FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. tb: 0
  2. cm: 1
  3. [ edit ]

相葉雅紀を巡る「という妄想」

気のせいかもしれないが、ここのところ二宮和也さんの
相葉雅紀への、ツンとしてデレな愛が止まらない。
ツンデレニノコガネの絡まった愛のエピソードが耳に入ってくるのよね。

ニノちゃんの相葉くんへの思いってのはなかなか歪んでて。
(はい、始まりましたよ。「という妄想」でございます)

ひとつ前のエントリにも書いたとおり、
自分しか知らない相葉雅紀を自慢したいと思ってる。
可愛かったり優しかったり、男気もあのに無防備で色っぽい。
謙虚で奥ゆかしくて無垢な魂を持ってて
ときには隠し持っている飛び切りの知性で場の空気を守る。

パブリックイメージのその上を世間に向かって
声を大にして言いたいに違いないのだけども、
二宮和也はいつでも警戒を怠らない相葉雅紀のトップ担。

相葉くんの良さはアピールしたいが、
ある種の色っぽさはブルーシートで覆い隠しておきたいのであろうな。

あの人、放牧するとあちこちで「篭絡」しちゃって
敵がどんどん増殖しますからねえ…

ってなわけで、自慢したいが自粛も致し方ない。

二宮和也、魂の葛藤!

そして、相葉くんの世界が広がりすぎるのも実は怖い。
ずっと自分だけの相葉くんでいてくれたらいいのになあ…
という本音中の本音は胸の奥底に鎖でぐるぐる巻きにして仕舞ってて。

お仕事の幅が広がって、人見知りだった相葉くんの付き合いが増えるのは
例えアカデミー主演男優賞を獲った人間ですら止められない。
本気で止める気もないからそれは構わない。

構わないけども、気になるのがニノゴコロというヤツだ。

それでもニノちゃんには絶対的な自信がある。
相葉くんはどんなときでも自分を最優先にしてくれるって。

しかし、足下はいつでも不安定で。

相葉くんを独り占めしたいけども
相葉くんの良さをみんなにわかってほしい。

二宮和也の憂いには奥行きがある。

それは相葉廃人の心情にかぶるところがあるからかもしれない。
相葉くんの良さが知れ渡って欲しいような、怖いような…。

やっぱりニノちゃんは私たちの師匠だなあと感じるわけです。


その点、松潤には余裕がある(「という妄想」ですよ、もちろん)

相葉くんがフラフラしてんのは今に始まったことじゃないだろ?
ちょっとゆるいくらいの方が色っぽくてオレは好きだけどね。
ニノは相葉くんに関しては独占欲が強すぎるんだよなあ。
もしさ、誰かに持っていかれちゃっても、連れ戻せばいいんだろ?
そんなの簡単じゃん。
だってオレって嵐だよ?
相葉くんにとって嵐以上に大事なものってないだろ?
その上、オレが誘ってんだぞ?
相葉くんが好きなものとか居心地のいい空間とか
そういう演出、オレめっちゃ得意だからね、言っとくけど。
だからぜーんぜん心配してないなあ。
むしろ色っぽくなって帰ってきてくれたらさ、願ったり叶ったりじゃん?


こんな松潤は、ニノの内心の心配を見抜いてて
知らんふりしながらも面白がって煽ってりして楽しんでそうな。
根は真面目だけど、相葉くんに関しては付き合いの長さから耐性がついちゃってて
つかず離れずが精神的にちょうどいいってわかってるのかもね。

というくらい男前であってほしいのよ、松潤には。
スイッチが入って誘うときだけバリバリMJでカッコつけて欲しい。
でも普段は余裕ぶっこいてて欲しい。

それでこそ嵐のジゴロ(暫定)なのではないかと思うわけだ。


んで、一番平和なのが翔さんでしょうなあ。

彼の愛はいつでもストレートだ(ハイ、本日3回目の「という妄想」ですよ)

