FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. お礼
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

拍手コメントありがとうございます・13

皆さま、いつもたくさんの拍手をありがとうございます。
大変励みになっております。

そして返事の遅いワタクシをお許しくださいませ…。

パソコンを取り上げられてしまう前に慌ててお返事…
と思ったら、3ヶ月近くも放置してました。
申し訳ないです、ホントに。


そして、息子の進学へのお祝いのお言葉
その上、マイ旦那を心配してくださるコメント、本当にありがとうございます。
超ワタクシゴトにも関わらずあたたかいお声をかけて頂き、感謝感激です。

術後は順調で、今日から軽いリハビリを始めました。
筋トレバカのマイ旦那は、患部とは関係ない上半身のトレーニングもするつもりらしく
リハビリを2回に増やしてもらって「バッキバキの肉体を作る」と意気込んでいます。

…なに考えてんだか…。

もう少ししたらパソコンを病院に持っていかないといけないので
(今はまだ長時間座っていられない)
そのタイミングからしばらくお休みということになりますが
その間に萌えを溜め込んでおきたいと思ってます。


いよいよドラマも始まりまして、相葉廃人には日々お楽しみ盛りだくさんですね。
来週も楽しみです!


以下、1月29日から4月21日までに拍手でコメントくださった方へのお返事です。

心当たりの方は続きからどうぞ。







スポンサーサイト

  1. tb: 0
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

ハワイ・ドキュメンタリー徒然

ひとつ前のエントリで、月末からパソコンが使えなくなるってことを書いた途端
ハワイのあれこれについて猛烈に書きたくなってきた。

いつでも更新できると思うとつい後回しにしちゃうけど
追い詰められると無性にやりたくなってくる。
そういうことってあるじゃんね?

というわけでハワイ、なんだけど。
ますはドキュメンタリーから、気になることを書いてみる。
期限までにライブの方を書けない可能性もあるけど
あっちはライブビューイングのときに感想吐き出したからいいかな?とか。

ネタバレを含みますので、まだご覧になってない方はご注意くださいね。







スタートは広大な畑での撮影。
これってパイナップルだったっけか?

この映像を見た瞬間から、このドキュメンタリーが当たりだと確信した!
嵐くんの映像に関してハズレなどは存在しないのであるが
それでも今回だけは大当たりだと世界の中心で叫びたい。

だって、相葉くんのトップス…
なんデスか?あの真っ白なチュニック風のシャツは。

いや…あれはね「シャツ」ではない。
間違いなく「ブラウス」です。


他のメンバーがTシャツなどのラフな素材なのに対し
相葉くんだけが襟付きの衣装ってのも萌えるんだけど
なによりも私のハートを鋭角にえぐったのは
そのシャツのバックデザイン。

正面はスキッパー風、なのに後ろの襟はなんともラブリー。
切り込みがあって小さなボタンがいくつも並んでて。
肩甲骨の上あたりに切り替えがあってタックが入ってて。
こんなにファンシーなデザイン、ホントにメンズ?
完全にレディースだと思うんだよ、実に私の好みなんだよ。

そして恐ろしいのはなんの違和感もなく
このキュートな白ブラウスを着こなす相葉雅紀の性別を超えたポテンシャル。
小さな襟に囲まれても浮いてみえない華奢な骨格のなせる技。
髪型もまるっとしたサラサラヘアだから
遠目の後ろ姿はスレンダーな女性っぽい感じだわ~。
ガッチリした松潤との体格差に萌えちゃうわ~。

デビュー当時のお揃いの衣装を着ると感じるのは
やっぱ相葉くんって首が細いよね!ってこと。
男性にしては長い襟足と細くて長い首だけ見ると、ヤロー臭さがゼロだもんね。

だからこういうレディースライクなデザインでも似合っちゃうんだろうな。

この衣装を着せてくれたスタイリストさん、ありがとう!
今までのメイキングの中でもピカイチのチョイスです。
きっとこの冒頭のパイナップル畑のシーンは何度も何度も見ることになるでしょう。
それっくらいの価値がある、萌えバズーカですわ。

