FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月
      

≪ 前月 |  2019年05月  | 翌月 ≫

相葉アンコウ

GWに、自室(と言いつつ夫婦の寝室)と
私の趣味の小部屋(通称嵐部屋)を整理整頓した。

これまでチェストやサイドボードにところ狭しと並べてあった
フォトフレーム(もちろんジャニショ写真が入っている)を一掃し
壁に取り付けたコルクボードにマップピンで貼るスタイルにしたのだが
これがとてもいいのです!

このタイミングで満を持してスタートしたジャニショオンライン。
充填豆腐のような入れ物に入って届いた相葉くんの公式写真も
フォトフレームに入れ替えるとなると数が数だけに一苦労だし
なによりもフレームに埃がついたりして掃除も面倒(ズボラなので…)

コルクボードスタイルにしてからは
フォト用のスリーブに入れてピンで留めるだけ!
簡単写真チェンジだよ~。

コルクボードはB4サイズを全部で3枚(100均で購入)
結構な数の写真を飾れるのも嬉しい。
壁にゼムクリップなどをマスキングテープで貼って
コルクボードにハサミで切れるマグネットシートを貼る。
(クリップの位置に合わせることが肝心)

これで釘などを使わずにボードを壁に装着できる。
難点は衝撃を与えると簡単にはがれてしまうってこと。

うちには気まぐれな猫が4匹いて
この子たちのテンションが上がると
秘技壁のぼり、超絶ヒラヒラ落としの技をかけられ
コルクボードごと落下していることも…ないこともない…。

それでもフォトフレームに比べたら全然楽。
ストレスフリー。
オンラインショップもオープンしたことだし
相葉くんのお写真、どんどん仕入れちゃうよ!
嬉しいね!



TVガイドあるふぁがやっと届いた。

「折り曲げ厳禁」と大きく書いてあるにもかかわらず
無理やりポストにねじ込まれたそれは、しっかり歪んでいた…。
…ひーん。

アーチ型にクセがついたあるふぁを
ぎっちぎちに詰まった雑誌の間に挟んで矯正。
なんとか美しい形を取り戻すことができて一安心。

で、パラパラと軽く中身を見たあと、
私は雑誌を裏返して値段を確認してしまった。

「890円」

そこには間違いなく890円と書いてある。
これが?
1,000円しないの?
まさか…
こんなにカッコいい相葉雅紀が山盛り詰まってるのに?

カッコいい…という表現では生ぬるい。
カッコいいの上はなんだ?
尊い?
神?
神々しい?

いやしかし相手は相葉雅紀だぞ。
そこまで形而上的な扱いをしていいものか。
本人は自分のことを庶民的アイドルだと思っているようなのに。
そして世間的にも親しみやすさで認識されているのに。

だがしかししかし。
えなりかずき的に言わせてもらうと
だってしょうがないじゃないか、カッコいいんだから
ということになるのではないか。

あれこれ御託を述べているが、要するに
信じられないくらい素晴らしい相葉雅紀がいる、ということだ。
誰の異論も受け付けない。
そんなの訴える人いないだろうけど。

まずはお洋服。
なにを着ても似合う。
着せられてる感はもちろん、
衣装を着てるって感じもしないくらい自然に纏ってる。
ダメージデニムにも清潔感を生み出す相葉雅紀の洗浄力。

洋服ってのはその人を魅力的に見せるもの、と思っていたが
(不幸なことに逆の場合もあるが)
相葉くんの場合、洋服がすごくいいものに見えてくる。
なにを着ていてもオシャレに見えるし、
もしも私が男子なら真似したくなると思う。
そして失敗すると思う。
(実際、うちの息子は相葉くんの着てる服を欲しがることがある。
旦那に至っては、VS嵐で相葉くんが着ていた衣装が欲しいと言い出し
実際に調べて買ってあげたこともあるのだ)

やっぱね、我が身を振り返って実感するけど
この人は全身が薄いのね~。
薄さゆえに、肉体とお洋服のすき間にドラマが生まれるのだよ。

あらゆるドレープ、かつてないボリューム、繊細なライン。
ファッションに必要なアイテムを全て表現できる理想のお体。

そして首の傾げ方のバランスが素晴らしくいい!
それでなくとも優しげなお顔が、
覗きこまれるように傾げられることで
胸の柔らかうところにサクッと刺さって射抜かれる。

なんつーの?
ザシュッとかドシュッとか、北斗の拳的な刺さり方ではないのよ。
スッと、入るのね。

周囲の細胞になんの影響も与えず、
ど真ん中だけを、核心だけを見事に射抜くのよ。
あ、なんか今…、チクっとしたけど…気のせい?みたいな。
相葉くんお得意の擬音でしか表現できないよ、この感じ。

そして矢の先からじわじわ広がる甘い蜜。
中毒性のあるこの蜜からは逃れられない。
いつまでたっても相葉くんから目が離せないもんね。
飽きることも慣れることも一生なさそう。
ずっとこのまま、相葉くんの更なる蜜の甘さに夢中でしょうな。