TVショーの収録であろうと、グラビアの撮影であろうと
彼の相葉くんへの溺なる愛(こんな言葉は存在しません)は
止まらない止められないダダ漏れなのである。

ユニバーサルマナー検定は満点で合格しちゃう優秀な翔さんだけど
紀元前の昔から、優等生というものは天衣無縫な自由人への憧れを胸に抱き続けているものだ。

斯く言う翔さんも例外ではなく。
テストの点数や積み重ねた知識では太刀打ちできない瞬発力のあるレスポンスや
ミラクルを巻き起こす活きのいいリアクションは、尊敬に値するのではないか(という妄想)

オチが見えないときも、相葉くんのど天然発言と
無邪気な笑い声がその場の空気を救ってくれることを翔さんは知っている。

一方、相葉くんは相葉くんで、翔さんを頼ってるし尊敬してて
その圧倒的な信頼関係って、見ていて気持ちがいいもんだ。

嵐の…というかJ事務所を代表する知性派の翔さんは
アイドルとして報道の世界を切り拓いたパイオニア。

そんな翔さんを、素直な相葉くんが「カッコいい!」と素直に感じないわけがなく
翔さんもきっとそれをわかっているからこそ、日々また精進するんだろうな、と。

この美しい尊敬と信頼の連鎖。

…の中に、翔さんのデレたる愛が詰まっているわけよ。

今日の相葉くんも!
いつでもそうだけど、毎回激的に可愛いなあって思っちゃうわけよ。
そりゃしょうがないよね。
33歳にしてあのピュアさ…奇跡だよ、ホントに。
相葉くんが見えない角度にいても「うふふふ」って可愛い笑い声が響いててさ。
それだけで幸せ感じるオレって、普通に単純。
焼酎と刺身と相葉くんがいればオレの人生オッケーなのよ。
あ、なんなら刺身はいらないよ?
相葉くんの黒目を肴に飲めちゃうかもね。
ニノには、いちいちデレデレしてんじゃないですよ!って
よく叱られちゃうんだけど、そりゃしょうがないよ!
抗えないよ、オレ。
天使の可愛さには流されようよ、逆らうのやめよ?
そもそもニノは警戒心が強すぎると思うんだよなあ。
相葉くんがフラフラ他のヤツについていくわけないじゃん。
だって相葉くんってオレのことが大好きなんだよ?
離れるわけないと思うんだよね。


なんつって、実におめでたくも楽観的な嵐の賢人翔さん。

モニターから無尽蔵に流れ出る翔さんの、ツンの欠片もないデレの数々は
相葉廃人の心に刻まれ、時に舌打ちをされることもあるが
概ね生あたたかく見守られているのである。


という、ある意味純粋な腐れ妄想。
こういうのが一番楽しかったりするわけだ。






スポンサーサイト

  1. tb: 0
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

5人のan・an

メンタルの修行をしている間にもアラシゴトは欠かしてはおりません。
ブログを更新する気力がなかっただけで。


というわけで今更の「an・an」

嵐全員の表紙、フォーマルでおすましな5人が美しい。

誤解しないで頂きたいんだけども
嵐くんたちは5人ともそりゃあ可愛いしカッコいい。

しかし、例えばイケメンの条件として挙げられる
高身長だったり、鍛え上げられた筋肉美とか
整いすぎた美形揃いかというと、そこは少し違うような気もする。
そこは売りにしてないというか。