でもリハーサルのシーンに変わってあれ?と思った。
ニノちゃんとリーダーが着替えてなかったし
相葉くんもシャツだけ変えてボトムがそのままのような気がして
もしかしてあれって私服だったの?って思ったりして…。
それぞれが好きな格好してたから、相葉くんだけテイスト違ってたの?とか。
で、あれが私服なら、なんだかザワザワしちゃうっていうか
あれが相葉くんの選んだお洋服なのかもって思ったら
カッコイイんだかカワイイだかわかんないけど、
とにかく背中がゾクッとするほど萌えた。

うまく言えないけど、要するに罪な男だな、ってことだ。


立ち位置とフォーメーションを確認しながらのリハーサル。
緊張感とリラックスのバランスがさすがの嵐くん。

相葉くんのポップアップジャンプは毎回記録を更新してると思う。
思いっきりの良さが男前過ぎるもんな~。


翌日はヘリでの登場シーンのリハーサル。
ヘリコプターの前で、ポーズを取る相葉くんの薄さに驚愕。

いや、実はこのあと私は何度も何度も相葉くんの薄さに度肝を抜かれるんだけど
その初っ端がこのヘリのシーンだったと思う。

柔らかい上体を後ろに反らして静止したポーズは
全身に厚みを感じさせない、まるでスライスチーズのようだ。
しなり具合も信じられないが、カーキのタンクトップのスカスカ感はどういうことだ。

あの中、どうなってる?
肩だけハンガーみたいなのが入ってショルダー部分を支えてるのか?とか。

そしてその薄さと同じだけ私を高揚させたのが相葉雅紀の天使の痣。

ハワイの暑さの中、翔さんと同じくらいタンクトップ率が高かった相葉くん。
違ってたのは、翔さんの盛り上がる上腕ニ頭筋に対し
相葉くんのそれの存在感の希薄さだろうか。

ないことはない。
でもご立派とも言えない、みたいな。

でもいいの、もちろんそれが正解なのよ、もんぷち的には。
相葉くんのモリモリ筋肉なんて見たくない。
そんなことになったら例の白ブラウスも似合わなくなっちゃうもんね。

適材適所、適筋適肉。
筋肉ってのは、それに見合った人につけばそれでいいんです。



「Lucky man」の横並び、良かったなあ。

一番奥にいる相葉くんと、その手前の松潤のわちゃわちゃ!
一瞬だったけど松潤が相葉くんに声かけて
相葉くんがなにか答えて、2人で爆笑して
踊り始めたら、松潤の手が相葉くんの痣をがっしり掴んでて。
次の瞬間、相葉くんがコケちゃって。
それを見て松潤がまた笑って。

なんだなんだ?
オマエら、出来上がる直前のカップルかよ?
公衆の面前で、全国のファンの前でいちゃもちゃしてんじゃねーぞ、と。

ハワイライブは、昔の曲もお手振りではなくフルダンスが多くて
リハーサルから結構踊ってる感じだけど
動きを確認してるだけの緩いダンスもいいなあって思った。
本番だと全力出しちゃうけど、リハならではの流した感じね。
それはそれで決まっちゃうのがさすがだなって。

降り始めた雨対策に、黒いゴミ袋をかぶって歌う相葉くん。

相葉くんは背が高いせいか、新素材のワンピース風に見えちゃって
まさかゴミ袋まで着こなすなんて、思わず唸ってしまったわい。
パリコレのランウェイに見えなくもない!とかね!(笑)


リハが終わって、感想を一言。

いいステージに…と意気込みを語るニノちゃんの肩を叩いて
「大丈夫!できるよ!」と励ます相葉くん。
構われて嬉しそうなニノちゃんに、オバチャンの心も和むよ。


そして次の日もタンクトップ!
痣、アザーーーーッス!(←25点)


相葉くんの痣をこんなに普通にこんなに長く拝めるなんて…。
初国立のドキュメンタリーで、上半身裸の相葉くんも見たけども
あのときの相葉くんは(仮)だと思ってる節があって(笑)
というのも、相葉雅紀の基準よりも少しマッチョだったんで
ワタクシの中では痣とのコラボもこっちのほうがより魅力的なのだ。


