嵐に質問、いい質問。

改編期にあっても鉄板の「相葉マナブ」の存在感はとてもありがたい。

毎度毎度可愛くて、実はやれば出来る子の相葉くんが見れるし
ボヤッキーとトンズラー的立ち位置の2人との息もぴったり。
(ってことは、相葉くんはセクシードロンジョ様なのかしら?)

このブログで相葉マナブがあまり記事にならないのは
面白くないからではない、もちろん。
番組的にはすごく好きだし、毎回家族で楽しみに見てるし。
ただ単に記事にするほどの萌えがないだけなんだよね。

やはりメンバーとの絡みがあるとないとじゃ大違いなのよ、私の場合。

相葉雅紀個人を愛でるのもライフワークでありますが
なにより、メンバーとの愛のあるいちゃこらがないと
ブログ魂(なんじゃそれ)に火がつかないのですよ。

「グッと!スポーツ」にもメンバーは出てないけど
あの空間にはアスリートとの体型比較とか、
別角度からの萌えがあって、今までにない感覚で見られるので嬉しい。

芸能人の皆さんと並んでいても、相葉くんのスタイルは抜きん出ているんだけど
アスリートの皆さんの、戦う肉体と比べたときの華奢さが好きなのさ。

とにかくワタシはスレンダー命なので、
私の思う、理想的な肉体を持つ相葉雅紀を楽しめるのがいい。

そして、アスリートの皆さんを前にしたときの
好奇心に満ち満ちたキラキラの黒目も可愛い。
わからないことを質問する、という素直なスタンスは
視聴者の代表という感じで、肩に力が入らずに見ていられるし
ゲストの方もみなさんとてもリラックスしていて楽しそう。
いつもと違った一面をマスターである相葉くんが引き出しているんだな~と感じる。

あと、肝心なのは「マスターも体験」のコーナーね。
案外できちゃう、実にスマート。
笑顔の下に隠された身体能力の高さを
一般人にお披露目するがいい!ってな勢い。
でも出来なきゃ出来ないで、それはそれでオイシイ。
要するにこのコーナーに関しては、全方位正解。


でもまあ、一番萌えるのは5人が揃った番組だよね。
ネタが多いという意味で。

その嵐冠番組が開店休業状態のここ最近。
関東では楽しげな番組で5人が盛り上がったそうじゃないの。

「PON!」でしたっけ?
ええ、もんぷち地方ではもちろん見ることはできませんけどね
SNSで詳しくレポしてくださってる方がいらして
なんとなく様子は理解することができた。

で、萌えるよね、当然。

『嵐のメンバーに生まれ変わるなら、誰?』

さすが、アナウンサー界のジャニヲタ青木。
いい質問ぶっ込んでくるじゃん。

この手の質問は、これまでも腐るほどされてきてるはずだけど
シチュエーションによって毎回答えが違うからね。
その場その場の感性で、ある意味適当に答えてるからね、嵐くん。
それがそのときのブームだったり旬だったり。
そういう今の嵐くんを知るにちょうどいいクエスチョンですよ!

そして、松潤になりたい人が、ニノとリーダーと相葉くん。
リーダーになりたいのが松潤。
そして翔さんは相葉くん。

このたった3行にドラマが詰まってるわね。
特に3行目。

まずは松潤になりたい3人。
これはね、理由は大体予想できるしちょっとふざけてるでしょ?
「カッコいい生活してそう」とかそういうことだもんね。
お遊びだからこそ、興味本位で言うてみる、みたいな軽さ。

たまにはシャレオツなシティライフを過ごすのも悪くないかもね。
ずっとは嫌だけどね、ってね。

そしてここで相葉くんの痛烈な一言。

「しょーちゃん以外なら誰でも良かった!」

ほほう。
「誰でも良かった」というくらいこの質問に対して熱がないのに
翔さんだけはイヤ!という意志だけは固いのね。

理由は「スケジュールが分刻み、秒刻みだから」
「疲れないかって逆に心配しちゃう」そうで。

この言い方が優しい。
『絶対嫌だ、疲れそうだし!』などとは絶対に言わない。
嫌だと言いつつ、ちゃんと心配しちゃってる。

これには拒絶された翔さんも思わずデレっとしちゃうよね。
「オレも最近疲れてる」って言うてしまうよね。
『相葉くんがこのオレを…心配してくれてるの?』って
舞い上がっちゃうよね。