いや、もちろん十分カッコいい。
だけどアイドルってカッコいいだけじゃなれないし。

アイドルの条件ってイケメンの条件とは全然違うと思う。

アイドルになにが一番必要かって話になると
それは「人それぞれ」ってことになると思うんで。

その人に合ったアイドル力。

ギャップでもいいし王子モードでもいいし
可愛いキャラでもおバカ系でも演技力でもいい。

人としての総合力と地道な努力と素直さ。
もちろん華がなくてはアイドル業は務まらないし。

嵐くんたち5人には、それぞれ個性のあるアイドル力に加え
5人揃ったときのお互いを打ち消さないソフトな団結力がある。

だから美しいのね、この表紙は。

足りないものはないが満ちすぎてもいない。
最高のバランスのお手本のようだわ。


で、なんつーても相葉雅紀くんですけども。

単体で見たときの全身バランスが最強。
小さな頭部からひとハケで描きおろしたような顎までの綺麗なライン。
輪郭は左右対称のようだけど、目の形が少し違ってて
その絶妙な引き算が、相葉くんの表情に味を与えていると思う。
設計図で描いたような等間隔だったら絶対にあの柔らかさは出ない。
唇を引き結ぶと自然に上に持ち上がる口角は笑顔がいい人のお約束。
シャツのカラーと首の間にしっかりと隙間があって
きっと袖丈を合わせたサイズだと首周りがゆったりしすぎちゃうんだろうな、とか
首という首(手首とか足首とか)で華奢さを再認識させてもらう幸せ。


グラビアは仲良さそうに談笑するたくさんの嵐くんたち。

リーダーとのふんわりツーショットも可愛らしいが
松潤との肩組みショットは麗しすぎてある意味罪。

なにしろ相葉くんの脚が、ボトムの中で泳ぐ程細くて痛々しいほど。
しかしワタシは「痛々しいほど痩せている」というワードが
「カツ丼大盛りクリーンピース乗せ」よりも好きなので。

細さに胸が痛むなんて、こんなに萌えることがあるだろうか?
この胸をえぐるような萌えを、信じられないことに
相葉雅紀は20代後半になってもアラサーになっても私に差し出してくれる。
本来ならティーンの男子が担うべき庇護欲の芽生えをも与えてくれる。

いつまでたっても相葉雅紀の全身で「痛みたい」ものです。

そして企画は「嵐とめぐる時代の旅」

90年代ファッションに身を包んだ相葉くん…。
ポケットに手を突っ込んだポージングで、脇にあの空間が生まれるなんて。

横から見て薄いことは十分わかっていた。
しつこいくらいこちらでも語らせてもらっている。

しかし正面から見てもこの薄幅。

服を着てる状態で脇に空間作ってるけどさ
服の記事も余りに余っていらっしゃる。
じゃあ実際はどんくらい細いのか。

おまけに二の腕パトロールの結果も良好。

筋の浮いた肘から手首までのサイズと
二の腕のサイズがほぼ一緒というのが私の理想なので

ああ、そうか~。
本体が細いだけじゃなくて、腕も細いから空間が生まれちゃうのか。

このタイトなラインは腰と腕のマリアージュなわけね。


座談会での、泣き虫さんたちはどうしたことだ。
泣き虫さんというか相葉くんだけど。
どうしてそんなに松潤を可愛がりたくなったのか。
ニノちゃんからの負のオーラには気が付いてないのか。
翔さんが不本意ながら「訂正させていただいて」いることがスルーか。
相葉くん、松潤とくっついちゃいますか。(なんの確認?)

座談会のラストあたりでちょっとヒヤヒヤしちゃったんだけど
頼むから相葉くんにヌード系のオファーなんかしないでくださいね。

私のような「痛々しい細さ」を愛する女性はマイノリティだということは自覚している。
もしも「an・an」で相葉くんが脱ぐとしたら、確実に「マッチョ」という
世の中の90%の女性がキラキラしちゃうお題を与えられるでしょ?
マッチョな肉体美ってのがゴールになっちゃうんでしょ?

ないないないない!
それだけはやめてくれ。
さっき書いたとおり、相葉くんが私に与えていいのは
「痛々しいほどの…」という枕詞がつきそうなコンパクトボディだ(発音はケイン・コスギで)


嵐くんとは関係ないけど、私にとってan・anとは
甲田益也子さんと江角マキコさんだ。
もちろん江角マキコさんは、当時まだ女優さんではなくて
an・anでよく見るクール系のモデルさんだった。
くればやし美子さんと小泉薫さんも好きだったなあ。



これも今更の「嵐にしやがれ」北海道デスマッチの回。

毎度お馴染みのデスマッチクイズだけど
お隣に立つのは北海道のスターとはいえ、
わりと普通サイズの大人のおじさん(意味不明)