本番当日。
登場用のサングラスが大きくて困ってる相葉くん。

あのね、多分サングラスは普通サイズなの。
あなたのお顔が小さいのよ?
と、日本中の人がわかってる、けど本人はそこまでピンと来てない。

なんといっても相葉くんは輪郭も美しいもんね。
こめかみからイチゴのような曲線を描いて顎まで降りるラインは
アラサー男性のものとは思えないほど繊細だ。

その小ぶりなイチゴにあのサングラスを乗っけるんだから
そりゃずれるでしょーよ。

プロペラの風を受けて、私の大好きな赤ロングジャケットの
ベンツ部分をつなぐ薄いプリーツ素材がヒラヒラヒラヒラ揺れる。


なんつー贅沢な映像なんだ!

風に吹かれて翻るロンジャケ(プリーツ付き)なんて
私の衣装に対する夢が全部詰まってるじゃないか。


2日目の本番前。
ここでもタンクトップは健在で、またもや痣を思う存分堪能。
よくもまあこんなに芸術的なカタチの痣を抱えて生まれてきたもんだよ、この人は。
どこもかしこも神様の意匠だよ。

おまけに翔さんとサンオイルを塗りあったなんて萌え情報も自ら発信。
2人で並んで歩く姿は、羨ましい限り。
嬉しそうに報告してくれる相葉くんを見る翔さんの
いつものドヤ顔が恨めしいやら萌え苦しいやら。
複雑なヲトメ心なのである。

それにしても相葉くんのウエストは細いなあ~。
わかってることだけど、何度も言っちゃう。
だって何度見ても驚異だから。

でもブカブカのパンツでも全然だらしなくない。
ルーズフィットでもそこはかとない品の良さがある。
さすが、ゴミ袋をパリコレに変える男は違うなあ。


2日目はライブビューイングで見たけども
後半の雨は、映像で見てても刺さるほどすごかった。

お客さんたちは大変だっただろうけども
水も滴る…とはよく言ったもんで
嵐くんたちのクオリティは雨くらいではビクともしない。

髪の毛をかきあげる翔さんがより男っぽい色気を発散するとしたら
髪の毛をかきあげる相葉くんはより美人度が増す。
そしてその髪が顔に落ちてきたときの影と水滴の陰影が艶を生む。

もしも私が雨に濡れたら、腐ったダンボールみたいになっちゃうだろうが
いい男ってのは雨までも味方にするんだなと実感した。


ライブ終わり、相葉くんの涙の挨拶を早速いじるニノ。

この挨拶については、ライブビューイングのときの日記で触れたけども
今回は横からの別アングルで見ることができて大感激。

相葉くんが涙をこらえて後ろ向いちゃったまま話を続けたとき
ニノちゃん、笑い崩れてるじゃん!
突っ込んだのはやっぱり松潤だったのね!
そして、翔さんは一瞬噴き出しそうになったけども
ぐっとこらえて前を見据えたまま、神妙な表情で
相葉くんの挨拶を最後まで聞いていた。


その翔さんの横顔が一番カッコよかった、って思いました。


盛り沢山でありがたいドキュメンタリーだった。

5人が幸せそうなのが一番だな!




  1. 我が家
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

ワタクシゴトなお知らせ

ようこそ、わが家へワールド&ハワイ被弾のさなか
ワタクシゴトについてお知らせさせていただきます。

マイ旦那が入院、手術、リハビリのフルコースに身を投じることとなりました。

整形外科的なことなので、心配はあまりないのですが
リハビリを含めた入院期間は1ヶ月に及ぶらしいのです。

それはワタクシ的にはあまり問題ではないのですが(ヲイ!)
大大大問題なのは、マイ旦那がその1ヶ月の間、
自宅のノートパソコンを持っていく、と言い出してることです。

入院中に自分がコーチを務めている少年サッカー部のホームページを作るつもりなんです。
ホームページビルダーも買ってやがるんです。
「だから持ってくよ~」とあっさり言われましても…。

ワタクシ、ブログのチェック等はスマホで事足りますが
ブログの更新となるとそうはいかない!
キーボードを叩かないと調子が出ない!
モニターの前で煩悶しつつ言葉遊びをして、
相葉くんへの愛を叫び綴るのがもんぷち流。
ときには数時間かかってしまうそのテキスト作成を
スマホの小さい画面でやってられるかぁぁぁぁぁ!

と、抗議したいのは山々ですが、なにしろ嵐のことになると、てんでヘタレになるワタクシ。
マイ旦那に「嵐のブログ更新したいから持っていくな!」とは言えません。

前置きが長くなりましたが、要するに月末あたりから1ヶ月近く
このブロクも裏のブログも更新が途絶える、ということを言いたいのです。

こんな辺境ブログがどうなろうと大勢に影響はないのですが
コメントや拍手を下さってる皆さまが少なからず存在する以上
1週間ならともかく、1ヶ月の不在の理由をお知らせする必要はあるかなと思いました。

とりあえず、ノートパソコンが強奪される前に
ハワイの感想…とまではいきませんが、ざっくり触れておきたい。
そして「ようこそ、わが家へ」についてもあれこれ言いたい。
という気持ちだけはありますので、気が向いたら寄ってみてください。

そして突然更新が途絶えたら、強奪されたんだな、と思ってくださいませ。

皆さまからのコメントはスマホで確認できますので
今までどおりお気軽にお寄せくださいませね~。


以上、よろしくお願いいたします。


もんぷち 拝




  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ようこそVS、待ってたan・an

「ようこそ、我が家へ」チームと対戦するVS嵐。

萌えだらけ!
相葉雅紀、かっこよくて可愛い!

お父さん役の寺尾聰さんが、
本当に相葉くんを可愛がって下さってることが窺えて
またも大物たらしの篭絡っぷりを再確認。

相葉雅紀って人は、押し付けがましくない優しさと
パーソナルスペースを侵さない包容力と
相手をリラックスさせる品の良い天然っぽさで
現場の雰囲気を明るく、柔らかくしてるんだろうなあ。

目上の人には礼儀正しく
年下の女の子にはお兄さんみたいに優しく
事務所の後輩にはラフに突っ込んだりして
嵐チームで戦ってるときほど自由奔放ではないけど
主役としての責任感を背負った、立派な座長っぷり。

そしてこの日一番の萌え発言はこちら ↓

「オレって嵐の中でもチョロいほうじゃないですか?」

これは相葉くんがいつも胸に抱えてるささやかな本音。
卑下してるわけじゃない。
嵐の中での自分のポジションを相葉くんらしく
表現するとこうなっちゃうってこと。

翔さんを混乱させて
ニノちゃんに突っ込まれて
松潤に諫められて
リーダーに励まされる


嵐の中の相葉雅紀を一言で言うと「チョロい」ってことだ。

相葉くんのこの自己分析は表向きストライクなんだけど
嵐くんたちも、軽く否定しつつも笑っちゃってるんだけど
だけど、相葉くんの『チョロさ』はいつでも嵐を新しい方向へ連れて行く。
新鮮な風を送ってくれる。

対戦チームのリーダーで、頑張ってるし活躍もするけど
時々心細そうに真顔で嵐チームを見つめる相葉くんが健気だ。
健気なんだけど、一旦戦いになると頼もしいしカッコいい。
後輩にも熱くてクールにエールを送る。

いろんな面が見れて楽しいなあ。

その後輩くんだけど、前回グループで出演したときに
7人の中では一番相葉くんにお似合いだなあと感じてた子だった。
年下候補の一人として、心に残ってた子だったのだ。

今回の共演で、相葉くんとの体型バランスの良さに
お相手候補としてのポイントを重ねた彼。
細身なんだけど、骨格がしっかりしてるから
相葉くんみたいな華奢さがない分、
相葉くんを抱き込むのにちょうどいいサイズ感かなと。

おっとりした感じもいいし、少し抜けた大型犬といった風情。
番宣なんかで絡むとこが見れるといいな、と思ったり。

そしてやっぱりニノちゃんの地味なアピールも微笑ましい。

攻めてるにも程がある衣装で、相葉雅紀のドラマチームを迎え撃つ。
さすが、天下の相葉担トップ。
気合の入り方が尋常じゃない!