グッと!スポーツ、リニューアルして面白くなったな、と感じる。

以前は以前で十分楽しめたんだけど
月に1回になったことで、相葉くんお得意のロケもできたりして。
構成に余裕が出て内容が濃くなった気がする。

時間も長くなったはずなのに、体感としてはあっという間。
これってかなり面白いってことなんじゃないかと思う。
ゴールデンに異動になったこと、
来年はいよいよオリンピックイヤーで盛り上がってることを考えると
もっと視聴者が増えるような、そんな気がしてる。

なにより、相葉くんがとてもとても楽しそう!
お話を聞いているうちに少しずつ慣れてきて
距離を縮めて懐に入って、という流れも楽しい。
バラエティ的な番組になれていないアスリートの方の
心のウォーミングアップを慎重にする相葉くん。
MCとしての成長、ハンパねえな。

動く相葉くんが見られるのも嬉しい。
元々身体能力は高いけど、TVショーで見る機会ってなかなかない。

大柄なアスリートと一緒に運動する相葉くんの可憐なこと!

成人男性サイズのトレーニング用シャツなんかは
相葉くんが着ると大抵ブカブカしちゃってて
それだけで母性本能をザクザク刺激しまくってるのに
妙に柔軟性が高かったり、案外できる子だったりするので
意外性、ギャップという切り札も切りまくる罪な男。

かと思ったら、負けて当然のガチンコ勝負で
コテンパンにやられて笑顔で悔しがったり。

見てるこっちもずっと笑顔。
笑顔を作るのが得意、笑顔製造機相葉雅紀。

でもさ、一番刺さるのはワイプでしょうな。
目を見張るほどの美人さんがあの小さな空間に詰まってる。
VTRが流れている、相葉雅紀がメインではないはずの時間なのに
そんなノースポットライトなシーンが一番美人って。
それってマジのガチのホンマモンの美形ってことでしょ。

あの画面、モニターに近づいて親指と人差し指で広げたい!
そう感じてる相葉廃人があとを絶たないはずだ。
ワイプシーンだけの映像を商品化しても確実に売れる。

どこをとっても使える男、相葉雅紀。
アイドル界のアンコウと呼ばせてもらいたい!


スポンサーサイト



キレデレツンデレ妄想

ワタクシゴトですが、やっと仕事の山を越えました。
決算、終わりました!
やっと終わったのですが、日々の業務は続きます。

相葉くんに貢ぐため、嵐を応援するために頑張ります!


スッキリした気持ちで見るVS嵐はことのほか楽しい。

ハーフパンツの相葉くんの脚、すごく細いです。
いつものことだけど、細いです。
そして長いのです。
それだけでご飯5杯イケますけん!

嵐の食事会事情が面白い。

別の番組になるが、デスマッチクイズを見ていても、
嵐ってホントになんでもよく食べるもんね。

私は恥ずかしながらなすびがダメで。
小さい頃に嫌いだったものも大人になったら大抵好きになって
むしろ大好物になったりしてるんだけど(例:セロリ)
なすびだけはどうしても食べられない。

嵐はニノちゃんが食にあまり興味がないくらいで
他の4人はなんでも食べてるイメージ。
そしてそんなニノちゃんのために寿司屋にはあまり行かないという4人。
「ニノは行ってもいいんだよ、って言うんだよね」って翔さんが言うから
てっきり他の4人で寿司屋に行ってね、という話かと思いきや
「オレは茶碗蒸し食ってるから」ですってよ。
行かない、という選択がないのもこのグループらしいと思う。
絶対についていくんだね。
嫌いなものでも。
可愛いのう、ニノちゃんは。

そして、画期的なクイズが始まったね。
スタッフ、GJ!

その名も嵐イメージランキングクイズ
事前に観覧の皆さまにアンケートを取るという手の入れよう。
2位を当てるというのがいいアイディアかも。

「嵐の中で怒ったら怖そうな人」

え?
これって私の中では絶対に翔さんなんだけどね。
翔さんはすごく正しく優しい人だけど
正しくないこと、自分なりの倫理に反する行為に対しては
ビックリするほど冷たい対応をしそうなイメージ。
賢い人だから、なんだけど。
怒ったら怖いというより、冷たい、って言ったほうがいいか。
そういう、正義を守る優しさがある人だって思ってるからね。

後輩くんはさすがに勘付いているのでしょうか(笑)

こんな翔さんだけど、相葉くんにはすごく甘い。
という妄想が私の中で絶賛沸騰中じゃない?
ずっとそうやってこのブログを続けてきたんだもん。

アンモラルな世間にはツン、相葉くんにはデレ、
という意味でのツンデレ翔さん。
いや、ツンの切れ味が良すぎて「キレデレ」かもな。
そうあってほしいなって思ってるよ、私は。

相葉くんという穢れなき天使を守るために
絶対零度のメンタルを磨き続けるのね。(という妄想)
翔さん、カッコいい!

それに比べたら、松潤の「怒る」なんて可愛いもんでしょう。
翔さんが理論的に「怒る」人だとしたら、
松潤は感情的に「怒る」んだから。
こっちは「熱い怒り方」をしそうだよね。

そして最下位は相葉くん。
相葉くんは怒るほど他人や周囲に興味がなさそう、なイメージ。
もちろん優しく思いやりがあり自然な気遣いができるけど
距離の取り方も絶妙だから、円の外の人には敢えて関わらないような。
実際の相葉くんって風のように静かな人なんだって思ってる。


「服を買うときに選んでほしい人」

ダントツ。
ダントツで相葉くんが1位だよ。
多分、嵐内でオシャレメンバーは相葉くんと松潤の2人とわかってるが
松潤はド派手なイメージがあるんでしょうな。

ゲストチームの解答を見守ってる嵐からも
1位が相葉くんなら2位を当てるのは「簡単だよ」
意見が出るほど結果は明らか。
票数もかなり偏っていた。

だけど相葉くんは、1位で名前を挙げられても
対して表情も変えず「へえ…」って感じのほぼ無反応。
相葉くんらしいリアクションだって思った。

5人のランキングが発表されたときの
ニノちゃんの歓喜の雄たけびはあれでいいんです。
持ちネタみたいなもんだからね。
翔さんもしかり。
立て板に水のご説明もさすがである。


「テレビが大きそうな人」
「よく鏡を見てそうな人」

この2つで最下位だった相葉くん。
あのね、多分物理的なことにこだわらない人だって思われてるよね。
その通りだろうけどね。

テレビの大きさよりは、ソファの材質。
鑑の中の自分よりは、生のパフォーマンス。

観覧の皆さま、いいとこついてるね。


「嵐の中で騙しやすそうな人」

はい、こちらもダントツの1位。
これはしょうがない。
だって素直すぎるもんね。
素直だしピュアだし、真面目だし正面から見ちゃうタイプだし。
ドッキリなんかもドハマりしちゃうからね。

で、2位は誰だろうって考えたら
私は松潤かなって思ってしまった。
この人も独特な素直さがある人だからな。

一人だけ松潤を選んでいた後輩くん。
翔さんのことも怖いと言ってた彼とは意見が合うのかなと思ったわ。


「後輩から慕われてそうな人」

これでニノちゃんを選んだ相葉くん。
ニノちゃんと仲良しの相葉くんは
きっとニノちゃんから後輩くんがおうちに来てゲームをしたとか
そんな日々の話を聞いてるんでしょう。
だからニノちゃんを選んだ、はずなのに。
ここに噛みついたね、ニノちゃん本人が。

「イジってるんですよね」ってさ。
そんなわけないでしょう(笑)
相手は相葉くんだよ。
しかもちゃんとしたクイズの問題。
相葉くんはフザけたりしないよ、こういうときに。

そんなことはニノちゃんだってわかってるんだよね!
でもね、どうしても言いたかったのよ。
だって嬉しいから。
「後輩に慕われてそうな人」に選んでくれて、
相葉くんがそう思ってくれて嬉しいんだよね。

だから思わず出ちゃうのよ。
ツンデレニノコガネが!

照れ隠しに思ってもない攻撃したくなっちゃうのよ!
可愛いじゃないの!

相葉さんがオレをイジってくれてるんですよ、
というアピールにもなるしね。

ニノちゃんのツンデレはシンプルですごく可愛いのう。


交際範囲が狭いジャニーズ1位だと思われる先輩が
唯一連絡先を教えてくれるのが、相葉くんなのね。
相葉くんって結構レアキャラとの交流が多くないか?

そういうニノちゃんだってそんなに社交的ではないのに
相葉くんのことは自ら迎えに行くくらい繋がりたいようだし。

相葉くんってベタベタしてなさそう。
付き合い方が、キレイな砂浜の波打ち際のような
寄せる返す、のタッチに清涼感があって。
その心地よさに、希少な生物が気を許してしまうのかも。

かと思えば、つかみどころがない一面もあったりして。

風のような水のような。
不思議な天使であることよ!


にゃりんは世界を救う

先日の嵐にしやがれにて
我らが憧れのパティシエ、西島氏がご活躍されていた。
(裏ブログをご訪問されてない方にはなにがなんやらでしょうが
うちの地下ブログでは西島氏はパティシエキャラなのでございます)

そうなのね、
甘いものがお好き、なのね。
なるべくしてパティシエになられたということでよろしいか!
(なってません。俳優さんです)

スイーツに対するあの真剣なまなざし…。
本気のパティシエ、熱血のスイーツファイターとお見受けいたしました。
(違います、素晴らしい役者さんです)

そして西島氏の隣で笑顔を見せる相葉くんの可憐なことよ。

「微笑ましい」という言葉がぴったりな
無邪気で明るくて健気で、ひたすら可愛い36歳。
そう、36歳。

ここのところ何度も話題に出してるけども
相葉雅紀が36歳であるという事実が尊い。
その尊さを実感している。
だって、30代ももう半ばを過ぎたんだよ?