相葉くんが小さく見えたなあ!
いろんなとこの造りが上品に、なおかつ繊細に仕上がってるなあと。
女性ゲストのときは「負けてないなあ」と感じることさえあって
私の相葉廃人フィルターの精度も大概だなと思うわけよ。

代行調査はなかなかの難問。

櫻井翔恐怖症のお嬢さんもお気の毒だが、ご家族も悲劇よね。

しかしアプローチの距離感に性格が出るねえ。
相手の空気を読みつつ、少しずつ距離を詰める相葉くんに対し
わりと強引に行っちゃう翔さんは想定内ではあったけどね。

しかし一番のポイントは、ひたすら翔さんを褒める相葉雅紀、じゃないかしら?
こんなに公の場で公共電波を使って、櫻井翔くんを褒め倒す…
というか、完全にノロケに聞こえたよね。
キレイななで肩って、そりゃ私の相葉廃人フィルター以上のベタ褒めだろ。

あのお嬢さんのお手紙にも、相葉くんが翔さんの優しいところを教えてくれた的な記述があったよね?
はっきりは見えなかったけど、文脈からそう取れた。

う~ん、どうした?相葉雅紀。
最近積極的ですなあ。

こりゃ、裏でもこういう相葉雅紀でお話を書くときが来たのかな?
押し倒しちゃうか?(ヲイ)




  1. tb: 0
  2. cm: 7
  3. [ edit ]

二宮解説員による相葉雅紀分析

ちょっとご無沙汰になってしまいました。

熊本を震源地とするこのたびの地震。
もんぷち地方も多少揺れましたが、被害はありませんでした。

LINEやコメントでご心配くださった皆さま、ありがとうございました!

被災された皆さまが一日も早く日常を取り戻せますよう
心よりお祈りしております。


いろいろありまして、ブログを書くほどのテンションが保てず
なんとなく放置になってしまったわけだが
アラシゴトは日々待ってはくれないのであって。
ぼんやりしてる間にも(ぼんやりはしちゃいないが)
どんどん新しい相葉雅紀が発信され、萌えのフィールドを埋め尽くす。

ありがたい話じゃないの。
メンタルを削られても、即修復してくれる相葉雅紀の癒しのポテンシャル。

なにがあっても相葉雅紀が存在する限り頑張れる。
それが相葉廃人の心意気というものだろう。


今日の「VS嵐」も安定のラブリーさ。

いや、相葉くんのラブリーを語る前に
相葉解説員としての二宮和也の圧倒的な存在感に触れなければ。

「チームワーク対決」がレギュラー化した当初から
相葉雅紀の回になったらこうなるであろうと
8億5千万人の相葉廃人が予想した通り我らがトップ担は、
控えめながらも相葉雅紀の行動について意気揚々と口火を切る。

「基本バカだから」

このセリフは、二宮和也にしか言えない、言っちゃいけない。
自分でもそれが分かってて、一番に「バカ発言」をブチ込む。

そして世間に、相葉雅紀単純おバカ説をまことしやかに垂れ流す。

しかし二宮和也は知っている。
もちろん8億5千万人の相葉廃人だって合点承知の事実であるが
相葉雅紀は、芯の部分では単純でもなければおバカでもない。

二宮和也が頭脳犯であるのはこういうところで
まずは自分で「おバカ説」を発信しておきながら
あるときは滔々と相葉雅紀デリケート説を並べ立てる。

相葉雅紀という人が、いかに奇跡の存在であるかということ
単純なのではなく純粋であり
おバカなのではなく無垢な天使であるということを

Jr時代からのエピソードを混じえ
自分しか知らない「生のままのピュアな相葉雅紀」を
5人が揃う冠番組ではなく、ピン仕事のときに語るのだ。

オレだけが知ってる相葉雅紀、教えてあげましょうか?
皆さん、知らないでしょ?
天然のおバカさんだと思っちゃってるでしょ?
まだまだマニア度が足りませんね。
まあいいでしょう。
少しくらい教えて差し上げても、オレの中の相葉さんは減りませんからね。
むしろ日毎に増していきますよね?
だってオレって嵐だから。
毎日嵐で毎日相葉さんの相方なんですよ。
増えちゃうんだよね、オレの相葉さん。
だからファンの皆さんにもね、おすそ分けしちゃおうかな、うん。
ワタシね、そういうとこあるんですよ。
大盤振る舞いってやつね。
翔さんみたいに「もったいなくて出せないじゃん、こんな可愛い相葉くん」とかね
そういう小さいことは言いませんよ、ええ。


とか思っちゃってるんでしょうね(という妄想)

翔さんが「(オレ、相葉くんの行動ってホント読めないよ。
もしも読めてたらこんなに苦戦してねーもんなあ!)
知らねーーー!」
と悩んでる反対側で
「相葉さんは一番上から…」と、彼にしかできないオレオレ推理を披露。

そしてやっと2問目で正解して、抑え気味の自分GJだもんね。

「きゅうりのお漬物」を当てたときのニノワンコの歓喜の様子、ご覧になった?
叫びそうな自分を必死に抑えつつ、腕を伸ばすだけにとどめ
それでも顔がニヤけるのを止められない。

このトップ担がいるから、相葉廃人がいる
と言っても過言ではないのではないかと感じる(過言っぽいけど)


それにしても…
ブーーー!と不正解のブザーが鳴るたびに
嵐チームの席を見てキョトンとする相葉くんのラブリーなこと。

横顔がとても綺麗。
鼻筋という単語は相葉くんのためにあるんだなあ。
鼻にちゃんと筋があるもんね。

正面から見た笑顔の健全なキュートさと
横顔の憂いを含んだ艶のあるラインと
めくる度に鮮やかに変化する美しいパノラマのようですな。


久しぶりだから少しだけ…と思って書き始めたのにもうこんな時間だ(笑)

来週からはまたいつものスタンスで更新できたらと思ってます。
また遊びにいらしてくださいませ。
よろしくお願いいたします。




  1. tb: 0
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

嵐シェアハウスで…(という妄想)

私にしては珍しくフレッシュな話題から。

今朝の(もう今日じゃないけど)ズムサタの小悪魔発言には
腰が抜けそうになった。

この春新たに挑戦したいことというお題にて。

「5人で一緒に住んでみる?」

…ですって!

どういう発想なんだろう?
春から挑戦したいこと、でなぜ「嵐のシェアハウス」を提案するのか。

思えば彼はいつもこうだ。
他の4人が絶対に思い浮かばない奇天烈なアイディアを自在に生み出す。
そして「絶対に流行らないルールを作る」のも得意。
(この発言はMMDAでニノちゃんが相葉くんに言ったことだけど
さすがの相葉担、言い得て妙だわ、当たってるわと膝を叩いた覚えがある)

嵐のいいところは、その相葉くんの頓珍漢な提案を一蹴しないこと。

現実的っつーか真面目一筋の松潤は
ディテールにこだわりつつ、その提案がどこまで可能なのかを精査する。
洗濯はどうするのか云々よりも、気にするところはありそうなのに
もうそこに話が飛んじゃってるし、まずは家事のことっていうのが面白いし。

そして個室があるならできそうだ、と乗ってみるニノちゃん。
そりゃそうでしょ?
この人、多分ほとんど自室から出ないと思う。
食べることにも興味ないし、風呂とトイレとゲームがあれば
一人であろうがどうでもよさそう。

でもねえ、シェアハウスとなるとニノちゃんの大好きな相葉くんがいるもんね。
「この人洗濯物のたたみ方が決まってるんですよ」だって(笑)
なんでそんなこと知ってるんでしょうなあ。

「相葉さーん、ごはんまだ?オレ腹減った」

自宅にこもってゲームしてるときは、適当に出前を取るのに
相葉くんちに来たら、なにがなんでも相葉くんに手料理を振舞われたいワンコ。
そして後日どこかの番組でサラッと(サラッとしてるつもりなのは本人だけ)
「相葉さんの生姜焼き美味いですよ」
「相葉さん、お刺身もできるのよ」

って、日々のエピソードとしてぶっこむ気満々なんでしょ?

「ゲームでもして待っててよ」

「ご飯の食べてから相葉さんと対戦したいんですよ、ワタシは」

つーて、手持ち無沙汰なもんだから
ソファに放り投げてある洗濯物を引きずり下ろして
ちまちま畳んだりしちゃったのかな?

そこへ、出来上がった料理を手にして相葉くんがやってきて。

「あ、ニノ~。
Tシャツは三つ折にしてよ~」


「は?はぁぁぁぁぁぁ?
ワタシがたたんであげたのに?
その言い草、なに?」


「ああ、ごめんね。
ダンスに入れるときにちょうどいいサイズがあるんだよね」


「あーーー、傷ついた。
はーーーー、ショック!」


「ごめんごめん。ありがとね」

「ダメ。
お詫びに今日はオレを相葉さんちに泊めること!」


「はいはい、いいよ~。
ニノちゃん、壁側ね。
寝相悪くて落っこちちゃうから」


みたいなね!
月に1回はこんなことしてると思うのよ。
だからシェアハウスなんて願ったり叶ったりでしょ?(という妄想)

タクスィーで移動しなくても相葉くんと一緒に寝れるんだよ?
コントローラー握ったまま寝落ちもありだよ。
ニノちゃん、良かったなあ。

「それだったらいけるかな、別にオレは」

なんて、強がらなくてもいいのよ。
フレームアウトしてるけど、ブンブン振ってる尻尾、
全国のにのあい親衛隊の皆さまにも見えてたからね。


そんでもって、こういう「たられば」企画に一番抵抗するのが翔さん。

なにしろ、家にいないそうなので。
休みの日でも自宅でゆっくり…みたいなことは絶対になさそう、この人。
スケジュールを決めて合理的に動くのが好きなんだよね。
止まると死んじゃうマグロみたいなもんでしょうね。

あくまでも仮定の話にも関わらず「洗濯」の話題が振られちゃってる時点で
「家事当番」をどうするかってことを決めようとしてるんだよね?
で、気配に気づいた翔さんが「オレはほとんど家にいないよ」と逃げ腰なわけ。
そこは逃がさないよね、嵐の皆さまは。

いやいやいや、みたいな流れに「夜は帰るよ?」と譲歩の姿勢。

「夜は帰る」んだね。
そうだよね?
こっそり相葉くんのお部屋に忍び込まなきゃいけないもんね!(という妄想)
(あれ?しかも私、こんな話を裏ブログで書いたな…)

「門限決まってるんですよ」

一番門限を守りそうにない松潤からまさかの「門限発言」

でもね、わかる。
シェアハウスを始めたら松潤はきっと寄り道せずに帰ると思うのよ。
ときどきは遅くなるかもしれない、けども「相葉くんが待ってるんだ」と思い出すと
きっとおうちに帰りたくなっちゃうんじゃないかな~。
正確に言うと相葉くんは誰のことも「待たない」と思うけどさ。
妄想力過多でロマンチストな松潤はきっと「待たれてる」自分に酔うんじゃないか。
しかも相手は相葉くんだし(という妄想)

番組企画としてオファーがあればやるという5人。

どうですかねえ、テレビ制作会社の偉い人。
正月SPあたりでさ、3日間くらい嵐くんたちを一緒に住まわせるってのは。
カメラマンプラス定点カメラでその様子を撮影してさあ。

…地獄だね、嵐くん(笑)


で、しやがれ本編。

見どころはあれこれあったんだけど
まずはマツコ女史に対する相葉くんの砕けた態度ね。
ドラマで共演したからだろうか。
あのときはマツコ女史が猫役だったけど、
役を離れると相葉くんがにゃんこちゃんのようだ。
つかず離れずで、でも心を開いちゃってる感じ。

普段はオネエの皆さまにドン引きして固まってることが多い相葉くん。
マツコ女史にだけは自然体で接しててホッとしたわあ。

でもね、一番のポイントはやはり「ピザ生地のばし対決」

はい、キタ!
今日の二の腕パトロール!