「しょーちゃんだけはイヤだ」のあとの「心配になっちゃう」

一旦落としておいて上げるというテクニック。
コイツ、マジで小悪魔…いや悪魔だな。
♫忠実すぎて待ちぼうけ、というあの歌詞は
この男には全く当てはまらない。

一見忠実、実は奔放。

やはり相葉くんは体質だけじゃなくて中身も猫だと思う。

だいたいね、男を落とすのがうまいのは猫キャラですからね。
女性は忠実でまっすぐ一途な犬のような男性が好き。
男性は気まぐれで掴みどころがなくしなやかな猫のような女性が好き。
ってことで相葉くんは猫です、猫。

そんな可愛い相葉くんに翔さんがデレデレしないわけはない。
普通にしてても目尻が下がりまくってるのに
心配なんてされちゃったら、胸筋がぶっ飛ぶくらいときめくであろう。

なのになぜかいつも一方通行。
この日も翔さんは相葉くんに憧れ、相葉雅紀になりたいと願うのに
当の本人からは「しょーちゃんはイヤだ~」と言われてしまう。

以前歌番組でも似たようなことがあった。
彼氏するなら誰?という定番の質問だったのかしら?
相葉くんは松潤を選んだんだっけ?そのときも。
そして一番イヤなのは翔さんだった。
でも翔さんは相葉くんを選ぶ気満々だったので
告白する前に振られちゃうという悲しい結末に…。

そのことを忘れてるのか、毎回毎回同じようなミステイクを犯すショウサクライ。

彼は本当にインテリなのだろうか…。
相葉雅紀を前にするとただのデレ男になってしまうのか。


この話とは関係ないけど、相葉くんが「しょーちゃん」と呼び続けることに
ワタクシが異様に萌えるということをここに記しておく、今さらだけど。

週末に「志村どうぶつ園」のゲストに櫻井翔さんがいらしていた。

公的な場なので(一応どこでも公的ですけども)
翔さんのことを「櫻井くん」と呼んでいた相葉くんだが
途中、気が緩んだのか「しょーちゃん」に切り替わった瞬間があって
思わず巻き戻しをしてもう一度見直すよね。

相葉くんの「しょーちゃん」にはいろんなものが詰まってるもんね。

2人の歴史(決して最初から甘い関係だったわけではない)
一つ違いという関係性(相葉くんは年上に甘える傾向にあり)
「ちゃん」付けすることの重要性(「くん」より距離の近さを感じる)


30代も半ばを過ぎた男性が、仲間のことを「ちゃん」付けで呼ぶことって多くはない。
苗字じゃなくて名前の方ならなおさら。
でも違和感が無いもんね、相葉くんの「ちゃん」呼びが。
あの子のあのキャラだからね、可愛いんだよね。

相葉くんがものすごく翔さんのことを大好きで頼りきって
「しょーちゃん!」って呼ぶから、翔さんもその信頼に応えるんだよね。
なんとも言えない幸せそうな笑顔で。

しかもひらがなだし。
「しょーちゃん」って。

なのに番組中、「櫻井キャスター」って呼ばれたもんだから
思わず笑っちゃったんだよね。

普段と違うし、言い方も可愛いし照れちゃうし
デレっとなって笑っちゃうのはしょうがないと思うわよ。
だけど相葉くんは真剣なの、受け止めてね!


「PON!」の話の戻るけど(昨日のお題を思い出したので)
昨日の質問は『ライブ中によく目が合うのは誰?』ですってね。

青木、GJ!

これはもうね、しょうがない。
そもそも相葉くんはライブ中はファン一筋だ。
メンバーと目が合うわけがない。
(もちろん他のメンバーも全力でしょうが、
なにしろ相葉くんは一度にいろんなことが出来ないタイプだから)

松潤が「ニノは俯瞰で見てるから」って言うたそうだけど
演出的なことに気を配ってるのが松潤で
進行も気にしつつ、なのが翔さんで
全体を見て動いてるのがニノだとしたら
相葉くんは、本能で相葉雅紀フリー演技に臨んでるんじゃないかしら。

だとしたらメンバーとはあまり目が合わないよね。
だから、相葉くんの答えは
「目が合うというより監視されてる気がする」という意味で
松潤ってことになっちゃうんだな。

それってさ、松潤のアツい視線を感じてるのかしらねえ…。
あのうっすい肌の下の血管が、松潤の目力で焦がされてるのかしら?

…あ、また泣き虫のエロいエピを妄想してしもうたわ。

頑張れ、ニノ。
キミの視線には熱が足りないのかもしれんぞ。
きっと常に相葉くんのことを見守ってるんだろうけど
もう少し温度を上げてみればいいと思うよ。
きっと気づくよ、目が合うよ!

『ニノが睨んでる?…なんだろ?』ってことにならないことを祈る!


スポンサーサイト



コメント

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
こっちで放送がないのが残念ですねえ、PON!

志村どうぶつ園は微笑ましかったです。
非公開コメント

トラックバック