20代はもちろん可愛い。
31歳ならまだ…ええ、可愛くてもしょうがない。
しかし年が明け、今さらながら悟ったのである。

この人、もうアラサーじゃない、アラフォーだよ!と。

カッコいいアラフォーはたくさんいるでしょう。
顔面は置いといてもキャラが立ってて可愛いって人もいるでしょう。

相葉くんは背もまあまあ高くて
実際、真顔はかなりカッコいい、はずなのに
笑った途端、一気に「可愛い」が押し寄せてくる。
そしてしゃべり始めると「可愛い」が渦を巻いて襲い掛かってくるもんね。


昨日、札幌初日の様子がツイッターで流れてきましたが
ついに「にゃりーん」が他のメンバーファンの前でも披露されたね。

「にゃりーん」は少し前にレコメンで言ってたことで
当然、私のブログのネタにさせていただいたし
「suica=にゃりーん」は相葉廃人には周知の事実で、
あの放送のあと、私のフォロワーさんんお名前の語尾が
軒並み「にゃりん化」して笑った記憶があるのだが。
(例:みな→みにゃりん)

ここにきて!とうとう!
翔さんまで巻き込んで「にゃりーん」を拡散ですよ。

何度も言うが、36歳。
しかも男性。

女性アイドルのボキャブラリーじゃないかと思う、
「にゃりーん」ってのは。
そしてどんなに可愛い子が言ったところで
ぶりっこ、というレッテルが貼られるであろうと予想されるのに、
なのになのに!
ごく普通に「にゃりーん」と発して(多分本人に他意はない)
ニヤニヤしちゃってる翔さんも賛同せざるを得なくて
しかたなくニノちゃんが「ちゃりん」でしょうよ!と突っ込んだって流れね。
はいはい、いつもの櫻葉、いつものにのあいね。

世界一にゃりんが似合う男、相葉雅紀。
そしてにゃりんを言っても許される、
むしろ歓迎される数少ない36歳、相葉雅紀。

照れもなければ計算もない。
この真っ白さが尊くて「可愛い」のである。


札幌では究極のにのあい発言もあったようで。

松本ポリス(ライブ中監視されている)と思ってたけど
実は、自分のミスを一番に指摘するのはニノちゃんであった、と。
ご挨拶で相葉くん自身がそう報告したそうで。

「本当にオレのことが大好きなんだよね!」と言ったとか、相葉くんが。

…さすがです。
松潤からの監視、指摘は「怖い怖い」と言うくせに
ニノちゃんのそれは「オレのことが大好きだから(見てるんだね)」という認識。

大正解!
素晴らしい洞察力…
というより、彼の場合は単に本能で感じ取ってるのでしょうけども。
決して分析などしてるわけではなく
ニノちゃんの溢れんばかりの「好意」を感じている。
ニノちゃんがどんなに自分に毒づこうとも
その裏にある
『相葉さん大好き好き好き、
まーくんは絶対にオレの一番!
まーくんにとってもオレが一番、コレ鉄板!
オレたちの仲は誰にも邪魔できない。
No Aiba,No Life
総武線コンビフォーエバー
オレと相葉さんの絆よ永遠なれ!』

と訴えているニノちゃんの気持ちをしっかり受け止めているんだよね。

ニノちゃんは少しだけ素直じゃないから
後ろ向きで相葉さんにトゲトゲのハートを投げつけてるんだけど
相葉くんはその大きな器で棘もハートも包み込んでるよね。
それこそがにのあいではないでしょうか。

櫻葉といいにのあいといい
時々、私たちファンはなにを見せられているんだろう?と
笑っちゃいそうになることもあるが
どこか切なくてこそばゆくてあたたかくて楽しいこの感情、
これが私が嵐を「好きだ」って思う原動力なんだなと感じる。

カッコいい=好き、じゃない。
流行りや一過性のブレイクにはない、こそばゆさや愛しさ。
嵐にはこれがある、だからずっと見ていられるんだな。



一昨日のVS嵐。

ファンの間では毎度おなじみ、櫻葉のおパンツ事情。
おソロだったり色違いだったり。
全ては翔さんが「相葉くんからの誕生日プレゼントだから!」の一言を言いたい、
それに尽きる暴露でありますが。

履き心地がいいと感じた下着を
オレにも買ってくれるなんて、まるでダーリンだろ?
人生のパートナーだろ?
オレのハニー、気が利くだろ?


毎回、翔さんの内心がダダ漏れの櫻葉劇場。
翔さんの愛はいつでもドストレートだ。
(にのちゃんはかなりのナックルボール)

ワタシはいつでも「ハイハイ、櫻葉櫻葉」というキモチで見ている。
それもまた楽しい、それが廃人というヤツである。


それにしても、ですよ。
この日の相葉くんの衣裳は、フツーの(そう見えるだけかもしれんが)
ごく普通の青いパーカーに紺のパンツ。
街を歩いていたら確実にこんな格好の人とすれ違うであろうありがちな
平均的な男子のファッションだと思うのだが
なんでだろうね?
相葉くんが着てると、So!スタイリッシュ!