ホントはもっと相葉さん相葉さんと構いたいんでしょうが
相手チームへの遠慮なのか、青い炎を背負って静かに見守るニノちゃん。
盛り上げるとこはヘンテコ衣装で盛り上げ
相葉さんに構われると、嬉しさを押し殺した真顔で応える。

多分、この世で一番健気な相葉担はニノちゃんです。

一方翔さんは、とりあえずデレデレしちゃう。
対戦チームで、すこーしよそいきおすましの相葉くんを見て
ニコニコしちゃって、脳内ダダ漏れの正直者。

これが私の理想の翔さんだ。

チームを引っ張る立ち位置になると、途端に出来る子になる相葉くん。
圧倒的勝利で、差し入れを2日分ゲット。

お母さんのツイッターで、嵐くん差し入れの豪華弁当を拝むことができた。
これって何人分差し入れたのかな?

スタッフ全員としたら相当な金額になるでしょうに…。
相葉くん、愛されてるなあ!

そして、スタッフTシャツを着た相葉くんが
より一層ほっそりしてることに萌えも倍増。

半袖から生える腕は、筋トレの成果を感じさせない細さだし
女優さんと並んでも大きさの変わらない小さなお顔と
ブカブカのボトムの中で泳ぐ脚


この歳になってこんなふうにすぐに肉が削げちゃうってことは
今後相葉くんの肉付きがよくなることはない、と思う。
こういう体質なんだろうから、なにかあれば太るのではなく痩せるし
体型の維持に少し気を配れば、奇跡の細身フォルムを保っていけるような気がする。

相葉くんの体型は、細くて手足が長いってだけじゃなくて
お洋服に愛されるスタイリッシュラインをお持ちなので
ぜひぜひキープして欲しいなあ。
そんなに無理をしなくても、不摂生しなかったら大丈夫だと思うのよ。


そ・し・て!
来たよ、an・an!

まずは脱いでいないことにホッと胸をなでおろす。
ファッション誌として、先端を走るan・anさんは
ときにアグレッシブに時代を斬ることがありますからね。
男性が表紙だと、脱いでる率が高いことでも有名だし(どこで?)

そのan・anの表紙を何度も務めていながら
一度も脱いでない男、相葉雅紀。

しかしan・anサイドの選択は正しい。

何度も言うが、脱がなくていい。
脱いだらすごい、でも脱がなくてももっとすごい。
シンプルでも奇抜でも、ラブリーでもワイルドでも
『着こなす』という観点で言うと、相葉雅紀の右に出る人はいない。

プロのモデルさんほどモード過ぎす、
一般人が真似してみたくなる気楽さを醸し出しつつ
普通とは違う気取らないオサレオーラをふんわりと放つ。

できない!
こんな高度なテクニック、誰も真似できない!

そんな相葉雅紀、白Tシャツで表紙を飾っています。

さっきも言ったが、脱いではいない。
けども、若干挑発的なポージングではある。
だけど、表情があどけない。
ちっとも誘ってない。
いつものごとく、決断はこちらに任されている。

見つめられているのに、熱が薄い。
煽られてるのに、近づいては来ない。

なんという思わせぶりなスタンスなんだ。
無意識のモテ男子だな!

そして一転、内容は実に健全。

エロ女性モデルとの絡みもなければ
オーガンジーで巧妙に隠された裸体もない。

ま、賢明な判断だろう。

シンプルコーデで発揮される相葉雅紀の底力を
誌面からガンガン感じることができたし。

白にスウェット、デニムにスニーカー。

定番アイテムでも、袖のもたつかせ方、まくり上げ方とか
かかとに重心を置いたラフな立ち姿とか
すこり込んだときのコンパクトさがさりげにカッコ可愛い。

Mgirlみたいなファンキーな衣装もイケるけど
シンプルな装いこそ、相葉雅紀の小気味よさが際立ちますな!



  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

雑誌の1,000本ノック!

雑誌が…雑誌祭りが止まりません!