春らしいデニムのジャケットもタイトなラインが素敵だったけど
エプロン男子になって、Tシャツ姿で腕を披露してくれて。

ごっつぁんです!
二の腕、いただきます!

ふむふむ…今日の二の腕はどうかな?

ゲストのお嬢さんが「ホントにピザを食べたい」らしいからと
意気込みを語る相葉くんの二の腕は今日も細くて美しい。

骨が細いわけじゃないのよ。
骨格はゴツくはないけど、骨自体は普通サイズなんだと思う。
そこにうすーくお肉とか筋肉とかが貼り付いてて
肘から下と肘から肩までの太さがほぼ均一であるという
ノースリーブで腕を出すためのパリコレモデルのような仕上がりね。

筋トレに余念がない相葉くんだけど
腕の太さには今のところ問題はないみたいで一安心。
Tシャツの袖の余り具合も以前とさほど変わりないし。

(大理石のキッチン台に手をついて羽鳥氏に話しかけてる相葉くんを
一時停止したままこの記事を書いています)

この人、腕もいいけど横顔は絶品だわ。
鼻の形がいいし、嫌味じゃない程度のちょうどいい高さで
日本人の骨格にしっくりくるギリギリの高さだと思う。

おまけにエプロン男子でしょ?
後ろで結んだ紐のあまり具合、どうよ?

しかーーーし!
実際に生地を伸ばし始めると、突然筋肉が現れたよね。

さっきの細さは幻か?
もちろん普通よりは細いんだけどポコッと出たよね、二の腕に。

相葉くんってこういうとこあるよね。

クシャっと笑顔で可愛いとこ見せといて
次のページでいきなりシャープな視線でザックリ斬るグラビアとかね。

出たり引っ込んだり、緩急の落差が激しいのね。

ロールアップしたボトムから、折れそうな足首も拝めたし。
しやがれSP、楽しゅうございました。




  1. tb: 0
  2. cm: 3
  3. [ edit ]

バスケなグッと!マスター

テレビ誌にステキなグッと!マスターがズラリ。

マスターというポジション柄、シャツにジャケット、ネクタイという
パリっとしたスタイルが多くて、それもありがたい。

バスケットをしてるグラビアは、シャツの腕まくりが実にいい。
うっすら筋肉、でもマッチョじゃない。
二の腕パトロールだけじゃなくて、腕全体の監視も怠りなく行うワタクシ。

まあまあだな…(誰なんだ?)

ジャケットを脱いで、シャツの袖をまくりあげてバスケしてる様子は
入社3年目くらいのサラリーマンが、
営業の帰り道に公園に転がってるボールを見つけて
「オレ、バスケ部だったんだよね」とドリブルを始めちゃったって感じ。

同じく脱いだジャケットを肩に担いでいた同僚のニノミヤくんが
「え~、マジでぇ?オレと一緒で野球少年って言ってたじゃん」
と疑いの目を向けるわけですが…。

「それは小学校のときね。
中学ではバスケで結構いいとこいってたんだよ」


「ふぅん…
じゃあ、証拠見せてくださいよ。
相葉さんって、あれこれくだらない話はよくするけど
どれがホントのことなのかイマイチわかんないんですよね」


同期入社で、入社当時から行動を共にすることが多いニノミヤくんは
掴みどころがない相葉くんに焦れてる感があるのかな?
仲がいいつもりなのに、予想外の反応されちゃってヒヤッとしたり
何気ない会話の中でさらっと重要なエピをぶっこまれたりして
相葉くんのいろんな面を自分の目で確認しなきゃ気が済まなくなってるのかも。

「お~?見てろよ、ニノミー!」と言って不敵に笑うと同時に、ドリブルスタート。
前後左右にダンスのステップのような華麗な体重移動で
ボールを操りながら、余裕の笑顔でニノミヤくんの前を走り抜け
重力を感じさせない軽さで宙に舞って、手首のスナップだけで放り投げたボールは
錆び付いたバスケットゴールに吸い込まれていった。

「…マジじゃん」

言いだしっぺのニノミヤくんは、口をポカンと開けて
さらにドリブルを続ける相葉くんを見つめていた。

高台の公園の向こうには夕日が沈んでてね。
「ニノちゃん、そろそろ帰る?
オレ、ビール飲みたくなっちゃったよ」

勝手に一汗かいて満足しちゃった相葉くんとは裏腹に
度肝を抜かれすぎて腑抜けになったニノミヤくんは
スキップくらい軽い足取りの相葉くんのあとをトボトボとついていった。

ああ、またニノちゃんが相葉くんの虜になってしまった。
もうずっと前からそうなんだけど、虜レベルが上がっちゃったってことね。

バスケットボールとリーマン相葉って言うと
もうこういう妄想しか出てこないよね。

松潤編も考えてたけど、しつこいのでやめとく。
運動系になるとなぜか翔さんの妄想が思い浮かばないのは
翔さんにスポーツをしてるイメージがないからかな。
風っ子3人は野球少年だったりするから
そういう意味の共通点があるし。


「グッと!スポーツ」の番宣ミニ番組も見たけども
抱え上げられちゃってたね、霊長類最強の人に。

「軽々と」って言うと語弊があるかしら?
いやでも私の目には最強の彼女に「軽々と持ち上げられた」ようにしか見えなかった。
そしてそのときの脚が長すぎて、大きめのコンパスを
抱えてるようにしか見えなかったってことも重ねて言っておく。

なにしろ相葉くんが楽しそう!
アスリートの方と戦ったり、持ち上げられたり(物理的な意味で)
喋るだけじゃなくてカラダを使ったアプローチが
グッとマスター相葉雅紀の本質に沿ってて
双方のいいところがしっかり伝わるいい番組になりそうな予感すらある。


ついでに詰め込んじゃうけど「VS嵐」

短髪のいいとこは、とにかく小顔のインパクト。
相葉くんが画面に映るたびに顔、ちっせ!とつぶやいてしまう。
しかもシャツの重ね着してるのに吹き矢するときの構え、
ものすごく薄くて姿勢がキレイ。

カラダのラインが見えないくらいの重ね着なのに
背筋を伸ばしたポーズは、「道」のつくスポーツをして欲しいと思わせる。
剣道とか柔道とかなんなら茶道とか(スポーツじゃねえし)

「凛とした」という言葉がピッタリな、姿の美しい人であることよ。

で、キッキングスナイパーのタイトルコール。
翔さんと並んで意気込む相葉くんのキュートさ、ね。

思うに、翔さんといるときの相葉くんが一番可愛いかもしれない。
「いざというときはしょーちゃんがいるもんね!」という
絶対的な安心感が相葉くんの無垢な部分を引き出すのか
無邪気ないい表情をしているような気がする。

そして松潤と一緒だとめっちゃ美人さんに見えるわあ。
松潤の硬質なイケメンオーラに当てられて
相葉くんの佇まいまで涼やかな鋭利さを纏うというか。
美麗なツーショットはお互いの煌きを映し出す合わせ鏡のようなものかもね。

ニノちゃんといるときは、少年ぽかったりお兄さんぽかったり
どっちにしてもヤロー感あふれる男前相葉雅紀。
突っ込まれて爆笑したり、反抗的に甘えられて
優しくつむじを見下ろしたり。

その人にしか見せない表情で相手のハートを鷲掴み!
小悪魔じゃなかったらなんなんだ?
やっぱり妖精か?


で、真夜中にデジコン鑑賞なう。
「Asterisk」の定点アングルの罠にまた引っかかってます。

何度見ても見飽きない。
相葉くんの弾むようなステップと揺れる髪と伸ばした長い腕。
5人の放つキラキラしたデジタルビーム。

奇跡のライブだわ。
いったい誰に感謝すりゃいいのさ?






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック