美しい人。

毎年恒例の地獄の決算期がやってきた。

相葉くんのドラマって4月始まりが多くて
すなわち決算と重なるってことで、追っかけるのもままならない。
なにかの陰謀かと思ってしまうわ、マジで。

それでもですね、今回のドラマが見事にヲタ心を射抜く素晴らしさで
お仕事の疲れも、貴族様が癒してくださるのでとても嬉しい。

2話に引き続き、3話も怒りの御前様がそれはそれは美しいわね。

相葉くんは笑顔の可愛い爽やか男子
御前様は眼光鋭い非情貴族

ひと睨みで強面刑事を黙らせ服従させる静の気迫。
庶民派を演じることが多い相葉くんにこんな一面が…
と言っても、実はそんなに意外でもないよね。

相葉くんって、ジェントルマンであったかいけど
表情の豊かさとは裏腹なドライなとこがあるような気がするもんね。
冷たいとか薄情ってことじゃなくて、常にニュートラルっつーか。

普段はあまり感じさせないその一面をオープンにしてるだけだもんね。
地金のクールさの上にお茶目でキュートな相葉雅紀の魅力を散りばめて
品の良さと佇まいの美しさを武器に女性を口説き毒を吐く
現代の貴族様が誕生したのでしょうなあ。
キャスティングの妙ってヤツですよね、素晴らしい。

女性を口説くシーンでも、いやらしさってものがない。
口説いてるようで本気には思えない色のなさ。

こういうところは実際の相葉くんの清涼感がいい味を出しているのかもしれぬ。

迫力のある怒りの演技とのバランスがいいですな。
メリハリっつーか緩急っつーか。

刑事に詰め寄るシーンは2話の編集者に睨みをきかすシーン同様
チャプターをつけて何度も何度も見ちゃうんですよ。

「ようこそ、わが家へ」のときに、ストーカーに追われて
バス停から必死に走って逃げる健太くんをリピしたように。

あのドラマは、臆病者という設定の健太くんが
時折見せる身体能力の高さとスマートな所作にしびれたもんだが
御前様はそもそも走ったりしないけども
もしも女性を悲しませる輩を追いかけるような展開に…
なるわけないか(笑)
「シュピーゲル!」もしくは「佐藤!」の鶴の一声だな。

使用人の皆さまたちのご活躍も見逃せない。
シュールすぎる再現フィルムは、制作サイドの適度な悪乗りが楽しい。

月曜日は憂鬱だけど、御前様に会えると思うとお仕事も踏ん張れるというものだ。


そして、今更のクロワッサン。

表紙の麗人はどなたでしょうか?
宝塚には「おとめ」という雑誌が存在するそうだが
もしもJ事務所が同じ種類の刊行物を発行するとしたら
この人が表紙で良いのではないだろうか。

ものすごくしつこいのは承知で言わせていただくが
ワタクシは相葉雅紀のイチゴ型の輪郭をこよなく愛している。

アイベリーかさがほのかか。
薄い頬の肉がシャープな顎を包み込むそのしなやかなライン。
ボリュームのない髪型がますますイチゴっぽさを演出。
この小さなイチゴフィールドにちょうどいいサイズの目鼻が配置されてて。

以前ニナミカさんが撮影した和服とは全然違うテイストだよね。

まるで茶道の家元みたいだもん。
清楚な美しさと清廉な高潔さ。

この人が路地を歩いていたら、街中の猫が付いていくのではないか。

グラビアの全身ショット、等身がすごい!
はにかんだような微笑みもいじらしい。
こんなに完璧なのに、自分の良さが分かってないとは…
いやいや、わかってないからこそ、相葉雅紀なのだ。

自覚があったらその時点で天然相葉雅紀はありえない。

もちろん、自分のチャームポイントを理解して
それを武器にするのはアイドルとして当然だ。
(アイドル以外でも通用する全能感のある手段である)

だけど相葉雅紀に限っては「無知の知」が適用される。

知らないということが、彼の魅力であり彼の原動力。
そして、その無知こそが相葉廃人の最高の栄養なのだ。

で、知らないとかわからないと言いつつも
質問の答えはいつも清々しいほど迷いがなく明快だ。

大人の定義、素敵な女性の定義。

どの質問にも、過不足のないジャストな回答。
本心からそう感じているのは、相葉くんの普段の振る舞いから察することができる。
相葉くんが感じる優しさやスマートさ大人の振る舞いは
いつも私たちが見ている相葉くんには全て備わっている。

無理せず自然体でそれが適ってるのが相葉雅紀だと思うわけだ。

どこもかしこも美しい人ですよ、本当に。



ところで、私のあずかり知らないところで
ニノちゃんのニノちゃんによるニノちゃんのための相葉祭りが開催されていたようで。

相葉くんがいかに「いい人」かを、いろんな例を挙げて
ひたすらに自身のラジオで訴えるニノコガネ氏。

ご丁寧にBGMまで相葉ソロで、相葉くんを仏道に入れる気満々で
ご自身の法事は相葉雅紀住職にやってほしいそうですよ、ええ。

こんなにずっと近くにいて、小生意気な青春時代を一緒に過ごして
それでもなお、相葉雅紀が世界で一番「いい人」だと断言する。

…頼もしい。
頼もしすぎる。

相葉くんのそばにニノちゃんがいる限り
相葉くんの空が一面雲で覆われることはないだろう。

悲しい日も落ち込んだ日も、
きっとお互いの存在が雲の隙間から差す一筋の光になる。

美しい人って取りまく関係も美しいんだなあ!


スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>るりさんへ

もんぷち
ありがとうございます~。
タイトルは毎回悩んでるんです、実は。
特に裏の小話ブログはタイトルが決まらなくて
アップできないってこともしばしば(笑)
…にしてはイマイチなんですけどね、自分としては。

そう言っていただけると嬉しいです!

>瑞希さんへ

もんぷち
アイバカじゃない原作ファンの皆さまも御前様に夢中ですもんね!

クールな役どころのようで、キュートな一面もあって
これはやはり相葉くん以外の人ではできないだろうと感じますね。

相葉写真集は相葉廃人の願望ですよね~。
有名カメラマンのコラボとかどうでしょう?
ニナミカさんとレスリー・キー氏とかさあ~(笑)

>拍手コメントのもも花さんへ

もんぷち
GWはちょうど決算期と重なって休めなくて、
最後の最後にやっと更新できました。
書きたいことは山ほどあるのに時間がないって辛いわあ~。

>拍手コメントのじゃすみんさんへ

もんぷち
ニノちゃんの相葉くん好きには感服ですね。
いないときの方がより叫んでる感じ、愛の深さを感じます。
非公開コメント

トラックバック