真っ暗(いろいろ)

ここのところ、調子が悪い。

先週のVS嵐、相葉くんの可愛いクレーンネタがあり
それをマネするニノコガネといういつもの流れがあり
これはいいにのあいだということで
夜中にリピをしながら、ニノちゃんの本心ブログでも書くか、と
意気込んでいたのに。

その可愛い相葉くんをうっかり削除してしまい、
ショックのあまりフテ寝をしてしまって
そのままお盆休みに乗じてブログもお休みしちゃうという体たらく。

今週こそは!と楽しみに待ってた木曜日なのに
どうやら夜中の運動会(子猫×2)でレコーダーのコンセントが抜かれたらしく
(子猫のブームがテレビ裏の攻防なのだ)
録画すら出来ていなかったという悲劇。

一瞬、目の前が真っ暗になりましたからね。
「やばい、落ちる」って思ったからね、マジで。
だって…暗闇の相葉くん…。
あれを書かなくてなにを書くんだよ、あたしゃ。

もう、ブログやめたるわ!
と、リモコンを床に叩きつけたとかつけなかったとか(どっちやねん)

そんなお盆休みだったけども(どんなんやねん!)
暑さに弱い私は、ほとんど家にいました。
洗濯したり(シーツやカーテン)、重曹でお掃除したり(シンクや換気扇)
息子とレンタルした映画を見たり。

「シンゴジラ」は怪獣映画ではありませんでした。
「後妻業の女」は痛快でした。
「キャロル」はちょっと重めです。
「脳内ポイズンベリー」は神木くんが神でした。
「悪人」は岡田将生くんが一番悪かったです。

自分で所有してる「羊たちの沈黙」も見ました。
何回見るんや!でも何度見ても面白んだよ。

って、やさぐれててもしょうがないので
残ってる「嵐にしやがれ」をネタにしてみるか。

前半戦(対ヒロミ氏)に萌えはほとんどなかった。
いや、マジで。
しやがれに萌えがあるかどうかって言われると
確率はVS嵐に比べるとかなり低い。

その代わり、当たったときはものすごい威力だ。
お正月SPのエンラ?とか、先週のクロスフィットとか。
相葉チアーズもたいへんよろしかった。

ワタクシの言う「萌え」というのは、
通常ほぼほぼメンバーとの絡みで生まれることが多い。

もしくはゲストさん(素敵な男性、ダンディなおじさま等々)と
相葉くんの邂逅的な、ファーストインプレッションを感じる瞬間とかさ。

そういうの、ゾクゾクしませんか?

鉄板はやっぱりメンバーだけどね。
VS嵐でもしやがれでも、相葉くんの隣は松潤ってことが多くて
その松潤が相葉くんに無意識に(もしかして装って?)寄りかかったりすると
萌えのボルテージは一気に駆け上がる、上昇気流に乗りまくる。

しやがれで着席してるときは特にそういう瞬間が多くて
お互い見つめ合ったら距離が近すぎたり、なーんて。
思い出しただけで胸が熱くなるわねえ、泣き虫さんは。

あ、そういえば。
泣き虫といえば、新しいシャンプーのCMだな。

ワイドショーの2人、ものすごいことになっていた。
なんなの?あの距離感。

目が合ったときの2人の表情の変化もいい。
ちょっと驚いて、すぐに弾けて。
松潤の、心からの笑顔が眩しいねえ!

気を許してるというだけじゃなくて
大好きで一緒にいて落ち着く相手に対する本物の笑顔。

リラックスしてるんだよねえ、完全に。
きっと、夜のお仲間にはあんな子供みたいな笑い方しないんじゃないかなあ。

もちろん相葉くんはいつもの自然体。
メイキングの映像はどれもこれも可愛いやらカッコいいやら。
いや、可愛いんだな、どっちかというと。

だって松潤が一緒なんだもん。
松潤といると、相葉くんは愛らしい。
カッコいいを松潤に任せることが出来るから
すこーし気を抜いて、やわらかさを前面に出す。
意識しなくてもいつでもソフトなんだけど
空気だけじゃなくて、いろいろと柔らかい。
きっと肉質もしっとりしてるに違いないよ(という妄想)

そんな泣き虫さんもいいんだけど
VS嵐も中盤になると、なぜか相葉くんの隣はいつも翔さんだ。

スペシャルなゲームとか、ボンバーなボウリングとか
並びがなぜか、MCの翔さん、そして相葉くん。
まるで、メインMCのとなりで華を添える美人アシスタントのようだわ。

そういうときは翔さんのデレデレアマアマが面白いんだ。
リアクションの度に相葉くんの肩に触れたり
なにかっつーとスキンシップをカマしてくる。

そこに入ってくるのがニノコガネだね。

あああ…
今日の暗闇ゲームのことを思い出すとワクワクするね。
録画できてないから、完全脳内再生だけどね。

まずは、暗闇で動揺してるのか、無駄に色っぽい仕草の相葉くん、ね。
見えないことを確認するかのように、何度も目の前に手のひらをもっていってたよね。

普通に怖がってても妙に色っぽい。
そして怯えると無性に可愛い。
いじめたくなる、構いたくなる。

それをそのままやっちゃうのがニノちゃんね。

「相葉さん、連れて行ってあげるよ」

ゲームオーバーとなり、暗視ゴーグルをつけたニノちゃんが
ひとり残された相葉くんを外に連れ出すという。

2人が手をつないだ瞬間、観客席から一斉に歓声が上がった。
もちろんお茶の間も同様だ。
私は「コヤツ、やりおったな!ふおっふぉっふぉっ!」と
まるでにのあい界のフィクサーのような太い笑い声を上げた。
(家族と見ていたので、エア笑いですけど)

これぞにのあい、まさににのあい。
手を引くと見せかけて、イタズラを仕掛けるところまで超にのあい。

あああ…あのにのあいをリピできないなんて…
こんな夜に、にのあい見れないなんて!
こんな夜に、リピートできないなんて~!
なんて、思わずRCサクセスっちゃうわけですよ。

しかし暗闇でなお美しい相葉くんの横顔と
微笑ましいニノちゃんの忠犬っぷりは脳内に焼き付いている。

これをエネルギーに明日も頑張れる。


…あ、しやがれのことを書くんだったわ!
すっかり話が逸れてしまった。

後半の土屋嬢とのダンスはとても良かった。

パリピダンスの相葉くんのステップの軽いこと。
次の動きまで計算されたようなつま先の角度とか
リズムの取り方とか、足さばきもカッコいいし
脚を上げたときの角度が素晴らしく高くて気持ちいい。
そして足だけのダンス、と言いつつ、ちゃんと上半身もサマになっている。

マネキンヘッドダンスでは、スタンバイしてるときが一番ステキ。
女性に服を着せる、というシチュエーションを
あんなにさりげなくスマートにできるもんだろうか?
それこそがモテ男の奥義ってもんじゃないだろうか。

そしてマネキンをつけたことでトップスが上に上がって
腰から下が丸見えなんだけど、まー脚が長い!
そして細い!
デニムの中身がスカスカだよ。

顔が見えなかったら、背の高い女性並みの華奢さだよ。
(顔が見えても男装の麗人チックだけど)
こんなに薄い34歳、見たことないよ。

女の子とのツーショットでも圧がないって素晴らしいね。


…VS嵐を録り逃したショックから、文章がいつも以上にバラついてるな。
もう寝ます。
暗闇にのあいの夢を見ます。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>かずっっちびさんへ

もんぷち
そのOP、しっかり見れてないんですよ~。
ちょうどおばあちゃんに話しかけられちゃって(同居の悲哀)

でも救済していただけることになりました!
お気遣い、ありがとうございます。

もう一度あのにのあいを見て、萌え転がりたいです(笑)

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
ありがとうございます、なんとかなりました。

ヒロミ氏、最近は包み隠さなくなってますね。
遠慮もない。
少し距離を置いて欲しいかも、ですな。
非公開コメント

トラックバック