FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

パトロール&ご挨拶

東京ドームライブの様子が朝のワイドショーで流れた。

ツイッターでつぶやかれていた、相葉雅紀の前髪問題。
「ぱっつん」だの「マッシュ」だの。
要するに切ったってことよね?
紅白の司会という大役の前に、お行儀よくしちゃったと。

それは仕方がないけど、前髪ぱっつんには不安が募る。

相葉くんなんだから大丈夫なんだけど。
前髪なんて小さい問題だって。
好みなんて吹っ飛ばすほど可愛いんだから。

だけど実際見るまで少しだけ心配するのはしょうがないだろう。
だってそもそも私はロン毛部所属。
どんどん短くされる髪に一喜一憂するのは当然ってもんだ。

しかし私はまたしても忘れていた。

相葉雅紀にNGがないってことを。

WSの映像で見た最新の相葉くんは
それはそれは可愛かった!

いつもいい意味で期待を裏切ってくれる相葉雅紀
そしていつまでたってもそれを学習しない相葉廃人もんぷち。


その裏切りでさらに相葉雅紀に惚れ直す。

そんなことの繰り返しだなあ、ポンコツ相葉廃人は。

だけど一方で相葉雅紀のいい裏切りに慣れたくないと感じてる自分もいる。
いつでも新鮮な驚きで私を翻弄して欲しい。

というわけで、今回もまんまと相葉雅紀にハメられたわけだ。
(いや、別に相葉くんはなにも悪くありませんけどね)

だって思ってたマッシュと全然違ってたもんね。
モードに寄せすぎてなくて本当に良かった。
前髪も厚みがあってちょうどいい感じ。

ひとことで言うと「可愛い」
それ以外の言葉では過不足があって難しい、
だから「可愛い」としか言いようがないという、究極の「可愛い」

あの可愛い子が
あんなに細っこくて無邪気なマッシュのあの子が
こないだ34歳になってなんて信じられる?

やっぱり妖精予備軍だと思うわ。
40歳になったらすぐに妖精1軍だね、あの人。

年明けのライブがますます楽しみになった。


それにしても、バック宙の失敗には肝が冷えた。

普段から相葉くんが痩せたり、いじられたり
水に落とされたりすることには無頓着というか
むしろウエルカムな姿勢の非過保護廃人のもんぷちであるが
腕から落ちたときの、床に叩きつけられる骨の音にドキッとした。

よっぽど悔しかったのねえ、即座に再チャレンジするなんて。
相葉くんは自分に負けず嫌いだもんね。
誰かと比べてじゃなくて、自分が納得したいタイプの。

最後にリベンジさせてもらえて成功。
綺麗な弧を描いたね、軌道が美しかった。
まるで相葉くんの後頭部の丸みのように理想的な円。

このバック宙の失敗がマスコミの皆さまが入る日で
リベンジする相葉雅紀を見ることができて超ラッキーだ。

(ある意味ここからが本題)

はい、始まりましたよ、もんぷちの二の腕パトロールのお時間です。

キタね!タンクトップ!
それもこれはこれ以上ないいいタンクトップだ。

サイズ感がちょうどいい。
ぴったりしすぎちゃダメなの、相葉くんが着るなら。
マッチョを強調するようなグレコローマン的なデザインもダメ。

女性のインナーみたいなトゲのないデザインで
相葉くんの細身の体にちょうどいいゆったり感で
おまけにタンクトップだから当然腕が丸見えでね!

その腕がまたいい腕だ!

確かに筋肉は満遍なくついているようだ。
力を入れると盛り上がるし柔らかそうな質感でもない。


しかし筋肉質というには余りにも細くて頼りない直径。
長さがある分、さらに細く感じる。

思えば相葉くんが筋トレを始めてると聞いてから早…何年?
エアリアルティシューをやるのがキッカケだったとしたら
もう2年になるのかな?
その前から腕立て伏せをしてるという話もあったっけ?
(筋トレ話に関してはなんとなくテキトーにしか聞かないワタクシ)

松潤が身体を作り始めて大きくなる分には頼もしさしかないくせに
相葉くんが、となると恐怖を感じ、筋肉に怯える日々。
相葉くんのサイズがどんどん上がったらどうしようか
それでも私は相葉くんのことを好きでいる自信だけはたっぷりあるが
萌え妄想は減るかもしれんな、と達観してみたり。

ここ数年は常に迫り来る筋肉への恐怖と戦っていたのだが
どういうわけかどんなに筋トレをしても相葉くんの胸板は一向に厚くはならない。
どっちかというと薄々のペラペラだ。

肩幅もちょうどいい程度に細くて
生えてる腕も長くて細くて
首は華奢でのど仏もないなめらかさで


この姿を拝めただけで関係者の皆さまには感謝しかない。

3度目の正直で成功したとき
松潤が相葉くんの腕を掴んで高々と天に突き上げた。

松潤の指は相葉くんの手首を一周して余る程だろう。
どこもかしこも小枝のような彼が、見事なバック宙を見せ
その腕だけでロープを登りきってパフォーマンスを見せる。

最小限の筋肉で最高のエンターテイメントを作り上げる。

これが奇跡じゃなかったらなんなのさ?

私の理想のビジュアルにして、最強の身体能力、
そして中身は無邪気にして芯のあるオトコマエ。

二の腕だけでこんなにもワタクシを熱くさせる男は他にいないだろうな。

ハラハラドキドキの二の腕パトロールも無事に終了。
本日もいい腕でした、薄い胸板でした。

これで安心して新年を迎えられます。


というわけで、ここでご挨拶。
もしかして年内はもう更新できないかもしれませんので。
(紅白で盛り上がって短い記事をアップするかもだけど未定なので)

本年も大変お世話になりました。
辺境ブログの末端にあります真夜中の兎にご訪問下さった皆さま
コメントを寄せてくださった方、拍手を下さった方
お願いをきいてくださった方、皆さまありがとうございました!

ひとりよがりに相葉くん相葉くんと叫んでるように見えるでしょうが
皆さまのご意見やご感想はかなり楽しみにしております。

ネット引きこもりのワタクシですが、来年もよろしくお願いいたします。

今年の最後の最後に我らが天使の晴れ姿を見ることが出来る相葉廃人は
本当に幸せだと思っています。

皆さまも良いお年をお迎えくださいませ。


もんぷち 拝



スポンサーサイト

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

諸君、はぴばだ!

毎年このことですが言わせていただきましょう。
今日のこの日はクリスマスイブではありません。

相葉担にとって、今日は相葉くんのお誕生日なのです。
なぜって、我らがトップがそう叫び続けているからです。

『オレたちにイブはない!
そこにあるのは相葉さんの誕生日だ!』


かなりの強火で、世間に訴え続けているからです。
そして影のトップと名高い、トップと腹違いの双子の彼
風間氏に至っては、12月24日が1年のスタートと認識されている。
(今年は少し事情が違ってるようですが)

トップのあの方の世界は相葉くんを中心に回っている。
それは相葉廃人のワタクシたちと同じなのではないか。

つまりはこういうことだ。



諸君、私は相葉雅紀が好きだ
諸君、私は相葉雅紀が好きだ
諸君、私は相葉雅紀が大好きだ

菱形の口が好きだ
柔軟な股関節が好きだ
空を撫でる掌が好きだ
丸い後頭部が好きだ
ハスキーな笑い声が好きだ
濡れた黒目が好きだ
痣の花が好きだ
削げた頬が好きだ
揺れる細腰が好きだ

クリフクライムで デスマッチクイズで
船の上で 包丁捌きで
ライブで 空中技で
バック転で ファルセットで
ステップで MCで

この地上で行われるありとあらゆる相葉雅紀のフリー演技が大好きだ

(中略)

更なる相葉雅紀を望むか?
情け容赦ない天使の様な相葉雅紀を望むか?
天衣無縫の限りを尽くし無意識に廃人を作り出す小悪魔の様な相葉雅紀を望むか?
 
   エンジェル          エンジェル         エンジェル
『相葉雅紀! 相葉雅紀! 相葉雅紀!』
                 
                エンジェル
よろしい ならば相葉雅紀だ



「ヘルシ○グ」の某少佐の有名なスピーチ。
(元ネタをご存じない方、申し訳ない。よろしければ『戦争が好きだ』でご検索を…)
相葉担にはこのクレイジーさがしっくりくる。
だって相葉雅紀が好きだから。
世間のクリスマスウエーブに逆らうほどに強烈に。

よろしい、ならば相葉雅紀の誕生日

トップの二宮少佐もそうおっしゃっているのだ。

世界の中心で叫ぼう。


相葉くん、お誕生日おめでとうございます!



  1. tb: 0
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

妖精への道

え~、ワタクシは昨日、妖精に会いました。
SPITZライブに行ったら、妖精がいたんです。

明日で(いやもう今日だわ)49歳になるというのに
その人は、20年も前からちっとも変わってないお姿。

どこまでも細く、コンパクトな体型、
ハイトーンな歌声は時に少しかすれ、切なさを誘う。

年齢的には十分オッサンなのに、
ファンをいじることすら控えめで初々しくて
(今流行りの)自尊感情が低いところ、
どこか頑なな世界観の中で歌詞を紡いでいるところ
全てが繊細で、マイルドな永遠の思春期の空気の中にいる。

草野氏の変わらない姿勢に胸がいっぱいになった。

…で、なにより驚いたのは、冒頭に書いたとおり
草野が全然変わってない…どころか、1年半前に会ったときより
(ライブに行っただけですけども)若返ってたってことだ!

とにかくね、髪型!
前回は耳が見える短さで、普通のサラリーマンっぽいスタイルだったのに
今回、なんとマッシュ復活!
ロビンソンの頃のマッシュほどのキノコ度はないが
耳が隠れてて、ちょっと前に巻いてて…
相葉くんが可愛がっている某どうぶつ園の準レギュラーの彼に近いかも。

49歳(もうなった!草野、誕生日おめでとう)でマッシュ。
しかも全然攻めてる感じもしなくて、普通の無造作マッシュ。

髪型でこんなにも可愛くなるとは。
やっぱり耳が出てるか出てないかの差が大きいなあ。

おまけにお肌もつやつや!
しかし草野がアンチエイジングに精を出してるとは思えない。

少年の心の配分がちょうどいいんでしょうなあ。

…ということはですよ。
49歳の妖精が可能なら、相葉雅紀の将来は明るいではないか。

アーティストの草野があのクオリティを保てるのなら
「半分っこずっこ」なんていう可愛いワードを脳内に蓄えてる相葉くんが
可愛い妖精にならないわけがないだろうが!

Road to fairy

道は拓けた。
おめでとう、相葉廃人。
ありがとう、相葉雅紀(そして草野マサムネ)

それにしても、やっぱりこの人天使だな。

「半分っこ」もすごい。
「半分ずっこ」という言葉も幼い頃に言ってた記憶はある。
しかし「半分っこずっこ」の破壊力はその上を行く。
「ポケット」のことを「ポッケ」と言っちゃうのにもノックアウトだったなあ。

それをもうすぐ34歳の紅白白組司会を務める男性が
狙ったわけでもなく、ごく自然に使うのだ。

難しい言葉や知的な単語じゃなくても
相葉くんの頭の中には思わず笑顔になってしまう魔法の言葉が
たくさんたくさん詰まっていて、嵐くんたちも私たちも幸せにしてくれる。

だってライブの感想と言いつつ、うらあらしの文章には
感想らしき記述はほとんどなかった。
にも関わらず、私は相葉くんのうらあらしに大満足だ。
私が知りたかったのはこういう情報だ。
まさにうらあらし。
嵐くんたちの楽しそうなほのぼのとした空気がそのまま伝わる。

しょーちゃんに謝りたいことも、
真面目に言ってるんだろうけど可愛すぎて萌え苦しい。

だって謝ることなんてなにもないのに
それに相葉くんだけが気がついていないんだもん。

翔さんはきっと相葉くんの食べかけを喜んで口にしたに違いない。

『全部食べられないんだ~?
相葉くんは食が細いんなあ!
いいよいいよ、オレが食ってやるからね。
困ったことがあったらなんでもオレに言いなさい、ね?』


なんてノリノリでチョコケーキにフォークをぶっ刺したに決まってるやん。

そんな翔さんを見て

『しょーちゃんって優しいなあ!
ホントにごめんね、しょーちゃん。
でもケーキを頬張るショーちゃんもかっこいいなあ』


って生真面目に謝まりつつ、翔さんに見惚れる相葉くんがこの世で一番ピュア。

相葉雅紀はきっと妖精になる。
その素質も資格も備わっている。



それと。
相葉廃人には毎年恒例のことなのだが
今年も加速してまいりましたね、ツンデレニノコガネ相葉ハピバ祭りが。

12月の声を聞くと、ニノコガネはアイドリングを始める。
クリスマス商戦の盛り上がりに負けないくらいのボリュームで
相葉雅紀の誕生日に向けてのアピール合戦がスタートするのだ。

任務→誰よりも早く、一番に相葉くんにオメデトウを言う。

早すぎると意味がわからないし誰にもわからないところで言っても意味がない。

一番いいのはWebの一言コメントだけど
うまい具合に順番が回ってこない危険もある。
実際、今回は翔さんに先を越されている。

ライブのMCも彼にとってはいいチャンスだ。

「そういえば、もうすぐ相葉さんの…」

みたいな正攻法で彼がお祝いの言葉を口にするわけはなくて。

相葉くんには必死さが伝わらないよう
だけど周囲には「ワタシが一番ですよ」とアピールを忘れない。

この「相葉くんには必死さが伝わらないよう」という彼の努力だが
相葉くんの方はほとんど意識していないので、ほぼ意味がない。

ニノが街で相葉くんに会ったら、もったいつけて
『ワタシと相葉さんの運命的な出会いについて』と、
壮大なスケールでOPトークで滔々と語るのに
相葉くんにとっては「ニノちゃん、みっけ!」くらいの軽いノリ。

この温度差が最も大きいのが12月なのではないか。

ニノちゃんのハピバ椅子取りゲームはどこまでも続く。
相手が変わろうとも、相葉くん自身が無頓着でも。
当の本人が地縛霊になろうとも。

このメンドクサイ男の絡まったワイヤーを解くのは
魔法の言葉の宝庫、相葉雅紀しかいないだろうな。

良かったな、ツンデレニノコガネ。
ありがとう、相葉雅紀。




  1. tb: 0
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

限度なき「という妄想」

うちのレコーダーが修理で不在のときのVS嵐を
優しいお友達がダビングして送ってくれたのだ。

よりによって、風間ぽんがゲストの日だったので
ホントにショックだったんだけど、こうやって救済してもらえてありがたい。

当日はもんぷちのポンコツHDD(脳とも言う)をフル稼働して
必死に脳内再生をして日記を書いたのだけども
こうやって改めて見てみると色々と取りこぼしてることもあるよね、うん。

でもあまりにも今さらなので、カンタンにまとめちゃうことにする。

まずはパラリンピックの聖火トーチについての相葉くんの反応ね。

「欲しい!」

…なんなの?
あのキラキラの瞳のおねだり上手さんは。
子供みたいな邪気のない笑顔で、あっさり欲求を口にする。
これも風間ぽんに気を許してるからだろうと思うとそれはそれで萌える。
決して相葉くんと風間ポンを腐った目で見てるわけではなく
要はトップとかエスコート男とかがどう感じているのか
その心中を妄想すると激烈に萌えるのである。

こういうときに妙な余裕を見せる翔さんが好きだ。
雅紀くんはオレのことが一番好きだから!と信じているのでしょうな。
それとも風間ぽんをライバルと思っていないのか。
どっしりと構えて鷹揚に対応する翔さんは素敵です。

前回も書いたけど、対照的なのがトップのワンコ
面白くなさそう!
録画で見てもつまんなそう。

しかし私がこのたび気になったのは、メンバーではなく
関ジャニ∞の横山くんの話である。

私の勝手な印象だけど。
横山くんは村上くんと並んで関ジャニ∞の中では
関西色の強い押し出しのいいキャラ設定みたいだけど
実のところ、根暗なんじゃないかと感じているのよ。
TVショーじゃないときは物静かを通り越して地味なんじゃないかとか。
嫌なことがあると、無表情で落ち込んで誰にもなにも相談できないんじゃないかとか。
きっと性格も優しくて繊細なんじゃなかろうか、とか。
心の闇、っていうといい感じはしないけど
一人であれこれ抱えて考え込みそうな子みたいな気がしてるのよ。
ええ、私の勝手な思い込みですけども。

そんな横山くんが嵐の番組に出るといつも感じるのは
相葉くんにとてつもなく懐いているな、ってこと。

相葉が相葉が、と連発するその姿は、西のトップの名に恥じない。
なにかにつけ、相葉くんに絡み相葉くんとの思い出を語り
相葉くんを誘い、オレの知ってる相葉雅紀を公の場で披露する。

横山くんが真夜中に相葉くんに電話したら、ニノちゃんが出て
「死ね!」と言ったという話はかなり有名。
本人たちがラジオで言ってたんだから間違いない。

相葉くんはだけはすっかり忘れてて
「アイツ(ニノちゃん)そんなこと言うかなあ?」
「オレ、そんときいなかったんじゃない?」

と、ド天然発言をかまして
「おったわ!」「オマエの携帯にかけたんやないか!」
と村上くんと横山くんに突っ込まれておりましたけども。

相葉くんにとってはニノちゃんのその手の行動は日常で
「ニノがオレの電話に出てくれた」くらいの認識だと信じている。
このエピ自体が彼らがもっと若い頃の話だし
その頃のニノちゃんは、手負いの野獣みたいに相葉くんを包囲していたはずだ。
(いろいろとおかしな日本語)

まあ、前置きは置いといて。
要するにそのデリケート横山氏が、
風間ぽんの不在につけこんで、相葉くんとご飯行ってるという
風間ぽんからの暴露なわけですけど、
この情報はね、横山氏から直接聞いたんじゃないかと思ってる。
相葉くんはわざわざ言わないと思うの。
思いつかないわけよ。
風間ぽんが留守のときの自分の予定を本人に伝えるってことを。
誘われて暇だからご飯してるけども、特別意識もしていない、と推測される。

だからこれは確実に横山氏による宣戦布告なのだ。
相葉くんを独り占めしてんじゃねーぞ?という警告でもある。

相葉雅紀をめぐる静かなる争い。

気が付いてないのは相葉雅紀本人だけだと。
そして風間ぽんは周囲の喧騒を気にしちゃいないと。

柔らかいなにかに包まれた仲良しの2人。
風間ぽんはわかってて知らんふりしてるんだけど。
人の好さげな笑顔の裏側が案外ささくれてる感じ、いいよね。


根暗疑惑のある横山くん(もんぷち調べ)が相葉くんを好きなのはしょうがないことだ。
相葉くんは心が疲れてる人の抱き枕的存在なんだから。
もう20年近くニノちゃんのライナスの毛布やってるしね。
実績があるのよ、信頼の品質なわけ。

そこに目をつけないわけないよね、横山くんが。

最初っからつけてるけど、ガードが固くてねえ。
なかなか突破できないよねえ。

頑張って~、横山くん。
横やりが入るとニノちゃんが面白いからさ。


そして、余裕ぶちかましてると思われた翔さん
途中からどんどん風間ぽんへのあたりがキツくなってきたね。

ピンボールランナーで噛んじゃったときの突っ込み、早い上に結構な力加減であった。
キッキングスナイパーではメンバー全員が風間ぽんにロックオン。
特に翔さんとニノちゃんの口撃は冴え渡っていた。

こういうときの連携プレー、背筋に電撃喰らってるくらい萌える。

しかし、さすがに相葉くんと仲良しの風間ぽんは耐性がある。
これくらいのオフェンスにはびくともしない。

この関係性、何度でもみたい。
いつまでも見ていたい。


それにしても風間ぽんは穏やかそうだけども
頭の回転が早いし、発言はエッジが効いてるし素晴らしい。

翔さんにしてもニノちゃんにしても、
頭の良すぎる人は相葉くんのことが好きだなあ。

相葉くんのウソやごまかしのない真っ直ぐさに惹かれるのかもね。
小賢しさとか無縁だし。


ああ、なんて楽しい誇大妄想。
どうか、こんなワタクシをお許し下さい。




  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

図々しいお願いの巻※追記あり

こちらに寄ってくださっている皆さま、いつもありがとうございます。

本日はたいへん図々しいお願いがありまして
思い切って記事を書いている次第であります。

もうすぐ名古屋ライブですね。
巷の噂によると、限定バッジのグリーンは名古屋のようです。

そこで本題ですが、どなたか名古屋の限定を代行購入してくださる方を募集致します。

お恥ずかしい話、長くブログをやってる割りに交友関係が広くないワタクシ。
名古屋のグッズ販売代行をお願いできるお友だちがいないのです…


もんぷちに限定バッジを買ってもいいという方がいらっしゃいましたら
非公開コメントか拍手コメントにて連絡いただけたらと思います。

まことに申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


もんぷち 拝



深夜にアップしたこの記事に、早速レスを頂きまして
なんとか限定が手に入りそうです。
声をかけてくださった方、ありがとうございました❗
後ほど返事を書かせていただきます。

というわけで、一旦〆とさせていただきます。

ありがとうございました❗


もんぷち 再拝



  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

エンタなクライム

本当に今さらだけど、日経エンターテイメントがすごかった。

79ページの全身ショット、どうしたこと?
修正されてるのかしら?
そんなわけないよね~、ファッション誌じゃないんだから。

と、疑ってしまうくらい相葉雅紀の脚が長い。

膝下が長い、すこし脚を曲げているのにそれでも長い。
もちろん腿も長いし細い、股上の生地が余りまくってるのも良い。
腰の位置が高い、がむしゃらにウエスト位置を上げてるわけでもないのに高い。
胴が短くて幅が狭く華奢だ、薄い肩でジャケットを支えてる。
お顔が小さい、この人何等身なんだ?そもそも何人だ?
おまけに腕も長い、繊細そうな全身に比べると少し節のある手がエロい。

この線の細い痩身の彼が「理不尽も受け止めて」前進しているんだよ。
あんなに楽しそうで毎日はっぴぃに見えるけども
苦しいことや悔しいことも乗り越えて受け止めて
あの細い体の中で受けた毒をロンダリングして、
キラキラの笑顔だけを振りまいてくれるんだよ?

生き馬の目を抜くゲーノーカイで、あの天使が天使のままで
しかも私たちファンが予想している以上の結果を出して
さらに高みに昇ろうとしているなんて、感慨深いにも程がある。

「an・an」のピン表紙を目標にしていた頃が懐かしい…。

もちろん、相葉くん本人がおごり高ぶったりしない人なんだから
私だって初心を忘れたりはしない。
ピンの表紙を、ドラマの主演を…いや主役じゃなくてもいいから、とか。
夢を見ているときもそれはそれで楽しかった!

今は、アパレル系のCMが来ないかなあって願っている。

願ってて、叶ったから。
叶ったんじゃなくて、相葉くんが努力で成し遂げたんだけど。

なにしろ相葉くんって『感じがいい』からね。
この『感じがいい』って、簡単そうで難しい。
愛想を振りまいても、心がないとすぐに化けの皮が剥がれる。
そんな上っ面に誤魔化されるほど世間はアホではない。

知に働いて角を立てるわけでもなく
情に棹さして流されることもなく
当然だけど、意地を通して窮屈になる訳もなく
ただひたすら自然体に、自然体の中に真の思いやりがあるからこそ
『感じがいい』というシンプルな印象を与えるわけだよね。

だからCMのお話もたくさん頂いて、二連覇しちゃうんだよね。
雰囲気の柔らかいけど芯がしっかりしてるから説得力もあるってもんだ。

こんなに素朴でいい子なのに、この現代的なスタイル!
アンドロイドとかフィギュアみたいな人工的な造形美と
昭和の人情を感じる人の好さと爽やかな内面を兼ね備えた人。
なかなかいないよ、絶対にいない。


さて、本日の「VS嵐」

丸い…丸いですなあ!
相葉雅紀の後頭部。

髪がどんどん短くなって、おぼっちゃま風にまとまってるのは
紅白仕様ってことなのかしら?
お行儀が良さそうに見えるし、好感度ももちろん良いでしょう。

だけど、ぜひ来年はもう少し髪型で遊んでね!

バルーンシューティングのお楽しみはその後頭部。
相葉くんを後ろから眺める機会って少ないので
このゲームは結果なんかどうでもよくて、
常に相葉くんの後頭部と背中を見てる。
他のメンバーとの肩幅や厚みの差とか、首の細さも確認できる。
相葉くんのつむじの位置って理想的で、
頂点から美しい放物線を描いて髪が流れている。
いつも右足を少し後ろに構えるポーズも凛としてて素敵だ。

クリフクライムは櫻葉コンビ。

相葉くんの華麗なクライム、ご覧になった?
サルエルなのに脚の長さがあんなにはっきり分かるなんて。
日経エンタのグラビアはやはりリアル等身なんだな~。

クライムするときに、顔を上げて上を見ると
丸い後頭部がますますまるっと突き出て
髪もふんわり円を描いて、こんなに小さくて可愛い頭部、見たことないわ。

その可愛さと裏腹に、細長い脚は岩に食らいついて登っていく。
その力強さがあの細腕から生み出されるなんて信じられない。
ポイントボタンも長さを活かして確実に押していく。
ひらりひらりと舞うようにグリップを掴んで壁を移動していくさまは、まるで無重力。
華麗なゼログラビティクライムを見せてくれる。

クライム師匠は別の意味ですごかったけどね(笑)


FNS歌謡祭は週末にゆっくりリピする予定!
ベルベット王子にうっとり、のもんぷちの脳内はまた後日。





  1. tb: 0
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

萌えの渋滞、妄想の台風

遅ればせながら…なのだが「MORE」の話。

表紙の相葉くん、髪色髪量が理想的だわ。
これはいよいよギムナジウムの空気を醸し出す品の良さ。
ロイヤルな笑顔は冬だというのに春の演出。

でも一番のお気に入りは42ページの斜めのアングル。

ま、まつげ…ながーーーー!
まさかとは思うけど、ビューラーなどという女子のアイテムをお使いではないよね?
いや、ないよね。
なのに、くるんと上に巻いたようなまつげは
幼い子みたいなあどけなさがあるじゃないですか。
しかも黒目しかないし。
白いとこないよね?
オセロならもう絶対に負けてるもんね。
こんなに黒目がうるうるに瞳全体を占拠して
この瞳に見つめられたら、どんなお願いだって聞いちゃうでしょ?
いや相葉くんはそんな無理なお願いをする人じゃないんだけど
願ってもないことでも叶えたくなるほどの威力があるでしょ?ってことね。
どんなに長い間一緒に過ごしていても、
底知れない潤んだ輝きに慣れることなんでできないでしょ?

でもって隠れた主役は後頭部だよね。
丸く膨らんだあのライン。
何度も言うけど、大和の人ではありません。
クレートブリテンの香りが漂います。
こんなふうに奥行きのある頭蓋骨の持ち主が
平たい顔族で有名な日本人なわけがない。

この上に向かって丸く突き出た頭蓋骨があるからこそ
相葉雅紀のサラ髪はどんなスタイリングにも
なんなら寝癖さえもスタイリッシュに決めてしまう。
そしてテレビ雑誌という二次元のツールを通しても
平たくもなければのっぺりもしない
シュッとしてシンプルなのに美人さんのあのビジュアルを作り上げるのだ。

こういう人、イートン校にいるんじゃないの?
おばあちゃまとお母さまが日本人でおじいさまとお父さまが英国人。

Timeの頃のロングパーマヘアの相葉くんがフランスの青年なら
前髪に厚みを持たせたショートスタイルは英国紳士っぽい。
濃い色味の細身のスーツにマントスタイルの上着がお似合いなのではないかしら。

ファッション誌って本当にいいもんですなあ。

ちなみに、コンセプトの「トナリの嵐」だけど
私のようなタイプのファンには全く刺さらない(笑)

例えば、相葉くんの隣にいるのは…と妄想するなら
お相手は翔さんか松潤か…色気抜きでいうとニノちゃんか。
自分が主役ではない。
そんなの全然萌えないし楽しくない。
それが腐女子の心意気だ。


今日のVS嵐、萌えの大渋滞だった。


ここから以降は、猛烈な妄想が渦巻いております。
台風で言うなら910ヘクトパスカルくらいの低気圧。
お得意ではない方は回れ右してくださいね。







OPトークのにのあいニアミス事件簿。
なにはともあれ、ニノちゃんが楽しそうです。
なんなら予定を合わせて歯医者に向かったんじゃないかってほど
「偶然」を強調しつつも、嬉しさが隠しきれないTOP。

無断で写真を撮るのをやめてほしい、と言いつつも
相葉くんが携帯を向けたらいつもの「キラッ☆」のキメ顔をしちゃってるんでしょ?
歯医者さんにも仲がいいいう共通認識があるってことを
ここぞとばかりに自慢げにぶっ込んでくる。
途中、松潤が「一緒に来ねーだろ!」とたたっ斬る。
…あら、ヤキモチかしら?
無駄に余裕がある翔さんと違って、末っ子は我が強いのね(笑)

次のエピソードも萌えたねえ!
エピ自体も萌えるんだけど、その話をしてる翔さんと
頷きながら聞いてる泣き虫の2人の視線とかいろいろ意味深で
相葉くんとお相手ツートップの関係性を大いに妄想させていただいた。


まず、お気に入りのジャージについて語る翔さんね。

関係ないけど、相葉くんの衣装が可愛くて~。
編み込みのベストを着てもあの薄さ。
髪型もMORE同様、前髪のボリューム感がたまらない。
ハーフパンツから生えた足も小枝のような頼りなさ。
肉感、というものがまるでない。

あ、翔さんね。
松潤に促された始まったジャージの話だけど
最終的に「相葉さんからのプレゼント」のことを翔さんに言わせかったの?
OPトークで得意げに相葉くんとのエピを語るニノが羨ましかったから
自分でぶっ込んじゃったのかしら?

人の好い翔さんは、あっさり乗っかってジャージトークスタート。

「ファッションリーダーは違うよね」と相葉くんを持ち上げて
(内心『オレの雅紀くんはセンスがいいし、アンテナが高いから』ってね)

「相葉くんが、松本くんに、誕生日プレゼントであげたやつなの」

そう語ってる翔さんをじっと見つめる相葉くん
その相葉くんをしっかりロックオンする松潤


「そう…」と頷く相葉くんは翔さんを見てるのに
松潤の熱い視線は一向に相葉くんから離れない。
『雅紀、こっち向けよ』と目が語ってる、口元が歪んでる。

これが私の願う、葉泣き虫の関係かも。

無邪気な翔さん、虎視眈々の松潤、無意識の相葉くん

ツアーの楽屋で3人が色違いで同じジャージだったというオチに
「仲いいの!」とほころぶ相葉くんと、爆笑のスタジオ。

とは裏腹に、そのちょっと前からジャージの話自体を全然聞いてない人が一人。
ええ、孤高のTOP、ツンデレニノコガネ氏です。

面白くなさそう…とまではいかないまでも、ほぼ無表情で矢を筒に詰める作業に没頭。

…なんてわかりやすいのかしら!
さっきまであんなに楽しげに相葉さんとの歯医者トークに興じてたのに。

その点、翔さんは打たれ強いというか耐性があるよね。
一筋縄ではいかない相葉くんとの関係を、
根気よく距離を詰めて「しょーちゃん、カッコいい」と言わしめるまでに好転させて。

絶対的な信頼と圧倒的な安心感を感じさせる存在に成長。
翔さんの努力、頭が上がりませんな。


ええ、すべて妄想ですけど、…なにか?






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック