UB・Sugar・BET

フラゲ日から遅れること2日。
やっと通常盤が届いた。

UBるUBればUBるとき(ゆびるゆびればゆびるとき)

一番に「UB」を聴いてしまった根性無しをお許し下さい。
しょうがないじゃん、焦らされてるんだから。

そして昇天。
にのあい此処に極まれり。

2人の関係を、さも腐れ縁のように茶化し
オタク族の得意とする擬人化妄想の歌詞に乗せ
シュールな内容とは裏腹なしっとり感で歌い上げる。

こんなに真面目にふざけた楽曲があっただろうか。

…いや、相葉くんのソロに限ってはまあまああるかもな。
あの場合はカッコつけてふざけてるとも言えるが。


アルバム全般で言うと、今のところ刺さり具合がすごいのか「Sugar」だな。
冒頭の相葉くんの声、サクリとハートに刺さりませんか?

まだ聴きこんでるとは言えないけども
ファーストインプレションで言わせてもらうと
今回のアルバム、いい意味でジャニーズらしさが抜けてるなと思った。

あと、歌割りに個性が出てきたな、とも。
以前から嵐の歌割りはよく練られてるなと感じていたけど
思えば前回リーダーがプロデュースした「Miles Away」で
私が思う嵐のハーモニーの完成形が掴めたような気がした。

すなわち、相葉雅紀のファルセットは無双である、と。

30代半ばの歌い手としてやりたいことをぶっこんで
アイドルらしさよりカッコよさを多めにブレンドして
普段の好青年キャラを軽く蹴っ飛ばして5人で楽しむ。

いやいや、かなーりクールですよ、攻めてますよ。
今までのアルバムにない飄々とした気合を感じたりして。

で、「Sugar」ですけど。
♫ひぃえいえ~、っつってますよね。
ハスキー路線の甘さ盛り盛り。
ここからしばらく進めない、という相葉ハスキートラップに引っかかる。
なんという甘やかな地団駄。

この手のトラップがあちこちに仕込まれているのが
今回のアルバムである、ああ怖い。

女の子の台詞を歌う相葉くんなんて
相葉廃人が夢にまで見たシチュエーション。
ここからまた進めない、ある意味ピンクの沼にハマり込む。
多分、嵐くんたちの思うツボなんじゃないかと思う。

踊らされるのも振り回されるのも
相手が嵐くんなら、相葉くんならこんなに楽しいことはない。

そういう甘酸っぱい苦しさを存分に味わえる。
こんなに幸せなことがありましょーか。

もっとしっかり聴き込んで
もっと嵐くんたちの思うツボにハマりたい所存である。


お久しぶりの「BET de 嵐」
5人でガチンコ対決なんて、ヲタの夢じゃないか。

初っ端は紙飛行機対決。
紙飛行機を飛ばす前からもう可愛いのが相葉くん。
飛行機のポーズで、制作会場へご入場。
「元気担当だからね!」という誇らしげな葉担トップの一声。
飛行機が折れない松潤を含め、本番前にもう楽しい。

始まってみると、嵐くんたち全員力みすぎだよね。
放るときにもっと力を抜いてそっと空に放てばいいと思うけども
2秒で落ちちゃうポンコツさが全員可愛かったので結果オーライ。

実際、対決の結果なんて毎回どうでもいいもんな。
その中でどれだけの萌えが見つけられるのか、
そこが肝要なわけだから、廃人にとっては。

そういう意味では、次のカードゲームは見応えがあった。
なによりもニノコガネの健気さが胸に迫る。

どうしてもMASAKIドリームを達成したい。
なにがあってもMASAKIカードは手放さない。
ニノコガネから青い炎ならぬ黄色い炎が燃え上がり
2色が重なり緑のMASAKIドリームを引き寄せる。

たかがゲーム、されどMASAKIドリーム。

ニノコガネの辞書には手抜きという文字はない。
相葉雅紀に対する執念は、ゲームだからという理由では消すことはできないのだ。

手の中のグリーンカードを満足げに見せびらかすニノコガネ。
その後、ドリームのコイン?が取れなかったのは
MASAKIドリームを狙う方に気持ちが行ってたからでしょうな。
しょうがないよ、ニノちゃん。
頭ではゲームの趣旨も理解してるのに
どうしてもMASAKIを追いかけてしまうのがニノワンコの性。

見ている方は相当楽しかったよ。


スピード文字入力対決が格段に弱い相葉雅紀、神だな。

ミスだらけだし遅いのに、むしろ褒めたい気分だ。
こういうことが苦手な相葉雅紀がさらに愛しいじゃないの。

予想通りの素晴らしい誤字脱字っぷりだけども
本人はいたって真面目、必死なところがもう可愛い。

以前にも書いたことがあるけど、
相葉くんは勝負事に関しては負けず嫌いだから
本人はいつでも一生懸命なのよ。

このあとの距離感対決でもそのスタンスは変わらなくて、
スタート前に口にしていた通り、
松潤にプレッシャーを与えるためにギリギリに挑んで
成功する気満々だったと思う。
「いいとこ全然見せてない」から今度こそ頑張る、結果を出す、と
気合は十分だったはずで、勝負に挑んだわけだよ。

なのに、実にシュールにクリームに収納されていった彼。

出てきたときには、天使に仕上がってました。
両肩から羽が生えてたもんね。
あれって相葉雅紀エィンジェル製造機だったのねえ。
翔さんが言うとおり、相葉くん専用だったわけ。

番組的にはオイシイ展開なのに、
本人だけは真剣に悔しがってて、
こういうところが芸人さんとの違いかも。

付け加えるなら、
指でカウントしてる相葉くんに速攻で気がついてジェスチャーで指摘し、
相葉くんがクリームに突っ込んだあとはその場に倒れこむという
一連のリアクションで相葉雅紀のチャレンジを盛り上げた
ブレないニノちゃんに相葉担特別賞を贈呈。


勝負とは関係ないけど、つなぎを着た相葉くん
最高にカッチョいいね!
つなぎって、ブルーとかグリーンの寒色系は
いかにも作業員っぽくて危険な衣装だと思うけど
ビックリするくらい難なく着こなしてる。

一番スタイリッシュなのは雅紀.comだけど
こういう普通っぽくてもイケるのか、と感心至極。

いろいろ楽しめた。
永遠にリピできる神回だったと断言して吐き出し終了。


スポンサーサイト



コメント

>拍手コメントのふくさんへ

もんぷち
ファルセット、磨きがかかってきましたよね!
完全に任されてます。
ありがたい!

実際に歌ってるところが見てみたいですよね。

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
いいとこ見せてないってその場では言ってても
すぐに忘れちゃいそうですね、相葉くんは。

引きずらない感じが好きです。
非公開コメント

トラックバック