今日のこと、おやつ購入のため仕事前に寄ったコンビニで
テレビ誌のチェックのつもりが、相葉くん表紙の週刊誌を見つけてしまい
ああ、これか~と中身を見てしまったのが運の尽き。

週刊誌系は買わないようにしようと(他の記事がホントに要らないから)
心に決めていたのに、半袖の二の腕を見た途端、レジに向かっていたという。

なんなんだ?
あの二の腕の吸引力。


鍛えてるという話を聞いてから、何度か腕を見る機会はあったが
そういえば少し…太くなってるように見えなくもない…
と、危惧していたのはほんの1か月前くらいまでじゃなかったか?

しかしこのグラビアを見る限り、その心配は杞憂だった。
杞憂じゃなかった時期もあったのかもしれないが
いつも通りの相葉ミラクルで筋肉らしきカタマリは消滅していた。

ひょろひょろの腕じゃない
だけど盛り上がるほど太くなく
半袖の袖口の隙間はたっぷりある


これが私の理想の二の腕のフォルムだ。

例えばクリフクライムや腕相撲のときだけ
骨の下で眠っていたわずかな筋肉が浮き出てくる。
量としては少いが、質の良い筋肉は出番がくるとそれはそれはいい仕事をする。

こんなに細い腕で?と驚くほど、すごいことをやってのける。

クリフクライムでは、最小の筋肉が最大限に活性化して
恐ろしいスピードで相葉雅紀を頂点に連れて行く。
それは相葉くんがフェザー級ウエイトであることも大きな要因だ。

軽さと収納されたミニマムな筋肉で、相葉雅紀の身体能力は支えられている。

しかも全体的にビジュアルがいいんだよ!


思えば「マイガール」が始まる前もすごかった。

今よりも少しほっぺが丸くて、髪の毛もふわふわしてて
つかみどころのなさと不思議ちゃんっぽさが最高潮なのに
テキストを読むと、地に足がついた年相応の男性だったりして
そのギャップに思考のシナプスが繋がらなかった。

とにかくビジュアルが好きすぎる。
ちょっとチャラっぽく見えるほうが好きな私のドストライク。

そんなときにドラマ初主演の雑誌祭りが重なって
当時もかなり散財した覚えがあるわ~。

そのあとも、そのパターンのリフレイン。

「ビジュアルがいい」だから「保存用と2冊買っちゃう」
「こんなに色っぽくなっちゃって」だから「記念にもう1冊」
「これ以上買う気はなかった」だけど「目が合っちゃったからお持ち帰り」

結局、相葉廃人のやることはいつも同じ。
歴史は繰り返す。

「これ以上のビジュアルは拝めないかもしれない」

毎回そう思って、財布を開く。
これが最後かもしれないって。

そして次の年、なんなら半年後くらいに
また同じことを自分に言い聞かせてまた財布を開く。

衣装が違うから、好きなアングルがあったから
横顔が素敵すぎたから、オフショットが充実してたから

と、理由を挙げて、懲りもせず、同じテレビ欄が連なるテレビ誌を手に取る。
そして新聞もとってるのに、テレビは2台しかないのに
同じようなテレビ誌が何冊もリビングに積み上げられることになる。
これが噂の『積んテレ』である。

誰か私を止めてくれーーーーーー!

…って、皆さんも同じ穴の狢ですよね?
私だけじゃないよね?


それにしても、スタイリストの野村さんは
相葉くんのスタイルを知り尽くしていると感心する。

シンプルな衣装でも、相葉雅紀が着ることで生きる。

だから限界まで削ぎおとしたシンプルシック、シンプルカジュアルで勝負してくる。

そういうお洋服を着たときの相葉くんは、ちゃんと色気のスイッチをオンにする。
シンプルとのバランスを、本能的にとることができる。

野村さんのスタイリングって、相葉くんの本質的なカッコよさを
浮き彫りにしてくれる気がして好きなのかも。


そしてちゃんとやってくれるよね。
ウエストラインにはお約束のパンツチラ見せ。

ビシッと決めてるのに、腰は緩い。

これも相葉雅紀のバランス感覚の成せる技だな。

よっしゃ、上等じゃ!
千本ノックならぬ千冊雑誌、全部受け止めてみせるわ!

時々特大ホームランと一緒に宇宙まで飛ばされそうだけど
それもまた相葉廃人の醍醐味だと思ってありがたく吹っ飛ばされちゃおうぜ!







NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック