あんたいとる福岡初日・MCなどなど

復活当選という奇跡に恵まれたお友だちに誘っていただき
untitled福岡初日に参戦してきました。
ありがたいことです。

それにしてもヤフオクドームの周辺はいつも寒い!
思えば日本海に面したドームってあるかしら?
玄界灘から吹き上げる冷たい北風に煽られ
毎回「次は帽子をかぶってこよう」と誓うのに
行けることに舞い上がって結局忘れるという…。
ペンライトとかオペラグラスとか持ってくものも多いもんね。

さて、以下は初日のMCをメインにレポしてます。
簡単なメモ書きを文字起こししただけですし
最近ではツイッターでたくさんレポも上がってますが
自分の覚書として書き留めておきます。

MCだけ、のつもりですけど、
気になる演出や萌えた衣装などについてもまあまあ触れます。

絶賛ツアー中なので、ネタバレを嫌う方は見ないでくださいね。
よろしくお願いいたします。









OP曲は予想通り。
これはわりとみなさんも想定していた曲じゃないかと思う。
リード曲ではないけど、OPにふさわしいさわやかな勢いがあって
演出もシンプルだけどとても良かった。

で、そのあとなんだけども
このあと参戦予定のある方は、
ぜひぜひオペラグラスを置いて、肉眼で見て欲しいなあ。
会場がざわめいたもんね~。

今回のアルバムは、嵐の曲だからという贔屓目なしで
楽曲として好みなものが多くて、ライブで聴けるのはとてもありがたかった。

特に「sugar」は痺れた。
私の人生で一番好きな歌…というか
胸に染みる曲はなんですか?と聞かれたら
これまでは「舟歌」(八代亜紀さん)と答えてたんだけど
「sugar」って言いたくなるくらい刺さってる。

「舟歌」の次点は「スピカ」とか「夜を駆ける」とか
SPITZの曲がだらだら続いてたのになあ。
ここで「sugar」ですよ。

もちろん、嵐くんたちの曲は楽しくてノリが良くて大好きだけど
胸の奥の方に刺さって傷跡を残す曲という意味でね。

「sugar」のなにがそんなにいいかと言われたらよくわかんないんだけど
イントロの軽さと歌詞の切なさと、なんと言っても相葉くんのファルセット。
5人の声の重なりも大変美しいと思う。

その「sugar」、衣装もとても良かったのである。
少しずつデザインの違う砂漠の王子様みたいな砂色のジャケットを着た嵐くん。
いや、sugarだけにあれは三温糖色といってもいいかもしれん。
奇しくもインナーとボトムは全員上白糖色であった。
うむ、間違いなくsugarだ。
相葉くんは丈が長めでナポレオンジャケット風。
その下に膝まである長くて透けるブラウス(あえてのブラウス)
後ろ下がりの柔らかい素材の白いブラウスは
重厚感のあるジャケットの下で大変いい仕事をした。

後半戦の赤ジャケットも良かったわ!
赤といってもそれぞれテイストが違ってて
リーダーは朱赤っぽくて松潤はボルドーで。
相葉くんはキラキラの赤に薔薇の赤。
そしてここで私は叫んだのです。
意外に思われるかもしれないけど
私はライブ中にあまり叫んだり歌ったりしないのだ。
嵐くんの声がしっかり聞きたいから自分は口を閉ざしてるのだ。
(近くに来たらそれなりのアピールはします)
その私が思わず叫んだその理由、それは…。

ファーーーーーーーーーーーーーーーー!

そうです!
襟にファーーーーーーー!が!
ファーがあしらってあったのです!

隣にいたお友だちが「もんぷちさんの好きなファー!」と
即座に反応してくださいました、ありがとう。
その通りです。

フリル、プリーツ、レース、リボン、そしてファー。

相葉雅紀に似合う五大素材をこよなく愛する女、もんぷち。
ファーをつけてくれた衣装さん、本当にありがとう!
もんぷち、「ファーーーー!イエス!」とガッツポーズしました。


で、MCですけども(ネタバレ前置きが長いわ)

いつものご挨拶「ボクたちが嵐でーーーす!」から始まり
「どうですか、松本くん」と珍しく松潤に話を振る翔さん。

「いやー、どこに行っても寒いね!」

ツアーであちこち行くけど、どこも寒いという松潤。
そらそうでしょ、冬だよ。
しかもここって日本海沿いだよ?

「今日、寒かったでしょ」と会場に聞いた風だったけど
反応が薄くて「お客さんの番だよーーー?」
リアクションを催促するキングMJ。

開き直って「今日天気良かった人ーーー?
雨が降った人ーーーー?グッズとか大変だった人ーーー?」

と、質問が雑になっていく途中で、
「(グッズ買うの)大変だったよね、みんなありがとね」とお礼を言う相葉くんが可愛い。

「でもさ、寒かったけどさ、ちょっとあったまってきたんじゃない?」

ライブで踊る嵐くんたちはすっかりカラダが温まってるようで
お客さんたちもそうなんじゃないかと、客席の反応を見る。
実際多少は温まってる。

「ノってきて(嵐も客席も)熱くなってるよ。
じゃあ皆さん(お話するので)お座りください」
と促しておいて
「寒くならないうちにトーク終わったほうがよくない?」と鬼発言。

いやいや、やめて!
あなたたちのトークも立派なライブの楽しみよ。

「そこはオレたちのトークでお客さんを熱くしよう」
前向きな発言をしたのは翔さんだったかニノちゃんだったか。

「今日はUBはどうだったの?」

翔さんが、にのあいユニットの出来を尋ねる。
確かに毎回確認をしたくなる振付である。
今回は私にしては珍しくネタバレを避けていたので、
なんとなくにのあいすごいとかやっぱりにのあいと、
世間がざわついていることだけ把握していたが
予想以上にすごかった、ワタクシ最初ちょっと笑ってしまいました。
曲を聴いたときも思ったけど
大真面目に大ふざけしてやがるよ、あの2人は。
しかもやってることは本格的、
真剣にやらないと絶対に出来ないことと
緩い歌詞を融合させた、タチの悪い大人の悪ふざけ。
面白い!もっとやれ。

また話が飛んだわ。

「なんかさ、前と後ろで位置がずれてるんだけど
前から見るとちゅーしてるのかな?ってなってるんだよね」


言いたいことはわかる。
そして悔しがってることもわかる。
でも実際してないんだから、と嫉妬心を抑えているのもわかるよ、翔さん。
みなまで言うな。

「そう見えてるの?」と一笑に付す、余裕のニノちゃん。

そこへ相葉くんが「でもさ、照明が違ってない?」と。
札幌東京ときて、福岡で照明が変わってると主張して
「松本さん?」と演出担当様にお伺いを立てるが
「変わってません!」とテキトーに流され、会場は大爆笑。

「会場が変わると、位置とか微妙に違ってくるもんね」
翔さんがフォロー。

相葉くんが言うには「照明が目に入って、どこが前か分かんなくなって…」
くるりと回転してその様子を再現。
「ニノが前にいなかったらどうしよう?」って焦ったそうだ。
「目潰しくらっちゃって」ですって。
ニノちゃん、めっちゃ笑ってました。

UBの出来については「順調」と大きく頷くニノちゃん。
「ゾーンに入ってきた」とも。
つまり、良い出来だったということですね。

「オレは『つなぐ』のときに鼻水垂れてきて…」

「寒かったからね!」と今度は相葉くんがフォロー。

テレビで披露するときは、サビの部分は自分のパートじゃないから
カメラで抜かれることがなく油断してて
鼻水をなんとかごまかそうとして結果的に変顔になってるところが
モニターにバッチリ映っててめっちゃ焦った、そうです。

ここ最近の話題としては「FNSかな?」

「ミニオンとのコラボ、どうでした?」
「すごく良かった!
みんな(ミニオンから)グッズもらったでしょ?」

「クリスマスプレゼントです、って貼り紙してあったもんね」

楽屋なのかな?
ミニオンから嵐くんたちにプレゼントがあったそうで。

「黄色のパーカー、着てる?
あれ、めっちゃ気持ちいいよ!」


プレゼントの中の黄色いパーカーがとてもお気に召した様子のリーダー。

「オレとリーダー、楽屋が一緒だったのよ。
あ、相葉くんもあとから来たけど」


FNSは長いので、出番まではそれぞれ仕事をこなしてきたらしい。
先に楽屋に入ってたのがニノちゃんとリーダーだったようだ。

「この人、ずっと寝てて寝たままお弁当食べて
入院してる人みたいなんですよ(笑)
マネージャーがミニオンからのプレゼントです、って渡したら
(パーカーを)握り締めて『気持ちいい~』って、もう病院なんですよ!」

「オレ、そのあと暇過ぎてもう1個弁当食べたからな」
「どんだけ食うのよ」
「すごい食欲だね~」(←言い方のソフトさ!)

可愛いアラサーさんたちだな~。

ここでお着替えグーパー。
グーパーで着替えとトークのチーム分け。

ハイ来た!
相葉くんが一人でお残り決定です。

「あああ~」と崩れ落ちる相葉くん。
7回目のグーパーで、2回一人MCになってるんだって。
「すごい確率だな」とリーダーが感心していた。

「改めまして相葉雅紀です、よろしくお願いします」

腹を決めておしゃべりする相葉くん。

「4万人の皆さんの前で、ねえ。
あ、UBのことを話そうか?!」


会場の反応が薄かったのか「返事して~」とラブリーな懇願。
可愛い、果てしなく小悪魔。

「UBのとき、向こうからボクが歩いてきてニノがこっちから…
真ん中で一緒になって今度はボクがこっち側に…」

と、身振り手振りで一生懸命説明。

「最後に向かい合って手を振るんだけど…
みんなスタンド・バイ・ミーって知ってます?」


会場拍手。

「じゃあ行ったことあるって人~」

これはほとんど反応なし。

「そりゃそうか。
ボクが14歳のときですよ、
松潤とニノと生田斗真と4人でやったの」


最後に向かい合って手を振るのは、
そのスタンド・バイ・ミーのオマージュなんだって。
舞台でそういうシーンがあったんでしょう。

ほお、そうなのね~。

「あ、今日の朝、いいことがあったの!
朝起きて、5時くらいかな、目が覚めちゃったの。
そしたら、あ、喉が痛ぇーって。
ときどきない?冬の朝、朝起きたら喉が痛いの!
(会場から「あるある」の反応)
ヤバイ、今日福岡でライブなのに!って思ってダウン着てもう1回寝たの。
そしたら治ってた!」


着替えの終わった翔さんが合流。

「ダウンを着て寝るって、よくその選択をしたね」

「キツめのダウン、いいよ。
(喉が治って)嬉しかったなあ~」


UBの最後がスタンド・バイ・ミーのオマージュという話に戻って
「(会場に)聞いてみたけど、来たって人は一人もいなかった!」
「オレも好きだよ(スタンド・バイ・ミー)、青春だよな!」

ここでニノちゃんもステージに戻る。

「あんなこと言ってますけどね」
ニノちゃんが相葉くんに物申すいつもの時間だ。
「(UBの最後、オレは)電気が消えても手を振ってるのよ。
でもこの人は…」

ここでニノちゃん得意の相葉くんのものまね入ります。
手を振ったあと、さっさと振り返ってハケる相葉くんを再現。

「言うな言うな!」
「しかも、あれ、電気消えてないですからね!」
「え?」(←困った笑顔)
「気づいてる人いると思うよ。
(客席に向かって、相葉くんのハケ方が早いのを)気づいてる人~?」


パラパラの拍手。

「ほらあ!」(←超得意気、ドヤぁ)
「えー?!」(←めっちゃ嬉しそう)

いいにのあい。
理想のにのあいの世界。

しかし、照明が落ちる前にハケてると暴露するなんて。
ニノちゃんの「せっかち相葉」布教活動は続くわねえ。

着替え組が戻ってきたので、相葉くんが裏へ。
カゴみたいなのを抱えて退場。

「買い物行ってくるね」とサザエさんのように去っていきました。

各種お知らせも終わり、ニノちゃんの紅白司会の話題へ。

「相葉さんからなんかアドバイスないの?」
「別にないけど…お願いがある。
勝ってほしい!
優勝旗持てなかったから」


物言いたげに頷き合う嵐くんたち。
去年の結果には納得できてないのね、

「リーダー、オレの真後ろにいてめっちゃ近かった!」

優勝旗を奪うつもりだった去年のリーダーの話ね。

「オレ、ここにいたからね」
とう言って、相葉くんの後ろに立って見せるリーダー。
「勝つと思ってたからね」
多分、日本全国民がそう思ってたよ。

そして、今年も優勝旗を狙ってるというリーダー。
ぜひ優勝して5人で持って欲しいもんですな。


という感じでした!
あちこち細かい間違いもあるかと思いますが
メモから、印象を含め書きおこしたのでご容赦くださいませ。


スポンサーサイト



コメント

No title

みぃ
私も福岡初日行ってきました。

私も衣装見て、ファーだ~~~♪って思った一人です。
人一倍暑がりの相葉ちゃんなのにどうしてだかファーが似合っちゃうんですよね。
でも、仕方ないですね「それが相葉雅紀~~~(byニノ)」なんですから。

UB中は、もっとくっつけ!もっとくっつけ!と邪念いっぱいに眺めていました。

今回も良きにのあい♡

やっぱりライブって最高ですね。

>みぃさんへ

もんぷち
そうでしたか!
やはりファーーーーーーー!ですよね。

UBはとても面白かったです。
真剣なのに笑っちゃうっていうね。
相葉くんはやはり天使でしたね。

>拍手コメントのふくさんへ

もんぷち
とてもスムーズに進行してましたよ!
安心感のあるMCでした、素晴らしい。

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
周囲がなにもない更地になってるので
トイレ問題とか北風問題とか山積みです。
来年にはなんかできるとか?いう噂ですけど。
非公開コメント

トラックバック