姿勢?スタイル?顔?雰囲気?
なにが一般の皆さまと明確に違うのかわからない。
でもきっと相葉雅紀の細部になにかが宿ってて
ごく普通のパーカーを底上げするミラクルが起きている、としか言えない。
ファッションに詳しくない私にはそれを説明するだけの力がない。
でもなにかが違う、ということだけはハッキリしている。
それはきっと嵐ファンではない一般の皆さまでも感じてくださってるようだ。
実際に友人からそういう発言を聞くこともある。
(あの服、相葉くんが着てると可愛いね、的な)

それを言うなら、相葉くんと共演してると
そのタレントさんがいい人に見えるというミラクルも良く起こる。
好感度がそれほどでもない人でも平均値以上を叩きだす。

なんなの?
この相葉雅紀の底上げシステム。
得しかないやん。
世界は平和、相葉は可愛い、みんな幸せ。

素晴らしいメカニズム。
しかしこの不思議を解く鍵がない。
だから誰にでもできるというものでもない。

…相葉雅紀ってすごい。
世界遺産に推薦できるな。

待ってろ、ユネスコ!

妖精の降臨、天使の乱打


きましたね、お久しぶりに。
VS嵐に妖精さんの降臨ですよ。

妖精さんと言えばね、数年前…
いやもしかしたらもう10年以上前?
相葉くんがハマりにハマっていた記憶がありますが
当時はね、ホントに若くて可愛いと言ってもいい年齢だったよね。

今だって若いけど!
でもアイドルの寿命って、以前はもっと短かったじゃない?
36歳の相葉雅紀が今でもこんなに可愛くて無邪気で
世界中に可愛いを巻き起こしてるなんて
想像してたかって言われたらわかんないよね。

なのに相葉雅紀はあっさりその予想を超えてくるからさ。

超々お久しぶりの妖精ポーズ、
会場から嬌声が上がるほどかわいかった!

そもそもですね。

「可愛い、って言われたときのリアクションがわからない」というお悩みに対し
「可愛いポーズはないんですか?」
「妖精のポーズとか」
というお答えが返ってくる、そのことがすでに神。

可愛いと言われて妖精のポーズで答えるんですよ?
どういう流れなの?
思考回路が可愛すぎない?
可愛いは世界を救うのね。

「妖精のポーズとか」といった相葉くんに
「やってさしあげなさい」と言わんばかりに
背中に手を当て誘導し
「うちの妖精が…」と言ってのける櫻井翔もすごい。

嵐のお母さんの認定が出ましたよ、
嵐内妖精キャラは間違いなく相葉雅紀です。
決まりなんです。

相葉くんが妖精っぽい理由っていろいろあるけど
この「妖精ポーズ」を全然照れずに普通に披露するとことか
なにごとにも無邪気すぎて年齢を感じさせないとか
いつまでも少年のようにすらっと痩身であるとか
言葉のチョイスが小学生男子のボキャブラリーだったり
それがまた例えようもなく甘酸っぱい感傷を呼び起こすとか。
口にすること全てが平和すぎて空気がまろやかになるとか
脚が長くて細いから生の人間っぽくないとかね。

まあまあまだありますけどね、
なにより、笑顔の多幸感が妖精みありすぎ。

妖精としての資質しかない、というか。
妖精と認められるべきすべてを備えているでしょうよ。

そんな永遠の青年妖精相葉雅紀が放った
キュン死必至の妖精ポーズ。

翔さんが真似したくなる気持ちもわかるの。
オレがやっても可愛くなるのかな?ってさ。
もちろん可愛いです。
でも妖精かと言われたら少し違うのかもしれない。
翔さんは妖精というにはクレバーすぎるのかしら?


カメラ目線対決は、かなりの神ゲームだな。

相葉くんのカメラ目線、とにかく黒目が黒い。
クールな真顔バージョンは全国の相葉廃人を文字通り廃人にした。
今回は少しキョドりつつの笑顔。

黒目、際立ってます。
黒目が黒い、白目が白いが狭い。
お口がキレイなひし形ですな。
カメラの位置を指でカウント?してるのが相葉くんらしい。

いや~、なんつーのか…
構いたくなる人だよね!
ニノちゃんが相葉くんを丁寧にいじる気持ち、よくわかる。

話は嵐にしやがれに飛ぶけども、
デスマッチでのニノちゃんは
「オレの相葉さん感」がすごすぎないか?

デスマッチクイズで正解した相葉くん。
プレミアムロールケーキの
「真ん中の一番いいとこいっちゃお」
ど真ん中にフォークを入れるのだが
ロールケーキを作った人も
食べたことある人はもちろん
全国のお茶の間視聴者が突っ込んだと思うよ?

いや、相葉くん!
そこじゃないよ!
TVショー的にもソースのかかった部分だよ!

みんなそう感じたと思う、けど
相葉くんがそう思うなら、そうさせてあげよう
そんな気にさせるのが相葉雅紀という人じゃない?

しかしさすがはMJ。
ここで突っ込むことができる人がいるとしたら
やはり松本潤しかいないのかもしれません。

「オレが想像するに、このケーキの一番いいところは
外のソースの部分だと思う」


そう!
お茶の間のセリフをそのまま代弁。

これね、もしかしたらだけど、
ニノちゃんが隣に座っていたら、
即座にニノちゃんが突っ込んだんじゃないかと思う。
だけど松潤が先手を打ったことで
ニノちゃんはホントの本音を口にすることになった。

「いい、いい、いいの!
この子はそうやって育ってきたの。
楽しそうな顔してるじゃないですか!」

相葉くんがピントのズレた発言をしたとき。
ニノちゃんが高速で突っ込むことがあるが
それは決して彼の本音ではなくて
ニノちゃんの本心はいつもこれだったんじゃないかって思ってる。

『いいのいいの。
世間的にどうあろうと、普通で考えたらどうであろうと
相葉さん相葉さんのまま、このままが一番いいの。
こうやって育ってきた相葉さん
オレの大好きなオレだけの相葉さんなの』


松潤が先に突っ込みを入れたことによって
奇しくも漏れたツンデレニノコガネの胸の裡。

にのあいの歴史って尊いわね。


そして松潤も優しい。

「オレの一番おすすめのところも食べてもらっていい?」という言い方に
「良かったら」というサジェスト感を出してくるからね。

さすがの松潤も妖精相手だとつい甘くなっちゃうのかね。

すすめられて「ここか?ここか?」とたっぷり頬張って
「一番ウマい!」という大正解をたたき出す。

自分も楽しそうなうえに、
周りまで幸せにする不思議な力をお持ち。
狙ってないのに全打席ヒットを飛ばす。
甘美な乱れ打ちである。

妖精と言うか天使。

奇跡の36歳のミラクルに振り回されるハピネス。
そんな日々に陶酔中の相葉廃人である。

ああ、幸せだ!



解体と天才

飛び石だったとはいえ、結果的にまあまあ休めたGW。

この職場に勤め始めて4年半。
決算業務にも慣れてきたということでしょうか。

そんな私のGWは、猫庭建築と雑誌解体で終わったと言っていいだろう。

まずは猫庭。
以前から掃きだし窓の外、
ウッドデッキにある義妹が作った手作り猫ハウスが
お気に召さなかったマイ旦那(笑)

西側にある中連窓を通り道にする「高床式猫庭」を作りたいと言っていた。
言っていたものの忙しくて実現できていなかったのだが
今回のGWは、改元のこともあって長く休めそう!
じゃあいよいよ作るか!YOU、やっちゃうよ!ってことになった。

詳細は、ブログからでも見れる(はずの)ツイッター
もしくはワタクシのインスタ(猫用)をご覧いただければと思いますが
出来上がりは、私が想像していた以上に立派なものだった(笑)
猫も夢中です。

元々犬を飼っていて、犬派だったはずのマイ旦那。
あまり態度には出ないけど、猫愛がすごいのかも。
私が思うに、男性の方が猫にハマりやすいよね。
魅力的な女性って猫っぽいし。

個人的な雑事としては、ここ数年分の雑誌の解体。
なんと古くは2013年のTV雑誌もありましたよ。
こわいこわい。

このGWにこの山を片づけてしまおうと思ったのには理由があって。
あるとき、探し物をしていて、某先輩グループ(解散されている)が表紙の
TV誌を目にしてしまったわけだ。
そのとき、チクリと胸を刺す切なさがあって。

もしも休止の期間に解体作業をして
楽しそうな嵐の笑顔を何度も何度も見ることになったら
もしかしたらすごく悲しくなってしまうかもしれない。
思った以上にくじけてしまって、もう手が付けられないかもしれない。
そうじゃない人もいるだろう、
けど、少なくとも私はそう感じた。
だから今のうちにやろう、と決めた。

というわけで、ワタクシの
「3畳の嵐書斎、断捨離兼解体兼お片づけの巻」がスタートした。

嵐ファンならだれもが一度は経験したことがあるであろう雑誌の解体。

年単位でやると、本当にキツいわ。
しかしやるしかない。
破壊なくして創造はない(違います)

これに懲りて、溜めるのはやめる、ホントに!
以前HDDの編集を怠った結果
足首をひねるくらい遡って編集作業をするという
ドMな苦行を行った過去があるので
それからは編集だけはこまめにやってたんだけど。
雑誌がね、置いてけぼりでした。

それにしてもですよ。
なんて可愛いんでしょうね、2014年の相葉雅紀は。
いえ、もちろん2015年だって2016年だって可愛い。
それ以前だって可愛いことに間違いはない。

誰しもビジュアルのピークってあるじゃないですか。
美形の人もそれなりの人も。
あの頃は良かった、と思える自分が。
(私にあったかと聞かれたら、小学1年生のときがそうです)

相葉くんに関しては、ピークがない。
というか、いつでも今がピーク。
日々、ピークを更新、常に右肩上がり。
株価だったら東京株式市場大騒ぎ。
毎日が日経トレンディ。

ドラマの年のファッション誌なんてね、
毎回一瞬意識が飛ぶくらいにカッコいいわけですよ。
そして隙間に「可愛い」がはさまるわけ。
カッコいいで可愛いをサンドイッチ。
奇跡のアフタヌーンティ。

そんなわけで、ものすごく時間がかかったものの
なんとか解体は終了した。
だけどファイルが足りなくて、年別に重ねて保管中。
無印良品に買いに行く日までこのまま放置だな。

なにはともあれ、長年の憂いであった雑誌の山がなくなったことは喜ばしい。
3畳の嵐書斎も床が見えてすっかりキレイになった。
これをキープしていきたいと思ってます!


さて、待ちに待った会報が届いた。

相葉D、マジで天才だな。

企画力もすごいし、ニーズに関するアンテナの感度がいい。

この人って、他人を喜ばせることにかけては
驚くほどの才能を発揮するよね。
それって、自分がドヤるつもりなんて毛の先ほどもなくて
ただひたすら「楽しい」と「笑顔が見たい」を頭に置いて考えられる
神様に選ばれた優しい人だからでしょうか。

ライブに於ける相葉くんのソロでもそうだけど
とにかく「魅せる」こと、パフォーマンスありき、
間奏の構成も考えてのチョイスであることが良くわかる。
ファンを楽しませる、笑ってほしい、それだけを考えている。

だからこそ実現したんだよね、この箱根行き。
今回は嵐メンバーまでも幸せにしてくれてますよ。

相葉くんが企画したから、嵐メンバーも乗っかるんだよ。
ニノちゃんだって「相葉さんに感謝」って言うてるし!
松潤だってそうでしょ。
あのキング松潤だって同意してるんだから間違いないよ。
相葉くんが言い出したんじゃなかったら、
温泉なんて入らないんだってよ、そうでしょうよ!
なんなら相葉くんと2人きりで温泉に入りたk…(以下自粛)

小さい写真まで全部可愛くて楽しそうで
指で引き延ばそうとしたスマホ依存症は私だけじゃないはずよ。
特に盛り盛りのプリクラはもっとアップで見たいわ。

そんでさ、相葉くんってピンク似合うな!
こんな色のピンクが似合う36歳ってすごくないか?
ライブの衣装とかじゃないんだよ、普通の服だぞ?
全然違和感がないばかりか、むしろ似合う。
めっちゃ可愛い。
色味が一人だけ華やか女子テイストだもん。
そういう役割ってことでよろしいか。

動画もね、贅沢ですわ。
最近事務所のサービスが良くて逆に怖いww
運転する相葉くんを見れるのも貴重だし、
車中でも楽しもうとする相葉くんのテンションがいちいち可愛い。
隅々まで可愛いで出来ている。

天才。
何度も言わせていただくが、
可愛いの天才、おもてなしの天才である。


そして百問百答の相葉雅紀のイケめいてることよ。

顔、ちっさ!
腕、なっが!
脚もなっが!

そして内容もいかにも相葉くん。
自分のことには無頓着。
これに尽きるよね、相葉くんは。

他人の気持ちとか空気には、敏感…
いや、敏感って言うとデリケートすぎるか。
でもまあ敏感なのかしら?

なにかをして「あげよう」なんて傲慢さは微塵もなくて
喜んでくれたら自分も嬉しい。
それが相葉くんの原動力なのか。

いつももらってばっかりだな、私も。

なによりも無頓着なのは、そのビジュアルについてですね。
あのさ、自分を毎日鏡で見てるでしょう?
あんなにキャーキャー言われてるでしょう?
なのに「外見的チャームポイントが「ない」!だとう???

あるだろよ!
山ほど!
さっきも書いたけど、長いだろ?あちこち。

まつ毛、首、腕、指、脚、そしてなんなら気も長い(←外見的ではない)
神さまがつけたという噂の肩のしるしも
ファンにとっては垂涎もののチャームポイント。
のどぼとけの代わりに浮かび上がるハートマークとか。
あるってば!相葉くん。
とは思うけども、それに気が付かないところが相葉くんの魅力だからね~
しょうがないよね。

嵐メンバーの魅力ならすぐに出るのに
自分のことはわかんないなんて、まさに相葉雅紀。

謙虚と柔和の極み。
存在自体が尊いわ。

最後は「笑顔で死ぬ」
…深いわ。

しかしその前にニノちゃんの法事をしないといけないよ、相葉くんww
ニノちゃんは相葉住職をご指名ですぞ。


裏表紙の10年前の百問百答、懐かしい!
私は今でもこのときの髪型が一番好きかもしれない。
ペンギン村のがっちゃんみたいなふわふわパーマ。
長いひざ下、細い脚。

内容もそんなに変わってなかったか(あとで引っぱり出して確認してみよう)
ということは相葉くんって、10年経っても天使のままってことね。
当時も相当天使力が高かったけど
36歳という年齢を迎えても、錆びることなくまっさらなままだなんて。
きっと大変なこともたくさんあったと思うのに、
本質が変わらないままって、奇跡かも~。

私って今、奇跡を目の当たりにしているんだな!
きっと終わらない奇跡だな!

お大尽さまの櫻井翔

今週のVS嵐も放送されたあとだが
先週のVS嵐のことを書いてみたりする。
だって当日は野球放送で、土曜日に延期になったのよ。
その後いろいろ忙しくて吐き出せなかったんだもんね。

その日の私のツイッターTLが「末っ子」という単語でにぎわっており
嵐の「末っ子」というと私の中では松潤なのだが
松潤がなにか仕出かしたのだろうか?(言い方)と訝っていた。

がしかし、実際はそういう問題ではなかった。

「末っ子」とはうちの相葉雅紀のことであった。

…えっ?
相葉くんが…末っ子???

もしかしたら、そりゃその通り!と感じている方もいらっしゃるかもしれない。
「末っ子」と称されることが悪いということではないし
むしろ無邪気で可愛い愛されキャラという意味合いもあるのでしょう。

発言されたのはフジテレビの男性アナと某オジサンMC。
情報を伝える年長者の皆さまはものごとを簡略化する傾向にあるからね。
そしてその価値観や物差しが昭和で止まっていたりもする。
ヲタク=暗い、とか。
元気、天然=おバカ、とか。
わかりやすく明るい相葉くんが末っ子で満場一致。
はいはい、これが世間的なイメージなんでしょうね。

がしかし。
相葉廃人もんぷちとしての意見を言わせていただくと
相葉雅紀=末っ子、とはならない。

実際のところ、嵐の中で長子なのは翔さんと相葉くん。
その性質というものは、カタチは違えど存分に発揮されているように思うから。

わかりやすく「天然」で「元気がいい」キャラである相葉くんは
わかりやすく「賢く」て「しっかり者」の翔さんに比べると
確かに長子っぽくは見えないかもしれないけども。

その兄貴っぽさは、後輩くんへの面倒見の良さで一目瞭然。
決して威張らず、ひたすら優しく女神の如きたおやかさで
後輩くんの不安も憧れも全て包む込む。

これが末っ子なわけあるまい。
(もちろん末っ子ちゃんには末っ子ちゃんの良さがあるのです。
その是非を問うてるわけではないのです)


嵐にも姉がいるメンバーが3人いるが
この3人、揃いも揃って相葉くんに懐いている、と思う。
リーダーは一応嵐の中での長子であるからそこまででもないけど
特にニノちゃんと松潤は、相葉くんをいじりながらも
実はその懐の大きさに甘えているという状況だ。
自ら手のひらに乗っかり、転がされているというか。

弟気質の強い2人は、キレイで優しいおねえさんに
思う存分甘えまくっているというわけ。
可憐なオネエサマ的存在の相葉くんを
2人がかりで構いまくり、気を引いているのですよ。

さらに、なにをどうツッコまれようとも、受け入れ
笑いに換えることができる相葉雅紀の器の大きさ。

決して怒らず、声を荒げることもなく
素直に喜び、微笑みを絶やさず
場の空気を読み、友愛を持って人に接する。

これはもう長子とか末っ子とかいう域を超えている。
女神のフェーズ、仏のお勤めである。


でも、敢えて世間で言う「末っ子的な役割」を演じているところもあるからね。
それは他のメンバーも同じことで、
バラエティだったり歌番組だったり、
ライブでもまた5人の役どころはコロコロと入れ替わる。

今週のVS嵐では、櫻井翔あるあるが披露され
そこでまた「父親的」かと思われていた翔さんの
新たな面が見えたりするし。

それが嵐というグループをより一層魅力的にしているのかも。

まあなにが言いたいかっていうと、
一夫多妻制を打ち出してくるあたり、
櫻井翔、かなりのすけべえポテンシャルの持ち主ということだ。

頭脳明晰、才色兼備、質実剛健、
放蕩三昧、英雄好色、酒池肉林。

お大尽さまかよ~。

キャラの幅が広いよね、翔さんは。
目の前にカードを扇形に広げているような多彩さである。

一方相葉くんはね、広いというよりは深いの。
全部の面が一度に出ることがないのよ。
カードは常に重なっていて、知りたいと思わなければ気づくことはない。
(だからあのオジサンには一生わからない)

その奥行きに魅了されたが最後、蟻地獄なの。
その楽しい蟻地獄にハマってるのが相葉廃人というわけ。

当然、翔さんもその甘美な地獄の住人として
末永く幸せに暮らすのでしょう。

めでたしめでたし。