じゃないのに、いつのまにかペースにハマる。
相葉雅紀の相葉アリ地獄の幸せな犠牲者増産中だな。



久しぶりに発売日に届きました、新曲。

しかしちょうど仕事が忙しくて、なかなかゆっくり聴けず、見れずで。
昨日の夜、やっと見ましたけどね。

これはメイキングというより座談会ですな。
雑誌のインタビューをよりカジュアルにした
コンセプトのない嵐座談会映像版。

なんつーても、ニノちゃん。
撮影用のスマホを渡されて早速相葉くんを「盗撮」

このときに相葉くんから明かされた
「正月にニノミヤくんから何度も何度も電話かかってきて、ご飯しよって」
というエピは、新曲発売の前に既に形を変え、何度も語られてるわけだが
(嵐くんたちによる研磨の嵐モードに入ってるから)
こうやって改めて本人から聞くとそれはそれは不思議な話だ。

仕事でしょっちゅう会ってる人を
「お正月に」「何度も」「何度も」「電話して」誘うわけだよ?
女子じゃないよ?
それぞれが大人の男性の話だよ?

『まーさきくん、あーーそーーぼっ!』
ってお隣のカズナリくんが呼びに来てるようなもんでしょ。
子供の頃のままの関係が、仕事仲間になってもずっと続いてる奇跡。
この奇跡から、ファンは絶対に目が離せない。
私のような腐った女じゃなくても、注目してしまうでしょーよ。

憧れるよ、こんな関係。
信頼と思い出と一生大好きな気持ちと。
ニノちゃんのブレない気持ちを余裕で受け止める相葉くんの大きさも。

出番が来て呼ばれた相葉くんの背中をずっとスマホで追いかけるニノちゃん。
「ふふっ、相葉くん…撮れた」って、すごく嬉しそう。

いっつもそばにいるのにねえ。
カッコいい相葉くんが撮れて嬉しかったのね。

確かに、ロングコートを着て颯爽と歩く相葉くんはカッコいい。
冒頭のインタビューのあとも同じようなアングルがあったけど
後頭部の美しさときたら、匠が磨き上げた水晶のような柔らかな丸み。
黒の集団に囲まれても、顔の小ささとスタイルの良さで圧倒的な存在感。
歌ってる時の斜めの横顔は、下顎骨の下顎角部分がくっきりで
顎と首の落差とか影の色っぽさとか、萌えポイントが多すぎて困る。
ここだけ何度もリピしたので、全然前に進まないわ!

VS嵐といい、この曲の衣装は砂漠色ってことになってんのね。
相葉くんに長めのシャツとコートを着せてくれたから問題はない。
セピアカラーが曲調に合ってるしね。


5人で休憩中(?)に、またまたにのあいのお正月話。
仲がいいので有名なグループ嵐の松潤が思わず
「仲がいいんですよ」とつぶやいちゃうくらいの仲なんだよ、にのあいは。

わかってるし知ってるのに、つい口に出ちゃう「仲良し」というワード。
いや、あなたと相葉くんも双子コーデをする程度には仲がいいよ。
十分親密に思えるけど、更にその上を行くんだね。
そりゃそうだよね。
だって腐った女の妄想すら超えてたからね。
公式が最大手という妄想の中のお約束を
ビジネスの匂いもさせずにここまで忠実に見せてくれるなんて
にのあいの奇跡はどこまで続くんだろうね。

メイキングで引きの映像が出ると毎回思うのが
相葉くんの足はバレリーナのポジションが全部できるなってこと。

♪風のように過ぎ行く季節の中で~ のとこで足をくるりと回して
クロスさせるんだけど、相葉くんの足の位置は5番になってるもんね。
5番って一番キツいポジションのはずなのに
踊る曲のメイキングでクロスの振りがあると
関節も柔らかい相葉くんの足は大抵5番に入ってるんだなあ。

一度どこかでバレエの企画をやってほしいなあ。


今回は私が大好物の(もちろん皆さんもでしょうが)
「間違える相葉雅紀」を見ることができたね、ラッキーだ。

静止ポーズから、ワンテンポ早く動き始めた相葉くん
すぐに気づいて「あっ!」みたいになって、頭を抱えそうになって
でも気を取り直して踊り続けるも、
終わった途端後ろの翔さんから軽いジャブ。

間違えた瞬間から、横目で見てニヤニヤして
突っ込む態勢を作ってた翔さんが、
めっちゃ楽しそうに、ステップを踏むような軽やかさで
相葉くんをド突きに行くっていう、櫻葉天国。

突っ込み方がね、カレカノ直前の2人みたいなのよ。
文化祭の準備中、ふざけてる女子と男子、的な。
うれしいたのしい大好き!が表情に詰まってるんだよ。
アオハルかよ!


小さなパイプ椅子に座って膝を抱える相葉くん。
膝小僧の位置の高さや、コンパクトに折りたたまれた長い脚とか
相変わらの涼しげな体型に一安心。

年男を迎えようとも、薄型男子の名を欲しいままにする相葉くん。
あたたかくなったら、二の腕パトロールも強化致します。


MステとMモンスターの件は後日。
書けたら(笑)


スポンサーサイト

コメント

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
仲がいいって思われることに抵抗を感じていた翔さん。
尖ってますね。
そういうところ、好きなんですよ。
こういうタイプが柔らかく変化することに醍醐味がありますね、萌えの。
非公開コメント

トラックバック